転職活動とは?転職活動のやり方と意味を解説

転職活動とは?転職活動のやり方と意味を解説

転職活動とは何だと思いますか?よりよい転職をするために必要なことはなんだと思いますか?

この記事では、転職とはなにか、自分にプラスになる転職とは何か、転職を実現するためのポイントについて解説します。

転職活動とは?

転職とは、現在とは異なる職へ変わることです。転職活動とは、自分にとってプラスになる転職ができるよう、今後のキャリアプランも見据えながら、希望条件に合った職を探し、見つけ、よりよい職に就くための活動です。

転職活動の意義とは?

転職活動は、自分がどのように働いてきたか見直し、今後どのようにキャリアを形成していくかを決める重要な人生の節目です。

仕事は、自身の人生において大きな比重を占めます。重要度や価値は人により異なりますが、自分自身の強み、経験、得たもの、弱い部分を見直し、それにより社会的にどうなりたいか、社会に何を生み出していくか、どのような価値を生み出していくかを真剣に考えるための重要な機会です。

自身のキャリアに彩を与え、社会やその中のヒト、組織にとってもよりプラスになるような形を探っていくことが重要です。

転職するメリットとは?

転職するメリットは、以下のような点があります。

  • 収入が増える可能性は大いにあり
  • 人事評価がリセットできる
  • より自分のやりたい仕事に取り組める可能性あり
  • 待遇がよくなる可能性あり

転職する理由はさまざまなものがあります。上に挙げたものは主な転職理由です。より自分のスキルや能力を活かす仕事ができるかもしれない。より収入、環境がよいかもしれない。より自分が必要とされる職場かもしれない。

ただ、これらはデメリットとも表裏一体のものである現状も知っておいて下さい。現在の職場でのボーナス、今後増えるかもしれない給与を捨てて、転職をする。年金は15年~20年在籍していることが給付の条件の会社もあります。月収が少し増えても結果的にマイナスになる可能性もあります。人事評価がリセットされるということは、これまでの信用もなく評価をゼロベースで作り上げることを指します。

目先の数値や結果ばかりでなく、長期的に見てプラスな選択ができるようにしていきましょう。

転職活動は辞める前? 辞めてから?

転職活動を働きながら行ったか、退職後に行ったかというアンケート調査の結果によると、働きながら転職活動を行った方が全体の約76%となりました。

会社を辞めずに転職活動を行う方が多いようです。

  • 働きながら転職活動した 76%
  • 会社を辞めてから転職活動した 18%
  • 転職活動中に会社を辞めた 7%

(DODA調べ)

「在職中」「退職後」のメリットとデメリットとは?

働きながら転職活動するメリットは、

  • 収入があること
  • 離職期間がない

の2点が挙げられます。

お金や内定期間について、現在の職場による安心材料があるため、働きながらの方が気持ち的にはゆとりを持って転職活動が可能です。

それに対して、退職後の転職活動をするメリットとしては、

  • のんびりする時間が生まれる
  • 面接にスケジュールが組みやすい

があります。

働きながら転職活動をすることによるデメリットは、面接時間が業務時間中に組まれることで、現在の職場が忙しくなるとリスケジュールを強いられる、職務が忙しくなると転職活動にあてる時間が確保できない、などがあります。

このような場合が想定されるなら、思い切って退職して転職活動を行う手もあります。ただし、スキルや経験で転職が成功できる可能性が高い場合などに限る方が無難です。在職中に転職活動のために休みを重ねていると、転職活動をしていることが察せらっれてしまうこともあります。

転職活動のやり方・大まかな流れとは?

転職活動の流れは、

  • 転職活動の目的を考える
  • スケジュールを立てる
  • 資金計画を立てる
  • 履歴書用の写真を撮影
  • 転職エージェントへの登録
  • 自己分析の重要性とは?やり方を解説
  • 情報収集の重要性とやり方とは?
  • 求人情報をチェック
  • 業界情報を調べる
  • 応募書類の作成
  • 面接マナーの確認と面接練習
  • 退職・入社への手続きと引き継ぎ等

となります。それでは、これ以降で細かく、一つ一つ手順を追ってみていきましょう。

転職活動の準備とは?

転職活動で応募し、面接を受け…という流れに行く前に、いくつか行っておくべき点について解説します。

転職活動の目的とは?

何のために転職するのですか?どう働きたいですか?

仕事内容を変えたい、異なる経験を積みたい、収入や待遇、その他現在の職場での人間関係のトラブル…。ポジティブな理由からネガティブな理由まであると思います。

条件やそれらの優先順位を書き出し、整理してみるとよいでしょう。ただ、どんなにネガティブな理由から転職することになっても、どこかにポジティブな理由や動機を持つように心がけたいところです。

仕事によりこのように貢献したい。自分の強みを活かして楽しく働きたい。自分の経験を活かしてより貢献できる企業で働きたい。キャリアアップのためにチャレンジしたい。スキルや能力を伸ばしたい…。

このような仕事に対してのやりがい、前向きな姿勢を元に、自身のキャリアを作り上げるための一歩を踏み出すという意識で転職目的も考えたいですね。

友人や、転職エージェント、キャリアコンサルタントなどの第三者の意見も聞いて見ましょう。あなたの可能性や客観的な強みなど考慮された、目的がより現実的で厚みのあるものになるでしょう。

転職活動のスケジュールを立てることの重要性とは?

転職活動の標準的な期間は3ヶ月です。この3ヶ月間の中での予定を立ててみると良いでしょう。面接や交渉に関しては自分でスケジュールを組めませんが、いつ頃入社したいかも考えて逆算してみましょう。

面接回数は意外に多く、1社につき1回~3回程度行われます。したがって、5社受ける場合は5~15回は面接に伺うことになります。働きながらの転職活動の場合、かなり余裕を持って動く必要があります。

退職交渉にも意外に時間がかかります。申し出は1カ月前までに行うようにという企業が多いですが、引きつぎなどそれよりも長期間を要する場合もあります。数ヶ月前にはいつ頃申し出るのが良いのかを考えておくことが必要です。

資金計画を立てることの重要性とは?

転職活動には意外にお金がかかります。一般的に、月給2~3ヶ月分を用意しておく必要があるとされます。資金不足で転職活動がストップとならないよう、転職活動の本格的スタートの前に資金準備を入念に行っておきましょう。

転職活動に必要な写真を撮影

履歴書での写真のルールは、以下のようになっています。

  • 撮り方
  • サイズは横3cm×縦4cm
  • 3カ月以内に撮影したもの
  • 裏には名前を書いてのりづけ
  • 背景色は白、青、グレー
  • ジャケット・シャツを着用する(男性の場合ネクタイも必須)
  • 前髪は目にかからないようにする
  • 歯が見えない程度に口角を上げる
  • 帽子やサングラスは外す
  • 撮影は正面のアングルから

以上のようなルールのほか、清潔感と知性を出す上でNGとなる例を解説します。

  • 角度のついたアングルはNG。癖のある目立ち方となる
  • 下ろした髪は乱れや傷みが目立ち、だらしない印象の元になるためNG【女性の場合】
  • 過度な化粧は清潔感や真面目な印象を損なうのでNG【女性の場合】
  • 印象の強すぎる眼鏡はNG。自然に見えるなじみのよい眼鏡、もしくはコンタクトレンズに
  • 普段着での写真はNG。社会人マナーを疑われる。
  • 髪のアレンジはやりすぎるとNG。真面目さや誠実さが伝わらない

自撮りは避ける方が賢明です。時間がないときの最終手段にしましょう。自分で取ることは、腕が写り込んだり、肩の位置がずれたりとよいことがありません。スマホで誰かに撮ってもらう場合も、シャッター係の人に腰のあたりまで入れて撮影し、履歴書者写真の構図の程度まで拡大すれば、ゆがみはなくなります。

転職エージェントへの登録が大事な理由とは?

転職エージェントとは、登録をすると完全無料で転職相談に乗ってくれます。企業の求人紹介から面接のセッティング、給与交渉まで転職に必要なサポートを受けることができるサービスです。転職サイトもおすすめです。転職サイトの場合、転職相談などはありませんが、自分にあった求人情報を見ることができます。

転職を希望する企業や業界により、どの転職エージェントが強いかは異なることもあります。女性向けの転職エージェント、IT業界向けのエージェントをはじめ、総合的に網羅しているところまで数多くあります。一般には非公開の求人もあります。

自分で1から探すよりも、条件やこだわりに合致した転職先を見つけられる可能性は上がります。まずは多くの転職エージェントを調べ、自分のニーズに合ったところへ登録してみましょう。

自己分析の重要性とは?やり方を解説

自分の経験をもとに、自身が大事にするもの、強み、弱み、経験、市場価値、これまでの業務から得られたものなどを考えることです。

応募する求人、企業、応募書類の作成のためには根本となる部分ですので、少しずつ書き出してみるなど、自身と真剣に向き合ってみましょう。

情報収集の重要性とやり方とは?

転職する際に、どのように情報収集を行うか、それがいかに大切かを解説します。

求人情報をチェック

最初は絞り込むこまず、仕事内容を含めて希望になるべく合致する案件を選びましょう。可能性を広げる意味も含めて、気になる求人をたくさん見ることです。希望や条件に優先順位をつけておくと、この段階で絞り込みがしやすくなります。

業界情報を調べることの意義とは?

同業界への転職ならまだよいですが、異業界への転職の場合は、業界知識が少ないと、業務内容や自分がどのように働けばよいかを考える上ではマイナスになります。企業のブランドや待遇などに目が行くことも分かりますが、仕事内容、キャリアプランも見据えて、自身がどう働いていくかという切り口での視点を忘れないようにしたいものです。

業界情報やその企業の業務内容、位置づけなども調べて置きましょう。非公開の求人も紹介してもらうなど、転職先の選択肢は広く持つことがおすすめです。

業界動向も大切です。業界が不調な場合、採用も減ります。採用動向と業界動向は関連しています。現状の業界動向も踏まえ、自身が将来的に活躍できるか、どういう人材が今後求められていくかに注目してチェックしておきましょう。

応募書類の作成で気をつけるべき点とは?

転職の場合、履歴書のほかにも職務経歴書を書きます。採用担当者に自分の思いや経験をアピールする貴重な材料です。見てもらえる、面接につながる書類を作成するコツを解説します。

志望動機や自己PRを整理する

なぜ転職するか、どのように働きたいか。このような点はすでに考えたところだと思います。しかし、考えていることと、相手の興味を引くこと、その上で自分の思いを伝えることはそれぞれ次元が異なります。

応募書類では、すでに自分の中にある志望理由、思いをうまく言葉にすることが求められます。ときには採用担当者が興味を持ってくれる言葉に言い換え、分かりやすく、自分の思いが伝わるように書く必要があります。またポイントを整理し、要点を的確に、時系列や流れに気を配って書く必要があります。

志望動機をはじめとした、PRに使える第一案を作成し、第三者にも見てもらいましょう。

履歴書とは?その書き方のポイントを解説

履歴書には、見やすくするためのマナーとして、気をつけた方が良い点があります。以下の点に注意しておくと良いと思います。

  • 筆記用具は読みやすいものを使用する
  • 書き間違えた場合は、修正液を使わず新しい履歴書に書き直す
  • 年号は統一し、職務経歴書とも合わせる
  • 記入もれがないか念入りに確認

形式について応募先から指定がない場合は、自分が書きやすい項目で構成されているものを選ぶことがよいとされます。

たとえば、第二新卒やアピールできる経験が少ない方は、学歴・職歴欄が多い履歴書に書くと空白が目立ってしまいます。履歴書に書く項目を書き出し、最もよい形式のものに記載すると良いでしょう。

職務経歴書の作成とは?

転職の場合、履歴書のほかにも職務経歴書を書く必要があります。履歴書は自分の学歴や経歴を簡略に書くことが目的の書類ですが、職務経歴書は自分がこれまでどのように働いてきたか、経験した仕事、得たもの、スキルをアピールするツールです。

職務経歴書は転職の武器と言われます。ほんの2~3枚の書類ですが、これで採用担当者にいかにアピールし、応募先に役立つ人材として興味を持ってもらい、面接をしてくれるかに直接つながってくる大切な書類です。

経験やスキルがある方も、職務経歴書の書き方次第で失敗します。企業の求める人物像や経験、スキルは違うため、企業によって求められる形に書き換える、構成や項目も変化させることも必要です。

せっかくの経験やスキルが、イマイチな書類で台無しに…というケースも少なくありません。特に、新卒時の就職活動とは異なり、転職活動では職務経歴書を作成する必要があります。どうやって書くのか?企業によって書き分けるか?などをしっかり押さえて、あなたの魅力をきっちりと採用担当者に伝える書類を作成したいものです。

他の応募者との差別化を図ることも意識し、自分だからこどの魅力、経験などをエピソードや実績も入れながら記載しましょう。

求人に応募する上での注意点とは?

転職エージェントDODAにより転職した方の平均応募社数は17.7社となっています。複数企業に応募している人は8割です。ですが、1社1社にしっかり向き合いうことを忘れてはいけません。スケジュール管理を徹底しながら、志望度や意思の順位にもアンテナを張っておきましょう。

面接対策でのチェックポイントとは?

面接に向け、準備をしておきたい点をここでは解説します。

面接の流れとは?

面接では、自己紹介・経歴紹介⇒転職理由⇒志望動機⇒入社後の働き方や貢献イメージ⇒質疑応答 

の順により質問されるのが通例です。企業により重視する点は異なりますので、企業の理念や会社の雰囲気も考慮し、事前にある程度作成しておきましょう。

面接のマナーとは?

基本的なマナーである服装、身だしなみ、言葉遣い、態度などについておさらいしておきましょう。

面接官は、「挨拶ができない」「服装がだらしない」といった基本的なものから「元気がない」「笑顔がない」などの点までチェックしています。自分の立ち居振る舞いを客観的にチェックしてもらい、ビジネスマナーを踏まえた応対、態度を一貫できるようにしましょう。

ほかにも、

  • 会社について調べてきていないことが伺える
  • 志望理由や転職動機がうまく説明できない、矛盾している
  • 質問についての回答がずれている

など、基本的な点で落とされることがあります。「当たり前のことを当たり前」で済まさずに、自身のふるまいがそれに見合うものか、第三者の視点も借りながら謙虚に見直してみることが重要です。

面接の基本・面接官の見るポイントとは?

基本的なマナー以外にも、チェックされているポイントはあります。以下のような点です。

  • 説明が分かりやすいこと
  • 過去から未来までの志向に一貫性があること
  • 理由に具体性があること
  • 企業で働く際の具体的なイメージを想像できること
  • 企業が得られるものを面接官が想像できること
  • 話が一貫していること
  • 真剣度が伝わってくること
  • 企業規模、サービスについて自分なりの意見が言えること

このような点は意識しておくと良いでしょう。

スーツは必須?面接での服装や髪色のチェックポイント

転職活動には「定番の服装」はありません。指定されることも少ないため、面接官に「ビジネスマナーが身に付いている」「TPOをわきまえた行動ができる」という好感を与えられればOKです。楽な服装で、と言われた場合は、「清潔感があること」「ビジネスマナーから外れていないこと」の2つを軸に、職種や社風を考慮して選ぶことが求められます。

最低限A4サイズが入るビジネスバッグも必須です。自立するものを選び、リュックサックなどは避けましょう。女性の場合、派手な髪色やまとまりのない髪はマイナスポイントです。靴も、ピンヒールやウェッジソールよりも、シンプルなパンプスを選びます。アクセサリーもきちんとした感じを出す程度にとどめます。

転職での面接時の服装とは?

内定・退職手続きでのチェックポイントとは?

ここでは、内定から退職にかけて、意識しておきたいポイントを解説します。

内定から退職の流れとは?

内定から入社するという意思表示をするまでには、1週間程度であることが一般的です。面接当初から、企業の志望順位を考えておくとともに、引継ぎや現在の勤め先へ退職する旨を伝えておくことが求められます。

最終面接時などに、企業の入社希望日を確認しておき、応募先と現在の勤め先、どちらにも迷惑をかけない形を作りましょう。

退職/入社にともなう諸手続きの方法や注意点とは?

入社・退職には手続きが多いです。契約や社会保険、備品の返却…。退職する企業から受け取った書類が次の職場で必要な場合もあるほか、届け出が求められる税金や生命保険、クレジットカードなどの手続きもあります。

リスト化して抜かりなく行いたいところです。

転職活動の注意点とは?

ここでは、転職活動での注意点を解説します。

後輩育成や引きつぎは早めに行うべき理由とは?

5社受ける場合、面接を5回から15回受けることが標準的です。情報収集、書類の作成や自己分析、エージェントとの相談時間…。

ある程度長期で時間を取られることになります。転職する場合、確定してから引き継ぎに入るようなことはせずに、転職活動が始まっても、日々の業務の中で徐々に自分がいなくなっても大丈夫なように準備を進めましょう。

転職活動に疲れたり辛くなったら休みも必要

転職活動で一番疲れたり、辛くなるのはやはり不採用通知がくるときです。これはがっかりしない人の方が少数派でしょう。自分が否定されているわけでも、必要とされていないわけでもありません。

気分転換もしながら、縁がなかったのだ、より自分にあった転職先を探そう、と気持ちを入れ替えて前向きに転職活動に臨みたいですね。仕事へのやりがいや自分が役立ちたいところなど、プラスな転職理由があればここでも自分を支えてくれます。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

職務経歴書のサンプルとは?書き方と活用方法

目次1 そもそも職務経歴書とは?職務経歴書の意味と重要性について2 転職サイトで見られる職務経歴書のサンプルと […]

続きを読む

計画的な転職を!転職活動スケジュールの立て方と効率よく進めるポイント

平均3~6ヶ月と言われる転職活動期間。 その一方でなかなか転職先が見つからず、1年以上かけて転職する方もいます […]

続きを読む

転職サイトと転職エージェントの違いとは?

転職求人サイトは、大きく分けて転職サイトと転職エージェントの2つに分けることができます。 どちらも求人募集企業 […]

続きを読む

応募書類を送付する際の宛名の書き方とは

企業に応募書類を送付する際の宛名の書き方って?部署名も書くのだったかな? アレ?担当者名だけで、よかったかな? […]

続きを読む

勤務形態における交替制とは

現代は、24時間切れ目なく仕事や、早朝から深夜までの仕事だったりする業種も多くなってきました。そのため、働く時 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の意味とは?職務要約の書き方について

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

10

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

ピックアップ特集

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の意味とは?職務要約の書き方について

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

10

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

もっと読む