20代に人気の事務転職を効率よく進めるポイントまとめ

20代に人気の事務転職を効率よく進めるポイントまとめ

20代の女性の転職希望といえば、何といっても人気No,1は事務です。
その理由はノルマに追われることも残業もなく、定時で帰れてプライベートタイムを充実できるからですよね。
特に正社員は給与面や保障面で充実しているので最も人気が集中しています。
事務の仕事は快適なオフィスに座って仕事ができ、定収入が手に入ると安易に考えていませんか?ちょっと待って!もし転職を考えているのであれば、転職をする前に、20代という今の時間をよく考え直してみてみましょう。

20代は人生の基盤となる時期、将来のライフプランを考えよう!

20代で全力で働いた経験はそのままキャリアとなって将来の仕事に結び付きます。
ですから事務といえども何という動機もなく、何となく毎日仕事をするのではなく、長い人生の中のどの位置にいるのかをよく考えて自分なりのライフプランを立ててみましょう。

結婚しても続けて仕事ができるかどうか

20代は仕事だけではなく、恋愛があり結婚の転機も訪れる年齢ですよね。
転職を考えるとき、結婚や出産をした場合の保障や理解がある会社かどうかチェックすべきです。
事務の仕事はどこの企業でも同じというわけではありません。
よく社内結婚をすると辞めなければいけないというような風潮がありますが、転職活動をするときに、その辺の内部事情もできれば口コミで聞いておいたほうがいいかもしれません。

キャリアとして将来に生かせるかどうか

事務の求人においても、年齢が上になると経験を重視されるようになります。
結婚して出産し産休や育休をとった後、また会社に戻って仕事を続ける場合もあるでしょうし、夫の転勤でやむを得ず辞めなければいけないこともあるでしょう。
それでも仕事で覚えたスキルが次の転職でキャリアとして活かせるといいですよね。
事務といっても種類は色々あります。自分のライフプランにおいての目標を持って、将来続けていけるような職種を選ぶといいですよ。

事務の求人で20代が有利な理由

企業が事務を求人して採用する場合、20代は採用率が高いといわれます。
特に28歳前後が最も有力と考えられています。
この年齢ではある程度の経験も期待できますからね。
20代の転職は、他の年代にはない有利な面が沢山あるのです。それはどのよのようなものなのでしょうか。

体力や柔軟性があり、仕事を教えやすい

20代は体力的には頂点にあり、バリバリ働ける年齢です。
理解力、記憶力、行動力で他の年代を上回りますよね。
また未開地のような状態なので、変に固執することなく柔軟に色々な仕事を受け入れ、覚えていくことができます。
転職して事務の仕事をするときにも、新しい環境で何も分からないときに、周りの30代、40代の先輩も教えやすいですよね。
年下の人が年齢の高い人に教えるのは、両方にとって難しいことです。

未経験でもやる気があれば採用される

他の年代では経験が重視されがちなのに対し、20代は未経験でもやる気があれば受け入れられるのが大きな利点です。
20代はやる気の他にも、仕事に対する真剣さや謙虚さなど、経験よりも内面を見て選ばれるということですね。
事務転職においても、経験に関わらず、興味を持った職種にためらいなくチャレンジできるのがまさに20代なのです。

女性でも結婚妊娠して退社されるリスクが少ない

企業が20代を採用することが多い理由の一つに、結婚や出産で退社されるリスクが少ないということがあります。
30代になればもういつ結婚してもおかしくありません。
20代であれば28歳ぐらいでも、最低3年は働いてくれるという期待があります。
女性はどうしても結婚や出産で仕事の継続を妨げられてしまいますが、企業としても事務を処理してくれる女性は不可欠なのです。
ちなみに一般企業内での事務職で、男性の採用はほとんどといってありません。
企業としても、結婚や出産をきっかけに退社されることがあっても、女性の割合があまりにも少ないと企業イメージが悪くなることを気にかけています。
事務は女性社員を確保する大事なポストで、その中でなるべくなら長く続けて働いてほしいということから20代の女性を多く採用しているのです。

人気の事務転職を成功させるには

20代が他の年代より有利だとはいえ、人気が高い事務には応募が集中して競争率も高く、採用までの道のりは簡単ではありません。
なんとかライバルたちに勝って、希望する企業に転職を決めたいですよね。
事務への転職に成功するにはどのような方法が効果的なのかを説明しましょう。

事務転職の難易度

まず気になるのが事務転職の難易度です。
現在、事務求人での競争率は、職業全体の平均競争率の約3倍です。
現実は厳しいですよね。
見方を変えれば選考で落とされたとしても、それだけ競争が激しいのだから、それもそのはずと考え、どんどん次に進んでいったほうがいいのです。

前職と同じ業界の企業で働く

事務の求人において、同じような条件の人が沢山応募した場合、企業側としては、どうせなら業界について精通している人を選びます。
ですから同じ20代の人たちが何人がいても、前職と同じ業界の企業で応募したほうが採用されやすいのです。
働く側としても前職で働いた経験と知識があるので、転職後スムーズに新しい職場で働けるでしょう。

希望する職種に役立つ資格を持つ

企業側は多くの応募者の中から一番優れていると感じる人を選びますから、資格があることは強みになります。
事務転職での有利な資格は、経理事務であれば簿記資格、貿易事務ならばTOEIC、不動産事務なら宅建の資格を持っていると、資格のない人より優位に立つことができます。
20代は時間的な余裕もあるので資格を取れるチャンスです。
履歴書に必ず書けて、どんな状況でも働き方が選べるよう、また後のキャリアに活かすためにも、できるだけ資格を沢山とっておきましょう。

面接でやる気をアピールする

20代は経験がなくてもやる気を買われるのが特典です。
企業としても若い人から元気なエネルギーをもらって職場を活性化したいものですよね。
ですから面接での話し方や態度は、明るく、ハキハキとして話し、事務の仕事に対するやる気をアピールすることを心がけてください。
細かくいえば20代後半になると、やる気だけでなく経験もマークされます。

転職エージェントで自分に合った求人を探す

転職サイトは基本的に広告と同じなので、企業のいいイメージしか出ていません。
その点転職エージェントは企業の悪い面まで総合して教えてくれるので、自力で調べるより時間の節約にもなり助かります。
今よりいい環境に変えたくて転職しても、結果的に前の会社のほうがよかったということにならないためにも、情報に通じた転職エージェントを活用することは、転職の成功にも繋がるでしょう。
転職エージェントにも様々あって、20代の事務転職のためには、女性転職に特化した転職エージェントや、まず派遣からスタートして正社員になるサポートをしてくれる転職エージェントがあるので、それらを利用するといいですよ。

20代事務転職の注意点

実際に転職活動を行うには、どうしたらいいか、いつ始めていいのか、今の会社を辞めていいのかなど、色々と戸惑うことも多いと思います。
20代で事務に転職しようと考えている人は、次のような点に注意してください。

転職先が決まるまで前職を辞めない

今の会社を辞めてしまうと、焦って新しい転職先を探さなくてはいけないので、新しい転職先が決まるまで辞めないのがベターです。
転職エージェントを使ったりして、在職中に時間をかけて最良の転職先を見つけてください。転職エージェントの中には平日土日に関わらず、夜8時以降も相談できるものもあります。これなら働きながらも活用できますね。

転職を希望する企業労働条件を慎重にチェックする

転職には慎重さが肝心です。何回か選考に落ちてしまうと、もうどこでもいいから転職してしまおうと考えてしまいがちですが、時間的余裕を持って慎重に選ぶのが賢明です。
仕事の内容はもちろんのこと、福利厚生、有給はどのくらいなのか、また20代女性にとっては、産休・育休の期間と休暇後、復帰したときのポジションは確保されているのかなどは、チェックすべき重要なポイントです。
それらにプラスして社内の雰囲気まで調べられるとベストです。
口コミを聞いたり、転職エージェントのアドバイザーに相談して調べてもらいましょう。
仕事をする上で社内の人間関係や雰囲気は、仕事内容以上に大きな問題ですよね。

狭き門、しかし20代は事務転職において大きなチャンスの中にいる!

人気第一位の事務は狭き門であることは間違いありません。

ですが20代での転職は、他の世代に比べると大きなチャンスの中にいるといえるでしょう。
また20代は夢を描ける時期、やり直せる時期、新しいものにもトライできる時期です。
自分なりのライフプランを立て、資格も取得して、最適の転職先を見つけてくださいね。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

週3日の働き方も可能!派遣介護職の探し方

介護業界の人材不足が深刻化していますが、介護職の働き方の多様化が進んでいます。 週3日の勤務での介護派遣の中身 […]

続きを読む

企業理念の浸透で生き残る企業に!従業員の行動を変える浸透方法は?

かつて「ビジョナリーカンパニー」というビジネス書が一世を風靡しました。これは長期にわたって成長を続けている企業 […]

続きを読む

薬剤師に転職する際の志望動機の作り方を例文付きでご紹介

薬剤師の資格を持って転職する場合、資格とキャリアを前面に出せば採用となる? 残念ながら、そういうわけにはいかな […]

続きを読む

アパレル業界の企画職に転職するには?求められる人材や活動方法を解説!

アパレル企業で商品やイベントの企画提案をおこなう企画職。 華やかなイメージがあり憧れる人も多い職種ですが、転職 […]

続きを読む

簡単に取得できる介護資格5選&定番4資格を徹底調査

介護関連の資格は多数あり、介護ニーズの高まりや人気のほどがうかがえます。 介護資格取得で不安に思うのは「簡単に […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト