薬剤師の仕事を派遣登録して始める!まずはバイトからスタート!

薬剤師の仕事を派遣登録して始める!まずはバイトからスタート!

薬剤師の仕事は専門的な職業であり、資格を取得して始めてできる仕事なので、魅力がありますね。
しかし、実際に勤務し始めると、様々な問題があることを知るでしょう。
そのため、正社員で勤務を始める前にまずはバイトから始めてみたいと言う人も多いのです。
薬剤師の資格を取ったら、まずはバイトからスタートしてみましょう。

派遣薬剤師としての業務!バイトからでもできる?

薬剤師の中でも、最近では派遣薬剤師の存在も増えています。
派遣薬剤師とは、派遣会社に登録をして、派遣先の病院や薬局で働く薬剤師のことですが、その派遣薬剤師の中でも勤務時間が限定されているバイトの形式を取ることもできます。
たとえば、子育て中なので短時間しか働けない、介護が必要な家族がいるため、午前中だけの勤務を希望するなどの薬剤師にとっては、派遣薬剤師としての短期バイトの形が最適でしょう。

病院薬剤師に派遣でバイトとして勤務する

病院薬剤師は、土日を含めた常勤がほとんどのため、派遣薬剤師の短期バイトはなかなか厳しいのが現実です。
しかし、人手不足などの事情で大きな病院でもまれに派遣薬剤師の短期バイトを受け入れてくれることもあります。
病院での勤務は、調剤や薬剤管理などの業務をすることになるでしょう。
また、人手の少ない土日だけの短期バイトなどであれば採用されることも多いので、自分の勤務可能な条件を派遣会社に提示し、病院希望であることを伝えておくと良いでしょう。

調剤薬局に派遣でバイトとして勤務する

派遣薬剤師の短期バイトとしては、一番多いとされるのが調剤薬局です。
調剤薬局は数人の薬剤師で業務をまかなっているので、時間での交替制が可能です。
また、休みに関しても、病院よりは融通が利くという点も派遣バイトに向いていると言えますね。
調剤薬局での業務は、調剤や患者さんへの服薬指導など薬剤師としての知識を活かし、やりがいを持てる仕事です。

ドラッグストアに派遣でバイトとして勤務する

ドラッグストアでの勤務は、薬剤師としての知識が最大限に求められます。
ドラッグストアの薬剤師は大人数がいるわけではないので、薬の知識や服薬に関する質問などが一人の薬剤師に集中すると言う点がポイントとなります。
病院などで患者さんと直接接することがない調剤のみの業務に比べると、患者さんと常に接する薬剤師として、その役割が期待されるのです。

派遣薬剤師をバイトで始めるということ

通常の求人広告で勤務をする薬剤師と違って、派遣薬剤師の場合は派遣会社との契約での業務となります。
派遣先の病院や薬局では、派遣会社内での契約に基づく業務となるので、休日や勤務時間に関しても、最初から希望条件を果たした内容であるはずです。
以前にはあまりなかったのですが、最近では薬剤師専門の派遣会社も多く存在しており、専門性が高いことからその時給などもかなり厚遇となっています。

派遣薬剤師のバイトのメリット

薬剤師専門の派遣会社に登録することで、派遣薬剤師として仕事をすることができます。
まして、派遣薬剤師の中でも短期バイトの場合は、時間も少ない条件で契約が可能ですから、自分のプライベートの時間も確保することができます。

派遣薬剤師で短期バイトをする人の中には、将来の自分の生き方を考えて、様々な経験をしてみたいと言う人も多いようです。
薬剤師と言っても、病院薬剤師、調剤薬局の薬剤師、ドラッグストアの薬剤師など、多くの職場があるので、それをいろいろと体験できるメリットがバイトにはあるのです。

病院薬剤師のバイトのメリット

土日も勤務を要求される病院薬剤師の業務を考えると、派遣薬剤師の短期バイトは病院ではなかなか受け入れられない現実もあります。
しかし、中には土日や深夜だけの勤務を希望する短期バイトの条件などもあります。
このような時間帯での仕事を探している人にとっては、大きなメリットですね。
また、平日の午前中などでも、人手不足が深刻な病院もあり、そんなところでは短期であっても勤務が可能なところもあります。
病院での薬剤師の経験は、医師や看護師と直接話をしたり、新しい情報や現場の患者さんの様子を目の前で見ることができるとても貴重なものとなります。
病院での薬剤師を経験したいのであれば、派遣会社にその旨を伝え、時間をかけてでも病院勤務を目指しても良いかもしれません。

調剤薬局の薬剤師のバイトのメリット

町の中の調剤薬局は、派遣薬剤師の短期バイトでは最も多く存在していると言えます。
調剤薬局では、病院の医師からの処方箋に書かれた内容で薬を調剤し、患者さんに服薬指導をするなどの業務を行うのですが、バイトであってもその業務内容は変わりません。
自分が働きたい限られた時間の中で、薬剤師としての誇りを持ちながら、患者さんたちに希望を与える仕事と言えるでしょう。

ドラッグストアの薬剤師のバイト

ドラッグストアでは、数少ない薬剤師として患者さんに頼りにしてもらえる立場にあります。
派遣薬剤師の短期バイトであっても、時給は他の仕事に比べてかなり高額ですし、短い時間の中で効率良くお金を稼ぐことができます。
また、派遣薬剤師としての経験を積むことで、いずれ病院薬剤師として働くことも可能ですし、将来へつながる魅力があります。

派遣薬剤師のバイトのデメリット

では、派遣薬剤師のバイトとしてのデメリットはないのでしょうか?
派遣薬剤師は、あくまでも派遣会社との契約なので、長くても1年で契約が切れるなどのデメリットもあります。
また、仕事が常にあるとも限らず、一度契約が終わってしまうと、次の職場が決まるまで間が空く場合もあります。

派遣薬剤師のバイトの給与と福利厚生

派遣薬剤師のバイトとなると、やはり給与面で正社員の薬剤師とは異なることがデメリットでしょう。
派遣薬剤師の福利厚生も、勤務時間数で決められているところが多いので、短期バイトの場合は不利な条件になることが多いのです。

派遣薬剤師のバイトの給与

本来、派遣薬剤師は時給はかなり高額となっています。
時給にして4000円というところも少なくなりません。
しかし、派遣はボーナスが支給されないため、年収として考えると正社員よりは低くなるところがほとんどでしょう。

派遣薬剤師のバイトの福利厚生

派遣薬剤師のバイトは福利厚生の面でも不利と言えます。
勤務時間数が少ないので、契約上、社会保険の完備ができない、交通費が出せないなどの条件になることがあります。

派遣薬剤師のバイトから目指すもの

派遣薬剤師のバイトから始める人たちの中には、薬剤師の資格を取ったものの、どの職場が自分に最適なのかがわからないと言う人が多いです。
そんな人々にとっては、まずは派遣薬剤師として、短期バイトを経験し、いろいろな職場を見てみたいという思いがあるのです。

派遣薬剤師のバイトから正社員へ

派遣薬剤師として、調剤薬局、ドラッグストアを経て、病院薬剤師を経験した場合、そこでの経験を糧に派遣薬剤師のバイトから正社員を目指す人も多くいます。
自分の性格や自分のライフスタイルからどの職場、どの業務が合っているのかを見極め、その上で正社員を目指すのです。

派遣薬剤師のバイトから将来を考える

派遣薬剤師のバイトを始めると、様々な職場の問題も見えてくるでしょう。
病院薬剤師の土日も休めず、平日も残業がほとんどの業務を見て、それでも病院薬剤師を目指すか、町中の患者さんたちの役に立てる調剤薬局での勤務を望むのか、その職場によっての様々な特徴を考えるようになるでしょう。
その上で、自分にとって一番ストレスなく働ける職場を探すことができれば良いですね。
そんな意味でも、派遣薬剤師のバイト経験はとても貴重なものと言えるでしょう。

まずは派遣薬剤師をバイトから初めてみて、就職先や転職先を決めてみるのをおすすめします!

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

派遣の職場見学とは?素朴な疑問やポイントを解説!

派遣の職場見学を初めて経験する方にとっては、いったいどんなことをするのか気になりますよね。 この記事では、派遣 […]

続きを読む

大学事務の仕事とは?転職活動で問われるスキルやポイントもあわせて解説

事務職の中でも実は人気が高い「大学事務」の仕事。 一般企業の事務との違いは、どんなところにあるのでしょうか。 […]

続きを読む

仕事もバッチリ時短できる!朝型生活がもたらすメリット

朝型の生活への切り替えを実践して、そのメリットと効果を実感する人が増えています。 朝、やっとのことで起き上がり […]

続きを読む

一般社員とどう違う?管理職に必要な視点とマインド

昇進によって部下を持つ上司になる人や転職で管理職ポジションになる人は一般職とは異なる心構えが必要です。 現代で […]

続きを読む

Uターン・Iターンとは

みなさん、UターンやIターンといった言葉を一度は聞いたことあると思いますが、その意味はご存知ですか? 知らない […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職金は転職先で年末調整できない?退職金は確定申告の可能性を考えるべき

退職金をもらったら転職先で年末調整してもらうのか、自分で確定申告をするのか分からないという人もいるでしょう。 […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職金は転職先で年末調整できない?退職金は確定申告の可能性を考えるべき

退職金をもらったら転職先で年末調整してもらうのか、自分で確定申告をするのか分からないという人もいるでしょう。 […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト