試用期間後に再度試験があるかどうか

試用期間後に再度試験があるかどうか

転職活動をしていて応募した企業に試用期間○ヶ月という記載があります。
果たして、この試用期間とは?
試用期間が終わったあとに、再度入社にあたっての試験が実施されるのでしょうか?
試用期間のある企業に就職したことがない場合、とても不安になりますよね?
今日は、試用期間後に再度試験があるかどうか?などの説明について触れたいと思います。

試用期間とは

はじめに、試用期間について知っておきましょう。
試用期間とは、企業が人材を採用する際に、応募された方の勤務態度であったり、仕事の適応力などの能力をみたり、どんな仕事ができるか?のスキルなどの適性を自社の社員として、正しく評価判断するために用いられています。

しかしながらあくまで、長期雇用を前提としての雇用契約となっていることが通常になります。
期間の長さについては、労働基準法などで明確な定めはないのですが1~6カ月が一般的で、最長1年が限度と解釈されているようです。

そのことに関して企業側は、就業規則や労働契約書(雇用契約書)に試用期間についての内容を明記する必要がありますので、入社の際の説明時に内容をしっかり確認されるといいでしょう。

しかしながら、この試用期間は雇用側もそうですが、応募する側にとっても、入社した会社が合うどうか?を見極める期間でもあると言えます。どうしても合わない、続けられない場合は退社を考える期間でもあるようです。

試用期間後に再度試験があるかどうか

通常、社員としての素質をみられる試用期間そのものがテストという位置づけである場合が通例です。ですから、試用期間が終わるとそのまま本採用となることが多いです。
つまり、再度試験などは通常ありません。

例外的に、その期間にいろんな部署や仕事の経験をさせて、どこが1番合うか?などの配属部署への試験などを実施する企業も少ないですが、あるかもしれません。
気になる場合は、内定先企業に聞いてみてくださいね。 不安な点は解消されることをおすすめいたします。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています