金融業界おすすめの転職エージェント6選!金融業界での転職を成功させるエージェントの選び方

金融業界おすすめの転職エージェント6選!金融業界での転職を成功させるエージェントの選び方

金融業界はキャリアアップを図るために、転職を考えている人が多い業界です。
上手くいけば大幅な年収アップも見込める金融業界で、転職を成功させるためには「転職エージェント」を活用することが重要になります。

金融業界におすすめの転職エージェントと、賢いエージェントの選び方を紹介するので、参考にしてください。

また、金融業界はここで紹介する6サイト以外にも求人を出していることもありますので、より多くの選択肢から転職エージェントを選びたい人はまず転職エージェント21選をご覧ください。

金融業界の転職における心構え

転職エージェントについての話をする前に、金融業界で転職する際に考えおきたいことを紹介します。

金融の中でも業界ごとの違いを理解しているか

金融業界は、その中でも銀行・証券・保険・運用会社などの業界に分かれています。
転職先として、金融の中でも異なる業界を検討している方もいるでしょう。

しかし、それぞれの業界では組織の在り方に違いがあります。
転職先を選ぶには、組織の在り方と自分との適性を考える必要があります。

銀行は、人事の累積評価に大きく影響された、徹底的な序列の世界です。
証券は、それよりも個人の成果に応じた評価がありますが、市況という運に左右される業界でもあります。
保険は、保険販売のセールス力がモノを言うため、他よりも金融業界的な組織の在り方は薄いと言えるでしょう。

他にも、運用会社や外資系企業は、また違った在り方をしています。

外資系企業を中心にリストラのリスクを考えられているか

金融業界で転職する人の中には、外資系の証券会社などに転職して大幅な年収アップを考えている方もいるでしょう。

しかし、外資系金融機関は徹底した「実力主義」の評価制度が取られています。
つまり、常に「リストラ」のリスクがつきまとうということです。

転職活動を本格的にスタートする前に、自分にその覚悟があるのか考えましょう。

 

金融業界向け転職エージェントの選び方!注意したいポイント

金融業界での転職は、進む道によって「年収」や「安定性」が大きく変わります。
その分、転職エージェント選びも慎重に行う必要があるのです。

以下のポイントに気をつけて、賢く転職エージェントを選びましょう。

転職の目的とエージェントの特徴は合っているか

  • 金融系専門職として堅実にキャリアアップしたいのか
  • 外資系に転職して年収を大幅にアップさせたいのか
  • 未経験から金融業界に挑戦したいのか
  • 金融系の経験を活かして他業界に行きたいのか

金融業界の転職といっても、その目的は人それぞれです。
また、転職エージェントも、それぞれ強みや特徴を持っています。

自分がしたい転職の目的と、エージェントの特徴が合っているか考えましょう。

金融業界の求人数は十分か

転職エージェントを選択する際には、金融業界の求人数の数を重要視しましょう。
たとえサービスの質が良くても、求人数が少なければ選択肢が狭まってしまいます。

また、金融業界の中でも、自分の転職したい業種・職種の求人があるかが大事です。
銀行・証券・投資・保険…自分が進みたい道に合った求人の数が十分にあることを確認しましょう。

 

金融業界向け転職エージェントを利用するメリット

そもそも、金融業界の転職でエージェントを利用すると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

金融業界の状況や企業情報を共有してもらえる

金融業界に強いエージェントなら、業界の近況や企業情報を共有してもらうことが出来るでしょう。
金融業界は進む道によってリスクや成長度が大きく異なります。

長期的に見て、自分が最も納得できる会社に入りたければ、出来るだけ多くの情報を持っていることに越したことはないでしょう。
日頃から多くの企業と接触している転職エージェントなら、あなたが求めるような情報も多く知っているはずです。

キャリアプランに合わせた転職が出来る

金融業界と一口に言っても、人によって多様なキャリアの形があります。

「年収」を求めるのか、「安定」を求めるのか。
それだけでも選ぶべき道は大きく変わってくるでしょう。

転職エージェントに相談すれば、あなたのキャリアプランに合わせた求人を紹介してくれるはずです。
もし、具体的なキャリアプランを持ち合わせていない方でも、相談している内に理想の形が見えてくるかもしれません。

非公開求人で大幅に年収がアップする場合がある

ハイキャリア向けの転職エージェントを利用すれば、自分では見つけられないような優良企業の高ポジション案件に出会える可能性もあります。

転職エージェントは、どこも多くの非公開求人を抱えています。
その非公開求人の中にこそ、優良な案件が多くあるのです。

金融業界の転職によって、大幅な年収アップを狙っている方は、絶対に転職エージェントを利用しましょう。

 

金融業界に強い!おすすめの転職エージェント6選

それでは、金融業界に強い転職エージェントを6つ紹介します。

リクルートエージェント

求人数30,570件
非公開求人数141,015件
年収範囲(参考)350万円~850万円
対応地域全国(※)

リクルートエージェントは、業界で圧倒的な求人数を誇る転職エージェントです。
金融系に特化しているわけではありませんが、金融専門の転職エージェントと比べても遜色ないほどの求人があります。

とりあえず登録して、その膨大な求人を眺めているだけでも、業界の概況や傾向が見えてくるはずです。

JACリクルートメント

求人数7,271件
非公開求人数約10,000件(全求人の60%)
年収範囲(参考)400万円~1,000万円以上
対応地域全国・海外(※)

JACリクルートメントは、外資系発祥のハイキャリア向け転職エージェントです。
国内外の大企業の高ポジション案件を多数抱えているので、金融業界でキャリアアップを考えている方は、絶対に登録するべき転職エージェントです。

金融業界出身のキャリアコンサルタントも在籍しているので、親身なサポートを受けることも出来るでしょう。

自分のキャリアに自信がある方は、質のいい案件に出会うことが出来るため、非常におすすめです。

ビズリーチ

求人数64,000件
非公開求人数非公開
年収範囲(参考)800万円~2,000万円
対応地域全国・海外

ビズリーチは、ヘッドハンターとのマッチングを目的とした転職エージェントです。
ヘッドハンターは年収1000万~2000万を超えるような、金融業界の案件を持っていることもあります。

こちらも、今のキャリアに自信があり、さらなるキャリアアップを目指す方におすすめです。
ヘッドハンターとのマッチングには時間がかかるので、他の転職エージェントと併用するといいでしょう。

パソナキャリア

求人数40,728件
非公開求人数25,245件
年収範囲(参考)200万円~1,000万円以上
対応地域東京・大阪・名古屋

パソナキャリアは、手厚いサポートが評判の転職エージェントです。
書類作成から面接まで、転職活動には面倒なことがたくさんあります。

パソナキャリアでは転職希望者に寄り添った支援が受けられるので、転職経験が無い方や、未経験で金融業界を目指す方にもおすすめです。

Spring転職エージェント

Springエージェント
求人数17,427件
非公開求人数約70,000件(全求人の80%)
年収範囲(参考)200万円~2,500万円
対応地域全国・海外(※)

Spring転職エージェントは、コンサルタントが企業担当と求職者担当に分かれていないことが特徴の転職エージェントです。

そのおかげで、企業と近い距離感でフィードバックを受けながら、転職を進めることができます。

全国拠点に拠点があり、地方の優良案件も取り扱っているのも強みなので、地方銀行などを目指す人にもおすすめです。

MS-Japan

MS-Japan
求人数4,438件
非公開求人数約40,000件(全求人の90%)
年収範囲(参考)100万円~2,000万円
対応地域全国(※)

MS-Japanは、管理部門(経理・財務・人事・総務・法務・経営企画)と、スペシャリスト(弁護士・公認会計士・税理士・金融専門職・コンサルタント等)に専門特化した転職エージェントです。

日系大手企業から外資系、優良ベンチャー企業まで幅広く、管理部門・専門職に関して強力なネットワークを築いています。

金融専門職としてキャリアを積んできた方には、うってつけの転職エージェントですね。

 

金融業界に強い転職エージェントを表で比較

 公開求人数非公開求人数年収範囲 (参考)対応地域対応職種
リクルート
エージェント
30,570件141,015件350万円
~850万円
全国総合
JAC
リクルートメント
7,271件約10,000件
(全求人の60%)
400万円
~1,000万円以上
全国・海外総合
ビズリーチ64,000件非公開800万円
~2,000万円
全国・海外総合
パソナキャリア40,728件25,245件200万円
~1,000万円以上
東京・大阪・名古屋総合
Spring
転職エージェント
17,427件約70,000件
(全求人の80%)
200万円
~2,500万円
全国・海外総合
MS-Japan4,438件約40,000件
(全求人の90%)
100万円
~2,000万円
全国管理部門
専門職

 

金融志望者のタイプ別!おすすめ転職エージェント

最後に、金融業界志望者のタイプ別に、おすすめの転職エージェントを紹介します。

「金融業界未経験」におすすめの金融転職エージェント

未経験から金融業界を目指す方におすすめの転職エージェントは、「パソナキャリア」と「Spring転職エージェント」です。

どちらも転職エージェントが親身に相談に乗ってくれて、手厚いサポートが受けられるので、未経験の方でも安心して転職先を探すことが出来ます。

あとは実際に転職エージェントに会ってみて、どちらが自分に合っているかで決めるといいでしょう。

「20代~・第二新卒」におすすめの金融転職エージェント

第二新卒、もしくは20代で金融業界での転職を考えている方におすすめの転職エージェントは「リクルートエージェント」です。

20代は転職市場での価値も高く、多くの可能性が眠っています。
そのため、求人数が豊富なリクルートエージェントなら、その可能性を十分に活かして、選択肢を広げられるでしょう。

「30代~・管理職」におすすめの金融転職エージェント

30代以上の管理職・専門職におすすめの転職エージェントは「JACリクルートメント」「ビズリーチ」「MS-Japan」です。

あなたが思い描いているキャリアプランによって、JACリクルートメントとMS-Japanのどちらがおすすめかは変わってきます。
一度、エージェントに会ってみて判断するのもいいかもしれません。

ビズリーチは、ヘッドハンターとのマッチングをじっくり待つ必要があるため、他の転職エージェントと併用するといいでしょう。

 

まとめ

金融業界は、進む道によってキャリアプランが大きく異なります。

そのため、転職を成功させるためには、自分に合った「転職エージェント」を活用することが重要になるのです。

「年収」や「安定性」など、自分が転職に何を求めているのか、もう一度よく考えた上で、複数の転職エージェントに登録し、自分に合ったものを選ぶといいでしょう。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

2年目での転職ってどうなの?3年まで待てない人に向けたまとめ

就職2年目といったら、仕事にも慣れてきて会社員として充実していると思われていますが、1年間働いてみて、様々な理 […]

続きを読む

40代の転職を成功させる転職活動のポイント

40代での転職を成功させることは難しさもあります。 20~30代にはない40代ならではの特徴を知ることで自分の […]

続きを読む

転職活動の基本!面接でやってはいけない3つのこと

転職活動では、採用担当者・人事の立場に合わせた準備をすることが重要です。 ただ闇雲に自分の経歴や業務を面接で述 […]

続きを読む

30代後半の転職を成功させるために必要なこと

30代後半での転職は、それまでの転職に比べて思い切りも不安も大きいですよね。 30代後半になるとビジネスの経験 […]

続きを読む

30代でIT転職をする際のポイントまとめ

30代でIT職種への転職を考えている人のために、30代でIT業界への転職活動のポイントをお伝えしていきます。 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

6

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。特にテンプレートに「特 […]

続きを読む

7

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

10

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

ピックアップ特集

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

6

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。特にテンプレートに「特 […]

7

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

10

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む