転職面接。カバンに関するQ&A

転職面接。カバンに関するQ&A
Viscious-Speed / Pixabay

面接に持っていくカバンは転職のための必須アイテム。身だしなみのひとつとして採用担当者も注目しています。デザインや素材、面接中の置き方まで、転職面接に相応しいカバンのQ&Aを紹介します。

 

転職面接、カバンは大丈夫?

転職面接にカバンは必須です。でも、服装には気を配るのに意外とカバンは見落としがち。面接の当日に焦って手持ちのカバンを探す人も多いようです。そうならないために転職活動を始めると同時に面接に相応しいカバンをひとつ準備しておきましょう。

 

基本は自立式、A4書類対応サイズ

男女問わず、立てたまま床に置けるマチが広い自立式のバッグが基本です。実際、カバンをどのように置くかでモタモタする場面もよく見かけます。それは面接に集中できないだけではなく、面接官から見ても見苦しいものです。自立式であればそのモタモタ感も解消します。サイズはA4サイズの書類がすんなり入るサイズにしましょう。会社のパンフレットなどの書類を渡された時、折らなくても収まるサイズが良いです。

 

オーソドックスで機能性を重視

転職面接用のカバンは、オーソドックスなデザインで、口が広くて出入れし易い機能性の高いものを選びましょう。デザイン性の高いものは機能性に欠けるだけでなく華美に見えて面接には相応しくありません。色は、黒、濃いグレーのようなスーツに似合う色がベストです。素材は、ポリエステルかナイロン製であれば軽くて雨が降った時も使いやすく、革や布であれば防水スプレーをふっておくと雨の日も安心です。

 

男性の場合

男性の場合は、仕事でも使えるようなビジネスバッグが基本です。肩掛けではなく手に持つタイプのカバンを選びましょう。男性用のカバンは様々なものが市販されていますが、飾り気の無いシンプルなカバンが好印象です。

こんなカバンはよい?悪い?

「手持ちのカバンがあるけど面接で使っていいものか?」このように迷うこともあるでしょう。ありがちなカバンと、それぞれ面接の場面で使えるものかどうかについて紹介します。

ナイロン製のカバン はデザイン次第でOK

ナイロン製のカバンは、軽くて雨にも強くとても便利なアイテムです。ビジネスの場面や就職活動で使われることも多いようです。シンプルで自立出来るタイプだったら良いのですが、くたっとしたデザインのカバンは面接には向きません。

ストラップ付のカバン

移動する時はとても便利なストラップ付のカバンですが、ストラップ付のカバンを斜めがけして面接に臨むのはNGです。取り外しの効くストラップであれば外して使いましょう。その際、自立できるカバンかどうかのチェックもお忘れなく。

その他

普段の通勤にリュックやメッセンジャーバッグを使っている男性は多いようです。通勤するには機能的で便利なバッグですが、面接の場面ではNG。プラスチックの書類入れや、小脇に抱えるようなポーチもNGです。

 

女性の場合

女性用のビジネスバッグは男性用のようにバリエーションが多くありません、そのため男性以上にカバン選びは苦戦する人も多いでしょう。とはいえ、男性と同様にデザイン性より機能性を重視します。ハンドバッグではなく、黒かグレーの無地で飾りの少ないシンプルなA4サイズ対応のカバンを選びましょう。女性であれば肩掛けのビジネスバッグもOKです。スーツ専門店であれば必ず女性用のビジネスバッグは市販されています。転職活動の必須アイテムとして準備しておきましょう。

こんなカバンはよい?悪い?

「ビジネスバッグではないが、手持ちのバッグを面接で使えないだろうか」ビジネスバッグのバリエーションが少ない女性だからこそ考えてしまうものです。そのような手持ちのカバンが面接用で使えるかどうかについて紹介します。

トートバッグ

女性物のトートバッグは、自立できてファスナー式で締められるタイプであればOKです。完全に蓋が開いているトートバッグは、非常に無用心です。また、大切な書類を持ち帰る際、そとから中身が見えてしまうため、面接官からすると印象の良いものではありません。

ブランド物

普段はおしゃれなブランドバッグも面接の場面では雰囲気に合わないため避けておきましょう。特に、全体にロゴが散りばめられていたり、大きなロゴマークが付いているような、明らかに高級ブランド物とわかるバッグはNGです。

その他

デザイン性の高いものが多い女性用のカバンですが、奇抜なデザイン、派手な色や柄物はNG。リボンなどの装飾がついたものもNGです。普段のおしゃれと身だしなみは別もの。面接は普段のおしゃれを披露する場ではないと心得ましょう。

 

面接時のカバンに関するマナー

面接時の第一印象はその後の採否に大きく影響します。面接時のカバンの扱い方も、応募者の印象を決める所作のひとつ。面接時にカバンの扱いでモタモタするとそれだけで印象を損ねてしまいます。そんな面接時のカバンに関するマナーについて紹介します。

入退出時の注意事項

入退出時の所作は応募者の印象を大きく左右します。スマートな立ち居振る舞いを心がけましょう。
・入退室の際は、カバンを片手で持ち入室する。肩掛けの場合はハンドルが落ちないように脇を締めて持つ。
・礼をする時、男性は片手で持ったまま、女性は両手でカバンを前に持ちお辞儀をする。
・名刺を受け取る時は、カバンを床に置き(肩掛けの場合はしっかり脇を締め)両手で受け取る。

着席時のカバンの取り扱い

必ず椅子の横に丁寧に立てて置きましょう。くれぐれも、床に寝かせたり、机空いた部分や椅子の上、膝の上に置いたりしないようにします。面接という緊張感ある場面でも、些細な動作に日頃のクセが出るものです。マナーある社会人として、面接官からどう見えているのか意識することが大切です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています