転職エージェントとは?転職エージェントの意味と失敗しない選び方

転職エージェントとは?転職エージェントの意味と失敗しない選び方

転職エージェントとは?転職をサポートしてくれるって、どのようにサポートしてくれるの?

この記事では、以下の方を対象に、転職エージェントについて役立つ情報を解説します!

  • 転職エージェントについて知りたい人
  • 転職エージェントの活用方法を知りたい人
  • 自分にあった転職方法

目次

転職エージェントとは?転職エージェントの意味について

転職エージェントとは、企業と転職希望者を仲介する業者のことです。いわば人材紹介サービスのひとつです。転職エージェントに登録をすると完全無料で転職相談にのってくれます。

企業の求人紹介から面接のセッティング、給与交渉に至るまで、企業と転職希望者の橋渡しのお手伝いを幅広く行っています。転職希望者の希望を聞き、その人にあった転職先を提案してくれるのが魅力です。

転職エージェント利用のメリットとは?

転職エージェント利用のメリットには、以下の点があります。

  • 転職活動に必要な多くのサポートが無料である
  • 自分の適性やキャリアなどに対してプロの客観的な視点でアドバイスをくれる
  • 非公開求人も利用可能
  • 面接では伝えきれない部分も人事に伝えてくれる

転職エージェントのサービスはすべて無料で受けることができます。

また、転職で第三者のアドバイスや視点があると、心強いものです。転職エージェントは面談をもとに自身の相談にのってくれ、最適な案件を提案してくれる存在です。自身のキャリアや適性、市場価値をもとに客観的にアドバイスをくれ、履歴書、職務経歴書も採用担当者に魅力的にうつるような内容へ変えてくれます。

腕利きの転職エージェントは、面接で不合格になった場合でも転職希望者の魅力をアピールして結果を覆すこともあるそうです。

転職エージェント利用のデメリットとは?

転職エージェントを活用するメリットは、以下のようなものがあります。

  • エージェント側のノルマ等による営業トークを鵜呑みにして誤った転職をしてしまう
  • 転職市場価値が低ければサービスを受けることができない
  • 相談や面談が多くて転職までに時間をとられがち

転職エージェントも社員ですから、どうしても「大人の事情」により、転職希望者の要望や適性、市場価値を意識した提案をしたいと思っても、会社としての方針により提案しなくてはならない案件などがあります。ノルマが存在する場合もあるでしょう。

良質な転職エージェントならそれもないかもしれませんが、素直に聞く部分も持ちつつ、自身でしっかり考え判断する姿勢も大切です。

転職エージェントと転職サイトの違いとは?

転職サイトと転職エージェントの一番の違いは、相談してくれるアドバイザーがつくかどうかという点です。エージェントは面談や相談、書類の添削まで面倒を見てくれます。他方で転職サイトの場合、求人情報から自由に閲覧し選ぶことが可能です。

転職エージェントの中でもおすすめなエージェントとは?選び方について

転職エージェントの選び方は以下のような点に注意しましょう。

  • 複数のエージェントに登録し、信用できる担当者を選ぶ
  • 手厚いサポートが受けられるかをチェック
  • エージェントの得意分野が自身の活用する部分かをチェック

複数でも無料で登録ができるため、いくつか登録して、信用できる、自身が一番活用してプラスなところを選びましょう。

総合的におすすめなのは、以下の3つです。

  • マイナビエージェント
  • DODA
  • リクルートエージェント

アドバイザーの質は同じエージェント内でもあります。担当を変えてもらうか、良質なアドバイスをしてくれる担当者を選びましょう。エージェントによる得意な業界や案件もありますので、そのあたりも考慮するとよいです。

転職エージェントの比較方法とは?自分にあったエージェントの選び方

転職エージェントを比較するときは、以下の点を考慮すると良いでしょう。

  • 求人の質・量
  • 提案力
  • サポート

案件の質とは、釣り案件がなく、本当に存在している、良質な案件を指します。

驚くことに、転職エージェントの中には、釣り案件(実際にはないのに掲載している完全に集客目的の偽案件)がメインになっているエージェントもあるので、注意しましょう。

担当者の提案力も重要です。転職活動の方向性を決めや対策を行いますが、自身の適性と明らかに違う提案をされたり、疑問を持つような提案ばかりしてくるエージェントは考えものです。自身にあった案件、方向性を指し示してくれる信用のおける、経験もあるエージェントがおすすめです。

またエージェントの温度はさまざまです。親身に時間をかけて丁寧に対応する場合もあれば、ドライな対応をするエージェントもあります。

手厚いサポートを受けられ、しっかり相談にのってくれるところを選びましょう。

転職エージェントの比較ポイントの例とは?

なお、転職エージェントを比較するにはさまざまな切り口があります。

  • 自分の家から近い場所
  • 福岡に強い
  • 大阪に強い
  • 年代別
  • 20代・第二新卒に強い
  • 30代に強い
  • 50代に強い
  • 外資に強い

転職エージェントの評判での選び方とは?

転職エージェントを評判で選ぶ場合、一般的には以下の3つのエージェントがおすすめです。

  • リクルートエージェント
  • DODA
  • JACリクルートメント

エージェント名を検索することで、ブログなどで評判や口コミは見つかります。

信用のおけるソースから、個人の主観による認識なども考慮して決めるとよいでしょう。

エージェント名を検索すれば、多くのユーザーがブログなどで評判や口コミを紹介しています。実際に利用したことのあるユーザーのリアルな声は貴重です。真偽を確認することは少し難しいですが、ユーザーの評判や口コミも参考にしてみましょう。

転職エージェントの評判が悪い場合の特徴とは?

インターネット上には、転職エージェントの悪口が書き込まれている場合があります。個人の主観や相性にもよるのですが、悪い評判を獲得する主な理由には以下のような点があるようです。

  • 紹介求人数が多いわりに質が低い
  • 考え方や性格が自分と合わない
  • メールや電話での対応が雑
  • 話が長く、何を言いたいのか分からない

転職エージェントには、どんどん案件に依頼させようとする、話しも聞いてくれずに、希望と違う案件ばかり紹介される、メールや直接の対応が雑、などの苦情がある場合があります。

正直担当者にもよりますが、このようなことは頭に入れ、担当者が上記に該当しそうなら担当を変えてもらう、異なる転職エージェントを主にするなどの対応を考えるとよいです。

女性には女性向けの評判のよいエージェントもおすすめ

女性向けの転職エージェントというのがあります。育児、出産、結婚などとの両立に積極的で配慮のある案件を紹介してもらえますので、登録しておくとよいでしょう。

dodaの転職エージェントの評判とは?

あるメディアが行った合計500名に対して行った全16社の大手総合転職エージェントの評価に関するアンケートから、DODAへの評判について考えてみます。

総合評価…当たり外れが少ないためおすすめできる

職務経歴書や面接対策など、サポート内容が充実していることは圧倒的に高評価となっています。

求人に質はよい。ただし質の低い案件も入っているため注意

提案力は2位と高評価ですが、専門性については低評価も見られます。

ムービンの評価とは?

ネット上の評価の中には、

「希望の案件を紹介してもらえなかった」

「無理とはっきり言われた」

などの厳しいコメントが見られる一方で、

「対応が紳士的」

「厳しいが、業界を理解した人がエージェントをしており、本当にいいと思うところしか勧められない」

「キャリアパスをしっかり思い描いている人には向いているエージェント」

といった高評価も見られます。

万人受けする「転職の願いを叶えてくれる」エージェントとしての口コミは少ないかもしれませんが、厳しい現実にもしっかり向き合い、ある程度のキャリアや前向きな理由のある人にとっては、利用の価値の高い転職エージェントなのかもしれませんね。

アデコの評判とは?

アデコの評価はお墨付きです。月間人材ビジネス2017年5月号にて実施された満足度調査 6部門でNo,1を獲得しています。ナンバー1を獲得下のは以下の6部門です。

●口コミで友人に勧めたい派遣会社
●紹介された仕事内容の満足度
●登録予約時の対応
●相談・苦情に対する担当者の迅速さ
●相談・苦情に対する担当者の理解度
●相談・苦情に対する約束履行度

このデータから見ると、コンサルタントの評価の高い転職エージェントと言えます。ネット上には悪い口コミも見られますが、主観や担当者によりやはり当たり外れはあるのでしょう。

転職エージェントのランキングの見方とは?

転職エージェントのランキングは、評判や口コミで人気が高いという点をもとに作られている場合があります。ランキングがどのような切り口で紹介されているかを考える必要があります。

総合的なランキングもあれば、求人の量や質、提案力、サポート体制など、項目をもうけてランキングが公開されています。自身が重視する条件や項目に応じて、ランキングを比較してみるとよいでしょう。

あるメディアが行った500人への調査によると、総合ランキングは、

  • DODA
  • パソナキャリア
  • マイナビエージェント
  • JACリクルートメント
  • リクルートエージェント

となっています。

金融の転職エージェントでのおすすめランキングとは?

1位 JAC Recruitment

2位 リクルートエージェント

3位 ビズリーチ

4位 コトラ

の2社は、金融系では特におすすめの転職エージェントです。

ただし、これらのみに登録するのでなく、総合転職エージェント1社以上と金融業界の中でも特化して強みを持つエージェント2社以上を両方登録することです。

管理職・専門職などのハイクラスへの転職なら、ビズリーチもおすすめです。

外資の金融系ならコトラへの登録もしましょう。担当コンサルタントは全員業界出身者で専門性が非常に高いことで有名です。

便宜上ランキングとしましたが、利用するおすすめな層の人数によるもので、自身がマッチしている、希望の案件がたくさんあるエージェント、金融でも特化したエージェントへの登録をした方がよいこともあります。まずは上記を抑えた上で、以下の転職エージェントへの登録も検討しましょう。

ムービンストラテジックキャリア  ファンド・M&A金融転職に特化した部門がある

Spring転職エージェント(アデコ)…外資系金融の案件が豊富

第二新卒におすすめの転職エージェントランキング

第二新卒におすすめの転職エージェントは、以下から選ぶと良いでしょう。

●すべての第二新卒におすすめランキング

  • マイナビエージェント
  • DODA
  • パソナキャリア
  • Spring転職エージェント(アデコ)
  • リクルートエージェント
  • ワークポート
  • type転職エージェント

●自身の経歴に自信が持てない第二新卒が選ぶべきランキング

  • ハタラクティブ
  • 第二新卒ナビ
  • 就職Shop
  • JAIC

●自身の経歴に自信がある場合は、JAC Recruitmentがおすすめです。

第二新卒が選ぶべきおすすめランキングの基準は、以下を基準にしています。

  • 第二新卒が応募できる案件を大量に保有している
  • 第二新卒の転職ノウハウに精通している
  • コンサルタントの質が高い

正直、転職エージェントよりも第二新卒の場合は担当するコンサルタントの質や、自身との相性の方が重要です。何社も登録して、自身にマッチする提案をしてくれる転職エージェントを活用しましょう。

コンサルにおすすめの転職エージェントランキング

コンサルの案件の多い大手総合系転職エージェントランキングは以下の通りです。

1位 JACリクルートメント
2位 リクルートエージェント
3位 ビズリーチ

上記三社はコンサルティングファームへの営業に力を入れ、中規模転職エージェントからヘッドハントされたコンサルタントが多く在籍しています。

コンサルに強い転職エージェントに登録したいなら、上記三社は外せません。

20代の転職エージェントの選び方とは?

20代の転職では、多くの転職エージェントに接触して味方になってくれる担当者を探し出し、企業に推薦してもらうことが重要です。

エージェントも大切ですが、経歴がなくポテンシャルが重要となる20代では、エージェントに話しを聞いてもらい、自身の適性を見極めてもらい、強みを活かせる転職先、案件を見つけて、採用担当者へもワンプッシュしてくれる転職エージェントの担当者を味方につけたいものです。

20代におすすめの転職エージェントおすすめランキング

1位 マイナビエージェント

2位 DODA

3位 パソナキャリア

20代で特におすすめなのがマイナビエージェントです。

新卒採用を実施している大手企業は「マイナビ」を利用することから、第二新卒や若手の中途採用の求人も『マイナビエージェント』に依頼する風潮にあります。

豊富な案件数が売りです!

DODAは業界の中で最も積極的に転職セミナーや転職フェアを開催していると言われています。転職活動の成功のさせ方、選考に通過するための応募書類の書き方など、ノウハウが豊富にあります。

転職に少し興味があるという20代には登録を思わず勧めたくなる転職エージェントとなっています。

ハタラティブは、サポート体制が業界No.1と言われる転職エージェントです。相談に気が進まない、と言う方でも利用しやすい転職エージェントとしておすすめです。

また契約者社員やアルバイトから正社員に挑戦したい場合や、入社して3年未満だけど、辛くて会社を辞めたい場合は、ハタラクティブがおすすめです。若年層に特化しているエージェントです。JAICも無料の就活講座や書類選考なしの面接など、若年層にうれしい点がありおすすめです。

30代の転職エージェントの選び方とは?

30代は、未経験分野へ挑戦する最後のチャンスです。転職エージェントは、自身が転職したいところに強みを持ったエージェントを選ぶと良いでしょう。大手の総合系エージェントも良いですが、ハイクラス案件向けかどうか、未経験向けか、業界別か、など強みを割り出して、キャリアプランにあった案件とノウハウを豊富に持った転職エージェントを選びたいところです。

年代的に未経験が厳しい場合もありますが、現実を見据え、自身のキャリアにとってプラスとなる転職を具体的に思い描きながら強みに特化した転職エージェントを選びましょう。

30代に特化した転職エージェントとは?おすすめランキング

30代全般におすすめな転職エージェントは以下の通りです。

  • リクルートエージェント
  • DODA
  • パソナキャリア
  • マイナビエージェント

マネジメント経験のない30代前半や年収500万円以下の場合、規模は大きくはないですが丁寧なサポートが売りの type 、可能性のある求人を探したい人向けには、Spring転職エージェント(アデコ)がおすすめです。

Spring転職エージェント(アデコ)は人材事業では世界1位の規模を誇る外資系転職エージェントです。

マネジメント経験がありハイクラス案件も視野にいれる30代なら、JACリクルートメントがおすすめ。年収が500万円以下の人は登録を拒否される傾向が強いですが、ハイクラス案件へのサポートと評判はトップレベルです。

40代の転職エージェントの選び方とは?おすすめランキング

40代におすすめの転職エージェントは以下の通りです。

  • 『Spring転職エージェント(アデコ)』面談率100%のためおすすめ
  • 『パソナキャリア』 親身なサポートで口コミNo.1
  • 『リクルートエージェント』求人量で圧倒的No.1
  • 『DODA』リクルートに引けをとらない業界NO.2
  • 『type』の人材紹介

国内企業での転職なら『リクルートエージェント』、外資案件をご希望なら『JAC Recruitment』を活用すると良いでしょう。ヘッドハンティング型の転職ならビズリーチもおすすめです。

50代の転職エージェントの選び方とは?おすすめランキング

50代の満足度の高い転職エージェントは以下の通りです。

  • パソナキャリア
  • DODAエージェントサービス
  • マイナビエージェント
  • リクルートエージェント(ほぼすべての業界を網羅し、案件数が多い)
  • JAC Recruitment(ミドル世代の転職者へのサポートに強い)

50代の転職エージェントの平均登録者数は4.9社です。転職の機会がへる50代になると、求人も減ってくるので、多くの転職エージェントに登録することで、多くの案件から選べるようにしたいところです。

マネージャーや新規事業そのほか、非公開案件としてマネジメント経験の豊富な50代の方に合ったハイクラス転職案件もあります。

転職エージェントが50代にもおすすめな理由とは?転職エージェントの選び方と利用手順

アパレルの転職エージェントの選び方とは?

まずはクリーデンスに登録しましょう。クリーデンスとは、アパレル特化の転職エージェントとして郡を抜いている存在です。もしクリーデンスで転職がうまくいかない場合は、以下の3社に登録すると良いでしょう。

  • フェッショーネ
  • エラン
  • アパレル転職ナビ

ただし、販促やマーケティングならエランがおすすめです。また大阪、京都や関西地区はクリーデンスが限られることから、エランがおすすめされます。

外資系の転職エージェントの選び方とは?

まずは総合的に転職に強いエージェントを選ぶべきですが、外資に強いエージェントもあります。

外資の中でも分野が分かれており、

コンサルティング

  • ムービンストラテジックキャリア Consultant転職
  • アンテロープ
  • コンコード

金融業界

  • コトラ
  • ビズリーチ
  • ムービンストラテジックキャリア ファンド・M&A 金融転職

IT業界

  • ランスタッド
  • マイケルペイジジャパン
  • JACリクルートメント

となっています。

女性の転職エージェントの選び方とは?

女性におすすめの転職エージェントは以下のようになっています。

  • パソナキャリア(女性転職の代表的存在)
  • type女性の転職エージェント  (すべての女性におすすめ。未経験でも正社員案件相談可
  • リブズキャリア (キャリア志向の女性向け。年収400万以上の案件が中心)

女性に特化しているわけではありませんが、マイナビエージェントやDODAもおすすめ。丁寧な相談が人気となっています。

未経験への転職エージェントの選び方とは?おすすめランキング

  • DODA
  • リクルートエージェント
  • リクナビNEXT
  • マイナビエージェント
  • エージェントハタラクティブ
  • パソナキャリア

などの大手の転職エージェントがおすすめです。求人数の多さや幅広い業界に対応していることが魅力です。年代にもよりますが、スキルや経験を活かした非公開求人としてのハイクラス転職もあります。未経験分野への転職は難しいともされますが、若ければポテンシャル採用もなされます。

腕利きの転職エージェントを担当者につけてもらい、企業側に面接だけでは伝わらない魅了をアピールしてもらいましょう。

転職エージェントが未経験にもおすすめな理由とは?転職エージェントの選び方と利用手順

事務職の転職エージェントの選び方とは?おすすめランキング

事務職の転職エージェントは、以下の5社がおすすめです。

  • マイナビエージェント
  • リクルートエージェント
  • DODA
  • スタッフサービス
  • ハタラクティブ

売り手市場、人手不足と言われる中、事務系職種は高倍率で人気の高い職です。2017年の年間の事務職の有効求人倍率は0.44と、低い値となっています。

どこに登録するにしても、PCスキルや資格によりアピールすると可能性もより高まるでしょう。一般事務のみならず貿易事務や医療事務なども視野に入れてみると良いでしょう。

転職エージェントを事務職でも使うべき理由とは?おすすめエージェントの選び方

転職エージェントを大阪で登録する時のおすすめとは?選び方について

大阪でおすすめされる転職エージェントは、以下の通りです。

  • リクルートエージェント(総合1位)
  • DODA(総合2位)
  • JACリクルートメント(総合3位)
  • パソナキャリア(総合4位)
  • ワークポート(総合8位)

なかでも、リクルートエージェントとDODAは大阪での案件が多いことで知られます。ハイキャリア案件ならJACリクルートメント、サポート体制を求めるならパソナキャリアがおすすめです。

転職エージェントを名古屋で登録する時のおすすめとは?選び方について

名古屋で転職エージェントを探しているなら、以下の案件がおすすめです。

  • リクルートエージェント
  • DODA
  • JACリクルートメント
  • パソナキャリア
  • パーソネル(名古屋特化)

なかでもリクルートとDODA、パーソネルは、名古屋、愛知県内ともに、案件数が多いことで知られます。ハイキャリア案件ならJACリクルートメントを選びましょう。

転職エージェントを福岡で登録する時のおすすめとは?選び方を解説

福岡でおすすめの転職エージェントは、以下のようなものがあります。

  • リクルートエージェント
  • DODA
  • パソナキャリア(総合4位)
  • アデコ(総合5位)
  • アソウヒューマニティーグループ(福岡特化)

中でも、リクルートエージェント、DODA、アソウヒューマニティーグループは福岡県内の案件が多いことで知られています。外資系の案件ならアデコ、IT案件ならワークポートが強いです。

転職エージェントに複数OK!複数登録すべき理由とは?

転職エージェントは複数登録をした方が賢明です。一般的に言われるメリットは以下の通り。

  • 最適なキャリアコンサルタントを選べる
  • 用途によってエージェントを使い分けられる
  • 独占案件をカバーできる

複数のエージェントに登録し、自分が最も信用できるキャリアコンサルタントを選びましょう。地域により、また業界や属性により、転職エージェントも強みがあります。登録してみて、自分に最もプラスになるところを活用しましょう。

転職エージェントとの面談とは?面談の意味と内容について

面談の最大の目的は、求職希望者と転職エージェントがお互いの理解を深めあうことです。双方向のコミュニケーションを通して、転職希望者の希望条件や適性、考え方などを踏まえ、転職先を提案するための第一歩です。

求人案件の話にすぐにうつる場合もあれば、キャリアプランからじっくり考える場合もあります。その方の意向により面談の内容も調整してくれないかは、聞いてみるとよいでしょう。

転職エージェントに会う時の面談での服装の定番とは?

作業服や普段着で面談をする人もいて、基本的にカジュアルな服装でかまいません。ただし、仕事帰りに面談する場合はスーツでも問題はないでしょう。

ただし、転職エージェントは面談の時の印象を応募する企業へも伝えますので、ジーパンなどだらしのない格好は避け、TPOをわきまえた服装を心がけたいところです。

服装でプラス評価を作れると、きっちりした人という印象を持たれ、転職希望先の企業にもその印象が報告されるなど、プラスに働き可能性もあります。

転職エージェントの面談での流れとは?内容を手順を追って解説

転職エージェントでの面談は、以下の手順で進むことが多いです。

  1. 自己紹介
  2. これまでの経歴・仕事内容の確認
  3. 転職理由や目指すキャリアの共有
  4. 転職先への希望条件の確認
  5. 求人案件の紹介

転職エージェントは、応募先での面接で伝えきれなかったあなたの魅力や強み、貢献できる内容をプッシュしてくれる存在です。自身の強みやキャリアプラン、何を考えどう思っているか、詳しく聞き出してくれると思われますが、とにかく自分をアピールする姿勢でいきたいところです。

転職エージェントに面談後にお礼はした方が良い?

面談後に逐一お礼をする必要まではないかもしれません。しかし、転職先が決まったとき、転職エージェントにお礼はしておく方が良いでしょう。

転職エージェントもアフターケアがあります。転職後には思わぬトラブルがつきものです。それらについて、問題はないか、などのアフターケアがある場合があります。アフターケアを利用するためにも、転職エージェントへのお礼はしっかり行っておきましょう。

あなたの状況を確認しておきたいという転職エージェント側の意志もあります。転職エージェントに対しては、一定期間働いた後に「成功報酬」が支払われるのが通常です。転職者であるあなたが早期に退職をしてしまった場合は、収入を得る事ができません。

転職後の状況で何か伝えるべき点があれば伝えられるよう、お礼はしておきましょう。

お礼は、メール一本でかまいません。

今後また同じ転職エージェントを活用することがあるかもしれません。そのためにも、好印象を残しておきましょう。

転職エージェントの報酬とは?

転職エージェントは転職希望者からはお金を取りません。転職が実現した場合、転職先の企業から手数料収入を得ます。手数料収入は転職者の年収の3割〜3.5割程度とも言われ、それなりに高額な金額となります。転職エージェントで働く方の収入はここから出ていることになります。

転職エージェントの断り方とは?断り方の流れと手順

転職エージェントに断る状況は、以下のような状況があります。

  • 転職エージェントサービスそのものをもう退会したいとき
  • 案件紹介メールや紹介案件にも関心度がないとき
  • 書類選考にクリアした企業の一次面接を辞めたいとき
  • 二次・最終面接の参加をやめたい
  • 内定をキャンセルする場合
  • 内定を受諾したが、入社をやめたいとき

転職エージェントそのものを退会したい場合、メールを送るか、ボタン一つで退会できる場合もあります。

1次面接に行かない選択は、勧められません。どのような転職エージェントでも、1次面接は受けるように言うと思います。書類を出した時点で意思表示をしているためです。エージェントに相当な迷惑をかけ、今後のサポートがなくなることも覚悟しなくてはなりません。

2次面接を断りたい場合、多少のハードルは下がります。しっかりと理由を添えて断れば納得してくれるでしょう。内定を断ることは、転職市場では普通に行われており、問題はないとされます。ただし、内定確定後の入社お断りは、エージェントに相当な手間をかけることになります。

転職エージェントとは?意味や活用法を解説まとめ

転職エージェントについて知ることはできましたか?転職エージェントは、転職をサポートしてくれる大切な存在です。自分に合ったエージェントをうまく活用して、よりよい転職活動を実現できるとよいですね。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

派遣社員の社会保険ってどうなってるの?あなたの疑問を徹底解説!!

派遣社員の方が気になる項目としてよく挙がるのが社会保険です。今回はそんな派遣社員の方が気になっている社会保険に […]

続きを読む

薬剤師の調剤薬局への転職では土日休みはあるのか?気になる疑問をまとめてご紹介

薬剤師の職場はさまざまですが、その中でも求人件数が圧倒的に多いのが調剤薬局。 転職候補として誰もが意識せざるを […]

続きを読む

転職活動とは?転職活動のやり方と意味を解説

転職活動とは何だと思いますか?よりよい転職をするために必要なことはなんだと思いますか? この記事では、転職とは […]

続きを読む

アパレル業界に転職したい人必見!メリットとおすすめの転職サイト紹介

女性を中心に人気を集めるアパレル業界への転職。 アパレル業界は、リーマンショックの影響などもあり、過去10年ほ […]

続きを読む

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の意味とは?職務要約の書き方について

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

10

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

ピックアップ特集

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の意味とは?職務要約の書き方について

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

10

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

もっと読む