営業職への転職!印象に残る自己PRの作り方

営業職への転職!印象に残る自己PRの作り方

営業職への転職での自己PRは、営業力の見せどころでもあります。

ここでは、営業職に転職する人を見極める際の企業の採用担当者の視点や、自己PRに含めたい4つの要素について紹介します。
また、営業職への転職活動で印象に残る自己PRを作るために転職支援ツールや転職エージェントのことにも触れています。
営業職は個性の表現も大切ですから、営業らしく自分らしい自己PRを仕上げていきましょう。

営業への転職は企業が求める人物像の自己PRをする

営業職への転職で自己PRを考えるときは、企業が求めている人物像を把握することから始めましょう。
人物像を把握したら、スキル、経験、個性など、自分と一致する部分を探し出します。
求める人物像は、企業のホームページや求人広告の中に言葉で表現されていることもあります。
その言葉だけで自分との一致点や共通項が見つけにくいということもあるかもしれません。
そんなときは「どんな社風?」「チームの雰囲気は?」「営業スタイルはどんなもの?」などを確認して自己PRの材料集めをしてみてください。
そして採用担当者がどんな転職者を探しているのかを見極めて自己PRを作成しましょう。

企業の社風に合ってるか?

企業によって、事業の進め方が異なります。
細かいルールに沿って業務を進め着実な実績を積んでいく社風、かなりアバウトな指示で細かな部分は社員の裁量に委ねられる社風、テンポよく業務が進められる社風、静かで安定した環境の社風などそれぞれです。
その社風に、合うか、合わないかは転職者と企業、お互いにとっての重要事項になります。
転職者に転職の目的があるように、採用担当者にも採用活動の目的があるのです。
希望する転職先の人事評価の基準や制度を知れると、何が重要視される社風なのかがわかり自己PRに必要なことを探れるかもしれません。
なぜ、その社風に合っているといえるのか?という点を自己PRに含められるといいでしょう。

チームの雰囲気にフィットするか?

和気あいあいとフレンドリーな雰囲気、厳しさは感じるけれど、メンバー同士が切磋琢磨して成長していける雰囲気、上司や経営陣との距離感のある・なしも企業や組織によって異なりますよね。
毎日、身近な位置で接していく転職先の上司、チーム、同僚や先輩たちの雰囲気に馴染みやすく、溶け込んでいけるキャラクターかという点も採用担当者や転職先の上司にとっては重要ポイントとなります。
「フィット」というと同じような人と感じるかもしれませんが、新しい風を巻き起こす個性を持った人が求められていることもあります。
企業の中の部署やチーム単位のことを知って自己PRに反映させるには、転職エージェントの活用も有効になるでしょう。
転職エージェントの活用については最後の章で紹介しています。

営業スタイルにマッチしているか?

営業は、お客様に自信を持って自社の商品やサービスを伝えていかなくてはなりません。
その際、転職先企業の営業スタイルがどんなものかでその伝え方も、必要な能力も変わることがあります。
契約を取ること、アフターサービスを行うこと、接待や付き合い、関係や連携の度合いなど企業によって営業の在り方が異なってきます。
営業職の種類も考えて、自分とのマッチ度を考慮した自己PRが必要でしょう。
その企業のお客様がどんなタイプかという点も知っておくと、企業の求める人物像が見えやすくなり自己PRが作りやすくなるでしょう。

営業職転職での自己PRに含めたい4つの要素

営業職に転職したい人が転職活動中の自己PRの作成で意識しておきたい4つの要素を紹介します。
採用担当者に、この人に営業職を任せたい!この人ならいい営業をしてくれそう!一緒に働きたい!と思ってもらうための自己PRに必要な内容です。
営業に転職する際には、自己PRにそれぞれの要素が必要な理由と重要性を理解しておきましょう。

ポジティブで聞きやすい表現

営業職は、常に誰かとコミュニケーションを取りながら進めていく仕事です。
採用担当者は転職者のコミュニケーション能力には大注目します。
社外のお客様、社内のメンバーなど誰であっても良好な関係を築ける人でなくてはなりません。
高度なコミュニケーション能力のある人は、相手のことを考えた行動、言動、態度が取れます。
相手のことを考えれば、おのずとポジティブな表現ができるスキルが身に付いているはずです。
営業にはなくてはならない伝えるスキルで、相手の心境や雰囲気をも変える力があります。
転職活動の中で自己PRも、様々な回答の中でもどんなこともポジティブに表現することを心がけましょう。

簡潔で具体的!イメージしやすい表現

営業職に転職する際には、営業に必要なスキルや適性も確認しておきましょう。
営業が様々なスキルを集結させる職種ということに気付けるはずです。
その中でも一等の強みを自己PRに含めましょう。
転職活動中の自己PRで「コミュニケーション能力があります!」というのはおすすめしません。
具体的な経験や根拠となるエピソードを提示することが大切になります。
採用担当者がイメージしやすい表現で自己PRを組み立ててみてください。
長くなりすぎないことや企業が求める人物像を反映させることも忘れないでくださいね。

高いストレス耐性

営業職の採用では、ストレス耐性が重視されることもあります。
営業して断られることは日常茶飯事ですし、営業活動の成果が出ないときもあるでしょう。
人に接することが多い分、受けるストレスの頻度も高く、お客様からの厳しい指摘やクレームをダイレクトに受け取る立場でもあります。
自己PRの中にストレスに強いという要素とストレスにうまく対処する力があることを盛り込むのも効果的です。
転職活動中の面接などでは、営業としてのストレス度が試される圧迫面接が行われることもあります。

営業職への転職での自己PRづくりの助っ人活用

営業職への転職では魅力的な自己PRを伝えたいですよね。
転職活動での自己PRの作成や営業としての自己PRをブラッシュアップする助けになる方法を紹介します。

自己分析ツールの活用

自己PRを作成するときに必須になるのが企業情報と自己分析の内容です。
転職活動では、それらをうまく摺り合わせることが採用担当者に響く自己PRをつくるポイントです。
転職サイトなどには自己分析や自分の強みを発見できるツールが用意されているところもあります。
自分だけでの自己分析が難しいなら、活用してみると助けになるかもしれません。

経験の徹底的な棚卸し

営業職に転職するときは、営業職の経験があっても、たとえ未経験だったとしても、それまでの自分の経験を徹底的に細かく棚卸ししましょう。
覚えていないものも思い出すくらいの勢いで掘り下げておくことをおすすめします。
営業職は、色々な経験と絡めて、活かしていくことができる職種なのです。
アピール密度の濃い自己PRを作成するためにも面倒がらずに行っておきましょう。

転職エージェントの客観的な意見

転職エージェントの転職支援を活用してみるのもおすすめです。
キャリアコンサルタントの客観的な意見は、自己PRにも役立つ貴重なアドバイスになるはずです。
また、転職先企業のこと、求人の背景、職場の雰囲気などもより詳しく知っているはずですから、自己PRにどんなことを含めたほうがいいかは的を射た意見を持っているでしょう。

自己PRで営業力を出して転職を成功させる!

営業職は「売り込む」ことより「相手のことを考える」ことが大切ともいわれます。

自己PRは「売り込みだ!」と考えている人は、少し視点を変えてみるとより素敵な自己PRに仕上げられるでしょう。
営業職への転職活動ではぜひ覚えておきたい重要項目です。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

司法書士とは?司法書士のなる方法など司法書士に関する疑問を徹底解説!!

よく聞くけど、詳しく知らない人が多い「司法書士」という職業。 今回はそんな司法書士について詳しく見ていきたいと […]

続きを読む

未経験でもパイロットに転職は可能?業務内容や資格試験について詳しく解説します。

旅行やビジネスシーンをはじめ多く利用される飛行機ですが、子供のころに飛行機の操縦をするパイロットに憧れたことが […]

続きを読む

週1でも大丈夫?短時間でも働ける介護職のパート

家事や子育てが忙しくなかなかパートやアルバイトができないけれど、週1でも働きたい 人はいるのではないでしょうか […]

続きを読む

コンサル業界に転職したい第二新卒が知っておくべきポイントまとめ

  第二新卒でコンサル業界への転職を成功に必要な基礎知識から、第二新卒としての具体的な志望動機の例文 […]

続きを読む

介護派遣で産休を取る方法と知っておきたい産休について

派遣期間中の突然の妊娠に戸惑う方も多いもの。 いざ出産を迎えるとなった際、介護職で派遣として働く方でも、産休を […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト