人間関係が辛くて会社を辞めたいときの対処法。具体的な行動で道が開ける!

人間関係が辛くて会社を辞めたいときの対処法。具体的な行動で道が開ける!

職場の人とうまくいかなくて仕事がやりにくい、会社に行けば必ず顔をあわせる相手だから出勤するのが苦痛など、人間関係が辛くて会社を辞めたくなることがあります。
会社を辞める理由として、人間関係の悩みは必ず上位に入ってくるほど、仕事と切り離せない悩みだと言えるでしょう。
人の感情が絡む悩みは解決するのも難しいため、悩みを抱え込む人も多いですよね。
しかし、必ず突破口はありますので、今できることをやっていきましょう。
具体的な行動こそが道を開く鍵となります。
ここでは、人間関係が辛くて会社を辞めたいときの対処法を紹介します。

人間関係で会社を辞めたいと思ったときに自分一人でできること

人間関係が辛くて会社を辞めたいと思ったときには、まずは自分自身の振り返りをする必要があります。
人間関係の悩みはどの会社に行っても起こり得ることだからです。
原因が自分自身にあれば今後に生かす必要がありますし、修正することで人間関係が改善される可能性も秘めています。
もちろん、自分に全く非がないこともあるでしょう。
それでも、人間関係の当事者である自分自身を客観的に見つめることで、今何をすべきか、具体的な解決策はないのかを導きだせるケースがあるのです。
ここでは、自分一人でできることには何があるのかを紹介します。

誰とのどんな関係性が辛いのか書いてみる

ぼんやりとした悩みほど、気持ちの切り替えが難しく、具体的な対策を思いつくこともできません。
人間関係が辛いと言っても、誰とのどんな関係性が辛いのでしょうか?
人間関係が原因で職場自体に行くのが怖くなることはありますが、悩みの根源が1人についてであれば、その相手への対処法を考えることが必要です。
職場全体に対しての気持ちと混同してしまうと、悩みが大きくなるでしょう。

そこで、今抱えてる悩みを客観視するため、紙に書きだすことをおすすめします。
関係性が悪くなっている相手、何を言われて傷ついたのか、相手のどんな態度が嫌なのか、それに対して自分がどんな対応をしたのかなど、思いつく限りの具体的な言動を書きだしていきましょう。
相手の言動だけでなく、自分の言動もあわせて書いていくことが大切です。
視覚化することで客観的に関係性を見つめることができ、「そんなに怒ることでもなかったかも。」と冷静になれることもありますよ。

相手のことは一旦置いておき自分の行動を振り返る

相手も悪いけど自分も悪かった、そう思える人は状況を客観視できています。
人付き合いの中で起きた一連の出来事として、悩みに変えず単なる事実として受け止めることができるでしょう。
人間関係が悪化すると、相手を責めるか自分を責めるか、どちらかに偏ることがあります。
自分だけを責めるのも問題ですが、自分にも非があると認めることができれば、自分の行動を変える努力ができ、前に進める可能性がでてきます。

しかし、自分自身をしっかり見つめるのは簡単ではありません。
他人を責める方が楽ですし、自分を変える痛みを伴うことはありません。
100%相手が悪いと思っても、一旦その感情を置いておき、まずは自分の行動を振り返ってみましょう。
自分の言動に非がなかったとしも、相手を勘違いさせる可能性はなかったですか?
もしあれば今後は事前に回避することもできるでしょう。

絶対に改善すべき関係などないと知る

自分の言動を振り返ったうえで、どうしても相手を許せないことがあるでしょう。
その場合は、それでいいのです。
例え親子であっても、悪化した関係性を絶対に改善すべきケースなどないでしょう。
そのときにうまくいかなくても、時間が経てばお互いの考え方が変わることはありますし、職場の人という他人ならば、なおさら改善しなくてはならないことはありません。
改善しようと動けば動くほど悪化する可能性もあります。

ただ一つだけ、職場の人との人間関係で改善が難しいと感じても、仕事上のやり取りだけは変わらずやる必要があります。
嫌な人だから仕事上伝えるべき重要な伝達をしない、依頼された仕事を断るなどはしてはいけません。
なぜなら仕事で給与をもらっているからです。
人間関係が悪化しても仕事だけはビジネスライクにおこなうこと。
これさえできれば、敢えて関係改善をする必要はないと考えると楽になります。

業務に支障がでている部分のみピックアップして解決策を考える

自分は割り切って仕事に人間関係を持ち込まないようにしているのに、相手が無視をするなど業務に支障がでることがあります。
このときは、人間関係そのものに働きかけるのではなく、業務に支障がでている部分のみをピックアップして解決策を考えるのが一つです。
例えば顧客からの電話を取り次いでくれないなどは大きな問題なので、その部分のみを上司に報告します。
普段からどこか感じが悪いとか、職場外で会ったときに無視されたとか、付随する出来事は一緒にせず、電話の取次ぎがないという事実だけを直してもらうようにすればいいのです。

相手も自分も仕事上のやり取りだけは問題なくおこなうことができれば、会社を辞める必要も悩む必要もないでしょう。
流れに身を任せていれば、お互いに気にならなくなり、そのうち人事異動や相手の退職など何らかの変化が起きます。

本やブログが心を癒してくれることも

自分とは異なる相手の気持ちをすべて理解することはできませんし、自分を変えたくても変えられないということもあります。
自分のことが嫌になったり、うまくいかない人間関係が辛くて仕方がないことは誰にでもあります。

傷ついて疲れてしまったときは、本やブログなどが心を癒してくれることもありますよ。
例えば心理カウンセラーなどの専門家が書いた本やブログ。
その内容は誰にでもあてはまるわけではありませんが、いくつが見ていくと自分の心が楽になる魔法の言葉を発見することがあります。
いろいろな悩みをもつ人と向き合ってきた人の言葉は、考え方の選択肢を広げてくれます。
自己啓発本や他人のブログに批判的な意見を持つ人もいますが、それが心の支えになって自分を取り戻すことができるなら悪いものではないはず。
凝り固まった考え方を和らげる「ツール」もあるのだと知って、自分の心を癒す方法がいくつもあると楽にとらえましょう。

人間関係が辛くて一人ではどうしようもないとき

自分一人でできることをやってみたけどどうしても辛い、冷静に自分を振り返る余裕などないという場合もあるでしょう。
そのときは、相談相手を見つけることが大切です。
人間関係で悩んでいるということは、1人で生きているわけではないという証。
必ず相談できる人がいますから、まずは誰に相談すべきかを考えてみましょう。
ここでは、一人ではどうしようもないときの相談相手について解説します。

身近な人に相談する

家族や恋人、友人など身近に相談できる人はいないでしょうか。
都会で一人暮らしをしていても、電話やメールなど相談できるツールはありますよね。
身近な人には心配をかけたくない、甘えることができないという理由で相談しない人がいますが、相談されるのは相手にとっても嬉しいこと。
自分を頼り信頼してくれているということだからです。

会社を辞めたいほどの人間関係の辛さであれば、配偶者など生活を共にする人には早い段階で相談しておくのが得策です。
進退が今後の生活に影響を与えることを考えると、黙っておいてもいいことはありません。「私が働くから会社を辞めてもいいんだよ。」と言ってもらえ、気持ちが楽になって仕事を続けられたケースもありますよ。

業務に影響があるなら信頼できる先輩や上司を頼る

人間関係が原因で業務に何らかの影響がある場合、具体的な行動を起こしてくれる相手に相談する必要があります。
社外の人には具体策を講じる手立てはありませんので、何らかの権限がある先輩や上司を頼るのが一つです。
例えば同じ職場の人でも、権限がない同僚に「担当を変えてほしい」と言ったところで同僚にはどうしようもできませんよね。
権限がある人への相談ならば、担当替えなどで人間関係の悩みを感じにくくするための環境を整えてくれます。

ただ、こうした権限をもつ人に相談するときは、それはすでに報告であるという意識を持つことも必要です。
何の根拠もない愚痴や悪口を聞かせるのではなく、現状を把握して何が問題なのかをきちんと説明する必要があると思っておきましょう。
直接上司に相談する勇気がもてない人は、信頼できる先輩に話を聞いてもらい、上司に相談すべきかどうかを決めてもいいでしょう。

イジメやパワハラなどは匿名窓口に相談

人間関係という言葉では片付けられないような問題に、イジメやパワハラなどがあります。
会社を辞めたくなる気持ちはよくわかりますが、相手に非があるのに自分が辞める必要はありません。
労働組合やコンプライアンス部門、人事部など、社内に相談できる場所があれば頼りましょう。
社内に相談できる場所がなければ、民間の相談窓口や公共機関などにも相談できます。
匿名も可能なので、相談して会社にばれることを気にしないでいいのですよ。

もう耐えられないと感じたら転職・退職を視野に

自分自身でやれることはやった、頼れるところは頼ったけど改善しなかったという場合や、すでに耐えられないほど精神的に追い詰められている場合は、転職や退職を視野に入れるときがきています。
ここでは、人間関係が辛くて会社を辞めたいときに転職・退職とどう向き合うのかを紹介します。

選択肢は一つではないから辞めても大丈夫

これほど多数の企業があり、働き方の多様化も進んでいくらでも収入を得る手段があるのにもかかわらず、会社を辞める選択肢を思いつかない人も多くいます。
それほど精神的に辛くて何も考えられない状態なのでしょう。
今の会社で働き続けるのも、転職して別の会社で働くのも、たくさんある選択肢の一つに過ぎません。
例え誰かが「辞めたら終わり」と言ったところで、それは意見であって事実ではないのです。
はっきり言って、今の会社を辞めたから人生が終わることはありません。
何歳になっても、どこからでも違う道を歩き出した人は世の中に大勢いますよ。
辞めても大丈夫だと思うことで気持ちが楽になれるでしょう。

転職活動を始めることで気持ちが紛れることも

実際に辞めるかどうかは別にして、転職活動という具体的な行動が思考を変えてくれることがあります。
転職活動をすると、いろいろな企業の求人を見るため、「世の中にはこんな企業があるんだな。」と世間を知ることができます。
自分が取るべき選択肢が一つではないことの裏付けになります。

具体的な活動をすることで、「自分が前に進んでいる」と実感をもつこともできるでしょう。
一歩ずつでも前に進んでいる状態は安心感を与えてくれ、どうしたらいいのか分からずただ立ち止まっていただけのときよりも精神的に楽になります。
在籍しながら転職活動をするのは大変な面も多いですが、多少体が疲れても、不安で心がいっぱいで身動きできなかった頃よりずっといいはず。
多くの企業にアタックできる転職活動であれば、必ず相性のいい相手が見つかります。
活動しているうちに「やっぱり今の会社で働き続けたい」と思うなら、それはそれでいいのです。
自分の希望がわかっただけでも十分な収穫でしょう。

転職エージェントを利用すれば早めの退職が叶う

一刻も早く今の職場の人間関係から脱出したいという強い思いがあるなら、転職エージェントを利用して転職活動をしましょう。
エージェントを利用することで短期間での内定が叶いやすくなるからです。

なぜエージェントが内定をもらいやすいかというと、プロからの積極的なサポートを受けることができるから。
転職の方向性を定める面談からはじまり、応募書類の添削、面接対策など転職活動を有利に進めるための対策を立ててくれます。

さらに、希望の条件に合致した求人をエージェントが探して紹介してくれる、企業情報の提供や面接の日程調整を代わりに行ってくれるなど、通常は時間がかかる活動を手助けしてくれるため、活動時間の大幅な短縮につながります。
在籍しながらでもより多くの企業に応募できる環境が整うため、内定をもらいやすくなるのです。
ほとんどのエージェントは無料を基本としているので、安心して利用できるのもメリットですね。

人間関係で会社を辞めたいのは辛いけど必ず道はある!

人間関係の悩みを解決するには時間がかかりますし、相手がいることなので難しい面も大きいですよね。
しかし、人間関係の悩みにも必ず突破口があります。
例えそれが人間関係そのものの改善ではなかったとしても、過去のこととして前に向かうことが何より大切。
「そんなこともあったな。」といつか振り返って笑える日がありますから、そのために今できることを一つ一つこなしていきましょう。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

20代のIT系転職なら知っておきたい転職活動のポイント

成長が続いているIT業界への転職を考える20代の人は多いと思います。 IT業界は、この先も伸びていくことが見込 […]

続きを読む

ちゃんと読んでる?求人内容の見方とキーワードの探し方

転職活動で必ず目にする求人案件の内容を熟読することは必須。 決して軽視はできません。 ポイントを押さえて読み込 […]

続きを読む

30代の転職におすすめの転職エージェント13社を徹底比較

30代というと仕事と家庭の両立、後輩への指導や管理職への昇給、仕事に対する責任が増える分、悩みを抱えてしまうこ […]

続きを読む

派遣の面接とは?選考禁止理由と顔合わせ面談のポイントを紹介

派遣会社から仕事の紹介を受けていざ就労!の前に、派遣先との面談が実施されることがあります。 「派遣なのに選考さ […]

続きを読む

アルバイトのみの職務経歴でも工夫して書けばアピールはできる!

就活で希望通りの会社に行くことができず、学生時代のアルバイト先でそのまま仕事を続けている人もいるかもしれません […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職金は転職先で年末調整できない?退職金は確定申告の可能性を考えるべき

退職金をもらったら転職先で年末調整してもらうのか、自分で確定申告をするのか分からないという人もいるでしょう。 […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職金は転職先で年末調整できない?退職金は確定申告の可能性を考えるべき

退職金をもらったら転職先で年末調整してもらうのか、自分で確定申告をするのか分からないという人もいるでしょう。 […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト