30代で転職を考えている人必見!成功のポイントとおすすめの転職エージェントまとめ

30代で転職を考えている人必見!成功のポイントとおすすめの転職エージェントまとめ

「30代は転職が難しい」という一般論をまだ信じていませんか?
本当は転職したいけれど、30代という年齢を理由にして転職活動に踏み切れない人が多くいます。

しかし昨今の転職市場は変化しており、30代は転職が難しいのではなく、むしろ積極的にトライしたい年代。
30代で転職を成功させた人の多くが「思っていた以上に企業が30代転職に積極的だった。」と感じています。

とはいえ希望の転職を成功させるには戦略が必要。
何もせず転職できるわけではありませんので、30代ならではの成功法則を理解しておくことが大切です。
ここでは、30代転職の人気理由と、30代転職に必須の転職サイト・エージェント、転職のポイントを紹介します。

30代での転職が人気の理由

転職市場において「35歳限界説」は払拭されつつあり、注目を集めているのが30代の人材。
求人数が増加してきたことから、転職を考える30代も多くなっています。

今30代での転職が人気なのは一体なぜなのでしょうか?
ここでは、30代での転職人気が高まっている理由を紹介します。

これまでの経験を活かしたキャリアアップができる

以前は20代若手に注目が集まりやすかった転職市場ですが、20代では経験不足が否めません。
経験を活かして新しいステージにチャレンジする時期としてはまだ早いと言えるでしょう。

転職において「即戦力」が必須で求められる時代。
それなりに経験を積んだ30代こそが転職のチャンスと言えます。

30代ともなると社会人経験は10年近くになる人がほとんどで、現場での経験がかなり豊富。
さらに現場経験を活かしつつ、チームをまとめてきたなどマネジメントスキルも磨いてきたという人も多いでしょう。

30代はまさに、これまでの経験を活かしたキャリアアップができる適切な時期だと言えるのです。

管理職は売り手市場

30代の管理職は今売り手市場です。

理由は2つ。
1つは職場の潤滑油としての役割に期待できる世代ということです。
30代は、20代若手の気持ちがわかります。
自分たちが新人時代に苦労したことを、若手社員たちに伝えて生きたアドバイスができ、若手から頼れる存在なのです。
さらに現場経験も豊富ということがあり、40代、50代の上級役職者たちからの信頼もあります。
30代の管理職であれば、若手とベテランの橋渡しができるため、職場全体がうまく回っていくでしょう。

2つめの理由は30代前後の管理職候補人材が空洞化していること。
今の30代はバブルの余波が残る就職氷河期やリーマンショックの影響もあり、新卒採用が見送られた厳しい経験をしています。
企業が次世代の管理職候補を育てようと思っても、40代の次は20代になってしまうという企業も多く、次世代の管理職候補となるべき30代が求められているのです。

ヘッドハンティングは30代が主役

ヘッドハンティングの主役も今は係長や課長などの中間管理職世代である30代~40代です。
50代の管理職はすでに上級管理職として企業風土が染みついているため、人材の流用が難しいです。
さらに終身雇用制が当たり前の時代における採用組が多く、自分のスキルを磨かなくとも生き残れてきた世代。
「ぶら下がり社員」「できない上司」などと揶揄されてしまう人材も残念ながらいます。
50代は各企業では人材がすでにそろっているということと、今後の成長には期待できる世代ではないこともあり、よほどの人材でなければヘッドハンティングされる機会も少なくなっています。

一方若手の20代は一時期積極的にポテンシャル採用が行われた結果、経験がなく戦力にならない人材が溢れ返ってしまったということがあり、企業側としては苦い思い出になっています。

過去の反省を活かし、企業の採用は「即戦力」傾向が強まることに。
特に30代は即戦力の現場経験を持ちながらマネジメントスキルがある、プレイングマネージャーとして活躍できるのです。
さらにミドル層の中ではまだ若いということもあり、今後の成長性にも期待できる世代。
ヘッドハンターも優秀な30代人材を積極的に探しています。

ハイクラス向けの転職エージェントが増えた

転職サポートが受けられるため求職者から人気の転職エージェントは、さまざまなタイプのものがあります。
近年特に増えているのがハイクラス求人を多く扱っているエージェント。

「JACリクルートメント」や「ビズリーチ」など、ハイクラス求人に特化したエージェントが好調です。
年収1000万円超の求人が豊富で、秘匿性の高いポジションもあり、好条件の転職を積極的にサポートしてくれます。

1000万円とまではいかなくとも、30代の転職は実は年収がアップする人の方が多いですから、年収にはこだわって活動することで、納得できる転職につながります。
ハイクラス向けのエージェントでは30代管理職を積極採用している企業も多いため、上手に利用することでいい転職が叶うことでしょう。

30代におすすめの転職サイト、転職エージェント

ここでは、30代におすすめの転職サイトや転職エージェントをおすすめします。
下記はおすすめサービスの一覧。
DODAとリクルートエージェントという、業界きっての求人数を誇る総合型エージェントに加え、30代の管理職を積極的に紹介している3社の特徴を解説します。

 

求人数

非公開求人数

スカウト
サービス

特徴

DODA

34102

134015

求人数とコンサルタントの質に定評

リクルート
エージェント

30076件

 

140146件

 

×

業界最大級の求人件数と種類

JAC
リクルートメント

7433件

 

非公開

×

外資系・海外転職求人が豊富

ビズリーチ

31313件

 

非公開

管理職・高年収などハイクラス求人

クライス
アンドカンパニー

3343件

7020件

30代のキャリア支援に強み

まずは求人数の多い「リクナビNEXT」「リクルートエージェント」

リクナビNEXT 

大手リクルートグループ運営の転職サイト「リクナビNEXT」と転職エージェント「リクルートエージェント」の2つがあれば、圧倒的な求人数に触れることができます。
転職活動のベースとなる情報を確保するためにも、求職者がまずは登録しておきたいサービスの一つでしょう。

両者のサービスの違いは下記の通り。
「リクルートエージェント」での転職支援サービス申し込みと同時に「リクナビNEXT」への登録も可能など、連携させることもできるので2つを利用して転職活動の効率アップをはかりましょう。

リクナビNEXT

・求人数6,000件以上
・求人は掲載期間中に誰でも応募できるため自分のペースで転職活動ができる
・経歴を登録しておくと提携企業やエージェントからオファーが届くスカウト機能がある
・Web上で転職ノウハウの紹介などコンテンツの充実
・地方などでリクルートエージェントの対面サービスが受けられない場合でもリクナビNEXTなら利用可能

リクナビNEXTの登録はこちら

リクルートエージェント

・転職成功者は累計37万人越え
・求人数10万件以上
・非公開求人を基本としているためエージェントの紹介によって応募する
・エージェントが応募書類や面接対策など転職活動全体をサポート・アドバイスしてくれる
・積極的支援のため転職成功確率が高まる
・キャリアコンサルタントとの面談後、企業紹介や転職支援が行われる

リクルートエージェントの登録はこちら

ハイクラスな求人が多い「JACリクルートメント」

「JACリクルートメント」はハイクラス求人に強みを持っており、エグゼクティブクラス、マネジメント職の求人が多いのが特徴。
年収1000万円以上の高収入求人が豊富なので、立場も年収も妥協したくないという方は登録必須でしょう。

外資系企業海外転職なども積極的に行っていて、外資系コンサルチームのサポートが受けられるのも魅力です。
英語を活かした転職をしたい、グローバル企業で働きたいという方は、30代のうちに経験しておくといいでしょう。

国内では東京、大阪の他、静岡や広島にも拠点があるため、地域に根差した転職支援も可能。
海外展開はイギリスとアジア8ヶ国が中心となっています。
また、管理部門人材や20代~30代前半までのマーケティング職採用にも力を入れているため、30代で管理職経験がないという人でも今後のキャリアアップを目指して挑戦するのも一つです。

JACリクルートメントに登録する

良質な転職先を求めるなら「ビズリーチ」

「ビズリーチ」は会員制の転職サイトで、年収1000万円以上のエグゼクティブ求人を中心に取り扱っています。
他の転職サイトやエージェントと異なり一部サービスが有料。
まずは使ってみたいという方には無料のスタンダードプランがありますが、積極的に転職活動を行いたいという場合は30日間で2,980円のタレント会員と、4,980円のハイクラス会員の2つのコースが用意されています。
有料である分、こだわりの求人のみ紹介されるので、良質な転職先を求めるなら利用を検討したいですね。

職務経歴書を登録しておくことで、厳正な基準をクリアした優良企業からヘッドハンティングを受けることができます。

ただ、秘匿性の高いポジションや高年収求人が多いため、条件を満たさない場合には登録して紹介を受けることが難しいことも。
まずは無料のスタンダードプランなどを利用して、自身のキャリアで転職可能かを探ってみるのもいいでしょう。
反対に言えば、ビズリーチに登録できれば質の高い求人に巡り合えるチャンスがぐっと近づいたと言えます。

BIZREACH(ビズリーチ)に登録する

ヘッドハンティングでキャリアアップを目指すなら「クライスアンドカンパニー」

クライス&カンパニー

「クライスアンドカンパニー」はヘッドハンティングでの採用を主流としている、業界内では特徴的なサービスを展開しているエージェントです。
特に30代のキャリア支援に力を入れているので、30代マネージャークラスの転職に非常に強いのが魅力。

クライスアンドカンパニーにおける転職者の年齢分布は、30代前半が全体の39%、30代後半が21%と、全体の60%が30代で占めています。
まさに30代のための転職支援サービスですね。

転職成功実績が高い業界はIT・通信系とコンサルティング業界、職種はコンサルタントや経営・事業関連、管理職の他、ITエンジニアなどの専門職にも強いエージェントです。
転職強化プログラムとしてコミュニケーショントレーニング、入社前セミナーなども行っているので、入社した後のサポートも受けられます。

クライス&カンパニーに登録する

転職サイト、転職エージェント、ヘッドハンティングの違いは?

転職サイトにエージェント、ヘッドハンティングなど企業の採用活動はさまざまです。
それぞれのサービスは具体的にどう違うのでしょうか?
ここでは、転職サイト、エージェント、ヘッドハンティングの違いを解説します。

まず確認したいのは「転職サイト」

転職サイトの特徴は、求人検索と応募ができ、登録しておくことで掲載企業から直接スカウトメールが届くなど、エージェントを介さない転職活動ができる点です。
求人情報はもちろん、Web上で転職ノウハウなどを学ぶこともできるので転職準備や転職活動中の情報量の底上げに役立ちます。

「いい求人があれば転職を検討したい」「自分でじっくり求人を検討しながら長期的な転職活動を行いたい」など、マイペースな転職活動を望む場合は転職サイトが適しています。
エージェントのように積極的な紹介を受けることはできませんが、冷静に求人同士を比較検討できるのはメリットですね。

エージェントとは別の求人が掲載されているので、自分の目で探したお宝求人に巡り合うこともできますよ。

書類添削や面接対策など至れり尽くせりな「転職エージェント」

転職エージェントのもっとも大きな特徴は、キャリアコンサルタントによるさまざまな転職サポートが受けられること。

キャリアコンサルタントは転職支援のプロですから、求人紹介だけでなく、応募書類の添削や面接対策、日程調整や企業情報の提供など、内定まで全面的にバックアップしてくれます。
転職について不安が大きいという人は、コンサルタントに相談することで安心して転職活動をすることができるでしょう。

面談を通じて自身の希望や強みなどを伝えておくと、自分では思ってもみなかったような優良企業の案件を提案してくれるなど、担当者の提案力にも期待できるでしょう。

「転職に絶対失敗したくない」「できる限り短い期間で内定をもらいたい」という積極活動派は登録すべきサービスと言えます。

対面によるサービスだけでなく、転職活動のスケジュール管理アプリや職務経歴書の作成ツールなど、さまざまな便利ツールが充実しているのも特徴。
ほとんどのエージェントでは全サービスが無料ですから、転職活動にお金をかけられないという人でも活用できるのが嬉しいですね。

エグゼクティブ転職を狙うなら「ヘッドハンティング」

一般的な転職活動では、気になる企業があれば転職希望者から応募し、面接を経て採用の可否が判断されます。
しかし、管理職や経営に関わる役職などエグゼクティブ求人に関しては、ヘッドハンティングが行われることが多くなります。
日本ではなじみがないと思われがちなヘッドハンティングですが、一部の一流企業や管理職などでは一般的に行われており、多くのヘッドハンターが存在しています。

ヘッドハンティングというのは、本人の経歴・実績などを見て「ぜひ我が社に来てほしい」と企業側が直接オファーを行うことを言います。
ヘッドハンティングは転職活動中の求職者だけでなく、転職を全く考えていなかった人にも行われます。
つまり、優秀な人材を引き抜くということ。

求職者が転職サイトやエージェントに経歴を登録することで企業から届くスカウトメールに比べ、企業側の積極度が高い行為と言えるでしょう。
近年特に即戦力の管理職人材である30~40代へのヘッドハンティングが増加しています。

30代の転職を失敗させないためのポイント

30代の人材が求められているとはいえ、30代というだけで採用してもらえるほど甘くありません。
30代の中でも即戦力かつ優秀な人材を見分けるために、企業側もシビアな目をもっています。
30代の転職を失敗させないためにはどうすればいいのでしょうか?
ここでは、30代転職活動のポイントを紹介します。

転職する理由を明確に

転職面接で必ず聞かれる転職理由。
30代の転職はその理由が合否に大きな影響を与えますから、理由は明確に答えられるようにしておきましょう。
20代のように夢を語ってポテンシャル採用してもらえる世代ではありませんので、現実的かつ合理的な理由が求められます。

例えば会社を辞める理由として多いのが人間関係の悪化や給与・待遇の悪さなど、不満が要因となることはよくあります。
しかし、それをそのまま伝えても企業の採用担当者の心に響くことはなく「同じような理由で辞めてしまうのでは?」と思われるでしょう。

やはり好意的な印象を持たれるのはキャリアアップのためなど前向きな理由。
さらに自身の経験をどのように活かせるのかなど、企業が採用するメリットをしっかり説明できるといいでしょう。

転職サイトやエージェントは必ず複数登録しよう

転職活動をする際に転職サイトや転職エージェントを利用する人は多いでしょう。
無料で転職サポートが受けられるとあって近年利用者がどんどん増えてきています。
30代の求職者がこれらのサービスを利用するときのポイントは複数登録。
1つのサイトやエージェントではなく、複数利用することで採用確率をあげていきましょう。

複数利用すべき理由は大まかに2つ。
1つめは情報量の底上げです。
転職サイトやエージェントには取り扱う求人の傾向に違いがあり、そこでしか扱っていない限定求人もあります。
複数の媒体に目を向けることで求人の比較検討ができ、より自分にあった求人と巡り合えるでしょう。

2つめの理由はサイトやエージェントとの相性。
人によっては自分のペースで転職活動をしたい、積極的に求人の紹介を受けたいなど、転職活動の進め方に希望があるでしょう。
1つの媒体に頼ると自分の希望と合わない求人を紹介されたり、転職活動のペースが合わずに焦ってしまうことも。
サイトやエージェントを含めて複数の用をすることで、自分に適した媒体を見極めることができるのです。

転職エージェントを複数使いこなして転職を成功させる方法まとめ の記事では、転職エージェントを複数使いこなして転職を成功させる方法を紹介しています。
さまざまなリスクを分散させることができる複数使いの参考にしてくださいね。

未経験職種よりは今までの経験を活かす転職を

企業側のニーズが高まっている30代人材ですが、企業が求めているのはなんといっても即戦力。
経験がない30代を雇うなら、ポテンシャルに期待ができる20代の方が好まれやすいため、未経験職種では勝負するのが難しいと言えます。
30代の転職活動経験者の中では、未経験職種に関してはかなり厳しさを感じたという意見が圧倒的に多いです。

30代が転職を成功させるなら、今までの経験を活かし、即戦力として活躍できる職種を選ぶのが必須。
自身のキャリアの棚卸をしっかりと行い、どんな業界や職種であれば経験が活かせるのかを深く考えておきましょう。
経験必須といっても、必ずしも同じ業界にこだわる必要はありません。
どの業界でも求められている職種など、汎用性のの高い経験値があれば、経験をアピールすることで人事担当者の心に働きかけ、内定されやすくなります。

これからのキャリアプラン、人生設計を考える

30代の転職面接では、今後のキャリア目標についてよく聞かれます。
30代の職業人生は20~30年続くとあってまだまだ長いですよね。
今後どんなキャリアを築いていきたいのかを明確に説明できるようにしておきましょう。
3年、5年の中期~10年先の長期的なキャリアまで具体的にイメージしておくことが大切。
目標だけでなく、そのための具体的な行動計画も立てておきましょう。

30代は結婚・出産・持ち家購入など人生における大きな転換期をいくつも経験しますから、仕事だけでなく人生設計もあわせて考えておくことが大切です。
特に30代女性の場合は、出産・育児による職場離脱や配偶者の転勤など、キャリアの変動が起きやすいもの。
企業側としても優秀な30代女性はのどから手がでるほど欲しいものの、キャリアの変化にどう対応するのかが悩みどころと言えます。
出産・育児を経ても働き続ける覚悟があるのか、配偶者や家族の理解が得られるように仕事への考え方を共有しているかなど、今のうちから真剣に考えている人は好感を持たれやすいですよ。

男女問わず30代は、何となくの転職ではなく、具体的に今後どうなっていきたいのか、それに向けて今やるべきことは何だと考えているのを見られます。
目標とそれを達成するための道筋がしっかりできている人が求められていると言えるでしょう。

給与や待遇の交渉を行おう

転職で譲れないのは給与や待遇。
給与や待遇の悪さがネックになって辞めてしまう人も多いですから、入社前に納得できる契約を結んでおきましょう。

とはいえ給与・待遇の交渉は簡単ではありません。
人事担当者としても企業への貢献度より、自身の給与や待遇面ばかり気にする応募者をよく思いません。
特に面接の場で自身の実績にそぐわない給与を希望する人は、実力を客観視できないとして不採用になることも。
経験やスキルを考慮した適正な年収や待遇を求めることは必須と言えるでしょう。

転職サイトや転職エージェントなどで年収適性診断などを受けることができますので、自身の適性年収を知り、具体的な経験やスキルを根拠にして提案することが大切です。

また、交渉そのものは転職支援のプロであるエージェントに頼るのも一つです。
給与・待遇交渉に気を取られて肝心の経験やスキルを十分アピールできないことがないよう、交渉面は任せておき、自身は面接に集中するようにしましょう。

キャリアアップの転職は30代で!

企業側のニーズが高まっている今、30代にとって転職の大きなチャンスが到来しています。
一つの会社に長くいて安泰という時代ではありませんから、キャリアアップを目指して積極的に活動するのが吉。
管理職や高年収求人も続々と増えている30代は、今なら条件のいい転職も叶いやすいのです。
転職サイトや転職エージェントを上手に利用して、戦略的に活動を行いたいですね。
先行きが見えない社会に起きるどんな変化にも対応できるよう、自身の価値をどんどん高めておきましょう。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

初めて転職に不安な人は、転職サイトとエージェントを活用して悩みを解消!

転職は気になるけど、周りの人の反応や上手くいかなかったときのことを考えると不安になりますよね。 現在転職活動中 […]

続きを読む

今か?踏ん張るか?転職タイミングの見極めと新しい仕事の準備

転職の迷いの時期、転職するかしないかの見極めが大切です。 転職することにしたのなら、転職のタイミングを測ること […]

続きを読む

40代の転職を成功させる転職活動のポイント

40代での転職を成功させることは難しさもあります。 20~30代にはない40代ならではの特徴を知ることで自分の […]

続きを読む

未経験におすすめの転職サイトと活用方法まとめ

未経験の職種に転職することはリスクもあり二の足を踏んでしまいがちですが、多くの企業では人材不足を嘆いており、チ […]

続きを読む

経理の転職はこのサイトに登録しよう!目的別おすすめの転職サイト

転職が以前より一般的になったことで、転職でキャリアアップを目指す人が増えています。 転職活動の方法は色々ありま […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

5

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

6

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

続きを読む

7

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

続きを読む

8

転職初日の菓子折りは必要?マナーを心得ておこう

転職初日の準備をしていて、これからお世話になる職場に菓子折りを持って行くべきかな?と考える人もいると思います。 […]

続きを読む

9

質問されないってどういうこと!?面接で質問が少ない場合に考えられる理由とは

あらゆる回答を用意して挑む面接。 それなのに、あまり質問されなかったりすると不安になりますよね。 面接において […]

続きを読む

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

5

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

6

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

7

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

8

転職初日の菓子折りは必要?マナーを心得ておこう

転職初日の準備をしていて、これからお世話になる職場に菓子折りを持って行くべきかな?と考える人もいると思います。 […]

9

質問されないってどういうこと!?面接で質問が少ない場合に考えられる理由とは

あらゆる回答を用意して挑む面接。 それなのに、あまり質問されなかったりすると不安になりますよね。 面接において […]

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

もっと読む

ピックアップ特集