納得の面接にするための面接前日の準備のポイント

納得の面接にするための面接前日の準備のポイント
MorganK / Pixabay

明日は面接!というときの前日の準備や過ごし方について説明します。
迫ってくる面接の時間に焦りや緊張の高まりを感じる人もいるかもしれませんが、やることをきちんとやって平常心で当日の本番を迎えましょう。
「あ、しまった!忘れてた!」ということにならないようにチェックポイントを確認してください。

 

前日準備が面接当日の落ち着きをもたらす

前日までにどんな準備をどれだけ行えたかということが、当日の面接時の心境にも影響を与えるものです。
誰でも面接となると、少なからず緊張感を持って臨みますが、落ち着いた冷静さも必携。
緊張感がマイナスをもたらすことのないように、前日は「心の真ん中」を意識して過ごしてみてください。

最大限の自信を捻出するために

理想的なのは、前日より前に準備のひと通りを済ませておくことです。
面接での印象を左右する自信にも繋がるものです。
前日にあれこれ気付いてしまうと、新たな焦りや自身のなさが生まれてしまうもの。
企業の情報、職種の研究、面接の質疑応答の練習は前日の前からしておきましょう。
前日は、さらっと要点を確認して完了できるのがベストです。

深刻にならずに早めの就寝

前日になって思い付くこと、浮かんでくることなどがあるかもしれませんね。
本番のことを心配してしまうと、目の前の大切な準備が上の空になりかねません。
寝不足では、本来の自分を見せることも、対策の成果を十分に出すこともできないでしょう。
やれるだけはやったという満足感を持って腹を括って、ゆっくり睡眠をとるほうが得策です。
入念に準備を整えたら、寝る直前には呼吸を深めたり、ストレッチをしたりしてリラックスに注力しましょう。

 

面接前日のチェック項目

では、面接の前日には、どんな準備が必要なのかをひとつひとつ紐解いていきます。
もう時間を掛けて行わなければならないことはありません。
当日の緊張を和らげ、自信を持って面接に臨むための材料として行ってみてください。

企業情報や求人の内容を見直す

職務経歴書を作成するときも、面接での質疑応答の回答を考えるときにも、何度も何度も企業情報や求人情報には目を通しているはずです。
気持ちを落ち着けるためにも総おさらいをしておきましょう。
面接のことよりも、入社したい気持ちを膨らませることを意識してみてください。
当日のより強固な熱意と意欲的な雰囲気に繋がるでしょう。

定番質問への回答の要点を再確認

前日になって、自分の回答の文章を一字一句確認してしまうと、覚えているか覚えていないかが気になり出すのではないでしょうか。
暗記した回答は機械的に聞こえてしまうことが多いものです。
質問に対して、要点となるキーワードだけ、さっと出てくるように覚えておいて、そのキーワードに繋がる自分の言葉が自然に出てくるという流れがナチュラルな回答に繋がります。
キーワードに付随する言葉が浮かばない!場合は、話の流れの構成を考えて、構成のポイントをキーワード化しておきましょう。
これらも前日より前に済ませておくのがベターですよ!

明日の天気や経路の確認

わかっている、慣れているつもりでも、面接会場のチェックをします。
最寄り駅の名前、ビルの名前、フロアは何階なのかも再確認。
お天気によっては、傘やタオルなど持ち物の準備も必要になるかもしれません。
自宅から、面接会場までの経路、利用時間や所要時間もチェックします。
念のためを考えると、予備経路も把握しておくと第一経路に問題が起きても安心。
慣れない経路というのは、どんな手段を使ったとしても計算間違いしやすいものです。
時間には余裕をもって計画しましょう。

服装のチェック

面接に着ていくものは、当日になって慌てて探さなくて済むように一式揃えておきます。

スーツなどの場合は、2、3日前にクリーニングを完了しておきます。
オフィスカジュアルでもクリーニングに出すときれいに仕上がりますよね。
クリーニングに出さないものはアイロンを掛けます。
シワや汚れ、ボタンが取れかけていないかなどを最終的に再チェック。
着ているものがパリッとしていると面接官の印象だけでなく、自分の気持ちも引き締まるものです。

履いていく靴は、靴底の汚れもしっかり取って、表面も磨いておきましょう。
ベルトやバッグが革製のものなら、同時にささっと手入れをしておきます。
初対面では乱れていると意外に印象に残ってしまうのが、髪の毛、鼻毛、爪などです。

持ち物のチェック

面接当日の持ち物としては、書くためのものとしてボールペンとシャープペンと消しゴム。
面接の場で用意されていることがほとんどかもしれませんが、どんな「書き場面」にも対応できるよう自分でも用意をします。
何かをメモする必要が出る可能性は高いので、ビジネス用の手帳か、小さなメモ帳を持っていきましょう。
面接の会場でスマホを取り出してメモというのは、あまり印象が良くないようです。

自分が面接してもらう企業に提出した書類のコピーも持参するほうがいいでしょう。
面接は書かれたことを基にして進められることが多いので、直前まで自分が書いたことの確認が可能になります。

動きや表情、話し方を鏡でチェック

面接のための最終チェックは、イメージトレーニングになるシミュレーションがおすすめです。
歩き方、お辞儀の仕方、座り方、話し方まで、ぜひ鏡の前で行ってみてください。
自宅では比較的リラックスできている自分の、堂々と自信を持った話し方、表情を脳に焼き付けておきましょう。

 

面接の前日から平常心を意識する

当日のシミュレーションがおすすめです。
面接会場に向かうときも、面接の内容にしても「…かも?」というシーンが浮かべば準備できることがあるかもしれません。

ここまでやっておけば「やるだけやった!」と思えるはず。
平常心は、この「できることはやった!」の自信からも後押しされるものではないでしょうか。
100%大丈夫とは言い切れなくても、あとは何が起きても冷静に対処すればいいのです。

何があってもまず、深呼吸

どんな気持ちが湧いても、深呼吸をするという練習をおすすめします。
焦って、慌ててさらなる問題を招くことはよくあります。
何かがあったら、第一段階で阻止することを徹底するために、深呼吸で冷静さを得てください。
もし、面接のことが気になって眠れないようなときにも、深呼吸を活用しましょう。

ハプニング時は真っ先に解決策を考える

何らかのハプニングが起きても、気持ちを落ち着かせ、間に合うための策を考えましょう。
冷静さを保てれば、何とかできることが見つかるはず。
面接に向かう会社の連絡先は、必ずすぐ分かるようにしておきます。
遅れそうだと思えたら、真っ先に担当者に現状説明の連絡を入れることも忘れないでください。

 

面接の前日は気持ちと体調を整えることに注力!

面接の前日は、落ち着いて過ごすことがポイントのようです。
緊張で心がざわざわしているなと思ったら、一度立ち止まって深呼吸。
くれぐれも、夜遅くまで練習したり、確認に没頭してしまうことのないようにしましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています