40代必見!キャリアを活かした転職で年収アップも夢じゃない!

40代必見!キャリアを活かした転職で年収アップも夢じゃない!

40代で転職をすれば年収が必ず上がると思っていませんか?
40代で始める転職は一概に年収が上がるとは言いいきれないのが現状です。

積極的に転職ができるようになってきたとはいえ、それがイコール転職すれば思い描いた会社に勤めることができるようになるわけではありません。
ましてや、年収が上がっていくことはありません。
むしろ、40代での転職では年収が下がる場合さえもあります。転職適齢期は基本30代といわれています。
耳にする転職の体験談成功談は、ほとんどが40代よりも前の世代の人たちのものです。
しかし、そこで二の足を踏むのはもったいないです。

40代でも転職を成功させることは充分可能なのです。
大事なことは「情報を集める」、「行動をする」です。それも迅速にです。先ほど述べたように転職適齢期は30代といわれています。
すでに一歩で遅れている分、40代での転職活動は速度で勝負しましょう。

40代で転職を成功させたい人は40代の転職ポイントをますご一読ください。

そもそも40代の転職後の平均年収ってどれくらい?

転職に関わらず40代の平均年収は前半の場合は、男性で564万円、女性で290万円です。
40代後半になると、男性の平均年収は629万円に上がります。
40代になって年収が大きく上がる人が多いのは役職に付いたり、プロジェクトを任さる責任者に付いたりするためです。
この平均年収と比べて、今の年収は低いですか? 高いですか?
高い場合は転職を考えることは少ないと思いますが、低い場合は現状を変えるために転職で年収アップを目指す人が多いはずです。
40代ではやみくもに転職活動をせずに、確実に年収が上がるように活動していきましょう。

出世を考えるなら40代前半が大事な時期!

20代、30代と年を経ることに仕事に関わる割合が大きくなります。
さらに結婚やマイホームの購入などプライベートでも変化が現れます。
40代で転職をするとなれば、それはさらに大きくなります。
若いうちの転職ならば、空いた穴を埋めてくれる人もいるかもしれませんが、40代の方が務める役職や管理職の穴はそうそう埋められません。
そういう思いが後ろ髪を引いて、転職に思いきれなくなってしまいます。

プライベートではお金がより一層必要になってきます。
転職をして年収が変化すると、それまでのライフプランが崩れるため転職が難しくなります。
だからこそ、身が軽いうちに転職を決めることが大事になってきます。転職後すぐに重要な役職につくことができる企業は多くはありません。
それゆえに、早めの転職、早めの行動が必要になってきます。

40代での転職はリスクもそれなりに高い!

先ほど説明したことですが、40代では環境によっては家庭を気づいている人もいますし、新しい仕事へチャレンジすることへの不安が強いです。
プライベートでは、ローンや学費など既に決まっている年収をもとに計画づくりをしているところも多いです。
それを一度リセットするとなると、リスクが大きいものになります。年収が上がるならばいいですが、年収が下がってしまっては家庭環境を変えざるを得なくなります。

40代といえば仕事で中心的な役割を務めています。
新しい職へ足を踏み入れるとなると、それまで築いてきたものが通用しない部分も多数あります。
選択肢を狭めてしまうリスクも存在しています。満足のいく転職ができないと、また転職をする羽目になります。
それは時間を無駄にするわけですから、選択肢が少ないのはリスクそのものです。

40代の転職で年収アップを目指すなら「即戦力と結果」!

40代の転職は、20代や30代が将来性を企業が見ることに比べて、経験やスキルを重視します。
一から指導する手間をかける必要がないこと、即現場で活躍してくれること、企業にとってはありがたい存在です。
異業種に飛び込む転職では、その武器が使えずに年収ダウンするケースが多いです。
年収の高い異業種にチャレンジするのも悪くないですが、年収アップを望むのでしたら、同業種への転職が無難になってきます。

転職サイトには40代に強いエージェント社もあるので、その幅広い求人情報で同業種の仕事を探してみてください。
年収以外にも手当やポジションなど企業ごとにことなっています。
自分のスキルや経験を発揮できる場所で輝いてください。

「専門性のあるスキル」を持っている人は年収アップの可能性大!

専門性のスキルを40代は今まで培ってきました。
それを企業が仕事に活かして、高い成果を出してくれることを望んでいます。
だからこそ、年収アップの機会を得ることができるわけです。
しかし、いかに専門性のあるスキルをもっていたとしても、企業が欲している人材なのかをアピールできなければ意味がありません。
40代であることの強みをしっかり自己分析して、スキルやマネージメント能力を理解しておきましょう。
そうすれば、それらの能力を企業に100パーセント伝えることができるはずです。

20〜30代の多い業界では管理職の需要大!

ITなどのベンチャー企業には若い人が多く活気が溢れています。
その反面、経験が足りない場合も多いです。
そこに40代での転職先として、管理職を応募している企業も少なくありません。
これまで育んできたノウハウやスキルを活かすにはもってこいの場所ではないでしょうか。
それに管理職になれば、役所手当もあり、年収アップにもつながります。
40代ならば当然の待遇といえるでしょう。
同業種ならばそれまでの人脈も使えて、新しいプロジェクトのきっかけを作ることも容易です。
40代での転職はそういった意味では、年齢によるデメリットよりも持っているスキルによるメリットの方がいい方に転がる場合も多いです。

40代の転職で年収ダウンしないための秘訣!

決して視野を狭くしないことです。
40代の転職は不安をあおるブログや記事が割と多くあります。
年収ダウンも前提に40代の転職活動をしましょう、と注意書きしているところもあります。
しかし、それは守りに入った転職を行っているからです。
しっかりと情報を集めて、すぐさま応募することが大事です。
40代の転職は希望者も多く、狭き門になりがちです。
うかうかしていては、他に数少ない椅子を取られてしまいます。
柔軟に物事を受け入られらる視野を身につけて、多くの情報を転職サイトから得てください。
年収を上げるには攻めの姿勢が必要です。
現在の転職市場の価値、自分の価値を見定めて、それ武器に求人に応募することです。
年収交渉の代行などを転職エージェントが行ってくれることもあります。
しっかり自分の価値を伝えられなければ、交渉もうまくいきません。
広く情報を集められるようにしておきましょう。

40代ではキャリアアップを想定した同業種への転職が無難!

本人のやる気とは別に、年を取れば誰でも衰えてきます。
新しいことを吸収する意欲も落ちてきます。
40代で新しいことを1から学ぶのは大変なことです。
それは教える企業側も感じることです。
それならば、20代など将来性がある人材を採用するでしょう。
はやり、自分自身の強みを活かすならば、同業種へと転職することが無難です。

年収は職場での評価で決まります。
40代で年収アップが期待できない現状の職場での評価を一度リセットして、一からスタートできる新しい職場で自分自身の評価をつけてもらう。
年収を上げるとしたらこの方法しかないでしょう。
初めから専門的なスキルをもっていれば、周りからの評価も高くなることでしょう。

40代は人生の折り返し地点!新しいことに挑戦するのもひとつの手!

長年築き上げてきたスキルを捨てるのは勇気がいります。
20代ならまだしも、40代となれば、今までかけてきた時間の量ははかり知れません。
それに40代から新しいことを覚えられるのか、こういった不安もついてきます。
同業種ならば、年収もおおよそ見込めます。
しかし、不安に目を背け、逃げの姿勢では、あるはずの可能性に気づかずに年収アップのチャンスを棒にしかねません。
40代の転職を応援するサイトには数多くの業種の求人があります。
異業種には年収の高いところもあります。
そこに新しくチャレンジしてみるのも悪くはないのではないでしょうか。
プロの転職エージェントにアドバイスをもらいながら、数多くの業種かかららずに興味を持つことが転職を成功させる方法です。

キャリアアップを目指してまずは自分を再評価してみましょう!

情報を集めることが何よりも大事だと説明してきました。
それは何も転職する側だけではなく、転職してくる40代を受け入れる企業も同じです。
よりいい人材を欲しいと企業も思います。
その企業に売り込むためには、しっかりと自分自身の情報をアピールする必要があります。
40代の採用条件として、高いスキルの他に、マネジメント能力やコミュニケーション能力、リーダシップ力などが挙げられます。
これらをいかにアピールできるかが転職でのポイントになります。
客観的な自己分析を行いそれらをどうやったらアピールできるかを考えましょう。
客観的に見ることが苦手ならば、転職サイトのプロなどの第三者からアドバイスをもらいましょう。
キャリアアップを目指し年収もアップさせるため、努力を惜しまないことです。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

転職エージェントの比較ランキングTOP10をご紹介

転職を考えている人のなかには、転職エージェントの利用を検討している人もいるでしょう。 ただ、転職エージェントは […]

続きを読む

既婚者は転職に不利?知っておきたい転職のポイント

転職を考えている人の中には、既に結婚している人も多いと思います。 既婚者は転職に不利なのか?成功するためには何 […]

続きを読む

転職活動に疲れた40代ビジネスマン必見!疲れる原因を知り対策を立てよう

「転職活動に疲れた。」そう感じる40代は少なくありません。 実は、40代が転職活動に疲れてしまうのにはちゃんと […]

続きを読む

転職したい理由は何?後悔しないために考えること

転職に踏み切るときは、誰でも将来が今より良くなることを願って信じていると思います。 転職をしてよかったと転職の […]

続きを読む

デザイナーの転職におすすめの転職サイトと転職に有利なスキル

ファッションや広告、WEB様々な媒体で活躍するデザイナー、憧れている人もいるのではないでしょうか。 デザイナー […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト