マーケティングリサーチャーとは?マーケティングリサーチャーの仕事内容となる方法

マーケティングリサーチャーとは?マーケティングリサーチャーの仕事内容となる方法

「マーケティングリサーチャー」という名前から何となくイメージはつくけど、具体的に何する仕事なのかわからないという人が多いのではないでしょうか。
今回はそんなマーケティングリサーチャーについて調べてみました。

マーケティングリサーチャーとは?マーケティングリサーチャーの意味とは?

英語表記では marketing researcher です。
マーケティングリサーチャーとは、商品がより多く売れるようにするために、市場の実態や動向を調査し、それを分析する専門家のことです。
企業のマーケティング部署に所属するか、マーケティングリサーチを請け負う専門企業に務めるかの大きく2パターンあります。

マーケティングリサーチャーに英語は必要?有利?

マーケティングリサーチャーにとって情報は命です。そのため英語ができれば、それだけ触れられる情報の幅も増えます。また近年国内のマーケティングリサーチ企業の多くはグローバル展開を図っているため、どの企業も英語が話せる人材を欲しています。
ですから、英語ができるマーケティングリサーチャーは重宝されるでしょう。

しかし英語ができないからと言ってマーケティングリサーチャーになれないかと言ったらそうではありません。クライアントが国内企業であれば、調査対象は国内の市場や企業になるため、英語にほとんど関わらずに仕事をすることも可能です。

マーケティングリサーチャーの仕事内容とは?どんな働き方をしてるの?

前述のように、マーケティングリサーチャーの役割は情報収集・分析です。
インタビューやアンケートなど様々な調査方法を用いて、クライアントが欲しい情報を収集しまとめます。

マーケティングリサーチャーの仕事の流れは以下のようになります。

  • 調査準備
  • まず今回のマーケティングリサーチを通じて、達成したい目標を立てます。市場やその企業、競合企業がどのような課題を抱えているのかをきちんと把握し、リサーチの目的・背景を明確にします。そして「リサーチ対象、必要なデータ、データ収集の手段、そのデータで決定したい事項」に分け、リサーチの予算や期限を組み、資料を作成します。

  • サンプル数の決定
  • サンプル数(リサーチの対象者数)が増えれば増えるほど、データの精度は上がりますがリサーチには費用がかかります。そのため依頼者の予算との兼ね合いで、規模を決定します。

  • 調査方法の選定
  • 調査には大きく分けて、定量調査と定性調査の二つあります。
    定量調査はアンケートなど、数字的な結果で全体の傾向を見ることができます。
    定性調査はインタビューなど、全体よりも一人ずつにフォーカスし、気持ちや心理や意識など内面まで調べることができます。
    これらの調査を、直接行うのか、インターネットを使って遠隔で行うのかを決定します。

  • 調査票作成
  • アンケートやインタビューで使用する調査項目を決定します。ただ闇雲に質問項目を設ければ良いわけではなく、「必要な結果を得るために欲しいデータは何か、そのデータを得るためにはどのような質問をすれば良いのか」と逆算的に設定します。

  • 実際の調査
  • 決定した調査方法、調査票を利用して実際に調査を行います。マーケティングリサーチの企業は自社のモニターを有しており、そのモニターを中心に調査を行なっていきます。

  • 調査結果の分析・レポート
  • 得られた調査結果を分析し、まとめます。そのレポートを元に依頼先にプレゼンや提案をします。

さらに詳しい調査方法を知りたい方はこちらを参照してください。
マーケティングリサーチとは?マーケティングリサーチの意味と調査方法の種類

基本的には週休2日のようですが、マーケティングリサーチャーのようなBtoBの企業は担当するクライアントの都合に合わせて動かなくてはいけませんので、多少不規則になるかもしれません。

マーケティングリサーチャーの年収はどれくらい?

DODAが算出している2017年度職種別平均年収のデータのうち、リサーチ/市場調査の分野の全体の平均年収は524万円になっています。
この分野における男性の平均年収は551万円、女性は494万円。
年代別でみると、20代は403万円、30代は570万円、40代は658万円となっています。
(参考:https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/)

マーケティングリサーチャーとマーケティングアナリストの違いとは?

厳密な違いを考えるのは少し難しいですが、マーケティングリサーチの分野におけるリサーチャーとアナリストの違いで考えると、
リサーチャーはアンケートを作成し、実施する、アナリストはその得られたデータを分析する
という役割分担がなされているのではないでしょうか。

マーケティングリサーチャーとリサーチャーの違いは?

リサーチャーはその名の通り調査する人を指す大きな枠であり、その中の一つがマーケティングリサーチャーです。
しかし求人情報などで使われているリサーチャーはほとんどがマーケティングリサーチャーを指しているため、就職活動においてはリサーチャーとマーケティングリサーチャーは同じと考えてしまっても良いかもしれません。

マーケティングリサーチャーに資格って必要?

資格がなければマーケティングリサーチャーになることができないということはありません。資格がなくとも活躍しているマーケティングリサーチャーの方はたくさんいます。
しかし資格取得のための勉強によって新たな知識・経験が得ることができ、また社会的な信用にも繋がります。
マーケティングリサーチャーや目指している人におすすめの資格をまとめてありますので、参考にしてください。
マーケティングの資格とは?マーケティングにまつわる資格の種類と意味と取得方法

マーケティングリサーチャーのバイトとは?仕事内容は?

マーケティングリサーチャーを求めるマーケティングリサーチのバイト求人は数多くあるようです。
データ分析(顧客データ分析、売上分析など)
マーケティング調査補助(アンケート分析など)
Webサイト分析(アクセスログ、ユーザービリティなど)
ソーシャルメディア分析(効果測定、影響度分析など)
事例調査
など、職場によりますがデータ分析に携わることができるアルバイトが多いようです。

マーケティングリサーチャーに向いてる人とは?

数字とは切っても切れない分野であるため、数字に抵抗がない人が好ましいでしょう。
また得られたデータから課題を導き出す論理的思考力、クライアントと円滑にやりとりを行うためのコミュニケーション能力なども必要です。

マーケティングリサーチャーになる人の志望動機の書き方とは?

どの職種とも共通しますが、まずはどうしてその仕事でなくてはいけないのか自分の考えを明確にしましょう。
志望動機を考える上で、マーケティングリサーチャーならではの要素は

  • 数字を扱う
  • 論理的な思考
  • 多様な部署と繋がる
  • 様々な業界・業種に携わることができる(マーケティングリサーチ企業)
  • 責任重要

これらの要素と自分の経験や価値観と結びつけて志望動機を考えてみるのも一つの手でしょう。

マーケティングリサーチャーへの転職の仕方

マーケティングリサーチャーの需要は非常に高い上に、将来性もある職業です。
未経験者向けのマーケティングリサーチャー求人も、経験者向けのマーケティングリサーチャー求人もあるため条件に見合う求人も見つかるでしょう。
まずは転職サイトに登録して、情報収集をしましょう。

マーケティングリサーチャーは未経験でもなれる?

マーケティングリサーチャーの需要が非常に高いため、未経験者向けのマーケティングリサーチャー求人も数多くあります。

マーケティングリサーチャーまとめ

マーケティングリサーチャーは需要が高く、将来性もある職業です。未経験者でも経験者でも求人はあるので、比較的取り組みやすい職業なのではないでしょうか。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

派遣の仕事とは?派遣の仕事に関する疑問を徹底解説!!

目次1 派遣の仕事とは?2 派遣の仕事内容とは?3 派遣で働くメリット・デメリットとは?4 派遣で働くメリット […]

続きを読む

未経験でもケアマネージャーに転職は可能?業務内容や資格試験について詳しく解説します。

誰でもケアマネージャーという職種を一度は耳にした事があるのでないでしょうか? しかしなんとなく「介護関係の人」 […]

続きを読む

未経験でも公認会計士に転職は可能?業務内容や資格試験について詳しく解説します。

公認会計士は大学生がダブルスクールなどしてやっと取得するイメージがある職業ですが、資格さえあれば未経験でも公認 […]

続きを読む

介護職への転職に成功する人の特徴

介護業界の人材ニーズが高まっていることもあり、介護職への転職を希望する人も増えているようです。 また介護業界の […]

続きを読む

転職したい理由は何?後悔しないために考えること

転職に踏み切るときは、誰でも将来が今より良くなることを願って信じていると思います。 転職をしてよかったと転職の […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の意味とは?職務要約の書き方について

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

10

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

ピックアップ特集

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の意味とは?職務要約の書き方について

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

10

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

もっと読む