転職サイトとは?転職サイトの意味と転職エージェントの違い・活用方法を解説!

転職サイトとは?転職サイトの意味と転職エージェントの違い・活用方法を解説!

転職サイトとは?

転職サイトはインターネットの普及に伴って、求人情報をWEB上で閲覧することができるサービスのことで、転職活動に関連するノウハウ情報を提供するサイトのことを意味してします。
このような転職支援のサービスは、一般的には、転職情報サイト、求人サイト、求人情報サイトと呼ばれることもあります。
ほとんどのサイトは無料で手軽に多くの情報が得られるため、転職の際の利用手段として広く普及してます。代表格的なところではDODA、リクルート、エンジャパンなどは誰もが聞いたことがあるでしょう。

転職活動における転職サイトのメリットとは?

転職活動において転職サイトを利用するメリットは何でしょうか?
やはり参照できる求人情報の多さです。リクナビNEXT、en転職、マイナビ転職の大手の転職サイトでは常時一万前後の求人情報が掲載されています。
また、会員登録すると、オススメの求人情報や企業からのスカウトメールが届くサービスもあり、自身の転職活動の進捗、スケジュールをチェックできるシステムなどもあります。
また、求人情報の内容も豊富で、企業の雰囲気や社員インタビューなどを確認できることもあります。自宅のPCや移動中スマホからも確認できるため、いつでも必要な求人情報が得られやすいことがメリットです。

転職活動における転職サイトのデメリットとは?

転職活動における転職サイトのデメリットは、面接の日程調整など、基本的に全てのことを自分自身で行わなければなりません。面倒がかかります。求人検索、面接対策、企業との交渉、履歴書作成の全てを自力じしんで行うため気力が必要です。また、給与の交渉なども自分でいうことになります。特に現在勤務している方だと、転職活動に注げる時間も限られるためはーどなスケジュールになります。

また、気軽に利用できる転職サイトですが、事前に得られる企業情報が薄くなりがちで入社後にギャップを感じことが多い傾向があります。

転職エージェントとは?転職サイトの違いについて

転職エージェントの転職支援サービスでは、自分で情報を探す転職サイトとは異なり、転職支援のプロがあなたのキャリアカウンセリングを行い、「強み」や「特徴」に適った、最適な求人企業を無料でご紹介するサービスです。

転職サイトにはない転職エージェントのメリットとは?

転職サイトにはない転職エージェントのメリットというと、「転職に対するアドバイスやフォローを直接もらえること」です。また、気になるところで、自分のキャリアでどの程度の年収が適当なのかの情報も得られることもあります。

更に転職エージェントでは、担当するキャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーが求人企業の採用担当との独自のパイプをもっていることがあります。
面接後の後押しや年収交渉なども有利に進めてもらえることもあります。

転職活動において自分のパートナーとなって親身に手助けやフォローを求めるなら、ぜし活用したいサービスになります

転職エージェントのデメリットとは?

転職サイトは誰でも登録が可能で幅広く転職活動ができますが、大手の場合は転職エージェントは登録ができる基準を設けているところもあります。

転職エージェントは採用の見込みが低い案件は紹介してもらえないと考えておいた方が良いです。学歴や社歴である程度フィルターをかけられるのも事実であり、自分好みの企業や異業種への転職には正直向いてないサービスと言えます。転職で一発大逆転がしたいのであれば他のサービスを利用した方が可能性があります。

大手の場合TOEICのスコア、現在の年収、無職期間の長さ、保有スキルなど数値化できる要因で判断されます。もし現在までの積み重ねが少ないのであれば、今回の転職はスキルアップのためと割り切り自分にあったエージェントを探すといいでしょう。

転職サイトより転職エージェントの方が有利とは?

企業の採用担当者から見てみると、転職サイトを利用する広告費用より転職エージェンに支払う紹介料が高いことが多いため、採用費用効果としてみると採用にターゲットを分けているケースがあります。

簡単に言うと転職エージェントを活用はレベルの高い人材を求めるケースで、転職サイトは通常のレベルの人材を求める傾向にあります。そのためキャリアを積んだ実績のある方などは、求める企業との需要と供給が成立しやすそうです。そのような観点から見るとキャリアの転職を確実にしたい方は転職エージェントのほうが有利と言えます。

転職するなら転職サイトと転職エージェントのどちらが良いのか?

転職活動を一人で行うのに不安があるのなら、転職エージェントを使うことをおすすめします。登録を断られる点と担当者の質にバラツキがある点がネックですが、多くのエージェントを試して優秀な担当者を見つけることで、無料で支援してもらえるメリットを最大限活用しつつ、企業とのミスマッチのリスクを最小限に抑えられます。

ただし転職エージェントが紹介してくれる案件は良くも悪くも安パイなので、条件が納得できなかったり、もっと上に挑戦したりしたいのであれば転職サイトでめぼしい案件を探しましょう。自分から案件を探し応募できますので、好きなだけ挑戦できます。

転職サイトと転職エージェントの2つを活用方法とは?

転職活動において、転職サイト、転職エージェントのどちらかに絞る必要はありません。
できるなら、2つのメリットを活用して活用すれば効果は上がるはずです。
転職エージェントの担当者のアドバイザーを生かして、自分自身でも転職サイトで見つけた希望の企業のアプローチに役立てることも可能です。
また、転職サイトは何と言っても掲載求人数と幅広い活動ができるため、転職サイトの求人情報の傾向を把握した上でそこから先の進め方の詳細を転職エージェントで相談することもできます。
転職は時間も体力も必要なため、二つを併用してなるべくスピーディに活動をしたいところですね。

転職サイトと転職エージェントの賢い選び方

転職サイトの選び方としては、転職サイトの基準の1つとして求人掲載数です。なぜなら企業は費用対効果の高いサイトへ求人を出したがるものだからです。掲載数が多いということはお金を払う価値が高いと判断した企業が多いことを意味し、応募できる可能性も高くなります。

自分のニーズに会う転職サイトを見つける

それぞれのサイトには少なからずとも特色があり、強みがどこなのかはあくしておくのが良いです。営業、IT業界なのか?使ってみていい条件の求人が少ないと感じたのなら、他のサイトをさんしょうして、自分のニーズにあう転職サイトをみつましょう。

スカウトシステムがあるか転職サイトを利用したい

どこの転職サイトもスカウトシステムがありようになりました。応募履歴や閲覧履歴、登録した職務経歴を見た企業から、応募を促すメールが届くシステムです。

自分で探さなくても企業側からオファーがあるため、採用の可能性が高いと言えます。

自分のニーズに会う転職サイトを見つける

それぞれのサイトには少なからずとも特色があり、強みがどこなのかはあくしておくのが良いです。営業、IT業界なのか?使ってみていい条件の求人が少ないと感じたのなら、他のサイトをさんしょうして、自分のニーズにあう転職サイトをみつましょう。

スカウトシステムがあるか転職サイトを利用したい

どこの転職サイトもスカウトシステムがありようになりました。応募履歴や閲覧履歴、登録した職務経歴を見た企業から、応募を促すメールが届くシステムです。

転職サイトとは違って転職エージェントは信用できる担当者を見つける

転職サイトも転職エージェントも基本的に登録が無料となります。無料ですので複数利用しない点はありません。特に転職エージェントは、アドバイスの質に差がある場合があります。転職を意味のあるものにするには信用できる担当者を見つけることなので、担当を変えてもらったり、他社を利用することも重要です。

面談やカウンセリングなどの機会に良し悪しを見極めるといいでしょう。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

東京都町田市で日払いアルバイトをするためにおすすめの派遣会社・転職サイト

今回は、東京都町田市で日払いアルバイトをするためにおすすめの派遣会社・転職サイトを紹介します。 数が豊富なアル […]

続きを読む

雇用形態欄に書かれている業務委託とは

企業の人件費削減や働き方の多様性の広がりなどの影響もあってか、業務委託という契約形態を取る仕事の求人が増えてき […]

続きを読む

インテリア業界に転職したい第二新卒が知っておくべきこと

第二新卒でインテリア業界への転職を成功に必要な基礎知識から、第二新卒としての具体的な志望動機の例文までを紹介し […]

続きを読む

就職活動でよく見る適性検査とは

就職活動中の大学生が、企業エントリー時に受ける「適性検査」を、第二新卒者などが転職する場合にも用いているところ […]

続きを読む

35歳超えのミドルの仕事事情と転職成功のための心得え

35歳を超えた…希望を満たす転職先なんてあるのだろうか? そんな心配をよそに、転職市場はミドルやシニア層を積極 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の意味とは?職務要約の書き方について

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

10

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

ピックアップ特集

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の意味とは?職務要約の書き方について

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

10

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

もっと読む