本当のところが知りたい!パートの介護職のデメリット

本当のところが知りたい!パートの介護職のデメリット

世間の介護職のイメージというと、身体的にきつい、給料が安い、離職率が高いなどをデメリットの多いイメージがですが、本当のところはどうなのでしょうか?
社会的に介護職の需要が高まっており、介護施設や高齢者施設で活躍している人はたくさんいますが、介護職のデメリットやメリットを紹介します。
これからパートで介護職に就きたい人は、デメリットやメリットを知っておき、職場選びの参考にしてください。

【デメリット1】パートの介護職には身体的にきついイメージがある

パートの介護職のデメリットの一つに重労働の仕事で身体的にきついイメージがあります。
介護の仕事でも色々ありますが、特に高齢者や体が不自由な人のお世話を対象にした介護職では体を使った仕事が多くなります。
車椅子からベッドの移動の介助や入浴のお手伝いなど体力や筋力に自信のない人には慣れるまで時間がかかるかもしれません。
また、排泄や食事の介助するので抵抗がある人もいるでしょう。
しかし、研修では腰を痛めない介助の方法や先輩たちの介護のコツを学ぶことにより、体力や筋力に自信がない人でもできる方法を身につけることができます。
これらのコツを学ぶことにより介護職のデメリットを解消することができるでしょう。

パートの介護職でも責任ある仕事を任される

常に人手不足の介護現場では、パートの介護職といえど責任の重い仕事を任されることがあります。
もともと介護職は人を対象とした仕事であるので、責任が伴う仕事ですが、時には正社員の仕事を任されることもあるかもしれません。
また、パートは働く時間が決まった仕事ですが、人手不足のため残業を任されることもあるでしょう。

パートの介護職では職場を探すときは慎重に

パートの介護職を長く続けるためには、自分に合った職場選びが大切です。
介護施設と一言でいっても職場によって特色があります。
人間関係が良好な職場を選びたいならアットホームなところに、介護業界でスキルアップを目指したいなら研修制度や資格取得の研修がある大手の介護施設を選んだほうが良いでしょう。

介護職は職場選びが成功のコツ

パートの介護職の求人がたくさんあるといっても一つの職場で腰を据えて仕事を覚えたいものです。
パートの介護職を探すためにはいくつか方法がありますが、ハローワークやバイト紹介サイトで探すのが一般的です。
そこで注意したいのが、働く場所によってそれぞれメリットやデメリットがあることを知っておくことです。
ハローワークでは公的な機関であるため、安心して利用できますが、色々な職場やしごとを比較できるバイト紹介サイトがオススメ。
バイト紹介サイトは実際にスタッフが現地に足を運んで調査している場合が多く、職場のメリットやデメリットを把握しているので、現場のメリットやデメリットの情報が多く載っています。
初めてパートの介護職をしたい人は、夜勤のないデイサービスから始めてみるほうがよいかもしれません。
たくさんの情報を集めて自分に合う職場を選ぶことが介護職を長く続けるために必要です。

【デメリット2】パートの介護職では一人暮らしは難しい?

パートの介護職のデメリットの一つとして給料の低いデメリットがあります。
パートの介護職では一人暮らしは難しいのでしょうか?
そこで、パートの介護職のお給料の実態を解説します。
パートの介護職は正社員と比べてどうなのか、主婦で扶養の範囲で働くことに向いているのか、これからパートの介護職になろうとしているにとって、お給料に不安を感じている人は参考にしてください。

パートの介護職は正社員と比べると給料が少ないデメリットがある

やはり、パートの介護職は正社員と比べるとお給料が低くなるのは他の仕事と同じです。
パートの介護職の一般的な時給は1000円から1500円で他のアルバイトよりも高めですが、毎日8時間で20日働いたとして月16万円程度です。
正社員の場合の控除前の給料が20万円から25万円と比べると低くなるデメリットがあるでしょう。
住んでいる場所によって家賃の相場が違いますが、都心で一人暮らしをするにはかなり切り詰める必要があるかもしれません。

パートの介護職の主婦は扶養の範囲で働こう

主婦でパートの介護職で働くに扶養の範囲で働くと給料が低いデメリットを解消できるでしょう。
多くの会社が扶養手当の上限額が103万円や130万円に設定している所が多いので、比較的時給の高いパートの介護職で短時間で働くことがとても有効でしょう。
一度扶養者の会社の規定を確認してみましょう。

介護関連の資格を取得で時給アップを目指そう

パートの介護職で一人暮らしをしたい人は、時給アップを目指しましょう。
一番の時給アップの方法は介護に必要な資格をとること。
介護職員初任者研修や介護福祉士を取れば、資格手当による時給アップだけではなく、仕事の幅も広がるかもしれません。
また、介護職は経験を長く積んだ人が重宝される傾向があります。
資格取得により様々な経験を積むことで確実にあなたにプラスに働くでしょう。

【デメリット3】パートの介護職が求人が多いのに人手不足の理由

ハローワークやバイト紹介サイトを見てみると、常に人手不足の介護業界では求人が多くあります。
しかし、介護職を目指そうという人は少ないのが現状です。
何が原因なのでしょうか?一つはデメリットのイメージが先行していることがあげられます。
マイナスイメージばかり印象づけられ、介護職の本当の良さが伝わりにくい雰囲気かもしれません。
それぞれ解説します。

介護職のマイナスのイメージが先行している

身体的にきつい、給料が安いなどデメリットばかりの介護職ですが、もちろんメリットもあります。
少子高齢化が進む日本ではこれから介護職の需要が高まることが予想され、パートの介護職で働くことは、社会の役に立ってる実感を持てるでしょう。
また、求人が多いことで働く場所に困ることはないでしょう。
近くに求人がでている介護施設にあれば、すぐに働くことができます。
マイナスイメージに惑わせられることなく、一度介護職を試してみましょう。

今後の政府の対応でデメリットが変わるかも?

政府は少子高齢化対策に多額の予算を組んでいますが、今後もその額は増えていくことでしょう。
もしかしたら、介護職の現場のデメリットが改善されるかもしれません。
今では、身体的にきつい、給料が安いといわれている介護職も今後はなかなか就職が難しくなるような職業になる可能性もあります。
需要が確実に高まる業界であることが確実であり、今のうちにパートの介護職などで経験を積んでおけば、待遇が改善されるかもしれません。

パートの介護職はメリット、デメリットを知っておこう

いかかでしたか?パートの介護職のメリットやデメリットを紹介しましたが、大切なのは介護職の本質を見極める事ではないでしょうか。
今現在でも多くの人が介護の現場で活躍していますが、身体的にきつい、給料が安いと感じていてもやりがいを感じて働いています。
介護職では他の仕事にはないメリットも多くあるのでないでしょうか。
この仕事に向いている人も向いてない人もいますが、求人が多くある今、一度介護職に飛び込んでみて自分の可能性を探ってみる価値はある職業です。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

女性が外資系への転職を実現するために知っておきたいこと

人気の外資系企業、転職を考えている女性のなかには、外資系で働いてみたいという人もいるでしょう。 女性が外資系企 […]

続きを読む

保育士転職におすすめの転職サイトと資格を活かした転職のポイント

昨今では保育士の人材不足が大きな社会問題にもなっています。 しかし、その反面で保育士の資格を持っているにも関わ […]

続きを読む

未経験からスタートする介護派遣の仕事。派遣会社選びの3つの基準

人手不足が問題となっている介護現場では、未経験者でも新たな労働力として歓迎されています。 派遣という働き方を選 […]

続きを読む

40代が事務職に転職するために知っておきたい3つの方法

40代ともなると体力面や将来的なことを考えて事務職への転職や転向を考えるものです。 しかし、世間的には40代で […]

続きを読む

未経験でも作業療法士に転職は可能?業務内容や資格試験について詳しく解説します。

作業療法士になるには未経験からでも転職することはできるのでしょうか? 普通に考えると資格必須の医療従事者だと思 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

5

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

6

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

7

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。特にテンプレートに「特 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

10

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

ピックアップ特集

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

5

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

6

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

7

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。特にテンプレートに「特 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

10

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む