転職を考えている20代の人が知るべきポイントはこれ!

転職を考えている20代の人が知るべきポイントはこれ!

転職というとネガティブなイメージもあり、20代で転職を考えるのは早すぎると思う人もいるかもしれませんが、将来のことを考えたり、今の仕事に疑問を持ったり、転職を考えても不思議ではありません。

現在20代の人で転職に興味があるのなら、一度転職サイトをチェックしてみましょう。
もしやってみたい仕事や興味がある求人があるようだったら登録してみてもよいのでは?

焦って転職活動をする必要はありませんが、自分がやりたいことを考えることができますよ。

目次

20代で転職する理由

転職理由として年代を問わず多いのが、給与や待遇です。
誰もが今よりも良い条件で仕事をしたいと考えています。
最近の20代は「ワークライフバランス」という言葉が浸透しているせいか、ONとOFFをしっかり分けたい人が多く、給与や待遇以外に、休みが取りやすいことや残業があまりないことも転職の条件になるでしょう。

また、20代の人は職場の人間関係にも敏感なので、上司や先輩との関係が上手くいかなかったり、少しでも職場の雰囲気が悪いと転職を考えてしまうかもしれません。
ただ、20代で転職を考えている人のなかには、将来のことや今後のキャリアについて考えている人も多く、仕事でスキルアップをしたい、仕事で新しいことに挑戦したいというのを転職理由に挙げている人も多くいます。

20代は売り手市場

ここ数年転職者数が増えているだけでなく、転職者の年齢も上がっている傾向がありますが、若手である20代が売り手市場というのは変わっていません。
なぜなら、社会人としての経験が浅い20代は、仕事を覚える時期ということもあり異業種への転職もしやすいからです。

未経験の業種の場合、社会人としてキャリアや実績がある30代40代は仕事を教えづらい、一緒に働きにくいと敬遠されがちですが、20代は将来的に会社の中心人物になる可能性もあるので、同じ未経験なら30代40代よりも、若い20代の方が採用されやすいでしょう。
30代40代と年齢が高くなると、キャリアチェンジが伴う転職は挑戦しにくくなります。

新しいことに挑戦して仕事の可能性を広げたいというのであれば、20代の方が断然有利です。

社会人としての基礎知識はついている

「人は見た目が大事」といいますが、初対面では第一印象が重要視されます。
20代といっても転職希望者は、社会人経験者。挨拶や言葉遣い、身だしなみといった一般常識はあると見なされます。
これらの一般常識ができてないと社会人としては通用しません。

社会人経験者である以上、報告、連絡、相談の「報・連・相」といったビジネスマナーの基本ができていることでしょう。
そのため、新人育成のセミナーや研修などのコストを企業は抑えられるうえ即戦力になるので、転職者と企業の双方にメリットがあります。
転職前の職場で得た資格や経験などを持っているとしたら、さらに自分をアピールすることもできますね。

スキルアップは早いうちに

転職希望者のなかにはスキルアップが理由の人も多いのではないでしょうか。
仕事を覚える時期でもある20代というのは、スキルアップにも最適な時期なのです。
転職は20代の方が有利というのは、仕事を覚えるだけでなく、新しいことにも挑戦がしやすいからだといえます。
新しいことに挑戦するというのは、仕事の可能性が広がるだけでなくスキルアップもできる可能性があります。
スキルアップを目指す人というのは、年収も含めてキャリアアップも考えている人が多いはず。

また、スキルアップをしたいという転職理由は面接でのアピールで悪いものではありません。
スキルアップしたい理由をより明確にすることで、就きたい仕事や将来的な目的を見つけることができるでしょう。
スキルアップが伴う転職で周囲の人と差をつけたいというのであれば、20代のうちに転職をしたほうがよいでしょう。

責任が伴う前の転職のほうが身軽

30代40代と年齢が上がるにつれて仕事における立場は変わってきます。
管理職や役職クラスになると簡単に転職はできませんよね。

最近は、管理職や役職クラスを対象にした転職エージェントも増えてきてはいますが、管理職や役職クラスが対象の求人は、会社のプロジェクトに関係することもありなかなか表には出てこないのが現状です。
そのうえ、年齢が上がると求人自体が少なくなるので、求人への応募を考えると20代の方が有利です。
転職市場において20代はやる気や将来性が重視されますが、30代40代は即戦力人材であることに加えてキャリアや実績も求められます。
企業によっては前職の業界や職種を気にせず、経験不問で求人募集していることもあります。
別の業界、職種で得た知識を持ち、若く柔軟性のある20代は企業にとっても魅力があります。
働きやすさで考えたときにも、まだ仕事において責任が伴わない20代のほうが転職はしやすくなるでしょう。

女性は結婚・出産などのライフイベントで働き方を変える機会も

結婚や出産をきっかけに転職を考える女性も多いのではないでしょうか。
結婚や出産のライフイベントはキャリアにも大きく影響を与えますが、働き方を変えるきっかけにもなります。
結婚や出産をきっかけに働き方を変えたくて転職する人がいますが、転職市場においては独身の時の方が有利です。
独身の段階であれば、働く環境も整えやすいので、将来結婚や出産があっても安心して働けますよね。
また、女性社員を求める企業も増えてきており、女性のライフワークを重視してくれる傾向もあります。

現在、20代の女性で転職を考えている人は、結婚や出産のライフイベントについても考えた上で転職活動してくださいね。

最初に悩む3つの転職ルート

求人に応募する際の主なルートは「企業の求人ページ」への直接応募、「友人や取引先」からの紹介、「転職サイト」の利用と3つあります。
最近の転職活動では「転職サイト」の利用が主流になっていますが、「企業の求人ページ」への応募や「友人や取引先」の紹介もできれば利用したいですよね。
転職活動というのは、転職ルートで活動期間が変わってくる可能性もあります。
そこで、どの転職ルートを使うのが最適か解説していきますね。

希望企業の求人ページから応募

転職ルートとして考えたいのが企業の求人ページからの応募です。
中途採用の場合、転職サイトに広告を掲載していなければ競争率は低く、採用されるチャンスはかなり高いといえるでしょう。
条件によっては、転職エージェントで紹介される非公開求人と同様の「好条件」の求人の可能性もあるのでキャリアアップを目指したい人におすすめです。

しかし企業の求人ページからの直接応募というのは、一社で転職活動を終わらせるつもりであれば有効ですが、応募企業一社で転職が決まるというのはあまりないですよね。
応募するために企業の採用ページを探すのも大変ですし、中途採用の募集を見つけるのが難しい場合もあります。

また最近の転職活動では、多くの企業が転職サイトを経由して求人募集をかけているので、企業の求人ページで募集を見つけても、実は転職サイト経由で応募ということはよくあります。
企業求人ページからそのまま応募できるというのは、かなりのレアケースだと思った方がよいでしょう。

友人、取引先などから紹介してもらう方法も

人間関係や人脈に自信があるという人なら「コネ」を利用した転職活動もありでしょう。
また、実力を評価されて取引先から「ヘッドハンティング」という形で転職することもあるかもしれませんね。
「コネ」や「ヘッドハンティング」の場合、求人への応募や面接はなく入社ということもあるので、時間をかけずに、良い条件での転職が可能になります。

しかし、人脈を利用した転職活動というのは、転職先の求める条件と自分の希望条件が一致しなくても、紹介相手に気を使って断りにくいという場合があるでしょう。
友人、知人からの紹介である分、安心感や信頼もできメリットも多いのですが、企業と自身の条件が一致しないときの対処方法も考えておいた方がよいでしょう。

けれどもやっぱり転職サイトに登録が1番!

企業サイトから応募するのは求人や知人の紹介は「コネ」を見つけるのが大変です。
そこで、転職サイトを活用しましょう。

豊富な求人だけでなく希望条件で検索ができるので、多くの求人を比較して自分にあった条件の求人に応募ができます。
また、転職サイトには転職に役立つコンテンツも多く掲載。
転職についてわからないことがあってもサイトを見て確認することができます。
必要な情報を収集しやすい点でも、転職を考えているのなら転職サイトに登録をするのがおすすめです。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトはサイト上に掲載されている求人を自らが応募するシステムを取っています。
転職エージェントは専門のコンサルタントが求人の紹介をする以外に、面接日程の調整や企業との条件交渉も行ってくれます。
転職サイトが「1人で転職活動」をするのなら、転職エージェントは「コンサルタントと二人三脚」で転職活動をするものと言えるでしょう。

20代におすすめの転職サイト、転職エージェント

転職を検討しているなら、転職サイトや転職エージェントを活用して転職活動を始めましょう。
20代が利用しやすい転職サイトと転職エージェントを下記の表にまとめています。
登録の際に比較してくださいね。

 

求人数

非公開
求人数

スカウト
サービス

特徴

リクナビNEXT

6,000件

会員数、求人掲載数が圧倒的に多い日本最大級の転職サイト。

リクルート
エージェント

171,898件

140,973

×

これまでの30万人の転職成功実績がある転職成功率No.1の転職エージェント

DODA

167,322件

132,295件

求人の8割~9割が非公開求人

転職は
@type

2,001件

80件

ITエンジニア系の求人が豊富な総合転職サイト

女の転職
@type

1,421件

女性専用転職サイト

まずは登録しておきたい「リクナビNEXT」「リクルートエージェント」

リクナビNEXT 

転職を考えたら最初に登録しておきたいのが「リクナビNEXT」と「リクルートエージェント」のリクルートグループの転職サイトと転職エージェントです。

リクナビNEXT

会員数670万人、転職経験者の約8割が利用している日本最大級の転職サイト。
掲載求人数も圧倒的に多く、全国各地で幅広い職種の求人が検索できます。
その求人の8割以上が他社では掲載されていない案件となっています。

コンテンツも充実しており、レジュメに職務経歴を記入すれば、企業や転職エージェントからオファーメールが届くスカウトサービスも実施しています。
このスカウトサービスを利用することで、どのような業界、職種が自分に興味を持っているのかを知ることができます。
転職サポートのコラム「転職成功ノウハウ」や自分の強みを診断し自己分析できる「グットポイント診断」を活用することで転職活動をスムーズに行うことができるでしょう。
またスマホ用アプリもあり、転職情報の収集がより便利になっております。

リクナビNEXTに登録する

リクルートエージェント

1977年創業と40年の歴史がある転職エージェント。
キャリアアドバイザーによる転職サポートを受けることができ、年間で3万人以上の転職成功を実現させています。
また、求人は75%以上が非公開求人で、数にすると業界最大の10万件以上になります。

リクルートグループということもあり、企業からの「信頼度」も高く、人事担当者とのパイプもしっかりしています。
リクルートエージェントでしか紹介してもらえない求人も多いのが特徴です。

拠点も16箇所にありますので、首都圏や近畿圏の都市以外の地域でも転職サポートが受けられますよ。

リクルートエージェントに登録する

エージェント、スカウトサービスもある「DODA」

非公開求人の多さが魅力の「DODA」。
会員になるDODAが主催するイベントへの参加やエージェントの利用、企業からオファーが届く「スカウトサービス」への登録ができたりと、メリットが多数。

エージェントサービスでは、非公開求人の紹介の他に、キャリアアドバイザーによる応募書類へのアドバイスや模擬面接、応募企業からのフィードバックといった転職サポートが受けられます。

スカウトサービスでは、書類選考なしの面接確約オファーや登録者限定オファーで非公開求人がメールで届きます。
「DODA」のスカウトサービスは、未経験者も対象になるので、思いがけない企業からオファーが届く可能性があります。

年収診断やキャリアタイプ診断、合格診断などによって自分自身を分析することができる「診断ツール」も大きな魅力のひとつです。

また、DODAが開催する日本最大規模の転職フェアがあります。
この転職フェアでしか得られない情報や人事担当者と話す機会が設けられることは、転職の成功に大きく関わるでしょう。

DODAに登録する

20代向けの求人多数「転職は@type」「女の転職@type」

@type転職エージェント 女の転職@type

キャリアアップをしたい人や正社員を目指す20代におすすめなのが「転職は@type」と「女の転職@type」です。
どちらもキャリアデザインセンターが運営する転職サイトで、こだわり検索が充実しているだけでなく、転職希望者向けのイベントも随時開催しており、サイト以外にも転職情報を収集できるチャンスがあります。

転職は@type

キャリアップを目指す人のための総合転職サイトで、91種類のこだわり検索と「スキルマッチング」「希望条件マッチング」「パーソナリティマッチング」「足あとマッチング」の4つのマッチング機能で、希望条件にあった求人を見つけられます。
求人は、取材してから掲載しているので、安心して求人に応募することができますね。

また、キャリアデザインサポートという仕事や転職、キャリア形成の意識調査を行っており、仕事や収入等の状況を自分の結果と統計を比較することができます。

転職は@typeに登録する

女の転職@type

女の転職@typeは女性専用の転職サイトで、会員登録をするとレジュメを見た企業からのスカウトメールや、登録情報にあわせて企業とマッチングさせた「あなたに関心がある企業」があります。
サイトコンテンツには転職に役立つコラムのほかに「いい仕事ミイつけよう診断」といった診断ツールもあり、自分にあった仕事が見つけられます。

20代女性の関心が集まるアパレルやコスメ会社の転職情報をブランドやファッションビルからも選べるのも魅力のひとつ。

また産育休を取得できる企業などの情報も多数取り扱っているため、結婚や子育てなどで仕事について悩んでいる女性におすすめです。

女の転職@typeに登録する

転職サイトは必ず複数登録しよう

転職サイトのなかには、女性専用サイトや職種や業界に特化したサイトと幅広い職種の求人を紹介している総合型のサイトがあります。
女性なら女性専用の転職サイトと総合型の転職サイトに登録しておくと、総合型サイトでは見つけにくい求人を女性専用の転職サイトで見つけられる可能性もあります。
複数登録することで、自分にあった求人を見つけることも可能です。

初めての転職の場合、転職サイトを見ただけでは求人が見つけにくい、何をしたらよいかわからないということもありますよね。
その場合は転職エージェントとの併用をおすすめします。
転職エージェントでは、求人を紹介するだけでなく、求人票の見方や応募企業の特徴まで教えてもらえます。
キャリアの棚卸や自己分析についてもアドバイスしてもらえるので今後のキャリアについても考えながら転職活動ができます。
1人で転職活動をするのが不安だ、効率よく転職活動を進めたいという人は転職サイト以外に転職エージェントの登録も検討してくださいね。

転職エージェントを複数使いこなして転職を成功させる方法まとめ では利用者のステータスごとに合ったおすすめの転職エージェントをまとめています。
どの転職エージェントに登録すればいいか分からない、という人は参考にしてみましょう。

転職が全く分からない20代必見!転職の流れを確認しよう

初めての転職活動では、どんな流れでどんなことをすればいいのか全くわからないですよね。
まずなにをすればいいのか、どんなことが必要なのか、それが分からず転職に踏みとどまってしまっている人がいるかもしれません。

そこで、転職をする時の流れを詳しく解説します。

まずは転職目的を明確に!

転職目的というのは、求人への応募を考える上でも大切なことです。
面接でも必ず聞かれますが、転職目的が明確でないと転職の実現は難しいでしょう。

まず転職を考えるようになったきっかけを思い浮かべてください。
「給与」や「キャリアアップ」「今の仕事とは他にやりたい仕事ができた」と理由は様々だと思います。
転職目的が明確になると応募企業を絞ることもできますので、求人も選びやすいですよね。
また、転職目的を明確にしておけば、求人への志望動機もわかりやすいので、履歴書も書きやすくなりますし、面接対策もしやすいでしょう。

転職をしたいなら、求人の検索の前に、転職目的を明確にしておきましょうね。

自分の希望を確認しよう

転職目的にあわせて、転職への希望についても確認しておきましょう。

例えば「給与」であれば、いくらくらい欲しいのか、「キャリアアップ」なら、社内研修制度が充実しているというように、転職目的に合わせて考えると確認しやすいのではないでしょうか。
第一希望が確認できたら「残業の有無」や「通勤」といった細かい部分についても希望を確認してくださいね。

転職というと転職目的にあわせた希望については確認をしますが、それ以外の部分は忘れがちです。
働きやすさを考えたときには、複数の希望を考えておいたほうが転職後にミスマッチが少ないでしょう。
転職への希望は、転職目的と同じくらい大切です。転職においては軸になるので、念入りに確認しましょう。

希望に沿った企業を選んで応募

求人に応募する際、企業名を意識していませんか。
有名企業というだけで応募してはダメです。
必ず希望にあうか確認してから応募しましょう。

確かに企業名や知名度は大切かもしれませんが、長く働き続けるのなら希望にあっていないと厳しいと思います。
有名というだけで希望に沿わない企業に応募しても書類選考は通過しません。

転職というのは、自分がやりたい仕事ができる企業を選ぶことが大切になります。
そのためにも希望に沿った企業選びが必要でしょう。

転職サイトの求人検索は、職種や勤務地以外に、フリーワード検索や条件検索もできるようになっています。
求人検索がうまくいかないという人は、転職サイトの条件検索を活用すると希望にあう企業が見つけやすくなりますよ。

エージェントを利用して非公開求人にも応募

転職サイトで条件検索をして希望にあった求人に応募するのもよいですが、転職エージェントに登録してサポートしてもらえば、より希望に近い企業を紹介してもらえるかもしれません。
転職エージェントにはエージェントのみが保有する非公開求人もあるので、好条件の求人に出会える可能性もあるのです。

専任のコンサルタントやキャリアアドバイザーが、希望や資質にあわせて求人を紹介してくれますので、転職サイトの検索では見つけられない企業の求人に応募することもできますよ。
転職サイトで希望にあった求人が見つけられないという人は、転職エージェントを利用して非公開求人も含めて希望にあう求人を紹介してもらいましょう。

履歴書、職務経歴書は応募企業に合ったものを!添削サービスも活用しよう

履歴書や職務経歴書は、応募企業に合わせて選ぶのが一番ですが、種類が多いので何を選んだらよいのかわからない人もいるのではないでしょうか。
書式や書き方もあるので、市販の履歴書に入っている見本を見ても上手く書けないという人もいますよね。

履歴書や職務経歴書の選び方や書き方がわからないようなら、転職エージェントのコンサルタントやキャリアアドバイザーにアドバイスをしてもらいましょう。
転職エージェントでは応募企業に合わせた書き方をアドバイスしてくれるだけでなく、履歴書や職務経歴書の添削もしてくれます。
プロ目線でアドバイスしますので、独自で転職活動するよりも書類通過率が上がるはずです。

転職を実現するには、まずは書類選考に通過しなければなりません。
転職エージェントの添削サービスを利用して、応募企業に合った履歴書と職務経歴書を作成しましょう。

書類選考が通ったら面接対策!エージェントからはフィードバックも

転職エージェントの良い点は、模擬面接をはじめとした面接対策をしてもらえることです。
応募企業に合わせた面接対策ができるので、面接が苦手という人も準備をしてから本番に挑めるので不安も解消できます。
面接が上手くいかなかったとしても、エージェントから面接内容のフィードバックを受けられますので、次回の面接では改善して臨めるでしょう。

面接対策は1人だと限界がありますが、転職エージェントなら本番の前に実践できるので、1人で面接マニュアルを見ているより効率よく面接対策ができます。
面接が苦手という人は、転職エージェントを活用して面接対策をしてくださいね。

合格して終わりじゃない!今の会社での退職手続き

転職は内定をもらったら終わりというイメージがありますが、入社前に今働いている会社に退職手続きをしなければなりません。
退職手続きとは、退職の希望を伝えるだけではありません。
円満に退職するためにも、今抱えている仕事の引継ぎや取引先には退職の連絡は忘れずにしてくださいね。
返却しなければならない備品はそろえておくといった準備をしておきましょう。
社会保険の脱退や退職に必要な書類の提出といった期日が決まっているものは、できるだけ早く提出してくださいね。
書類のなかには転職先に必要なものもあるので、入社まできちんと保管しておくことも大切です。

退職願と退職届の違い

退職願と退職届って同じじゃないのと思ってしまいますが、実は全く別物です。

退職願とは、会社に退職の希望を伝えるための書類です。
あくまでも希望を伝えるだけになりますので、勤務先の状況によっては退職の希望は受け入れられないということもあります。

退職届は、会社に自分は退職するということを通告する書類になります。
会社が何と言おうと退職をするという意志を伝える書類です。
退職の希望を伝える退職願は口頭でも問題はありませんが、形式上の書類を揃えておかないと会社的に問題があるという場合には、退職願を提出後、退職届を出すようにします。

転職前に準備しておきたいこと

今の会社を退職してから転職先の会社に入社するまでは何もすることないと思いがちですが、やらなければならないことは意外とあります。

退職した会社からの書類に不備がないか確認しましょう。
退職した会社の書類のなかには転職先の会社で必要な書類もあるので、入社当日に必要な書類が揃っていないと大変なことになります。

会社の始業時間も確認しておきましょう。
入社当日は手続きで時間がかかることもあるので始業時間ギリギリではなく、できるだけ余裕を持って到着するようにしたいですね。

始業時間と併せて会社への行き方についても再度調べておくと当日慌てずにすみます。
転職先の会社の事業内容や配属先での仕事内容についても、確認を忘れずに。
入社する会社の事業内容がわからないのはマズイので、会社の就業規則と併せて入社までの間に勉強しましょう。

初めての転職!疑問を徹底解決!

初めての転職は転職活動の進め方を含めてわからないことが多く不安も多いでしょう。
転職にかかる時間や費用、活動時期、面接日程の調整など、転職で気になることについてまとめています。

転職にかかる時間は?

転職活動とは転職先の会社に入社するまでのことをいいます。
内定を取ったら終わりではありませんので注意してくださいね。
転職活動を始める際は、入社予定日をゴールと考えて計画を立てましょう。

転職にかかる時間は、早い人だと1ヶ月で転職先が決まる場合もありますが、多くの人は3ヶ月~6ヶ月位かかります。
長い人だと1年以上転職活動に費やすこともあるので、今働いている会社の退職時期や入社時期も計算して計画を立てた方が安心ですよね。
職種や業種によっては、思い通りに転職活動が進められないということもあります。
余裕を持って転職活動ができるように転職計画を立てるようにしましょうね。

転職にかかる費用は?

日々の生活費や面接までの交通費、履歴書用の写真代、面接用にスーツを新調することや勤務地によっては引越ししなければなりませんので、結構お金がかかります。
転職を考えるようになったら、転職活動を開始する前に費用がどのくらいかかるのか計算しておいた方がよいですね。
転職期間が長くなればそれだけお金がかかるということも念頭に入れておきましょう。

転職活動での出費だけでなく、転職活動中や転職後の収入についても考えておく必要があります。
特に転職後はボーナスがもらえないということもあるので、ボーナスの時期を計算して転職活動をした方がよいかもしれません。
転職を考えている人は、できるだけお金の不安がないようにしてから活動をはじめてくださいね。

平日の面談や面接はどうするの?

働いている人は、平日に面談や面接があると仕事に支障が出るという不安があります。
転職エージェントに登録した場合には、コンサルタントが面接日程や時間を調整してくれますので、平日でも夜間に面談や面接が受けられる場合もあります。

転職サイトのみで活動進めている場合にも、企業側が面談や面接日程の相談に応じてくれることあるので、指定された日程や時間が都合の悪い場合には相談してみましょう。
仕事を続けている場合には、面談や面接日程を配慮してくれる企業もあるので、仕事を休まずに転職活動ができる可能性もありますよ。

転職活動するなら在職中?退職後?

転職活動をするならできれば在職中のほうがよいでしょう。
退職後に転職活動をはじめるとなると収入面での不安も出てくるので、転職活動が長引くとちょっと辛くなるかもしれませんね。

在職中の転職活動も、勤務先の状況によっては転職活動の時間が取れないという問題点がありますが、収入が確保できる分退職後に転職活動するよりは不安や心配点は新卒より少ないといえるでしょう。

転職に有利な時期はいつ頃?

中途採用の求人が増えるのが、3月~4月と9月~10月です。
これらの時期は人事異動で空きが出ることもあり、転職に有利な時期とも言われています。
業界や職種によっては繁忙期もあるので、転職に有利といわれる時期であっても、仕事が忙しくなる時期の転職や退職は避けた方がよいでしょう。
転職をするならできれば円満退職をしたいもの、転職時期は、後任者への仕事の引継ぎも含めて慎重に決めたいですね。

20代、はじめての転職は転職サイトを活用しよう!

はじめての転職活動であれば転職サイトを活用したほうが転職しやすいでしょう。
転職活動というのは、就職活動とは似て非なるものです。
20代の人だと就職活動と同じ感覚で転職活動もと考えてしまいがちですが、求人の選び方から違ってきます。
転職サイトには、求人だけでなく、サイトコンテンツに転職で役立つ情報が掲載されています。
転職情報の収集のためにも活用してくださいね。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

大阪転職が叶う転職エージェント7選!大阪で仕事も私生活も充実させよう

本州のど真ん中あたりに位置する大阪。東京に次ぐ大都市として、シンボルとしての大阪天守閣など天下統一の歴史ととも […]

続きを読む

第二新卒の転職で気にしておきたいベストな時期とは?

転職が一般的になり、第二新卒で今までと違う会社に入社した人も増えています。 第二新卒とはそれぞれの企業でその定 […]

続きを読む

派遣ならではの立場が辛い!そんな時に考えたいこと

近年、増加傾向にあるともいえる雇用形態のひとつである「派遣」ですが、どのような雇用形態なのかその詳細をご存知で […]

続きを読む

SEにおすすめの転職サイト。キャリアアップを目指す人のための活用術!

Web開発やアプリ開発、社内システムの構築とSEの需要は高く、IT業界では人気の職業です。 SEは転職市場でも […]

続きを読む

30代後半の転職を成功させるために必要なこと

30代後半での転職は、それまでの転職に比べて思い切りも不安も大きいですよね。 30代後半になるとビジネスの経験 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

6

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。特にテンプレートに「特 […]

続きを読む

7

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

8

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

9

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

10

転職初日の菓子折りは必要?マナーを心得ておこう

転職初日の準備をしていて、これからお世話になる職場に菓子折りを持って行くべきかな?と考える人もいると思います。 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

ピックアップ特集

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

6

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。特にテンプレートに「特 […]

7

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

8

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

9

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

10

転職初日の菓子折りは必要?マナーを心得ておこう

転職初日の準備をしていて、これからお世話になる職場に菓子折りを持って行くべきかな?と考える人もいると思います。 […]

もっと読む