面接会場到着は、何分前が正解?転職活動でおさえておきたい時間のマナー

面接会場到着は、何分前が正解?転職活動でおさえておきたい時間のマナー

いよいよ転職面接当日。
さて、何分前に会場入りするのが正しいのでしょうか。
「やる気アピールで早めに行くべき?」「もし遅刻したらどうしよう」
そんな面接当日の時間に関する不安をまとめて解消します。
面接でいいスタートが切れるように、マナーをしっかりおさえておきましょう!

転職活動の面接、何分前に行くべき?到着時間の目安

転職活動中は現職とのスケジュール調整など、何かとあわただしいもの。
時間がタイトになりがちですが、面接当日は何分前に会場に到着すればよいのでしょうか。

5~10分前に会場到着が一般的

一般に、面接会場への到着は、開始時刻の5~10分前が望ましいと言われています。
そのため、指定された時間の5~10分前に受付ができるよう、面接会場に到着するのが理想です。

早すぎる到着も迷惑に

遅刻はもちろん厳禁ですが、かといって早く着き過ぎるのも考え物です。
というのも、採用担当者がまだ他の業務をしている可能性があるから。
社内の会議室を面接会場として使用する場合には、「前の打合せが終了していない」なんてケースも考えられます。
企業側にいらぬ気遣いをさせてしまう懸念がありますので、10分以上前の到着は避けるのが無難です。

「5分前到着」を予定しておくのは危険

面接開始時刻の5~10分前到着が理想と先述しましたが、「5分前ジャスト」というのは少し危険。
「5分」というと時間に余裕があるように思えますが、信号に立て続けに引っかかったり、ちょっとお手洗いに寄ったりというだけで、たちまち5分経ってしまうことも。
「5分前行動」というと聞こえはいいですが、転職活動中はもう少し余裕を持つようにしてくださいね。

面接に遅刻しないためのポイントは?転職活動での時間管理のコツ

面接への遅刻はもちろん厳禁!
余裕をもって到着するためには、時間管理やシミュレーションが大切です。
面接の前日や当日は、以下の3点に注意して対策をしておきましょう。

乗り換え・地図は念入りに確認を

自宅から面接会場までの道筋は、念入りな確認が欠かせません。
特に、はじめて利用する駅や乗り換え路線がある場合は、駅の構内で迷うこともあります。
乗り換えのインターバルが長い場合は、その分、駅構内を歩く可能性があるとして、より一層余裕を持っておきましょう。
また、地図を用意しただけでは、当日道に迷うこともあります。
必ず、最寄り駅からの道順をたどるように確認しておくことが大切です。

最寄り駅への到着には余裕を持って

面接会場への到着は5~10分前という先述しましたが、万が一道に迷うことなどを考慮すると、最寄り駅への到着にはもう少し余裕がある方が安心です。
電車が少し遅れてしまったというような場合にも対応できます。
最寄り駅からの徒歩時間+10分程度多めに見ておきましょう。

出発は早めが吉!

乗り換え・地図を念入りに確認し、最寄り駅にも早めに到着するようにした場合でも、やはり不測の事態が起きることもあります。
電車の遅延・運休など、リスクを挙げればキリがないですよね。

そのため、面接当日は、早め早めの出発を心がけておくと、気持ちにも余裕が生まれます。
「早く着き過ぎた」という場合には、カフェなどで一息入れるのもおすすめ。
面接の直前対策もできますよ。

面接に間に合わない?!転職活動中のトラブル対処法

何が起こるかわからないのが面接当日。
もしもの時にどうするのが最善の策なのか、対処法をおさえておくと安心です。

面接時間に遅刻しそうになったら?

もし、面接に遅れそうになった場合は、まずは面接先企業へ電話連絡を入れましょう。
「本日11時より面接の時間を頂いている○○(氏名)と申します。大変申し訳ないのですが、電車遅延が原因で身動きが取れなくなってしまい、約束の時間にお伺いすることができません。」と、まずは状況を報告します。
到着の時間が読める場合は、その時間でも面接を受けさせてもらえるのか伺いましょう。
一方で、到着時間も読めないという場合は、再度日程調整が可能かどうか確認する必要が出てきます。
なお、交通網が原因の場合、予定していた路線がだめでも、他の路線を使って到着できることもあります。
あらかじめ、路線や到着目安時間については、調べた上で早急に報告することが大切です。

面接時間を間違えてしまったら?

面接当日のトラブルとしては、面接の開始時刻を間違えてしまったというケースもありますよね。
面接開始時刻を過ぎてしまっていた場合はもちろん、開始時刻を間違えた旨を述べてお詫びします。
一方で、間違えて早く着き過ぎたという場合でも、正直にお詫びしましょう。
この場合、細かい言い訳は抜きにして「面接の開始時刻を間違ってしまいました。大変申し訳ございませんでした。」と正直に謝ることが大切です。

時間管理は好印象にもつながる大事なポイント!

時間管理、スケジュール管理はビジネスマナーの基本中の基本です。
「ほんのちょっと遅れただけ」とはいえ、転職活動では大きな影を落とすことに。
そうならないためにも、事前にしっかりと確認し、当日は不測の事態にも落ち着いて対応できるだけの余裕を持っておきましょう。
時間の余裕は気持ちの余裕につながります。
早め早めの行動がポイントです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています