職務経歴書に押印欄がない!現在は印鑑を使用しなくて良くなった?

職務経歴書に押印欄がない!現在は印鑑を使用しなくて良くなった?
Clker-Free-Vector-Images / Pixabay

履歴書・職務経歴書には印鑑は不要?

「職務経歴書」を作成する際「あれ、押印欄がない?」と疑問に思った方もいるのではないでしょうか?実は履歴書や職務経歴書に印鑑は「不要」なのです。

一昔前、応募書類へ捺印することは常識でした。しかし近年、ある理由で応募書類の印鑑は不要と考えられるようになったことから、市販の履歴書や、ダウンロードした職務経歴書のテンプレートに押印欄がないことも珍しくありません。

ここでは、職務経歴書への押印はなぜ不要なのか?職務経歴書に印鑑を押す際のマナーは?捺印するならどのような印鑑を使用すれば良い?などの疑問点を解説します。

 

いつから職務経歴書に印鑑は必要ないの?きっかけは?

応募書類への押印が不要となったきっかけは、1997年に閣議決定された「押印見直しガイドライン」にあります。これを背景として、履歴書や職務経歴書は押印を廃止しても支障がなく、記名のみでよいという流れに向かいました。

わかりやすくいえば「履歴書や職務経歴書って、印鑑を押す必要ないよね」ということです。当たり前のように捺印していた一昔前を思うと、印鑑なしの応募書類に違和感を感じる方もいるかもしれませんが、「現在では印鑑なしでもまったくマナー違反ではない」と認識されているのでご安心を。

 

企業側に押印するよう言われた!けれど、押印欄がない?

上記のように、近年では履歴書や職務経歴書への押印は必須ではなくなりました。しかし、伝統的な社風の企業に応募する場合、応募書類へ捺印する指示を受けることがあります。

このような場合、捺印は必須ではないとはいえ印鑑の使用が好ましいでしょう。あくまでマナーは、業界や分野、それぞれの会社によって異なるものです。では、作成した履歴書や職務経歴書に「押印欄」がない場合、どのように押印すれば良いのでしょうか?

名前の横に押印する

押印欄のない履歴書や職務経歴書の場合、「名前に少しかかる」くらいの距離感で名前の右側に押印しましょう。押印欄がないので、名前と遠すぎたり近すぎたり、違和感を生じがちなので注意しましょう。

また、手書きの履歴書への押印は記入する前におこなうことがお勧め。印鑑の押印は失敗しやすく、その場合は原則として1から書き直しとなってしまうからです。PC作成がほとんどの職務経歴書と違い、履歴書への押印は注意が必要です。

 

職務経歴書に押印する場合は、どんな印鑑を使えばいいの?

応募書類へ使用する印鑑は、どのような種類でも良いわけではありません。書類審査の合否がかかっている大切な書類への押印です。印鑑のマナーにも気を配りましょう。

認印と朱肉を使う

応募書類への押印は、しっかりと朱肉と認印を使用しておこなうことが大切です。シャチハタはマナー違反と考えられているので使用を避けましょう。「押印が必須ではないのなら、シャチハタでも良いだろう」という認識になりがちですが、少しの手間なので気を抜かないように!

シャチハタを使用してもバレないような気もしますが、印影のにじみ方が異なるため肉眼でわかってしまいます。適当な印鑑を持っていない場合、量産されている安価な印鑑でも良いので朱肉を使用して押印しましょう。

実印や銀行印など避けるべき印鑑も

印鑑には、大まかに「認印・銀行印・実印」の3つがあります。このうち印鑑登録をおこなった実印と、銀行へ届け出た銀行印は、セキュリティ上、応募書類への押印は避けるべきです。

その他にも、印影の文字が判読できない崩れた書体の印鑑や、印影が大きすぎたり小さすぎたりする印鑑を使用することは避けてください。捺印する印鑑のサイズは、標準的な直径1.5cm程度のものを使用しましょう。

 

擦れた押印がなされた職務経歴書は、絶対に提出してはだめ!

常識的なことですが、印影が擦れている応募書類を提出するのはマナー違反です。応募書類は白黒ですが、印影は赤。とても目立つので、擦れたり失敗していると履歴書や職務経歴書全体の雰囲気を損うことになってしまいます。

印影が擦れていたり傾いていたり、はたまた欠けているなど、押印に失敗した場合は原則として1からやり直しとなります。やむを得ないケースを除き、訂正印のように再度押印することは避けましょう。

 

まとめ

ここまで、職務経歴書に印鑑は必要か不要か?を中心に、履歴書や職務経歴書の押印方法も解説しました。これらの応募書類に印鑑は基本的に不要です。しかし、押印欄がある場合は押印しないと違和感があるため、印鑑の使用を忘れずに。ぜひ参考にしてみてください!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています