30代で未経験転職は可能?転職可能性と転職成功のために必要なのはこれ!

30代で未経験転職は可能?転職可能性と転職成功のために必要なのはこれ!

30代になってから未経験の分野に転職を目指す場合、果たして成功できるのかが気になりますよね。
30代未経験の転職は厳しいものがありますが、ポイントを押さえて活動すれば可能性はあります。
ここでは、30代未経験転職の可能性と、30代が未経験転職を成功させるためのポイントを紹介します。

30代の未経験転職におすすめの転職サイト

30代が未経験で転職するには転職サイトを上手に利用すべき。
ここでは、30代の未経験転職におすすめの転職サイトを、求職者のタイプ別に紹介します。

30代男性の未経験転職におすすめな「リクナビNEXT」

リクナビNEXTは、大手リクルートグループが展開する転職サイトとして圧倒的な求人件数を誇ります。
グループ全体がもつ企業とのパイプを活かした好条件の案件が豊富で、給与や待遇にこだわりがある30代の未経験男性におすすめです。
どの転職サイトを選ぶか迷ったらまずは登録すべき転職サイトと言えるでしょう。

30代女性の未経験転職におすすめな「JAIC女子カレッジ」

社会人としての基礎力と就職支援を同時におこなってくれるJAIC女子カレッジは、正社員未経験の女性に適しています。
書類選考なしで優良企業との面接を紹介してくれる他にはないサービス。
「もうすぐ30代なのに正社員経験がない。」「30歳までにフリーターを脱出したい。」という女性に特におすすめです。

30代の営業未経験転職におすすめな「Spring転職エージェント」

Spring転職エージェントは、質が高い求人紹介と丁寧なサポートが評判の転職エージェント。
業職に強みを持っているため、30代未経験で営業に転職したい人に向いています。
面談希望者を原則断らない方針なので、30代で未経験でも親身になって相談に乗ってくれる点もポイントが高いですね。

30代からの経理転職におすすめな「MS-Japan」

経理などの管理部門、会計士や税理士などの専門職に特化したMS-Japanは、30代からの経理転職におすすめ。
管理部門特化型としてNo.1の実績があるため、経理求人をどこよりも豊富に扱っています。
未経験でも簿記などの資格取得や類似業務の経験があれば経理への転職も可能なので、利用する価値があるでしょう。

30代正社員未経験の人におすすめな「ハタラクティブ」

30代までフリーター経験しかないという方にはハタラクティブ。
若年層の未経験からの正社員転職に特化した転職サービスです。
どんな仕事に就きたいのか分からない場合でも丁寧に相談に乗ってくれるので、1人でやみくもに活動するよりスムーズです。

30代未経験の転職可能性を分析

30代が未経験で転職することはどの程度可能なのでしょうか。
自身の転職可能性を冷静に判断し、これからの転職活動に活かしたいところ。
ここでは、30代の未経験転職について可能性を探っていきます。

30代での未経験転職は厳しい

30代での未経験転職は、実際に転職が成功した人は大勢いるものの、高いハードルが待ち受けています。
企業が人を雇うとき、未経験の場合は企業内で育てることを前提としますが、30代という年齢がネックになるからです。
30代はこれまでの社会人経験の中で得た知識や考え方をもっているため、20代に比べて柔軟性や吸収力という点でどうしても劣ることに。

指導側の問題としては、教育担当者が30代ということも多く、場合によっては自分より年上の新人を指導することになり、やりづらさを感じることもあるでしょう。
30代の未経験転職では、これらの条件をクリアできる企業と出会い、かつ自身も謙虚で柔軟な態度で仕事と向き合う必要があるため、転職ハードルが高いと言えるのです。

資格があっても経験を問われるケースは多い

30代が未経験転職を目指すとき、その仕事で必要な資格取得に取り組むことがあります。
未経験である以上、スキルや知識の証明としては資格が頼りになるため、資格取得自体はいい方法でしょう。
しかし、30代になると、資格があっても類似の経験が問われるケースも増えてくるため、「資格取得=未経験転職成功」との図式が必ずしも成り立たないのです。

業界変更ならまだまだチャンスあり

未経験分野への挑戦といっても、職種が未経験なのか、業界未経験なのかによっても転職可能性は変わってきます。
職種が未経験の場合は、仕事内容そのものが変わるため30代だと難しいことが多いですが、業界未経験の場合はまだまだチャンスはあります。
どの業界にもある職種であれば、業界自体が変わっても前職の経験を活かすことができるでしょう。
業界によって年収相場も異なるため、同職種異業界への転職の場合は年収アップにも期待できます。

30代未経験でも歓迎される職種がある

30代未経験であっても歓迎される職種もあります。
たとえば、人手不足が深刻なIT系職種や介護職などは、未経験でもOKとしてくれるケースは多く見られます。
飲食や宿泊などのサービス業もまだ30代であれば未経験採用には積極的。
ほかには、企業利益のために必須な職種でありながら、比較的人材の入れ替わりが起こりやすい営業職も。
通年採用をおこなっており、未経験でも採用してくれることがあります。

30代が未経験で転職するために必要なこと

30代の未経験転職は厳しい側面があるものの、どうしても仕事を変えたい30代もいることでしょう。
30代が未経験転職を叶えるためには何が必要なのでしょうか。
ここでは、30代の未経験転職を成功させるポイントを紹介します。

30代で未経験分野に挑戦する明確な理由

30代で未経験転職を目指す場合、なぜこれまでのキャリアを捨ててでも未経験分野に挑戦したいのか、その理由が明確でなければなりません。
単に「昔からの夢だった。」「憧れが捨てきれなかった。」で通るほど、30代の転職事情は甘くはありません。
当然ながら、今の仕事が嫌だから仕方なく未経験転職をするという理由も、企業側にとって採用メリットがありませんので、内定を得ることはできないでしょう。

未経験でも活かせる何かが必要

30代でも未経験転職を成功させている人は、これまでの経験の中で活かせる何かを見つけだしています。
たとえば、職種自体は変わっても、過去の業務の中で類似の経験があったり、汎用性の高いスキルを磨くことで、未経験分野にも活かすことができます。
仕事では携わっていなくとも、プライベートで得意としている分野であったり、趣味で続けていることであったりすれば、アピールできるでしょう。
30代の未経験転職は、ゼロからスタートさせるのではなく、これまでの経験を活かすことが大切になります。

その仕事の知識やスキルを得る努力は必須

30代が未経験転職を成功させるには、今すぐにでもその仕事の知識を得るために勉強を始める、スキルを身につけるといった努力が必要です。
30代未経験という立場で「入社してから頑張ります!」と熱意をアピールしたところで、「その仕事に就くために今何をしていますか?」と聞かれることでしょう。
未経験転職への熱意は、口先だけのものではなく、行動で示す必要があるということです。

未経験採用に積極的な業界を狙う

ニーズが大きく人手不足のため、未経験採用に積極的な業界を狙うのは30代が未経験転職を成功させるための1つのコツです。
近年で言えば、介護業界、IT業界、建設業界、運送業界といった業界は、多くの職種で人手が足りておらず、未経験でも積極採用をおこなっています。
30代であれば社会人経験がしっかりあり、基本的なビジネススキルが身についているため、これらの業界では比較的好意的な目で見られることが多いです。

30代に求められるのはヒューマンスキル

30代が未経験で転職したいなら、真っ先に磨くべきはヒューマンスキル。
さまざまな相手と適切にコミュニケーションを取ったり、チームをまとめたり、他部署や外部との均衡をおこなったりするスキルを指します。
ヒューマンスキルは業界や業種関係なく、必ず求められるスキルと言えるでしょう。
特に30代にはリーダーや調整役としての期待も大きいため、未経験転職でもアピールできるポイントになります。

30代が未経験で転職するときの注意事項

30代が未経験転職を考える場合は注意点もあります。
リスクもある30代の未経験転職ですから、気をつけないと貴重な時間を無駄にすることになりますよ。
30代は、どんなことを意識して未経験転職に挑めばいいのでしょうか。

遅くとも30代前半までに決めよう

未経験転職はやはり、年齢が上がるほど厳しくなってきます。
遅くとも30代前半までには決めるつもりで早めに動き出すようにしましょう。
すでに30代後半の方は特に慎重になり、転職可能性や転職リスクについてよく下調べをしてから応募に踏み切るべきです。
30代後半で転職を失敗すると修正が難しくなるため、冷静に判断しましょう。

一時的な年収ダウンは許容すべき

30代で未経験転職を目指すなら、転職直後に年収ダウンしても許容しましょう。
経験がないのに雇ってくれること、貢献の度合いを考えれば仕方のないことです。
業界自体の状況によっては、将来年収がアップする可能性もありますので、長期的な視点を忘れないことです。
30代は年収にこだわりたい気持ちは分かりますが、それなら経験を活かすべき。
あれもこれもと満たすことはできませんので、何を優先すべきかを考えましょう。

転職活動は長期戦を覚悟して

30代で未経験転職をするには、他の条件下での転職に比べて不利であることは確かなので、転職活動は長期戦を覚悟しましょう。
たった数社不採用だからと諦めるのではなく、10社、20社と応募していくべきです。
もちろん、長期化すれば経済的なデメリットも生じるため、在籍しながら転職活動をおこなう必要もあるでしょう。

転職サポート利用は必須

ハードル高めの30代未経験転職を叶えるには、転職エージェントや転職サイトなどのツールを利用し、サポートを受けながら転職活動をすることも大切です。
30代未経験でやみくもに転職活動しても成功は難しいので、使えるものは賢く使っていくという意識を持ちましょう。

30代が未経験で転職するのは厳しいがチャンスはある!

30代が未経験転職を叶えるには高いハードルがあります。
決して簡単ではない30代での未経験転職ですが、転職活動やアピールの方法を絞ればチャンスはあります。
30代の未経験転職には何が必要なのかをしっかり考えたうえで、ぜひ慎重に転職に踏み切るようにしましょう。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

退職は転職先が決まってから!失敗しない転職スケジュールのための「4つ」のステップ

今までの日本の雇用形態は、通常定年までの長期の雇用関係、つまり終身雇用が主でした。 しかし現代では仕事や職場に […]

続きを読む

転職に最適!時期を逆算して10月入社を目指そう!

転職市場が活発になるのは上半期、下半期の初月にあたる4月、10月の時期です。 年間を通してみるとこの時期に求人 […]

続きを読む

40代の転職におすすめの転職エージェント10社を徹底比較!

40代は、もっと評価されたいという人もいれば将来への不安を感じて転職を考える人もいるでしょう。 ただ仕事をしな […]

続きを読む

月ごとにタイミングを測る冬!この時期の転職市場の特徴

退職を考えたときにベストなタイミングは年度終わりです。 日本の企業は4月が年度のはじめとされているところが多い […]

続きを読む

「大企業とは何が違う?ベンチャー企業への転職を成功させる3つのポイント」

転職という選択肢も一般化し、自身のキャリアステップの可能性もさまざまに広がってきました。 ところが、選択肢が増 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト