「BTO」の意味と「BTO」パソコンとは?

「BTO」の意味と「BTO」パソコンとは?

最近、「BTO」パソコンという言葉を、よく見聞きすることが増えてきたように思います。
この「BTO」って自作パソコンのこと? それとも、ショップのパソコンのこと?
今日は、この「BTO」という言葉の意味について説明したいと思います。

「BTO」の読み方大丈夫だよね?

「BTO」は、「 ビー・ティー・オー」と読みます。

そもそも「BTO」の意味とは?

「BTO」とは、Build to Order(ビルド・トゥ・オーダー)の略のことで、受注生産の仕組みを意味しています。特に、パソコンや自動車などの発注時に、構成の指定や変更を受け付けて生産する方式のことをいいます。

注文仕様生産の意味のConfigure to Order(コンフィギュア・トゥ・オーダー)「CTO」とも呼ばれることもあります。

パソコン業界における「BTO」パソコンの魅力とは

「BTO」パソコンの場合は、通販による直販を主力販路にしているメーカーから販売されているのが特徴になります。カスタマーは、従来の完成品パソコンに比べて自由度が高く、メモリ・ハードディスクなどの容量を、自身で選択できるのが大きな魅力になっています。

「自作パソコン」vs「BTO」パソコン

確かに「自作パソコン」でも、すべての部品をカスタマー自身が調達して組み立てますので、不要なものを買う必要なく、自分の好みに安く仕上げることができます。ただし、メーカー製のパソコンとは異なり、組みあがったパソコンの動作保証が無いことや、各部品を組み立てる知識や、調達先を調べるなどの手間などが必要になります。

「BTO」パソコンは、そこまで知識がないユーザーサイドにも、通販サイトから、手軽に自分の好みのパソコン仕様を選択して、購入できるようになっています。

「BTO」という言葉が使用されるシーン

「BTO」は、顧客からの注文を受けた後に製品を生産する、生産の方式。つまり、受注生産のことを指しています。

「スペックにこだわるならBTOパソコンで買うのがおすすめだよね。」と、受注オーダー式のパソコンで自作できないユーザーでも、カスタマイズフリーなパソコンを選ぶ時の他に、受注生産や受注○○という意味合いで、特許庁の文書の中に多く見ることができます。

・BTOサービスによって販売店での商談を支援すること。
・タイヤ工場は、BTO生産方法により、受注したタイヤを一品生産する
・受注加工組立(BTO)対応システムが容易に提供できるとともに、基本部品の保守、拡張等の作業を容易に行うことのできる電子機器および電子機器の部品実装方法を提供することを課題とする。

「BTO」を英語にするなら?

「BTO」は、「build-to-order」という英語の略です。

・To support business negotiation in a store by a BTO service.
 BTOサービスによって販売店での商談を支援すること。

・FAST BOOT METHOD IN BUILD TO ORDER (BTO) PERSONAL COMPUTER MANUFACTURING.

 受注生産(BTO)式パーソナルコンピュータ製造における高速ブート方法

・A tire plant singly produces the ordered tire by a BTO production method.
 タイヤ工場は、BTO生産方法により、受注したタイヤを一品生産する。

・To provide electronic equipment and a component mounting method for the electronic equipment for easily providing a system meeting built-to- order(BTO) by easily replacing basis components such as a CPU and a cooling device, and easily performing works such as the maintenance and extension of the basic components.

 本発明は、CPU、冷却装置等の基本部品を容易に交換可能にして、受注加工組立(BTO)対応システムが容易に提供できるとともに、基本部品の保守、拡張等の作業を容易に行うことのできる電子機器および電子機器の部品実装方法を提供することを課題とする。

(weblioより)

「BTO」は、リードタイムが長くなる傾向がある

「BTO」を実現させるためには、メーカーでは商品を部品の状態でストックしておく必要があります。そして、顧客の注文があった時に、組立てを行い出荷するわけです。

部品状態での在庫保管は、完成品より流動性が高くなる場合も多いです。その分、メーカーサイドでの在庫リスクが減るメリットがあります。

顧客にとっては無駄な仕様を省き、購入コストを引き下げることができますが、その一方で注文方法が煩雑になり、注文から商品の受け取りまでのリードタイムが長くなる傾向があります。また、受注生産になりますので、商品を手にとって品質を確認することはできません。

こういった製造業のビジネスモデルの一つと言われている多品種少量生産は、プロセス全体の効率化と最適化を実現するための経営管理手法であるSCM(サプライチェーン・マネジメント)により、品質保証とブランド力の維持により実現されているわけです。

「BTO」の行われている商品としては、パソコンのほかに自動車、オートバイ、自転車、スキー・スノーボードや最近は、注文住宅だけでなくリフォームなど多くの商品にみられます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています