30代はおすすめ転職サイト活用で確実なキャリア形成を図ろう!

30代はおすすめ転職サイト活用で確実なキャリア形成を図ろう!

20代にいろいろな経験を積んで、30代になると、だんだんと自分のキャリアの方向性が見え始めてきます。
30代で転職を図るときは、20代のときよりも自分のためのキャリアをより深く考えましょう。

30代で転職することもまったく問題ありませんが、どういう仕事を選ぶかは、その後に大きく影響することになるでしょう。
自分の軸を持ちしっかり熟考する中で、転職サイトをより効果的に活用して、納得のキャリアに繋げていってください!

また、年代に関わらずおすすめの転職エージェントを知りたい人は 参考おすすめの転職サイトを条件別に紹介!絶対に転職を成功させるためのまとめ を参考にして転職サイトを選んでください。

目次

30代が1社は登録すべき大手総合型転職サイト

30代は、自身が置かれている状況ごとに選ぶべきエージェントが異なります。
自分がどのケースにあてはまるのかを分析したうえで、適切な転職サイトを選ぶことが重要。

ここからは、タイプ別におすすめの転職サイトを紹介します。
まずは、どのタイプの30代にもおすすめな大手総合型の転職サイトを紹介。
1社は必ず登録すべきと言えるでしょう。

求人数No1の転職サイトは「リクルートエージェント」

求人数

31375

非公開求人数

154767

面談対応地域

全国(東京、大阪、札幌、仙台、福岡など)

特徴

求人件数、職種に強み。年収アップ率、転職決定率ともに業界トップクラス。

まず一番最初に登録すべきと言えるくらいの王道転職サイトがリクルートエージェント。
求人件数と職種の豊富さで圧倒的な強みをもっています。

選択の幅が広いため、どんな転職を目指す人でも適切な求人が見つかりやすいでしょう。

転職後にどれくらい年収が上がったのかを示す年収アップ率や、転職決定率においても業界トップクラス。
大手リクルートグループがもつ企業とのネットワークを活かし、優良求人を多数取り扱っています。大企業や優良ベンチャーなど、知名度が高い企業が多いのも魅力。

条件にこだわりたい、きれいなオフィスで働いてみたいといった夢も叶えてくれます。

リクルートエージェントに登録する

セミナーなども豊富な転職サイト「DODA」

求人数

38685

非公開求人数

80000件以上

面談対応地域

全国(東京、大阪、札幌、仙台、福岡など)

特徴

豊富な求人数が魅力。転職フェアや活動をサポートする使いやすいツール多数。

DODAも求人件数、職種数において高いレベルを誇り、リクルートエージェントとともに業界をけん引する総合型転職サイトです。
DODAは転職フェア、合同説明会などの転職イベントに力を入れており、応募前の情報収集においてメリットが。
企業の人事担当者と直接話が聞けるチャンスがあります。

使いやすいツールがたくさんあるのも魅力。
たとえば「レジュメビルダー」は、時間がかかる職務経歴書の作成がサクサク進むよう、書き方のポイントや内容をガイドしてくれるルールです。
そのままWordやPDF形式でダウンロードできるため、非常に便利ですよ。

そのほか、人気企業への合格を診断できる「合格診断」や「キャリアタイプ診断」など役立つツールが豊富にあります。

DODAに登録する

キャリアにこだわりがある30代が選ぶべき転職サイト

続いては、キャリアにこだわりがある30代向けの転職エージェント。
これまでのキャリアを活かして、さらにステップアップしたい方が選ぶべき3社を紹介します。

30代におすすめの転職サイトは基本的に実務経験者やマネジメントスキルがある人たちを対象としており、高年収や重要ポストの案件も多くなります。

30代転職に特化した転職サイトなら「クライス&カンパニー」

クライス&カンパニー

求人数

3674件

非公開求人数

7715件

面談対応地域

東京

特徴

30代のキャリア支援に強み。IT、コンサルティング業界の求人が多い。

クライス&カンパニーは、まさに30代のための転職サイト。

自社の強みを「30代のキャリア支援」とし、30代前後がすべてのキャリアの中でもっとも重要と位置づけています。

特徴としては、IT、コンサルティング業界に強いこと。
さらにマネージャークラスなどの求人がメインで、年収も800万円~4000万円となっています。

1人1人に質の高いサポートをおこなうため、面談は東京がメインですが、遠方の場合は電話やメールでの対応も可能です。

国家資格を保有した一流コンサルタントが集まるのも魅力。
「コンサルティング力向上」を自社の最優先課題としているため、口先だけのコンサルティング力アピールとは一線を画す実力。

アマゾン主催の年間エージェント表彰において毎年好成績を収めるなど、業界内での評価も高い転職サイトです。

クライス&カンパニーに登録する

外資系希望の人におすすめの転職サイト「JACリクルートメント」

求人数

6466件

非公開求人数

非公開

面談対応地域

全国(東京、名古屋、大阪、広島など)

特徴

外資系、グローバル転職に強み。業界、職種ごとの専門コンサルタントが在籍。

JACリクルートメントの特徴は、外資系や海外進出企業など主にグローバル転職を得意としているところ。
海外にも拠点があり、独自のグローバルネットワークをもっています。

グローバル転職の場合、日系企業への転職とは書類や面接のポイントも異なるため、専門知識をもつコンサルタントが必要。
JACリクルートメントであれば、英文レジュメのサポートが受けられたり、海外転職専門のコンサルタントが在籍しているため安心です。

コンサルタントは企業に直接訪問を基本としており、企業風土や事業戦略など入手が難しい情報提供をしてくれるのも魅力。
平日の夜遅くでも面談可能なので、仕事が忙しくて転職活動にかける時間がない人にもおすすめです。

JACリクルートメントに登録する

転職サイトを利用してヘッドハンティングを狙うなら「ビズリーチ」

求人数

33473件

非公開求人数

非公開

面談対応地域

全国(ただし、企業やヘッドハンターとの直接やり取りをおこなうためコンサルタントとの面談はない)

特徴

会員制のエグゼクティブ向け転職サービス。年収1000万円以上の求人に強み。

ビズリーチは、会員制のエグゼクティブ求人を取り扱う転職サイトです。
大きな特徴はヘッドハンティング型であること。
あらかじめ職務経歴書を登録しておくと、それを見たヘッドハンターや企業から直接スカウトオファーを受け取ることができます。

業界内では珍しい一部有料サービスですが、その分徹底的に質の高い求人にこだわっており、おもに年収1000万円以上の求人を扱っています。

無料のスタンダードプランもあるため効果を確認することも可能。

ヘッドハンティング型の場合は、どの程度スカウトがあるかによって自身の市場価値を判断することもできるため、まずは無料のスタンダードプランで試してみてもいいでしょう。

ビズリーチに登録する

30代フリーターからの就職!利用するべき転職サイト

「新卒で就職できずフリーターを続けてきてしまった。」「もうすぐ30代になるから将来が不安。」といった方には、下記の転職サイトをおすすめします。
正社員経験が不足しているからこそじっくり考えるための手助けが必要でしょう。

再就職に強い「JAIC」

JAIC(ジェイック)

求人数

非公開

非公開求人数

非公開

面談対応地域

東京、千葉、神奈川、埼玉

特徴

若年層向け就職支援に強み

JAICは、大手~中堅中小企業への社員研修を提供している会社ですが、企業とのパートナーシップを活かした就職支援もおこなっています。
既卒や第二新卒などの若年層に強みをもっているため、30代でフリーターから正社員への転職を目指す人にも向いています。

対面と電話との2種類の相談が選べ、再就職への不安や悩みに対して親身に相談に乗ってくれます。
次から次へと多数の求人を紹介する転職エージェントとは違い、無理な紹介をせずじっくり相談に乗ることをモットーとしています。

「本当に再就職できるのか。」「フリーター経験しかないのにどうすればいいのか。」といった漠然とした不安に向き合ってくれるでしょう。

JAICに登録する

女性の再就職なら利用したい「JAIC女子カレッジ」

JAIC女子カレッジ

求人数

非公開

非公求人数

非公開

面談対応地域

東京、大阪

特徴

若手女性に特化した就職支援をおこなう

同じくJAICがおこなう就職支援として、若手女性に特化した転職サイトであるJAIC女子カレッジもおすすめ。
フリーター、既卒、第二新卒など20代女性を専門としており、30代を目前にしてフリーターからの脱却をはかりたい女性に向いています。

未経験OKかつ正社員求人だけを厳選しており、正社員経験がなくても「育てよう」という意欲のある企業ばかり。
優良企業15社を書類選考なしで面接できるという、他にはないサービスを提供している転職サイトです。

そのほか、ビジネスマナーなどが学べる研修を受けることができたり、仕事内容や上司となる人の人柄など詳細な企業情報を手にいれることができたりと、手厚いサポートが受けられます。
スキルや経験を売りにした転職が難しい若手女性にとって心強い味方です。

JAIC女子カレッジに登録する

30代の確実な転職活動を支える転職サイトの活用法

30代の転職でも、まずは複数の転職サイトに登録をして転職活動に役立てていきましょう。
どの転職サイトに登録して、どのように活用するのかは転職活動の重要ポイントです。
30代の人が転職サイトを使う際の、賢い活用方法を紹介します。

30代ではキャリアに適した転職サイトを選ぶ

30代になると、社会人として多くの人に関わり、社会に存在している仕事の種類にもより詳しくなります。
20代から自分が経験してきたこと、続けてきたことの中で、何が得意なのか、何が好きなのか、これからどんな知識やスキルを深めていきたいのかということも定まりやすくなっているはずです。

10年前後の社会人生活の中で、働き方やプライベートについての理想も描けるでしょう。
そういう自分の希望がかなう求人の密度の高い転職サイトを選ぶようにしましょう。

年代や性別(特に女性)、業界や職種(営業やITなど)、年収範囲、管理職層などの職業レベルなどに対して、それぞれの転職サイトが「強み」となる特徴を持っていますから、自分の希望に合わせて厳選されることをおすすめします。

30代の転職活動が効率的になるだけでなく、求人案件個々の質も上がるはずです。

迷う人はまず大手転職サイトに登録

転職サイトの選択に迷う場合は、まずは、大手の転職サイトへの登録をおすすめします。
転職サイトのほとんどは無料で登録できますし、大手の転職サイトなら登録でリスクが発生する心配もないでしょう。
大手の転職サイトは、企業のニーズを全体的に網羅した案件を取り扱っているので、30代の求人もかなりの数を保有している確率が高いです。

また、大手の転職サイトは利用者数がとても多いので、転職サイトの使い勝手レベルが高いで使いやすさもおすすめの理由です。

キャリアアップを視野に入れる

一定のキャリアを積んでいる30代の転職では、ぜひ、キャリアアップを狙ってください。
仕事の質、ポジションのレベル、年収も含めて、今までよりレベルアップした仕事が狙えるはずです。

経験を活かしてできる仕事を探すことも大切ですが、現状維持はもったいない世代なのです。
経験を活かしてビジネスパーソンとしての価値の上がる可能性の高い転職を目指してみてください。

現在、30代の転職も、売り手市場といわれています。
時代の流れの風向きの助けも十分に借りて、自分を高め続けて行きたくなる企業を選びましょう。

スカウトやヘッドハンティングの活用

転職サイトを活用する際には、30代はスカウトやヘッドハンティングのサービスを積極的に受けられることをおすすめします。
30代の転職を成功させるには、自分だけの検索ではたとえ自分に納得がいったとしても、過小評価の転職に留まってしまいやすいです。

企業や転職サイトからのスカウトを受ける受けないに関わらず、スカウトの内容によって、自分の市場価値の幅を客観視できるでしょう。

またヘッドハンターとの交流は、転職する時期、しない時期に関わらず、30代の時期から徐々に始めておかれることをおすすめします。
プロの視点からの意見は、仕事をしていく中で大いに参考になるでしょう。

転職サイトと転職エージェントの違いは?

30代の転職活動でも、転職サイトと転職エージェントの違いをしっかり理解しておきましょう。
転職サイトは、求人の検索から応募、書類の提出、面接から入社までをすべて自分と転職先企業で直接やり取りをして進めるものです。
転職サイトに出ている案件は、企業が直接求人を出すこともありますが、提携先の転職エージェントが仲介しているケースもあります。

一方、転職エージェントは、自分の適性や能力にフィットする求人が紹介されるという特徴があります。
紹介される求人の中には、オンライン上に出ていない非公開の案件のことも多いです。
応募から入社まで、企業とのコンタクトはすべてエージェントが行ってくれるので、在職中の忙しい30代にとってはスムーズに転職活動が進められる有り難い存在になるはずです。

30代は熟考せよ!転職サイトと転職エージェント活用のポイント

30代以上の転職では、転職サイトよりも転職エージェントの活用に比重をおかれることをおすすめします。
もちろん、転職サイト上でも自分が応募したい案件は探せるかもしれませんが、ひとつひとつの案件に対しての深い情報を得ていくことが30代の成功転職の大きなポイントになるからです。

転職理由と自分の希望を明確にする

30代の今、自分が転職をする理由と、これから転職する企業に求めることや働き方などの希望を明確にしておきましょう。
20代のときの転職と比較すると、転職活動の中でも迷いや躊躇が増えます。
これまでに培ってきたものが大きければ大きいほどその確率は高くなるでしょう。

これからの転職活動をスムーズに進めていく自分の大切な指針や軸になっていくものです。
そしてサポートしてくれる転職エージェントのキャリアアドバイザーやヘッドハンターに自分の意向を的確に伝えるためにも、転職サイトへの登録などと同時に転職準備の段階で、じっくりと考えておくことをおすすめします。

転職エージェントの活用する重要度が増す

転職の重みが増す30代だからこそ、転職エージェントの活用がより重要になってきます。
これまでの経験とこれからの可能性を最大限に活用できる求人に出会うにはキャリアアドバイザーやヘッドハンターからの情報が必要です。
これだ!という案件に出会ったら、できるだけ高い確率で内定を取れるような情報収集と対策も可能になります。

自分だけにしかない強みや、企業が本当に求めている貢献を的確に見出し、応募書類を提出し、面接に臨む際のアドバイスも貴重な材料となるでしょう。

何よりも、企業が求めているものと、自分自身が求めるものがどれくらいマッチしているかを見極めるために求人広告では見えてこない企業の詳しい情報が30代の転職では欠かせないものとなります。

複数登録するといいのはなぜ?

転職サイトも転職エージェントも複数の登録をおすすめします。
複数登録するメリットは自分に合うかもしれない求人案件の数が増えるということです。
多くのエージェントが自分のエージェントだけが持つ限定案件を持っているものです。
複数の転職エージェントに登録することによって、より多くの求人に自分の経験を照らし合わせてもらうことができます。
自分では探すことのできない非公開求人も含めての紹介が受けられることもメリットです。
また一人のキャリアアドバイザーやヘッドハンターではなく、複数の人たちと接点が持てることもプラスです。

複数登録した際の注意点

複数登録した際の注意点としては、混乱しないように転職サイトやエージェント、キャリアアドバイザーやヘッドハンターをきちんと管理することです。
また、複数の転職エージェントから同じ求人案件が紹介される可能性もありますが、その場合は、必ず一つの転職エージェントに絞って応募するようにしましょう。
とても大切な選択となりますが、どのキャリアアドバイザーやヘッドハンターを介すかは自分の判断です。
企業も転職エージェントのキャリアアドバイザーからも信頼を失うことになるので注意しましょう。

転職サイトはこまめにチェックしよう

転職サイトもこまめにチェックして、自分でも検索を続けることが大切です。
それぞれのエージェントからの連絡などには丁寧に反応を示すようにしておきましょう。
決して、転職エージェントのキャリアアドバイザーに任せっきりにしないようにしてください。
目にした求人について疑問点があれば、すぐにキャリアアドバイザーに質問しましょう。
毎回の質問や相談の内容もキャリアアドバイザーに自分を知ってもらう貴重な接点になります。
前向きで熱心な活動は、キャリアアドバイザーにも響くもので、気にかけてもらえるようになるでしょう。

無料のツールやサービスを利用しよう

転職サイトは、業界の動向や求人トレンドなどは急ピッチで移り変わる情報の宝庫です。
転職活動に慣れている人にとっても情報を入手する格好の媒体とも言えます。
履歴書や職務経歴書についても添削サービスなどを活用して、客観的なアドバイスを受けてみてください。
作成する書類の印象を一段と良くすることができるでしょう。
面接の対策として、模擬面接を行ってもらうこともおすすめします。
効果的な面接の受け答えなどのノウハウも、きっと成功の転職を後押ししてくれるはずです。

条件交渉はしてもらうこと

転職先からの内定が得られたら、条件を良くするための交渉は行いましょう。
転職エージェントを通していれば、キャリアアドバイザーに条件の交渉をお願いすることができます。
キャリアアドバイザーやヘッドハンターは交渉も慣れているので、相談してみるのが賢明です。

30代転職の注意点!キャリアの方向性を見極める時期

30代で転職を考えるときは、30代の前半でも後半でキャリアの分岐点にいることを心にとめておきましょう。
30代での転職先としてどの仕事を選ぶかは、この先どんなキャリアを築き上げていくかに通じてきます。
30代以降になると方向転換がより難しくなることを頭に入れた仕事や企業を選んでいきましょう。

さらにキャリアアップできる可能性を追求

一定のキャリアを積んでいる30代の転職は、キャリアアップの可能性の高いチャンスでもあります。
転職の理由がどんなものであったとしても、転職では今より上を目指してみましょう。
30代の受け皿は十分にある転職市場なのです。
転職サイトで見つける求人内容、エージェントから紹介を受ける求人案件についても十分に吟味を重ねましょう。
自分を過小評価したり、現状維持に留まる転職をできるだけ防ぐためにも、転職エージェントのサービスを最大限に活用していってください。

未経験ならラストトライの覚悟を!

30代の転職で未経験職種に挑戦することを視野に入れている人は、未経験はラストトライのつもりで選んでいきましょう。
未経験といっても、今まで培った経験にプラスすることで自分の価値を上げる自信のあるものに挑戦してくださいね。
5年後、10年後にさらなるステップが踏めるように頑張っていきましょう!

30代は転職サイトを活用して最高のキャリア転機に!

30代の転職活動では、求人案件を見つけること自体は難しくないかもしれません。
大切なのは、自分も自分の将来のキャリアも高められる転職先を見つけるということです。
自分だけでは自分にマッチする案件、自分が狙える範囲の案件、さらに十分な情報を得ることは難しいでしょう。

転職サイトや転職エージェントを存分に活用して、自分らしい確実なキャリアを築いていってください!

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

正社員になりたい派遣社員へ。派遣社員から正社員を目指す人の転職活動方法とは

派遣に比べると、正社員は雇用が安定しており、給与や待遇面でも恵まれていることが多くなります。 正社員になりたい […]

続きを読む

派遣先を辞めたい理由と対処法。契約途中で派遣を辞めるときは慎重な対応を!

契約期間が決まっている派遣は、契約途中で辞めることのハードルが高い働き方です。 とはいえ、「どうしても契約途中 […]

続きを読む

7月時期の特徴とポイントを徹底解析

転職をすると決めたら時期ごとの特徴を抑え、それをふまえた対策を行いましょう。 7月は転職するうえでどのような時 […]

続きを読む

3年目の転職。「とりあえず3年」が過ぎた人へ転職のすすめ

新卒で入社した会社もそろそろ3年。 入社時に抱いていた希望とは大きくかけ離れている現実に悩みを抱えていないでし […]

続きを読む

30代前半で転職をする人は必見の転職活動のポイントまとめ

30代前半で転職を考えるなら、転職活動前の準備をしっかりと行い効率的な転職活動を進めていきましょう。 30代前 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

3

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

6

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

続きを読む

8

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

続きを読む

9

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

3

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

6

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

8

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

9

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

もっと読む

ピックアップ特集