転職して大丈夫?20代女性の転職メリット・デメリット

転職して大丈夫?20代女性の転職メリット・デメリット

最近では年齢を問わず、転職する方が珍しい時代ではなくなりました。
しかし、転職にはメリットだけでなく、デメリットも必ずついてくるもの。
20代の女性が転職を考える際に気を付けたい点などをまとめました。
転職を考える女性のみなさん、必見です!

20代女性でもOK!早期に転職するメリットとは

「新卒で入社して3年」というように20代の早いうちに転職する場合にはどんなメリットがあるのでしょうか。
早期に転職するメリットは、主に以下の2点です。

第二新卒は積極採用対象に

20代の若い世代は、転職市場では「第二新卒」として積極的に採用されています。
求人情報を見ても「第二新卒歓迎」などという文字を目にすることがありますよね。

「第二新卒」とは、学校を卒業後1~3年後の若い求職者を指します。
既卒後、一度は就職したものの、数年以内に離職し再度就活活動を行うようなケースで、20代半ばくらいまでは第二新卒として積極的な採用対象となるのです。

この第二新卒者たちが求められるのには理由があります。
まだまだ社会人としては未熟ではあるものの、ビジネスマナー研修などの最低限の研修を受けているという点で研修コストが抑えられるのがひとつめの理由。
また、若いからこその柔軟性・適応力・行動力なども第二新卒を採用する大きな理由となっています。

未経験でのチャレンジが可能

中途採用では、企業にすぐに貢献してくれる即戦力が求められるのが一般的です。
特に、30代を過ぎると「経験者」としての戦力的価値があるかどうかが採用のポイントになることも多いもの。

一方、20代はというと、まだまだ可能性を評価してもらえる世代です。
第二新卒だけでなく、20代後半の方でもポテンシャルを評価し採用してもらえる世代なので、未経験でのチャレンジが大いに可能。
「新しい業種・職種に挑戦したい」という夢をかなえるのに適しているというのが、20代女性の転職におけるもうひとつのメリットです。

デメリットは?20代女性の転職で注意したいこと

メリットがあれば、必ずデメリットもあるもの。
20代女性の転職では、特に以下の点に注意が必要です。

勤務実績が短いと採用に不利にはたらくことも

第二新卒が中途採用市場で人気があるとはいえ、入社後数年で退職するという事実は、採用に不利にはたらくことがあります。
たとえば、「忍耐力がない」「やる気がない」「またすぐに辞めてしまうのでは?」という疑念につながり、面接での印象次第では採用がためらわれることも。

そうならないためには、退職理由について問われた際の面接対策をしておく必要があります。
「残業が多かったから」「人間関係がうまくいかなくて」というのはどの企業にもつきものということもあり、退職理由としてあまり印象が良いものではありません。
できればキャリアアップやステップアップなど前向きな回答ができるといいですよ。

転職=理想通りとは限らない

転職を検討する場合、どうしても夢見がちになりやすいもの。
とはいえ、必ずしも転職後に理想通りの生活が手に入るとは限りません。

例えば、有給休暇の制度はあっても実際の取得率が低いというのはよくあること。
また、会社の規則として産休・育休の充実した制度があったとしても、実績が伴わない例はまだまだ多いとも言われています。
期待して入ったものの、結局満足な制度が受けられずに退職したという方も多いようです。

入社しなければ分からない部分があるのは当然のことですが、あらかじめしっかりと情報収集することでミスマッチを防ぐことにつながります。
求人情報だけでなく口コミサイトなども上手に活用したいですね。

20代女性の転職、失敗しないためには?

20代女性はまだまだチャレンジできる世代です。
とはいえ、これからのキャリアを考えてみても失敗するわけにはいきませんよね。
失敗しないためのポイントを紹介しましょう。

現状をもう一度見直して

転職で失敗しないためにも、もう一度今の状況を見直しておきましょう。

転職を考えるということは、今の仕事に何かしらの不満があるかと思いますが、今の仕事を続けるメリットもあるはずです。
たとえば、「給料には不満があるが、人間関係など職場の雰囲気は申し分ない」ということもありますよね。
現職のメリット・デメリット、転職することで得られそうなメリット・デメリットを比較してみると、案外今の職場が悪くないということに気づくことも。
衝動的に転職を決断するのではなく、もう一度見直してみるのがおすすめです。

また、現職を続けるデメリットを考えることは、転職時に考慮する条件にもつながりますので、企業選びにも有効に使えますよ。

今後のキャリアプラン、人生プランを考えておくのがおすすめ

勢いで会社を辞めてしまうとどうしても失敗しがち。
先を見据えた行動が結果を大きく左右しますので、転職活動を始める前に「これから先、どう働いていきたいのか」というキャリアプランについて一度考えてみておくといいでしょう。
加えて、女性には結婚や出産といったライフイベントの可能性もありますよね。
こうした人生の一大イベントに遭遇した際に、仕事とどう付き合っていくのか、5~10年先を見据えておくことは非常に重要です。

とはいえ、頭の中が「いずれ今の彼と結婚するからOK!」というように「お花畑」にならないように注意も必要。
婚約しているような状況を除いては、今のうちから定時で帰れる仕事・夫の転勤に差し支えない仕事…というような条件を設定する必要はありません。
あくまでも企業選びは現状に則した条件で行うようにしてくださいね。

### 今の仕事で得たスキルも洗い出しておく
「よし、やっぱり転職しよう!」と決めた場合でも、焦って転職活動をするのはNG。
実際に企業に応募する前に、今の仕事で得たスキルや能力を洗い出しておくことをおすすめします。

自分のスキルや能力を客観的に知っておくことは、応募書類作成や面接で大きな武器になります。
今のスキルを活かして働きたい場合はもちろん、ステップアップとして自分に足りないものを求めたい場合にも有効ですよ。

## 転職活動を始める前によく考えて
20代女性の転職は、決して悪いものではありません。
まだまだチャレンジさせてもらえる世代ですので、これを機に、新しい職種に挑戦してみるのもおすすめです。
ただし、衝動的な転職はNG。
まずは今の状況、それから転職後どう働いていきたいのかよく考え、自分と向き合っておきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています