具体的にヒューマンスキルとは

具体的にヒューマンスキルとは

採用担当者が重視している「ヒューマンスキル」とは具体的にどんなことを求められているスキルのことなのでしょうか?

「ヒューマンスキル」とは

「ヒューマンスキル」とは、終活大百科によると「円滑な人間関係を築くうえで必要な技術や能力」のことです。
つまり、その人物の特徴スキルとも言えます。
初対面の人とすぐ打ち解けられる会話技術の長けた人であれば、相手の考えを引き出すのが上手な聞き上手な技術を持っていると言えるわけです。

また、あるグループの中でも、人望が厚く、その人が言うのであればというような場合には、自分の考えを、相手に理解できるように伝える技術と人から慕われる人が持っている技術を持ち合わせていると言えます。
こういった人のことを「ヒューマンスキルの優れた人」と言われています。
企業が求める人材が、そういった人物なのかは、履歴書や職務経歴書などの書類上ではどうしてもわかりづらいものです。
そのため面接では「ヒューマンスキルをしっかりと見極めたい」と考える採用担当者が少なくありません。

具体的にヒューマンスキルとは

具体的にどんなスキルに注目しているのかについては、いくつか例を挙げることができます。
たとえば、「コミュニケーション能力」「協調性」「向上心」「忍耐力」「成長意欲」「柔軟性」「変化への対応力」などなど他にもきりがありません。

中途採用者に求められる「ヒューマンスキル」とは

ヒューマンスキルを「積極性」「柔軟性」「外向性」「緻密性」「配慮・サービス性」「機敏性」の6つに分けて調べたそうです。(インテリジェンスの調査)
中途採用者に企業が求める第一位は、ダントツで!!「積極性」74%でした!そして、「柔軟性」(60%)と「外向性」(59%)で半数を超えています。

やはり、新卒者と違って、与えられた仕事をただやるだけでなく、目標を達成するために何をやるべきか?を自ら考えて動けることを企業は求めているようです。

とはいえ、この数字は営業系と企画・事務系レベルで最も求められることで、販売・サービス系とアシスタント系では「積極性」「柔軟性」「外向性」の他、「配慮・サービス性」の傾向も入っていたり、金融系だと、「積極性」「柔軟性」「緻密性」「配慮・サービス性」だったりと、職種によって求められるヒューマンスキルも変化しています。
そういった業種によって求められるスキルと、応募を考えている企業の課題を考え、面接で、ご自身が何ができる人材であるかをアピールできるよう頑張ってくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています