資格がなければ不利になるのかどうか

資格がなければ不利になるのかどうか
janeb13 / Pixabay

転職するときに誰もが気にする「資格」。
転職のために資格を取ろうか迷っている人もいるでしょう。
ここで、たくさんの資格を持っていたほうが転職に有利なのか、もしくは、いわゆる難関と言われるような資格を持っていたほうが良いのかを解説したいと思います。

 

転職に資格は必要?

資格とは、そのスキルの習熟度や許可・ライセンスを示すものです。危険を伴う仕事やより専門的な仕事では、資格を取得してからでないとその仕事に就けない場合が多くあります。逆にそうでない仕事の場合は、資格がないからと言って転職できないことはありません。極端な話、何一つ資格を持っていない人で働いている人は何万人といます。

 

資格が不可欠な職種

・法律・会計・税などの専門領域において高い知識が求められる職種は資格必須です。
EX)弁護士、税理士、司法書士、会計士

・医療は命を扱う仕事ですので、専門知識・実技(スキル)が必要になります。
EX)医師、薬剤師、看護師、臨床検査技師

・建設など、設計・施工・管理のフェーズごとに専門知識・スキルが必要になります。
EX)建築士、管理技術士、施工管理技士

・危険が伴う職種において、危険を回避するための専門知識・スキルが必要になります。
EX)パイロット、消防士、警察官

転職するためのおすすめ資格

日商簿記検定
MOS
FP
TOEIC・TOEFL
普通自動車免許
秘書検定

まとめ

資格取得が、必ずしも転職の成功に直結するわけではありません。取得しようとしている資格が、本当に皆様の転職に必要なのかを判断した上で、有益になるものだけを取得することが、転職の成功につながります。
また、資格取得以外の方法で、市場価値を上げることも大切です。まずはできることからはじめてみませんか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています