みんなの転職して良かった理由を探ってポジティブ転職を叶えよう

みんなの転職して良かった理由を探ってポジティブ転職を叶えよう

転職することが珍しい時代ではなくなりました。
転職して自分に合った仕事や生活スタイルを手に入れている人はたくさんいます。
どんなことがみんなの「転職して良かった」と思える瞬間に繋がっているのでしょうか。
それを知っていくと、自分自身の転職をポジティブに捉える材料になりますよ!

ネガティブな転職理由に囚われないで!

現状に大満足!という人なら、転職を考える確率は低いかもしれません。
もし、転職しようと思う理由が、人間関係、仕事の不適合、残業が多い、評価されないなどといった、現状が満たされていないことなら要注意。
その気持ちのままで転職活動を行っても、なかなかポジティブな結果には結びつきにくくなってしまうでしょう。

反省と改善で前に進めば大丈夫

現職への不満には、解決できることと解決できないことがありますよね。
何かを変えれば解決することができるはずなのですが、実は仕事で抱える不満の多くは「自分を変える」ことで解決することが多いのも事実。

転職を考えるときは、自分の抱えている不満が、自分自身のどんな視点から生まれていかをしっかり把握することが大切です。
偏ったものの見方や捉え方が不満に繋がっているということも考えられます。
人間関係がうまくいかない、自分の能力不足を感じるというようなときも、自分の思考のクセがないか確認してみましょう。

進んだ先の自分をイメージしよう

今の仕事がうまくいかない、失敗した、何となく違う気がするというようなときに、現状と自分自身のことをよく考えることはとても大事です。
気付きがあれば、何らかの対策を打っていくことも必要です。転職をすることがひとつの手段になることもあるでしょう。

ネガティブな点を取り除くことだけに気持ちが囚われてしまうと、なかなか突破口が見つからないものです。
それだけだと不安感がいつもセットになって、転職への迷いが堂々巡りしてしまう人もいるでしょう。

ぜひ、それらを解決し、乗り越えた自分をイメージすることも忘れないでください。転職して良かった!と思っている他の人たちの理由を知ることも、その先をイメージする助けになると思いますよ!

転職して良かったと思っているみんなの理由

転職には、とてもエネルギーが要るものです。
転職活動も簡単には進まないこともあります。
しかし、不安感ばかりでは、前に進めませんよね。
転職が大変だということを分かっていても踏み切った人たちがたくさんいます。
ここで、転職の大変さを乗り越えて、転職して良かった!と感じている人が、どんな場面でその「良かった!」を味わっているのかを見ていきましょう。

理由1 : 転職には出会いが溢れている

好奇心と向上心のある人たちは、新しいことが自分にもたらす価値を知っています。
だから新しいことを追うことができ、今までと違うことにも抵抗がありません。
転職をすると新しいことの連続というのは想像がつきますよね。
仕事の内容ややり方、職場の環境、周りの人たち、すべてが自分にとって新しいものです。

新しいものや人たちは、自分の視野を広げ、知識を深めてくれるものです。
世の中にはまだまだ知らないこと、知りたいことが溢れていることを認識させてくれるのです。
新しいものごとや人との出会いを得たときのワクワク感に「転職して良かった!」と感じる人も多いですよ。

理由2 : 転職でマンネリからの脱出

転職することで、ひとつひとつの仕事をこなしていく、そのまっただ中で充実感を感じることができたとき、「転職して良かった!」と感じる人もいます。
もちろん、前の仕事でのスキルや能力というのも活かせているはずです。

長く働いていると、人にも仕事にも慣れ、刺激が少なくなるものです。
仕事にマンネリ感を感じるというのは、本当の意味ではその仕事は適職ではなかったり、能力に見合わなくなったということもあるのです。
「自分に合った仕事」でイキイキと活躍できる職場に転職ができると、前の仕事では感じたことのない気持ちを味わうことができます。
そんな瞬間に「転職して良かった!」と思う人は多いんですよ。

理由3 : 転職が成長に繋がった

転職によって、キャリアアップして収入が増えたことで、生活に余裕ができたことを感じるとき「転職して良かった!」と思う人は多いようです。
その余裕が、今の仕事に集中することを促したり、さらに先の将来のための前向きな仕事に繋げていけるのですね。

仕事のレベルは、収入だけではありません。
転職という挑戦によって今までより、貢献度の高い仕事に就いたり、それを実感できるような評価をもらえたりしたとき、仕事に対してのやりがいを感じるもの。
より専門性を高いスキルを身に付けたり、それに伴う出会いがコミュニケーション力を上げたりもします。
ビジネスパーソンとして、1人の人間としての成長を感じられることが「転職して良かった!」の源になることも少なくないようです。

理由4 : 理想の生活スタイルが得られた

残業続きの毎日を送ってきた人にとっては、暗くなる前に帰宅できるというのが現実になったとき「転職して良かった!」と感じられるでしょう。
今まで時間が取れなくて我慢してきた、友人や家族と一緒に楽しむ時間を過ごしたり、自分のための充実の時間を使えることに満足感を得る人は多いものです。
そんなポジティブな心境が仕事にも好影響を与え、良いスパイラルを生み出しているようです。

転職して良かった!のためにも衝動的転職は禁物!

転職が頭をよぎっても衝動的に決断して動いてしまうことはおすすめしません。
タイミングと運が味方をしてくれる場合もあるかもしれませんが、その先のキャリアのことも、よく見据えておくことはとても大切な要素です。
仕事を続けていく自分の心境やモチベーションも左右することになるからです。
転職のときこそ、長期視点を忘れずに考えることが必要です。

転職して良かった!のための習慣

上記に挙げたような「転職して良かった!」の理由を感じている人たちには、いくつかの共通した特徴があるようです。
衝動的な転職ではなかったという点も、もちろん含まれています。

それだけでなく、転職活動成功者は、自分にとって必要なものを心得ています。
自分の将来像をベースにして仕事を選ぶことで、転職後も自分の内側からモチベーションを湧き立てて経験を積み重ねていることができます。

また、情報収集を欠かさないというのも特徴のひとつ。
転職サイトだけでなく、転職エージェントを活用して相談を進めていたり、出会う人たちからの関連する情報を聞き入れたり、さまざまな情報を得て、自分で判断、精査することに役立てているのです。

転職して良かった!を目指そう!

転職活動は大変なこともありますが、転職して良かったと思える転職をしたいですよね。
適切なステップを踏めていれば、誰でも叶えることは可能です。
「こんなキャリアを積んでいく!」というしっかりとした自分の将来像を持っていれば、きっとワクワクする転職活動を行うことができるますよ!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています