第二新卒の転職で印象に残る自己PRの作り方

第二新卒の転職で印象に残る自己PRの作り方

厳密に定められた区分ではありませんが、第二新卒とは、求職者のなかでも新卒で就職をして、3年以内の若者を指します。
数年以内に新卒で就職した会社を辞めて転職活動をしていることになりますが、第二新卒には新卒や長く社会人経験を積んでいる人にはない、転職に役立つアピールポイントがたくさんあるんですよ。
そこで大切になってくるのが第二新卒の自分としての自己PR。
転職活動をするときには、就職活動をしていた時とは違う自己PRを考えていくことが転職を成功させる大きな要因なんです。
それでは、転職における第二新卒の魅力、自己PRの効果的な方法について詳しく見ていきましょう。

第二新卒の転職!自己PRの基礎知識

第二新卒に限らず、転職活動をするうえで避けては通れない自己PR。
そもそも自己PRが何かわかっていなければ、どんなに有能な人材でも企業に伝わる魅力が半減してしまうかもしれません。
ますは自己PRがどういうものなのか理解していきましょう。

新卒のときの自己PRは使えない

言うまでもありませんが、新卒の時にうまくいった自己PRがあったとしても第二新卒となった今、同じアピール方法を使うことはできません。
自己PRは、転職するために自分の魅力を伝えられるせっかくの機会です。
それを第二新卒になっても新卒時の古い情報のまま使っていたらもったいないですよね。
第二新卒が企業にもたらすメリットのひとつに、教育費用の節約があります。
新卒であれば社会人として必要な基本スキルを習得させるために、経費、時間を削って新人育成をしなければなりません。
しかし、第二新卒は基本的なスキルを身に着けていることが多いですよね。
社会で経験し、学んだことを自己PRに取り入れ、新卒時とは違う、第二新卒としての自分をアピールしてください。

自己紹介と自己PRは別物

注意していただきたいのが、自己紹介と自己PRを一緒にとらえてしまうことです。
この区別がついていないと、転職活動で自己紹介の後に自己PRを求められて答えられない、という失敗をしてしまうかもしれません。
自己紹介は自分の概要を簡潔に伝え、相手に自分のことを知ってもらうことを目的とします。
もちろん自己PRも含めてかまいませんが、あくまでいい印象をつくる場であることを年頭においてください。
自己紹介は印象をよくするための挨拶、企業にとってどれだけ貢献できるかなど伝えるのか自己PRと、しっかり分けて内容を整理するといいですよ。

第二新卒の異業種転職での魅力的な自己PRの作成ステップ

それではさっそく第二新卒としての新たな自己PRを再生していきましょう。
同じ業界に転職する場合は前職の経験を伝えていけばいいですが、第二新卒が異業種転職を希望する場合はそれなりに工夫が必要です。
基本的な作成方法は就職活動と同じですが、第二新卒であることをふまえて考えます。

企業や面接官の求める人物像を知る

就職活動でも企業研究は行ったかもしれませんが、企業のニーズを知ることは第二新卒として転職活動を行う場合でも同じです。
スキルはもちろん、企業の求める人物像かどうかを見るのが面接ですね。
第二新卒は新卒と社会人経験を長く積んだ人の中間と位置付けられていますので、どこも共通して社会人としてのマナー、今後の伸びしろを感じさせると第二新卒として悪い印象はないでしょう。
加えて、各企業の求める人物像を把握し、自分と共通するところ、しないところを考えてみてください。

自己分析をしっかり行う

企業のニーズを知るのと同時に、自分と何度も向き合うことも転職活動のだいごみですね。
先ほどもふれましたが、新卒の時とは違う、第二新卒としての自分を見ます。
前職の経験から学んだこと、自分の中での変化、退職にいたるまでの経緯、そこからどう今後につなげていきたいか、スキルや価値観など様々な角度から考え直してみてください。
自己分析を深く行うほど自分のことが理解できますので、より内容の深い第二新卒としての自己PRがつくれるはずですよ。

求められる人物像と自分の摺り合わせ

企業、第二新卒としての自分についてとことん向き合ったら、次は企業のニーズと第二新卒として分析した自分について、すり合わせを行いましょう。
これは転職を乗り切るだけでなく、就職してからもミスマッチを起こさないようにするために重要なことです。
企業の求める部分が自分に見つかるほど長く勤められる可能性も高く、自己PRに盛り込むべき内容としてストックできますね。

社会人らしく答えるための自己PRの型

自己PRを作成するにあたって、大切になるのが話の構成です。
新卒の時も意識していたと思いますが、第二新卒は社会人経験を積んでいるので、一層伝わりやすい自己PRができるかが求められます。
基本的には結論、言い換えれば自分の強みから述べて、結論に至った経験、経験の中での課題と自分の行動、行動の結果を述べて、今後の展望につなげていきます。
第二新卒では、自分の強みを形成するに至った経験を、社会人経験の中から具体的に、数値などわかりやすい結果もあわせて伝えられるといいでしょう。

第二新卒転職の自己PRは客観的な視点も参考に

転職は、就職活動の時と違ってまわりに同じ境遇の人がいるとは限りません。
さらに第二新卒として転職するという不安もありますよね。
しかし、第二新卒が転職を成功させるためのサービスはたくさんあります。
ひとりで悩まず、第二新卒にとって有益な転職情報、サービスを活用していきましょう。

転職サイトのノウハウ記事や例文を参考にする

第二新卒が転職するにあたってつくられたウェブコンテンツは十分すぎるほど存在します。
中には大手企業に内定した人の実際使われた自己PRが掲載されていたりもします。
自分ひとりでつくった自己PRと比べてみてください。
もし自分が人事だったらどちらの自己PRに興味を持つか、その違いは何か、参考に考えてみましょう。
転職は退社の理由も工夫する必要があるので、サイトに載っている自己PRのコツや例文のいいところを利用してみてくださいね。

転職エージェントのサポートを活用

前述の転職サイトを利用することと合わせて、転職エージェントに登録することもおすすめです。
第二新卒など若い層を得意にしたようなエージェントもありますし、転職を希望する業界に特化したエージェントなど、好みのサービスを選択して利用してくださいね。
転職エージェントは求人情報の紹介だけでなく、第二新卒としての転職をサポートしてくれます。
ひとりでは自己PRがうまくつくれない、もしくは自己PRの手直しをしてほしいなど、そういった要望を叶えてくれるはずですよ。

自己PRのポイントがより良くわかる

転職サイトの情報で自己PRのノウハウを読んでもなかなか内容に直結しなかったら、転職エージェントに相談しましょう。
たいていの場合、カウンセリングを行ってくれますので、第二新卒としての自分の魅力を整理して、転職のポイントと合わせて教えてくれるはずです。
自分のこともそうですが、第二新卒が転職を希望する企業にとってどう魅力となるのか、主観だけでなくプロの客観的な意見も盛りこむことができますよ。

応募書類や面接での自己PRのブラッシュアップができる

転職エージェントは、転職のサポートを専門に行う転職のプロです。
第二新卒の転職についても数多の対応をしてきていますので、自分だけでは作り上げられない精度の自己PRを作成できるでしょう。
どうしても転職したい企業があればなおさら利用しない手はありません。
第二新卒としての転職は、いわば企業にとって経歴を懸念されないギリギリのラインと言っても過言ではないですよね。
今後何度も転職を繰り返して、書類選考が通らない事態におちいらないためにも、念入りな準備を行い、第二新卒という立場を強い武器にして転職を成功させましょう。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

気になる!転職求人サイトの「転職支援サービス」調べてみました

国内景気の好調さに加え、就業人口が減っていること、若者の数が減っていることから、現在の就職活動は買い手市場。 […]

続きを読む

愛知県岡崎市で短期で働きたい人へオススメの派遣登録会社を解説します

今回は、愛知県岡崎市で「短期」で働きたい人へオススメの派遣登録会社を解説・紹介します。 短期だからこそできる仕 […]

続きを読む

会社説明会に参加する際の服装について

企業側の説明会を行う会社説明会、「普段着でも問題ありません」と説明を受けることあります。 はたして、これは鵜呑 […]

続きを読む

職務経歴書や面接の回答などでの守秘義務の扱い方

転職活動をしている時に、面接の場で、前職の職務経歴についてアピールする場面の時に、守秘義務のある情報を扱ってい […]

続きを読む

東京都町田市での女性の正社員事務への転職をおすすめしてみる

町田市で働きたい女性が、正社員事務に転職するために使うべき転職サイト・エージェントをおすすめします。 この記事 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト