転職にグッドな時期を徹底解説!知っておきたい重要ポイントまとめ

転職にグッドな時期を徹底解説!知っておきたい重要ポイントまとめ

転職を考えている人は、転職の時期についても考慮することをおすすめします。
一年のうち、どの時期に転職に踏み切るかでさまざまな側面で有利になること、不利に転じてしまうことがあります。
一般的な企業の採用の流れ、ボーナスや税に関すること、家を建てたり出産があったりなどライフイベントに関わることなど多角的な面からの適した転職時期を紹介します。
知っておいて損はありません。
転職時期について気がかりがある人もそうでない人も、一度はチェックしておいてください!

転職には有利な時期がある?求人数が増えるのは何月?

転職市場で求人数が増える時期があることをご存知でしょうか。
大企業であればあるほど、毎年の採用の流れも一定化されているところが多いようです。
年中行事や真夏や真冬などの気候の影響を受ける一般的な社会の流れからも、多くの業界が閑散期になり、企業にとって採用活動にじっくり取り組みやすい時期があるようです。

新年度を迎える4月入社

多くの企業が3月に決算を終え、4月に新年度を迎えます。
決算の際には、次の年度の計画や事業戦略が明確になり、それに伴って採用についても検討されています。
採用を行う企業の多くが、新入社員の4月入社を目指して採用活動を行っています。
事業戦略や人材育成を加味した社内教育や研修などの計画もすでに設定されているでしょう。
その4月入社に合わせるために、2~3月は、特に新卒者に対する採用活動が活発化し求人数が増える傾向にあるようです。

10月は下半期がスタートする

1年のうち、下半期のスタートとなる10月に合わせて採用活動を活発に行う企業も多いです。
これは、上半期の業績や人材の状況を見て、下半期の事業計画を練り直されます。
必要な人材の確保や補強などの採用の再検討が反映される時期だということが主な理由です。
つまり、求人が増えるのは、8〜9月の時期ということになります。
この時期は即戦力となる中途採用の求人数が増える傾向にあるようです。

転職希望者が増える時期は?

転職希望者が増える時期にも傾向があるようです。
転職希望者が増える時期というのは、競争率が激しくなる時期と言い換えられるかもしれませんね。
一年のうち、転職希望者が増える時期がいつなのか、またその理由について紹介していきます。

気持ちにも余裕が出るボーナス時期

企業の年に数回のボーナスのあとは、転職希望者が一気に増える傾向にあります。
これは、潜在的に転職を考えている人も、ボーナスをもらったことで転職活動に踏み切ることが多いことも理由のひとつです。
また、ボーナスが支払われたことで、経済的に心の余裕が生まれる人が多いことも理由として挙げられるでしょう。
多くの企業が6月ボーナスですから、7月に転職活動を行う人が増えるようです。

企業側の新年度に合わせて年度末

自分の転職の時期を、企業の流れや準備に合わせて転職活動を進める人も多いです。
したがって、企業の新年度となる4月の入社に合わせた2~3月、新年度開始が1月という企業に対して12月あたりから転職を希望する人が増える傾向にあるようです。

転職活動の時期を考える際の注意点

転職活動をいつから始めるか、退職の時期をいつにするかを考える際の注意点を確認しておきましょう。
考慮するかしないかで大きな差が出ることも考えられます。

転職する時期によって変わる税金

転職時には、税金や保険の手続きも必要になってきます。
退職するのが何月か、転職先への入社時期が何月かによって、税額や手続きの方法が異なってくることを知っておきましょう。

所得税

所得税は年間の予想所得額を12か月で割って翌年の月ごとに支払うものです。
通常は給与から天引きされるはずです。
退職した後のブランクがあっても支払いが必要なことを覚えておきましょう。
前職を退職した月と、新しい会社に入社した月が同年内であれば、会社側で年末調整の手続きをしてもらえるでしょう。
もし転職時期が年を跨ぐことになった場合は、自分で確定申告することで還付が受けられます。

住民税

住民税は前年の所得額をもとに年間額を12か月で割って翌年6月から翌々年5月までで支払っていくシステムです。
在職の場合は、住民税も給与天引きとなります。
この期間割りが重要で、1~5月に退職した場合は、前々年分5月までの所得税を一括で納めることになります。
6~12月の場合は、一括か分割かを選択することができます。

昇進が目前?転職時期は遅らせる?

転職を考えているときに、上司や人事部からの昇進の話があるという状況になることもあり得ます。
この場合、自分がどうキャリアを積んでいきたいのかということを長い目で見ていく必要があるでしょう。
マネジメントを行っていきたいのであれば、昇進を受け、数年の経験を積むことが、将来的にも得策といえるでしょう。
一方で、ポジションに関係なく、新しい職種にトライしたい、プロフェッショナルな業務を極めることを望む場合には、その意向を企業に伝え、転職活動を進めることをおすすめします。

短期間での退職で転職時期が早すぎる?

在職している期間が短期間の場合、転職活動で提示する勤続年数にも考慮してみてください。
あと1ヵ月、2ヵ月在職していれば、勤続年数が2年となるならそれまで踏ん張ってみることも考えましょう。
勤続年数は、経験の印象を大きく変える要素のひとつです。
1年、2年、3年、5年、10年、それぞれの成熟度のイメージが大きく異なることを知っておきましょう。

年代・年齢別に知っておくべき転職時期

年代、年齢によっても転職時期を考えたほうが良さそうです。
最適と考えられる時期とその理由を紹介します。

40代の転職時期

40代になると、比較的勤続年数が長いことも十分配慮する必要があるでしょう。失業手当などの金額が大きく異なることがあるからです。
また明確な目的をもって転職に踏み切ろうとするときでも、業界や企業のタイミングについての情報収集を怠らないようにしましょう。
専門分野を熟知したヘッドハンターやキャリアコンサルタントへの相談もおすすめします。

30代の転職時期

30代は、キャリアの方向性も決まってくる時期です。
即戦力が求められる中途採用の多い企業の中間期の時期に合わせた転職をおすすめします。
求人情報をこまめにチェックしたり、キャリアアドバイザーにお願いしたりして企業の欠員状況の情報収集が図れるといいでしょう。

20代の転職時期

全体的に経験や知識が浅いとみなされることの多い20代です。
勤続年数は最低でも2年は確保することを意識すると選考の際に有利になるでしょう。
また、経験が浅い自覚があるなら、新卒のつもりで新人教育や研修の受けられる時期を選ぶことも一策といえるでしょう。

プライベートにも関わる転職時期で抑えておくべきポイント

プライベートでもさまざまなイベントが起こってきますよね。
マイホーム購入を検討している人、出産の可能性のある人も押さえておきたいことがあります。

マイホームを検討中!転職時期は住宅ローンを組む前?後?

マイホーム購入を考えている人で、住宅ローンを組むことになる人も多いでしょう。
購入と転職時期が重なりそうな場合は、時期をよく検討することをおすすめします。
ローンを組む場合、必ず金融機関の審査があります。
その査定項目の中に勤続年数があり、転職直後の場合、支払い能力の信用を満たす勤続年数に至っていないとローンの申請が通らないことがあるのです。
その査定を通るためにも、転職前に購入を済ませるのが得策です。

女性が特に気になる出産時期!転職前後でどう変わる

今後1年以内の出産を希望している人は、転職してから1年間は育児休暇の資格が得られないケースがあることを覚えておきましょう。
出産後育児と両立して働き続けるつもりなら、まず転職をして、働く環境に慣れ、その会社での実績を残すことに注力しましょう。
慣れた段階で出産休暇、育児休暇を取るプロセスが得策といえるでしょう。

転職時期から相談できる!おすすめの転職エージェント3選

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、転職時期を考える上でも心強い味方になってくれるでしょう。
転職に迷っている人も、時期を決めかねているという人も、相談してみてはいかがでしょうか。
おすすめの転職エージェントを紹介します。

信頼と実績のリクルートエージェント

  •  国内最大の求人数を持ち、90%は非公開求人
  •  企業や転職者の利用満足度が高く実績も充実
  •  事例をもとにしたアドバイス、企業の詳細情報が提供される

業界トップクラスの大手転職エージェントです。
求人数も多く、長い歴史の中で培った転職ノウハウでのサポートが受けられるでしょう。
転職のタイミングについてもしっかり心得えているので、自分にフィットする適切な時期のアドバイスが受けられるでしょう。

リクルートエージェントへ登録する

職種別にコンサルタントが対応すてくれるDODA

  • 大手や優良企業の求人案件を多く扱っている
  • 地方や海外を含め全国各地で転職支援サービスを展開している
  • IT、エンジニア、営業など業界や職種の専任アドバイザーが担当

業界、職種別の企業合同説明会や相談会などが実施され、非公開な求人案件の企業のことまで細かく知る機会が多く提供されています。
業界や職種を熟知した仙人アドバイザーの手厚いサポートにも定評のあるエージェントです。

DODAに登録する

女性にもおすすめのパソナキャリア

  • 女性も活躍、キャリアアップできる案件が多い
  • パソナにしかない独占求人が多い
  • 首都圏の転職に強い

女性で、首都圏への転職を考えている方には特におすすめしたいエージェントです。
業界や業種は多種多様に対応されており、それぞれの業界や職種を熟知したキャリアアドバイザーから強みやキャリアプランに合わせたサポートが受けられます。

パソナキャリアに登録する

ベストな転職時期に転職するために!

様々な観点から転職時期を考えたほうがいいことをお伝えしてきました。
ベストと考えられる時期に転職をするためにも、転職活動に入る前から計画的に進めていく必要があります。

準備期間をしっかりとろう

実際に転職活動を始めるまえに、活動をスムーズにするための準備期間をしっかり取りましょう。
これまでお伝えしてきた転職時期を検討することもこの期間での準備の一つと言えるでしょう。
自分のキャリアの棚卸しと今後希望する仕事の条件やスタイルを明確にすること、業界や企業の動向チェック、履歴書や職務経歴書の作成などを行っておきましょう。

勤続年数や年齢、年収も大事なポイント

転職時期を検討する際には、現職の勤続年数が何年になるのか、自分の年齢を考慮してのライフイベントや市場ニーズ、年収を考えることも大事なポイントとなるでしょう。

適切な転職時期を見極めて納得の転職!

退職の日がいつになるか、それがどのようなタイミングなのかが大きな違いを生むことがあります。
ほんの1、2か月、もしくは数日の違いで大きな損になったり、不利な状況を招いたりということもあるので、十分に確認して、ベストな転職時期の設定を行いましょう。
転職エージェントに相談することで、自分では気付けていない部分にも配慮できるようになるでしょう。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

40代派遣社員が今すぐ考えるべきこと。年齢の壁がある理由と突破方法とは?

40代の派遣社員は仕事が少なくなり、派遣として働き続けるのが難しいと言われます。 理由は「年齢の壁」。 働く意 […]

続きを読む

派遣先との面接ってあるの?選考禁止理由と顔合わせ面談のポイントを紹介

派遣会社から仕事の紹介を受けていざ就労!の前に、派遣先との面談が実施されることがあります。 「派遣なのに選考さ […]

続きを読む

既婚者は転職に不利?知っておきたい転職のポイント

転職を考えている人の中には、既に結婚している人も多いと思います。 既婚者は転職に不利なのか?成功するためには何 […]

続きを読む

逆質問は何を聞く?いくつ聞く?転職活動成功のための逆質問テクニック

面接の最後に行われる「何か質問はありませんか?」という逆質問。 「何を聞けばいいの?」「質問はいくつ用意すべき […]

続きを読む

金融業界に転職したい第二新卒が知っておくべきポイントまとめ

第二新卒で金融業界への転職を成功に必要な基礎知識から、第二新卒としての具体的な志望動機の例文までを紹介します。 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

3

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

6

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

続きを読む

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

ピックアップ特集

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

3

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

6

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

もっと読む