子持ち主婦にもメリットあり!介護職パートの選び方

子持ち主婦にもメリットあり!介護職パートの選び方

子持ちではパート探しも何かと大変ですが、子どもがいる主婦が数多く活躍しているのが介護職です。
無資格OKで、時間に融通がきくなど、子持ち主婦にメリットの多い介護のパート。
こうしたメリットとあわせて、失敗しない介護の仕事の選び方を紹介します。

子持ち主婦のパート、介護の仕事のメリット

子持ち主婦が数多く活躍している介護のパート。
ズバリ、子持ちで介護の仕事をするメリットは何なのでしょうか。
子持ち主婦に嬉しい、介護パートのメリットからお話しましょう。

未経験・無資格でもチャレンジできる

人手不足が根強い介護の現場では、パートスタッフに限らず、未経験者も積極的な採用対象とされています。
介護や医療の資格があると、パートスタッフでも時給の面で優遇される介護の仕事ですが、一方で、子持ち主婦が無資格・未経験で飛び込むことも可能です。

全く経験がない方でも応募しやすい介護パートは、新しくチャレンジしたいという子持ち主婦でも応募しやすい業種なのです。
実際に多くの方が、無資格・未経験で介護パートを始めているようです。

時間に融通がきくので、子育てにも便利

子持ち主婦の場合、保育園のお迎えや子どもが学校から帰宅する時間に合わせて、勤務時間を柔軟に変える必要があります。
24時間、昼夜を問わず求められる介護の仕事ですが、パートであれば「平日の日中だけ」という働き方も可能です。
詳しくは、求人内容によっても異なりますが、限られた短い時間でも人手が足りない介護の現場では需要が高いということは、子持ち主婦にはうれしいポイントですよね。

また、介護の現場には女性スタッフが多く、子持ち主婦が多数働く職場も珍しくはありません。
そのため、子どもの病気などで急きょ休まざるを得ない場合にも、先輩の子持ちスタッフが「お互いさま」とうことでシフトを変わってくれることも珍しくはないようです。

選び方次第では、給料は劣らない

介護というと、どうしても給料が安いイメージがついて回りますよね。
実際は、子持ち主婦層が応募できそうな介護パートの求人を見てみると、販売や接客のパートと大差はないのが現状のようです。
また、介護のパートの場合は、資格を取得することで時給が100円アップすることも多いので、他のパートに比べ、昇給が見込めるのはポイントのひとつ。
既に介護の資格があるという方の場合は、パートとして勤務をはじめるその日から時給が加算されることもあります。
子持ち主婦でも、昇給の機会がある介護パートは、チャレンジしがいのある仕事です。

パートでも介護の仕事には大きなやりがいがある

介護の仕事は簡単に言うと、高齢者のお世話をする仕事。
体が不自由な方の介助をしたり、日常生活の動作に手を差し伸べたりといった仕事は、子持ちのパートスタッフとはいえ、時給でははかれない「やりがい」があります。

また、誰もが年を取ることを考えると、介護パートで得た経験は、将来何らかの形で家族に活かせるかもしれません。
そうした介護パートならではの「やりがい」も、子持ち主婦の方の再就職先として人気を集める理由でもあります。

子持ち主婦におすすめの求人は?介護職のパートの選び方

介護のパートと一口に言っても、色々な求人があります。
子持ちの主婦が活躍できそうな求人を選ぶ際のポイントをおさえておきましょう。

未経験者OK、ブランクOKの求人を選ぶ

介護パートをはじめる子持ち主婦の方には、未経験という方も多いのではないでしょうか。
介護パートの求人は、未経験者歓迎のものも多いので、社会復帰を狙う子持ち主婦でももちろん、チャレンジ可能です。
経験やスキルに自信がない方は、「未経験者歓迎」や「ブランクOK」とする求人を選びましょう。

ただし、中には、「未経験者OK」としながらも、十分な教育体制が整っていない職場もあります。
介護施設の環境や待遇面は、しっかりとした下調べが大切です。

職場見学をしてから、入社を決める

下調べをしたとしても、実際にパートスタッフとして勤務する介護施設の環境は、求人情報からだけで十分には分かりませんよね。
面接などで勤務先を訪れた際は、できれば職場を見学させてもらえないか申し出てみるのがおすすめです。
職場の雰囲気を感じるだけでも、働くイメージがわきますし、直感で合う・合わないといった判断もできます。

人材紹介会社を利用するのもおすすめ

介護のパートを始める際には、求人情報誌やハローワーク、求人サイトなどの他にも、人材紹介会社を利用し、仕事を紹介してもらう方法があります。
介護専門の人材紹介会社は多数あり、他の求人媒体に比べると「ホワイト」な求人が多いのが一番の特徴です。
未経験で介護の仕事を始める方も安心ですよね。
また、「子持ち主婦が多く活躍する職場」「子持ちスタッフに理解のある施設」など、施設の特徴も詳しく教えてもらえるので、「子持ち」という条件でも、自分にあった勤務先選びができますよ。
介護資格を持っている方は特に、好待遇の求人が狙えるので、人材紹介会社はおすすめです。

失敗しないためには?子持ちで介護のパートを始める際の注意点

子持ちで再就職をするからには、ぜひ自分に合うパート先を探したいもの。
介護の仕事には、介護施設をはじめ色々な勤務先がありますが、慣れるまではどの職場も大変だということは、念頭に置いておいた方がいいかもしれません。

未経験の場合は、慣れるまでに苦労することも

介護の仕事が未経験という方は特に、はじめのうちは、高齢者の生活支援や身体介護にとまどうことも多いでしょう。
子持ちのママたちは、子育てである程度人のお世話の経験があるものの、やはり大人と子どもでは違いも多いため、苦戦を強いられることもあります。
どのパート先を選んでも、介護の仕事に慣れるまでは、ある程度の苦労はつきものと、あらかじめ覚悟しておきましょう。

体力に自信がないと続けられない介護の仕事

介護の仕事は、利用者の方を車いすに乗せたり、ベッドに寝かせたりと体を大きく使います。
おむつ替えや入浴も体力のいる仕事です。
そのため、子持ちのパートスタッフでも、勤務をはじめてみると思った以上に疲労を感じるという方も。

体力に自信がある方はよいのですが、そうでない方は、あらかじめパート先を選ぶ際に業務内容をしっかりと確認するようにしましょう。
介護施設によっても、求人によっても、パートさんに任せる仕事内容は違います。
資格のあり・なしでも仕事内容は変わってきますので、しっかりと確認しておきましょう。

忙しい介護の職場は人間関係のトラブルも起きやすい?

介護の現場は非常に忙しいもの。
その忙しさ故、「社員に強い口調で当たられた」なんてパートスタッフも少なくはないようです。
それだけでなく、女性の多い介護職の現場は「揉めやすい」なんて言われることもあります。

一方で、女性の職場には良し悪しがあり、子持ち主婦が多い職場では、同じママとして、子どもの急な病気などに理解が得やすいという意見もあります。
人間関係のトラブルは介護パート・正社員・子持ち・独身に限らず、どの職場にも付き物です。
勤務をはじめて見ないと分からない部分も多いので、はじめから神経質に考えすぎないのも大切ですよ。

介護のパートは子持ち主婦でもステップアップが可能!

介護のパートは、未経験でもスタートしやすいため、子持ち主婦の再就職先として人気があります。
ただパートとして勤務するだけでなく、資格を取得して時給アップを狙うなど、パートでも上を目指せるのは、介護パートの大きなメリットですよね。
手に職を付けたいと思う子持ち主婦には、介護パートは特におすすめの仕事です。

一方で、教育体制が整っていないなど、ブラックと呼べるような職場も中にはあります。
勤務先を選ぶ際は、職場の見学をさせてもらうなどして、慎重に選ぶようにしてくださいね。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

福利厚生が「ある」と「ない」ではこんなに違う!覚えておきたい福利厚生の大切さ

皆さんが企業への就職や転職を検討する際に注目するポイントのひとつと言えば、福利厚生についてではないでしょうか。 […]

続きを読む

事務職正社員での転職、ポイントは?転職活動のやり方を徹底解説!

事務職の求人はたくさんありますが、正社員を目指すとなると、競争率はぐっと上がります。 正社員での転職成功にはど […]

続きを読む

子育て支援に資格取得!中小企業の福利厚生制度はどうなっているの?

福利厚生制度の充実は、就職先や転職先を決める際の条件になっています。 大手企業や有名企業は、子育て中の社員への […]

続きを読む

20代が正社員への転職を成功させるポイントは?20代の転職事情を解説

正社員としての転職を考えている20代は、「20代で転職してもいいのか。」「20代で正社員経験がなくても転職でき […]

続きを読む

転職面接終了後のメールに関するQ&A

転職活動を行っていく上で重要なのは面接です。 面接の出来の良し悪しで一喜一憂しがちですが、まだ出来る事がありま […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

5

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

6

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

7

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。特にテンプレートに「特 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

10

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

ピックアップ特集

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

5

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

6

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

7

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。特にテンプレートに「特 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

10

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む