職務経歴書と履歴書って何が違うの!?違いを知ってから書き始めよう

職務経歴書と履歴書って何が違うの!?違いを知ってから書き始めよう
typographyimages / Pixabay

応募書類のひとつとして一般的になった「職務経歴書」。そもそも履歴書との違いは何でしょうか。フォーマットだけではない、違いを知ると職務経歴書作成のポイントがわかる!
職務経歴書と履歴書について紹介します。

 

職務経歴書と履歴書の違い

職務経歴書も履歴書も、どちらも職歴や志望動機を記載する点においては同じ。では、どこが違うのでしょうか。応募者の人物像を表現するための「プレゼン資料」という意味合いで言うとどちらも同じですが、それぞれ役割が違うのです。わざわざ履歴書と職務経歴書を別の書類として提出することには意味があるのですよ。

履歴書について

履歴書の内容は、氏名や年齢、性別、住所、学歴、職歴、志望動機と、いたってシンプル。ひとつひとつの職歴の詳細、保有スキルなどについて解説するスペースはありません。
応募者の基本的かつ重要な情報のみ記載してある、最も重要な書類です。

職務経歴書について

職務経歴書は、履歴書には記載していない応募者の情報をより詳しく記載するための書類です。学歴・職歴はもちろん、履歴書ではわからないひとつひとつの職歴の詳細、資格以外の保有スキルと経験、仕事への考え方やモットーなど、応募者に関する様々なことを記載するため、より応募者のことをイメージしやすい資料となります。実務レベルで応募者のことを知りたい場合や書類選考を挟む場合は、履歴書とともに職務経歴書の提出を求められることが多いです。

 

より魅力的に!履歴書と職務経歴書の書き方

履歴書と職務経歴書の目的を理解した上で作成することで、それぞれの役割を生かした、より魅力的な応募書類を作成することが出来ます。採用担当者の目に留まるような履歴書と職務経歴書の書き方とポイントについて紹介します。

履歴書

応募者の基本的な情報を記載する履歴書は、最も重要な応募書類です。そのためパソコンなどではなく自筆が基本。履歴書は、市販しているJIS規格のB5サイズが一般的です。最近では、A4サイズの履歴書も市販されていますが、特別指定がなければB5サイズで良いようです。

履歴書作成のポイント

押さえておきたい履歴書のポイントは6つ。自分自身の基本的な情報ですので、時間をかけて慎重に作成しましょう。見本を一部作成して、見本を見ながら書き進めるとミスが防げます。

  • 基本的には楷書(かいしょ)で手書きにする
  • 黒の水性ボールペンを使う※青はNG
  • ミスは、修正しないで最初から書き直す
  • 時間をかけて丁寧に書く
  • 押印は認印を使う(実印や簡易スタンプはNG)
  • 学校名、会社名、資格名は正式名称を書く

職務経歴書

職務経歴書には、履歴書では記載できない詳しい仕事内容や実績、スキルなどを記載します。自分のことを書くとなると、形容詞やイメージ的なものに偏りがちですが、非常に具体的に記すことが大切です。
これまでの出来事や成果、数値、自分の強みなど、思い返しながら書き進めましょう。

基本的な項目

職務経歴書には決まった様式が無いため、自由に作成することが出来ます。ただし、必要な情報の欠けた自分勝手な職務経歴にしないためにも基本の項目は入れておきましょう。

  • タイトル「職務経歴書」
  • 応募者の住所・氏名※右寄せ、氏名は印刷後手書き
  • 希望職種
  • 最終学歴
  • 職務経歴※時系列または職種別
  • 保有スキル・資格
  • 志望動機

経験した職務の詳細

「職務経歴」の見出しで、所属した会社ごと、または部署ごとに、時系列での記載が一般的です。仕事の内容はできるだけ具体的に、履歴書の職務経歴を詳細にするつもりで記載しましょう。

・企業情報(企業名、業種、企業規模※資本金、社員数など)
・所属部署
・入社年月~退社年月
・仕事内容※具体的で詳細に

資格や身につけているスキル

「保有スキル・資格」などの見出しで、取得している資格だけではなく、業務として「できること」も記載しましょう。たとえば、パソコンの資格が無くてもパソコンが出来るのであれば、使用可能なソフトとともにどの程度できるのかも記載します。

仕事上の実績や成果

採用担当者は、「応募者がどのような強みを持っているのか、それは信憑性があるものなのか」ということにも注目しています。社内での表彰や具体的な実績・成果があれば、遠慮しないでしっかりアピールしましょう。具体的な事例があることで信憑性が深まります。その際は、前職の機密情報漏洩に当たらないように気をつけましょう。

仕事を通じて学んだこと

どのような仕事にも学んだことはあるはずです。ただ単に毎日働いてきただけではなく、何に苦労し、どのように学び解決してきたのか、これまでの仕事を振り返ってみましょう。応募者の「学ぶ力」に、採用担当者は応募者の柔軟性や将来性を見ています。

 

職務経歴書を書くためのポイント

せっかく職務経歴書を書くのであれば、書類選考を突破できるような内容にしていきたいものです。だからといって、伝えたいことを次から次に記載したら良いというものではありません。まずは、企業側の立場に立って「見てもらいやすい職務経歴書」を目指しましょう。そのために押さえておきたいポイントがいくつかあります。

A4サイズが基本

職務経歴書は、基本的にはA4サイズで作成します。履歴書がB5サイズであったとしても、職務経歴書はA4です。ただし、企業より指示があった場合のみ、企業指定の書式を使用しましょう。

2ページ以内で作成しよう

職務経歴書を書き綴るうちに、だんだん書きたいことが多くなってくることがよくあります。気が付けば、三島由紀夫が書いた「豊饒の海」のような、何ページにも渡る大作になってしまうことも。多ければ多いほど読み進めるために時間がかかるため、見やすい職務経歴書とは言えません。見る側の立場に立ち、たくさんの情報を簡潔にまとめ2ページ以内に収めましょう。

職歴と仕事内容は詳細に

職務経歴の欄は、仕事内容を詳細に記述していきましょう。たとえば、仕事内容が「営業」だけではせっかくの職務経歴書としての役割を果たせるとは言えません。一言で「営業」と言っても、新規開拓や見積もり作成、成約後のフォローなど、その中身は様々な仕事があるはず。詳細で具体的な内容を記載してください。

原則としてパソコンなどで作成。

企業からの指定が無い限りは、原則としてパソコンを使ってワードで作成しましょう。パソコンで作成することで、文書作成の能力やパソコンスキルをアピールすることが出来ます。

 

まとめ

職務経歴書は履歴書と違って、決まったフォーマットがありません。それだけ自由に自分をプレゼン出来るものです。ただし、思いばかりが先行してしまい抽象的な職務経歴書では採用担当者には響きません。採用担当者がイメージ出来るようなエピソードのある具体的な内容にしていくことが大切です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています