マインドフルネスを取り入れよう!継続で効果実感!

マインドフルネスを取り入れよう!継続で効果実感!

ストレスの軽減、メンタルの強化、仕事のパフォーマンスのアップにも有効なマインドフルネス。
意識すれば、簡単に継続していくことが可能です。
マインドフルネスの効果を実感するために自分に合った方法を取り入れてみませんか?

マインドフルネスが現代に広がるわけ

マインドフルネスは、今や世界に認められる自己メンテナンスの手段になりました。
日本でも多くのメディアでマインドフルネスの話題が取り上げられています。
こんなにも現代社会に受け入れられるのは、現代人がストレスを受ける要素が増えてきているのが原因。
それだけでなく、現代生活はストレスをコントロールすることに役立つ習慣が減っているとも言われています。

ストレスは自分でコントロールしよう

確かにストレスは、さまざまな外部的な刺激や要素からも受けるものです。
人間は、良くも悪くも習慣で生きているので、環境が変われば変わるほど、ストレスを感じやすくなります。
しかし、今の時代、周りの環境を何も変化させずに生きていくことは難しくなる一方です。
以前より、変化のスピードは速くなり、人間にはより強固なストレス耐性と、柔軟性が必要になっているのです。
変わっていく環境をコントロールすることはできません。コントロールできるのは、自分だけ。
言い換えると、自分をコントロールできれば、ストレスを緩和していくことが可能なのです。
マインドフルネスが、このことに有効ということは科学的にも実証され始めているのです。

大企業も続々導入で実証

マインドフルネスの効果は、世界の大企業で開発や導入がされたり、数多くの著名人たちが実践していることで世の中に認識されるようになりました。
マインドフルネスの企業導入の先駆けとなったのはGoogle社。
Search Inside Yourselfというリーダーシップ向上のためのプログラムも開発されました。
その成果の実証は、多くの企業や機関(Facebook、マッキンゼー、NIKE、Yahoo、米軍など)に取り入れられるきっかけを作っています。
日本でも、日本マインドフルネス学会が発足するなど、認知度の高まりを見せています。

マインドフルネスはいつでもできるってホント?

マインドフルネスというと、静かな空間での瞑想をイメージしている人がいるかもしれません。
確かに、マインドフルネスのために静かな瞑想を取り入れることは、効果を得る代表的な考え方の一つです。
しかし、マインドフルネスを得る手法は、まだまだたくさんあります。
身近な活動の中で、いつでもどこでもトレーニングしていくことが可能なのです。

マインドフルネス呼吸法

深い呼吸をすることは、心を静めること、身体をリラックスさせる効果があると言われています。
マインドフルネスのために、目を閉じて呼吸を観察することで「今」に集中できるのです。

今、息を吸っているということ

今、身体の中に酸素が取り込まれたこと

今、息を吐いているということ

今、身体から、空気が出ているということ

呼吸に意識を向け、吸ったり吐いたりするその瞬間の自分の内側を見つめます。
これが「今に集中」することを促します。

マインドフルネス瞑想法

意識的に瞑想を行うことはマインドフルネスの定番です。
マインドフルネスを得るための瞑想法はいくつか種類があります。
実は、上記の呼吸を観察することは、すでに立派な瞑想法の一つです。
深く、丁寧に行う呼吸を観察していく中で、「呼吸をしていること」以外に意識が向いてしまうことを避けるのです。
呼吸による身体の動き、空気の出入り、温かい、冷たいなどの微妙な感覚を意識してください。
一回ほんの10~15分でも、継続していくうちに効果が出てくると言われています。

歩きながらマインドフルネス

朝起きてから寝るまで、病気や体調を崩しているとき以外は、歩かないということはないですよね。
その歩く時間も、マインドフルネスのための時間にすることができます。
じっとしたままの呼吸や瞑想に難しさを感じる人は、こちらを試してみてはいかがでしょうか。
歩きながら、動かす足を意識して、実況中継をするように右、左、右、左と心で認識する方法が最も単純で簡単です。
右の足を浮かせ、かかとをついて、つま先に重心を移動して、蹴って、左足を浮かせ、かかとをついて、つま先に重心を移動して、蹴って…というように、動きの要素をさらに細かく意識することも、よく勧められる方法です。
さらには、一歩を一分間ほどかけて、股関節、太もも、膝、ふくらはぎ、かかと、足裏の左右の動きを捉えていく方法もあるようです。
これらの目的は、ほかの瞑想法と同じく、自分の「今」に意識を向ける集中することです。
これならいつもの通勤中や、営業の外回りのときだってできますよね。

食べながらマインドフルネス

食べたり、飲んだりすることを実況中継することでもマインドフルネスができます。
ご飯を食べるときに、テレビを見ながらとか、職場ではPCを操作しながら食べていませんか?
飲食でのマインドフルネスでは、食べる、飲む以外のことを一切しません。
五感を総動員して、香りも見た目も、味も食感も、温度も、口にするときの音、のどを通っていく感覚などを認識して味わい尽くします。
のどが渇たときに一気に飲み干すお水はおいしいものですが、普段はそこに水があり、飲めるということは何だか当たり前すぎて意識すらしないでしょう。
私たちの生活の中では、当たり前に感じると、意識をしなくなります。
なかったときは気になるのに、あることの幸せや喜びを感じられないのは、もったいないことなのです。
マインドフルネスは、雑念を消すためのトレーニングになるだけではなく、細かな点に気付く力も向上し、幸福感が増すと言われています。

1日10分で簡単! 継続してマインドフルネスを行おう

マインドフルネスを実践しようとすると、はじめのうちは5分でも難しいと感じられるかもしれません。
それでも、継続をしていくうちに、10分、30分と続けられるようになっていきます。
精神が落ち着き、集中力も向上した証拠です。

無理のない時間に10分間&8週間

まずは、10分のマインドフルネスの実践を8週間続けてみましょう。
これだけでも、何らかの自分の変化に気付けるようになったという人がたくさんいるようです。
週一で1時間よりも効果が表れやすいと言われているので、ぜひ、毎日行ってみてくださいね。

自分を観察することを怖がらない

マインドフルネスの瞑想をしていると、いろいろな自分の内側の思考に出会います。
いわゆる、雑念なのですが、心を静めることで普段気付かないことを感じることもあるでしょう。
心が繊細になっていくことで見えてくるものがあるのも否めません。
ときには、ネガティブな感情や、今ある受け入れたくない現実が意識化されたりもします。
しかし、これを否定することなく、意識を呼吸や行っていることに戻すように努めてください。

怪しくない!脳が喜ぶことは自分を大事にすること

忙しく動き、慌ただしさの中で複雑に思考することに慣れ切っている人たち。
静かに佇むことは、なんだかスピリチュアルで怪しい世界に入っていくのようで怖いという人もいるかもしれません。
マインドフルネスは、宗教的な概念はすべて排除された、現代のリラクゼーション法であり、メンタルや思考の強化法でもあります。
マインドフルネスが、集中力や記憶力を高めたり、ストレスを軽減したりすることは科学的に実証されていることです。
安心して、自分の脳を喜ばせるためにも、ぜひ、トライしてみてください。

マインドフルネスで自分を自分で変化・向上させよう

忙しい現代社会では、周りの変化からストレスを受けたり、ストレスを溜めながらの仕事を強いられることがあるかもしれません。
そこで、マインドフルネスの瞑想の小さな習慣を取り入れることで、自分が変化し、それらのストレスに対処していくことが容易になるでしょう。
脳も活性化されるので、ビジネス力をアップさせることにも役立っていくはずですよ!

 

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

ワークライフバランスが何か分からない人必見!厚生労働省が進めている取り組みまとめ

「ワークライフバランス」という言葉を聞いたことのある人は多いと思います。 しかしそれが一体全体何を意味している […]

続きを読む

福利厚生が「ある」と「ない」ではこんなに違う!覚えておきたい福利厚生の大切さ

皆さんが企業への就職や転職を検討する際に注目するポイントのひとつと言えば、福利厚生についてではないでしょうか。 […]

続きを読む

ワークライフバランスの問題点。本当の実現のために職場と個人が努力すべきこと

仕事で成果を挙げつつ私生活も充実させる。実現すれば素晴らしいことだと思いながら、それは難しいと思っていませんか […]

続きを読む

ビジネス英語強化!自分に合う英語ニュースアプリを見つけよう

英語のニュースアプリでの英語学習は続いていますか? 英語でニュースを配信しているアプリはたくさんあります。 英 […]

続きを読む

英語の資格を取りたい!どの資格を取ればいいの?

ビジネスで使う英語スキルを伸ばすのに役立つ英語の資格試験を紹介します。 どうせ学ぶなら、リアルな現場で使える英 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職金は転職先で年末調整できない?退職金は確定申告の可能性を考えるべき

退職金をもらったら転職先で年末調整してもらうのか、自分で確定申告をするのか分からないという人もいるでしょう。 […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職金は転職先で年末調整できない?退職金は確定申告の可能性を考えるべき

退職金をもらったら転職先で年末調整してもらうのか、自分で確定申告をするのか分からないという人もいるでしょう。 […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト