20代の男性が転職を考えたら知っておきたいことまとめ

20代の男性が転職を考えたら知っておきたいことまとめ

年功序列・終身雇用が崩れ、生涯1社というのが非常識にすらなりつつある昨今、20代の男性にとって、転職は考える必要のあることになっています。
しかし、その一方で入社3年は勤めるべきなど様々な俗説も存在します。
実際のところ20代の男性の転職はどうなのか?
様々な視点で情報を紹介します。

20代男性が転職するときに利用したい転職サイト・エージェント

転職をするにしてもしないにしても、将来のためにも、男性ならばとくに20代のうちから自分のキャリアを考えて、自分の能力や実績などを客観的につかんでおくことは重要です。

いざ転職しようと思ったときに、そこから動き出すのと、事前に準備しておくのでは、やはりスタート地点の違いから成否に差が出てきてしまいますし、何より自分が今後どうすれば良いのか迷って、冷静な判断を欠くことになってしまいかねません。

転職しないとしても、いざ会社が危うくなったときに、社外における自分の客観的な評価を知っているか知っていないかで、安心感に雲泥の差が出ます。
自分はいつでも転職できるし、それなりのお金を手にすることができると思えるかどうかの違いは、誰もが考えている以上に、自分の心身を安定させるのです。
男性は、女性と異なり、キャリアが断絶する理由が失業や病気以外にほとんどありません。
だからこそ、キャリア形成をしっかりと行うために、転職エージェントによるキャリア評価が重要になってきます。

そこで、たとえ転職を今考えていなかったとしても、転職エージェントを利用することで、つねに自分の社会的な評価を知っておく環境を整えることが勧められます。
転職エージェントは、あらゆる求人に通じていることはもちろん、これまで男性女性問わず多くのビジネスパーソンの転職を支援することで、その人が社会的にどのポジションにいて、どのような転職の可能性があるのかを指し示してくれるのです。
そういう意味で、男性ならばとくにも自分自身のキャリアにおける外部パートナーとして彼らを利用する価値は高いでしょう。

20代男性がまず登録しておきたい「リクナビNEXT」

国内において、圧倒的な実績と信頼があるリクナビNEXT。
男性女性問わず、20代は、若さゆえに様々な選択が可能な年代であることから、まずはより多くの求人から自分の可能性を考えられるこちらに登録しておくべきでしょう。
男性女性問わず、20代による未経験職種への転職実績も多いことから、的確なアドバイスや評価を示してもらえること間違いなしです。

未経験職種への転職なら「doda」

男性女性問わず、20代の転職において、自分自身のポテンシャルにかけたいときに利用される未経験職種への転職。

リクナビNEXTでは選択肢の多さから、未経験者にとって自身を様々な角度から評価できるメリットがありますが、dodaでは、転職の合格診断や年収査定サービスなど、未経験職種へ転職するにあたって、利用価値の高いサービスが提供されているのがポイントです。
また、運営するインテリジェンスは、国内における転職最大手とも呼ばれるパーソルグループであることから、男性女性問わず卓越した知見によるサポートを受けることができるのも嬉しいところでしょう。

高卒の20代で転職を考えているなら「ハタラクティブ」

多くの転職サイトやエージェントは大卒に対する強みを持っている一方で、高卒に関してはそれほど強くないという面があります。

ハタラクティブは、男性女性問わず高卒の転職に対する知見が豊富であることから、高卒にとってはどこよりも優先して登録すべきエージェントと呼べるでしょう。
とくにフリーターの就職支援で数々の実績があるため、様々な視点から社会的評価や転職の可能性を導き出してくれます。

20代男性が転職しやすい理由

入社したら3年は勤めるものという意見はなくなりませんが、実際のところ、男性女性問わず20代が転職しやすい年代であることに変わりありません。
とくに男性にとっては、その傾向が強いでしょう。
それはなぜでしょうか?
答えは2つの点で優位性があるからです。

失敗してもやり直しがきく

転職において、多くの人が最も恐れるのは失敗です。
転職先がブラック企業だった、賃金が増えなかった、仕事が合わなかったなど、転職には様々な失敗がつきものですが、転職が盛んになっている現在では、転職回数自体はそれほど重視されません。
とくに20代の男性であれば、その後どの年代よりも長く勤められる可能性があることから、企業側とすれば、採用にあたって転職回数にかかわらず採用を考えやすいですし、何より少子高齢化によって若者が稀少であるため、積極的に採用を考えやすい状況があります。
結果的に、男性は、20代である間、転職の失敗が傷になりにくく、転職しやすくなっているのです。

守るべきものが少ない

生涯未婚率が増加傾向にある昨今であっても、30代、40代と歳を重ねるほど、男性の多くが何かしら守るものが増えて、転職しにくくなっていきます。
とくに、年収を下げたくないという意識が、男性は歳を重ねるごとに強まるため、年功序列が崩れている昨今といっても、成果報酬が未だ適正に整備されていない日本においては、歳を経るごとに転職によるリスクを感じやすくなるのです。
この意識は、男性ほど強まるとされています。

ところが、20代にとって、それはさほどリスクになりません。
それは今後何十年と働くことができるからであり、取り返しがつくためです。
そういった理由もあり、男性であればこそ、20代の内に様々な仕事を経験して、適職を探す目的で転職する人は増えています。

20代男性が転職する前に考えておきたいこと

では、20代の男性が転職をする前に考えておくべきことはなんでしょうか?
ここからは、主だったものを紹介します。

将来のキャリアプランは大丈夫か

男性は女性と異なり、キャリアの断絶が起こりにくいと考えられています。
これは、男性と女性の平等、ダイバーシティに関する意識が高まり、女性の社会進出が進められる昨今でも変わらない事実です。
そのため、男性であればこそ、将来的なキャリアプランを事前に描き、それにあった形で転職をする方が好ましいと言えるでしょう。
これについては、漠然としたものさえあれば、転職エージェントがサポートしてくれるものです。

今の自分は客観的にどのポジションにあるのか

人間というのは、自分の置かれた環境における自分の評価をくだすのは得意ですが、一歩引いて、広く客観的に自分を評価するのは苦手なものです。
とくに、女性に比べてコミュニケーション能力に劣る男性は、自己評価が高くなりがちで、不意に訪れた失業にとても弱いとも言えます。

労働市場というのは、あまり意識されませんが、社内評価など全く無価値になる世界です。
つまり、今いる環境での自分の評価には何ら意味がなく、自分の仕事が社会的にどれだけ評価されているのか、これのみが評価指標になります。
そのため、まずは第三者の意見を仰いで、自社以外の視点で、自分がどれだけ評価されるのかを知っておくことが、転職においては重要です。

キャリアアップするために取っておきたい資格

キャリアップを図る上で、対外的な指標として評価されやすい資格を取得しておくことは、何にも勝る武器になります。
資格よりも能力が重視される昨今ですが、結局のところ、肩書きでしか評価できていないのが実情です。
その意味で、資格というのは分かりやすい指標として未だに大きな価値があります。

中小企業診断士

昨今、ビジネスパーソンが取得する資格として、MBAが注目されていますが、アメリカと異なり、日本国内においてはそれほど評価されていないのが現状です。
そもそも国内では、十分に認知すらされていると言えません。
そのため経営に通じる者としては、中小企業診断士が分かりやすい指標となり、男性を中心として人気の資格になっています。

中小企業診断士は、他の国家資格と異なり、独占業務があるわけでなく、特別何かができることを表す資格とは言えませんが、経営全般について知見を持っているということを伝えられる資格であるため、歳を経れば経るほど、強い武器になっていきます。
何より、物事を経営視点で見られるようになることから、転職をする上で、自分の立ち振る舞いを考えやすく、20代の内に取っておいて損のない資格と言えます。

男性の転職は20代の内からやっておいて損はない

男性であればこそ、転職は20代の内に経験し、自分の社会的評価や能力の有無を知っておくのが良いでしょう。
女性と異なりキャリアの断絶機会が乏しい男性は、どうしたところで社会的に自分がどのポジションにあるのかを知っておく必要があります。
転職は、それを知る上でこの上ないツールなのです。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

登録だけではもったいない!派遣のメリットを知って働いてみよう

派遣で働いている人は沢山いますが、登録だけして仕事をしていない人も多くいます。 登録だけして働いてない理由は人 […]

続きを読む

おすすめの大手転職エージェントをご紹介。利用するべき理由とエージェント活用方法

転職したいけれど成功するかどうか不安ですよね。できる限り自分のキャリアや能力を生かした転職を実現したいものです […]

続きを読む

大阪の女性におすすめの転職エージェント8選。希望の大阪転職が叶うエージェントとは?

大阪で転職を考える女性は転職エージェントの利用を検討しましょう。 大阪は第二の都市として各企業から熱い視線が注 […]

続きを読む

介護職への転職で履歴書を書くときの注意点

介護職への転職も、履歴書や職務経歴書での書類選考で始まることが多いです。 介護職への転職で提出する履歴書の書き […]

続きを読む

保育士転職におすすめの転職サイトと資格を活かした転職のポイント

昨今では保育士の人材不足が大きな社会問題にもなっています。 しかし、その反面で保育士の資格を持っているにも関わ […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト