「B to B/B2B/Business to Business」の意味とは?今さら聞けないビジネスの基本用語

「B to B/B2B/Business to Business」の意味とは?今さら聞けないビジネスの基本用語

「B to B」という言葉をご存知ですか? 志望企業を調べていると、会社の説明欄などでも目にすることも多いかもしれません。BtoB企業は一般的に優良企業が多く、なおかつ狙い目と言われることが多いのはご存知でしょうか?

とはいっても、実際どのような特徴があるのかわからなくては、候補に入れようがありませんよね? 今日は、「B to B/B2B/Business to Business」について説明いたします。

「B to B/B2B/Business to Business」の読みって大丈夫だよね?

「B to B/B2B/Business to Business」は、「ビートゥービー 」って読みます。

「B to B/B2B/Business to Business」の意味とは?

元々「B to B」や「B to C」などの言葉は、インターネットを利用した電子商取引に関して使われていた用語でした。最近では一般の商取引に対しても使われるようになってきました。

「B to B」の意味は、 Business to Business の略のことです。時折、toを2(two)に置き換えてB2Bと書かれることもあります。

世の中にはたくさんの会社がありますが、それぞれの会社は様々な事業や商売を行っています。会社の事業をおおまかに分類するにあたって、「取り引きする相手が誰か?」ということを分かるようにするために、会社の種類を大別する必要がありました。そのように、取引先に注目して会社を分けた呼び方のひとつが「B to B」というわけです。

取引先による呼び方には、他にも以下のようなものがあります。
BtoC (Business to Consumer) 企業:一般消費者相手
BtoG (Business to Government) 企業:行政相手
BtoE (Business to Employee) 企業:従業員相手
この中でも、「BtoB」とよく比較の対象になるのが「BtoC」です。

「BtoC企業」は一般の消費者向けにサービスや商品を提供している企業です。私たちが普段テレビのCMなどを通して知っている有名な企業の多くは「BtoC企業」ということになりますね。

「B to B」の取引先企業の特徴とは?

「B to B/B2B/Business to Business」の取引先企業は、「法人顧客相手のビジネス」になります。製品メーカーと商社の取引や、卸問屋と小売店の間などが 「B to B」 となりますね。

そのため、「B to B」企業の扱う商品は、完成品ではなくて、取引先の企業が販売する商品の素材だったり、部品だったりします。

法人を相手にする「B to B」企業は取引金額が大きい分、利益も大きくなりますが、決済するまでの複数の人数を相手にしますので、購入までの期間が長くなり、決済までの与信リスク管理が課題になってきます。

しかしながら、「B to B」企業 の場合は、一度取引が生じたら、頻繁に調達先を変更することは通常ありませんので、企業の安定性は高いと言えます。

また、CMなどの広告宣伝費をかける必要もありません。世間的にはあまり知られていないけれど、実は超優良企業という隠れたメリットもあるのです。就職活動で安定企業を希望される方には、オススメだといえるでしょう。

「B to B」を英語にするなら?例文まとめ

「B to B」は、英語「Business to Business」の略語ですが、財務省や特許庁が出された英文文書にも「business-to-business(B-to-B)」の略語をみることができます。

・実際に、日本の中小企業とアジアの中小企業がインターネットを通じたB to Bマーケットに参加して取引相手を見つけ、中間財を売買するというような例が出てきています。
・For example, small- and medium-sized enterprises (SMEs) in Japan that participate in the B-to-B market on the Internet now find trading partners, SMEs in Asia, for the intermediate goods they need.

・また、企業と企業の間ではグローバルにネットワーク化されたB to B市場を通じて、最も安い価格を提供できる供給者から仕入れをしたり、今までは思いつかなかったようなところにアウトソーシングをしたりすることにより、コストを節約し生産性を上げていくことができます。
More concretely, IT has brought greater information sharing within corporations, reducing the need to maintain hierarchical corporate structures and dramatically increasing the efficiency of business operations. Using the globally networked business-to-business (B-to-B) market, companies can purchase from the supplier that offers them the lowest price, or conduct outsourcing in places they never would have thought of before, in order to save on costs and raise productivity.

「B to B」企業は安定性の高い企業が多い

「B to B」企業は「企業」に対して商材やサービスを提供している会社です。あまり知られていないのですが、現在の日本において、業績を上げて元気がよい優良企業はむしろ隠れた「B to B」企業に少なくありません。隠れた「B to B」優良企業を探す方法としては書籍、インターネット、大学での求人、合同企業説明会といった方法が挙げられますね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています