30代女性の転職は本当に不利なの?

30代女性の転職は本当に不利なの?
maura24 / Pixabay

結婚や出産、ライフスタイルの変化が多い30代女性。
キャリアアップや働きやすい環境を求めて転職することは可能なのでしょうか?

世間では「30代女性転職限界説」や「35歳転職限界説」も流れており、30代女性の転職は難しいイメージもあります。

最近は、女性の社会進出もあり、働きながら子育てしやすい環境が求められています。
今回は、30代女性の転職は本当に不利なのか考えていきます。

なぜ30代女性の転職は不利といわれるの?

20代なら未経験でも挑戦がしやすいですが、30代になるとキャリアが重視されます。
女性の場合、出産や子育てと重なる時期にも当たるのでブランクがあると不利になる可能性もあります。30代女性が転職を考える場合にはライフスタイルがキャリアに影響を及ぼすかということも考えておくべきです。

かつて女性の転職は30歳が限界といわれていた

女性が多く採用される事務職の求人が30歳を境に少なくなることが理由に挙げられます。
しかし、最近は事務職以外の職種で活躍する女性も多く、全員が事務職を希望するわけではありません。即戦力としてキャリアを重視する場合には、経験がある30代の方が20代よりも転職は有利かもしれません。

35歳転職限界説もある

現在転職成功者の5割は30歳以上。
「35歳転職限界説」があるなか30代以上の年代の転職が実現するのは、即戦力を求める企業が経験者を優遇する傾向にあるからです。
企業側が新たな人材を育てるよりもすぐに仕事ができる人材を採用したほうが良いと考えた場合には「35歳転職限界説」は関係ないといってもよいでしょう。

女性の30代は結婚や出産、ライフスタイルに左右される年代

女性の平均初婚年齢は29.3歳、第1子出産の平均年齢は30.1歳と結婚、出産ともに年々年齢が上がっています。このように女性の30代はライフスタイルの変化がある年代です。
結婚や出産は、キャリアの形成にも大きく影響を与えます。
女性の社会進出がいわれていますが、仕事と家庭を両立することも30代女性の課題かもしれません。

キャリアとライフスタイルどちらを選ぶ

30代女性は、仕事と家庭の狭間で悩み、仕事をあきらめて家庭を優先にする場合もありますし、反対に仕事を選ぶということもあります。
働く女性が増えている昨今、仕事と家庭の両方を選択したいというのも女性の本音です。

今後女性が転職する場合には、仕事と家庭の両立がしやすい職場というのが転職条件の大きなウェイトを占めていくかもしれません。

一度退職後、再就職を希望する人も

女性の場合、結婚、出産で一度退職しても「経済的な理由」や「スキルを活かしたい」「社会に出たい」という理由で再就職を希望する人も出てきます。
再就職で働く場合、正社員もいますがパートやアルバイトで働く人もおり、ライフスタイル同様に働き方も多様化しています。

30代女性の転職における壁

結婚や出産、子育てとライフステージの変化は30代女性の働き方に大きく影響を与えます。
転職を考えた場合には壁になる場合もあります。
働きやすさでも、キャリアアップを目指す場合でも、ライフステージの変化をマイナスにしないということが30代女性の転職では重要です。

キャリアアップを目指す場合

女性の30代はライフスタイルでも大きな変化がある時期ですが、キャリアを形成する意味でもチャレンジができる時期だといえます。
未経験職への転職や正社員へ転職は挑戦ができる最後の年代かもしれません。
管理職を目指す時期にもなるのでキャリアアップを目指す転職は、有利になる可能性もあります。

未経験は不利?

「他にやりたい職種」があるという理由で未経験の職種、業界への転職を希望する場合、現職での転職よりは厳しいかもしれません。
これから未経験の職種で転職を目指す場合は、スキルを活かすことだけでなく、未経験職種に挑戦する上で必要な課題についても考えたほうがよいでしょう。
年齢を問わず新しいことに挑戦しようとする姿勢は、企業にも好感を与えます。
未経験でもポテンシャルがあると思われれば採用してもらえる可能性もあります。
アピールの仕方次第では、未経験でも不利にはならないはずです。

正社員に挑戦することはできるのか?

これまでアルバイトや契約社員、派遣社員で働いていた人にとって、30代は正社員を目指す最後の年代といえるかもしれません。
結婚や出産後も仕事を続けることを考えると非正規よりも正社員のほうが働きやすいといえます。
現状としては求人数も少なくなっているので、非正規から正社員への転職は厳しい状況です。
非正規から正社員を目指す場合には、他社への転職以外に、現在働いている職場で正社員に登用してもらえるかも考えておきましょう。

管理職転職は?

30代といえば、マネージャー職や管理職に昇進する人も出てくる年代。
最近の転職市場では、管理職や管理職を目指す人を積極的に採用する動きも出ています。
が、しかし管理職向けの求人はあまり多くなく、転職エージェントでも非公開求人としての扱いが多いので転職希望者の目に留まる機会が少ないのが現状です。

ただ、優秀な人材を求める企業側のニーズもあり、最近では管理職の求人を中心に紹介するエクゼクティブ転職のエージェントも増えてきています。
管理職転職は、立場上時間調整が難しく、転職活動の時間が取れない場合もあります。
個人での転職活動が厳しいと感じたときには、エクゼクティブ専門の転職エージェントの利用を検討してみても良いかもしれません。

結婚、出産、育児によるブランクは影響するのか

職種によっては不利になるかもしれませんが、結婚、出産、育児とブランクが空いた理由が明確なので大きな影響はありません。
子育て中でも再就職を目指して資格取得をしていたり、PTA活動や趣味の活動で社会と繋がる努力をしている場合は企業の評価も高くなります。
再就職に関しては、子育てによるブランクを気にするよりも、ブランクを補えるような研修制度の有無や長く続けられるという、子育て中でも働きやすい環境であることを重視しましょう。

30代女性の転職に求められるもの

仕事もプライベートもビジョンが立てられるということが30代女性の転職には求められます。
リーダーシップが取れる積極性がある人は転職が実現しやすいといえます。

キャリアビジョンが明確である

企業にとっては長く働き続けることも採用の条件になります。
そのためには現在だけでなく、5年後10年後の「キャリアビジョン」も明確にしておく必要性があります。
結婚や出産もありますが、将来親の介護の問題が発生した場合に仕事が続けられるのかということも考えておいたほうがよいでしょう。

コミュニケーション能力

30代の転職の場合、リーダー的なポジションに採用される場合もあります。
リーダーシップを取るだけでなく、上司への「報・連・相」もできる人物であることも求められます。
意見をまとめる力は、「会話力」や「聞く力」と同様にかかせません。

30代女性が転職を実現するためには?

ライフスタイルにも変化が出やすい30代女性の転職を実現するためには、仕事を続けるという意志が大切です。
また、企業は「即戦力」として求めているので経験を活かせる仕事を選んだ方が転職は実現しやすいでしょう。

転職理由を明確にする

転職理由を明確にすることで自分が「やりたいこと」「できること」がわかると思います。
転職しなければできないことなのか、今働いている職場でもできることなのか知ることが転職実現するためには必要です。

自分の強みを知る

転職を実現するためには「アピールポイント」を見つけましょう。自分の強みを知ることは転職活動を有利に進められます。
仕事でも主婦業でも経験したことはプラスになります。
自分に強みがないと思っている人は「キャリアの棚卸」をして、自分の得意なことやできることを見つけることが大切です。

長期戦になることも覚悟して

働きやすさや待遇、希望条件を追及して転職活動をすると場合によっては長期戦になります。
ただ焦って転職先を見つけるよりも、時間はかかっても自分に合う環境を見つけたほうが30代女性には良いかもしれません。

30代女性の転職は不利にはならない

ここ数年、転職成功者の平均年齢が30歳を超えていることを考えると30代女性の転職は決して不利にはなりません。

仕事と家庭の両立をしている、これから目指すというのは、働く人への「ロールモデル」になるので企業にとってもプラスになります。

「即戦力」になることを意識して転職活動をすれば、希望に合う転職が実現しやすいでしょう

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています