こんな働き方はいかが?週3で介護のパートのお仕事

こんな働き方はいかが?週3で介護のパートのお仕事

増え続ける高齢者のための介護の仕事は、身体的にきつい、給料が安いなどのイメージがあります。
しかし、週3介護のパートはとても効率的に稼ぐことができることをご存じでしょうか?
施設や働き方にもよりますが、介護のパートで週3程働けば、他のアルバイトよりも稼ぐことができるでしょう。

そこで、介護のパートでの賢い働き方を紹介します。
介護業界に興味があり、効率的に働きたい人は参考にしてください。

週3から始めるパートの介護職

そもそも週3の介護の仕事とはどのような仕事なのでしょうか?介護の仕事は、働く施設によって変わってきます。
週3の特養老人ホームや有料老人ホームの仕事は主に入居者の食事や入浴、レクリエーションなどの手伝いなど。
デイサービスの仕事は、在宅介護や送迎が中心で夜勤が無いのが特徴です。

それぞれ施設によって働き方が変わってきますが、介護の仕事では、フルタイムと週3で働くパートやアルバイトでは、どちらが効率的に働くことができるでしょうか。
それぞれ解説します。

週3のフルタイムとパートはどっちが働きやすい?

介護の仕事では正社員のようなフルタイムで
働いた場合、夜勤の仕事が伴うためシフト制で働くことが多いようです。
また、急な出勤を頼まれる事も多く、土日や決まった休日をとりたい人は向いていません。

一方で週3の介護のパートやアルバイトは色々な働き方に対応できるでしょう。
人手不足の介護業界ではパートやアルバイトの採用に積極的な企業や団体も多く、週3日程度の仕事や短時間のみ仕事もたくさんあります。
飲食店やコンビニエンスストアなどのアルバイトよりも時給が高い求人もあるので、週3働くだけでも効率的に働けるでしょう。

まずは週3のパートかアルバイトから始めてみよう

いくら求人が多い介護業界でも未経験の人が、いきなりフルタイムで働くのは抵抗があるでしょう。
介護業界に興味があるならまずは週3日程度から介護のパートを始めてみませんか?
週3の介護のパートやアルバイトと正社員などのフルタイムの人の違いは、責任の重さの違いです。

どちらも人の命を預かっていると言う意味では責任は同じですが、正社員の場合は、身体的な介護の仕事の他にも報告書やケアシートなどのパソコン入力業務や研修などの参加、急な事態が起きたときの出勤などが伴います。
純粋に福祉や介護に専念したい人は負担が大きいでしょう。
介護業界が初めての人は、週3くらいからできるパートやアルバイトの求人を探して、施設の雰囲気を掴んでみましょう。

週3デイサービスは働きやすい

週3介護のパートで始めやすいのはデイサービスの仕事。
デイサービスとは、介護が必要なお宅に訪問して、手洗い、うがい、体調確認、生活サポート、衣服の整理、調理、洗濯、生活必需品の買い物、薬の受け取りなどを行います。

夜勤が伴う介護の仕事ですが、デイサービスで働くスタッフは主に日中に働いています。
特別な資格を持っていなくてもできる求人もあるので、週3日程度からデイサービスで働ければ介護の仕事の雰囲気が掴めるでしょう。

週3でパートの介護職は主婦にオススメ

週3の介護のパートやアルバイトは主婦にオススメの仕事です。
子育てが一段落した人や空いた時間を有効活用したい人はやりやすいでしょう。
一番の理由は、様々な時間に対応できる求人が多いこと。
なかには早朝や深夜のみの求人があるので、少しでも家計の足しに働きたい人は、週3程度で働いてみるのがオススメです。

週3の求人が多いので職場を選びやすい

週3の求人が多い介護業界は特養老人ホームや有料老人ホーム、福祉介護施設、デイサービス、グループホームなどたくさんの職場を経験することができます。
それぞれの施設によって特徴が違いますが、要介護の認定度が高く、深夜を勤務を伴う仕事を経験したいのであれば特養老人ホーム。
認知症や知的障害の介護を経験したければグループホームや介護福祉施設など自分に合った施設を選いうことが可能です。

介護経験者は優遇される

他の仕事と同じように、介護のパートやアルバイトは経験者が優遇されます。
人の命を扱う仕事であるため、仕事には細心の注意が必要です。
初心者よりも長年介護の仕事をした人のほうが、新人の正社員よりも信頼される職場が多いでしょう。
いくら求人が沢山あると言っても、何度も職場を変えるより、ある程度同じ所で経験を積んだ方が、次のステップにつながりやすいかもしれません。

将来介護業界で働きたいなら週3のパートで経験を積もう

週3で介護のパートをやっていれば、介護業界でフルタイムや正社員で働いてみたいと思う人がいるでしょう。
しかし、いきなり正社員に挑戦する前に週3のパートやアルバイトの時に充分な経験とホームヘルパーや介護福祉士などの資格をとっておきましょう。

充分な経験や資格がなくいきなり正社員になってしまえば、雑務に追われて資格をとることは大変です。
正社員よりも責任が少ない週3のパートやアルバイトの時に必要な経験や資格をとっておけば、正社員になれたときに良いスタートダッシュができるはずです。

週3のパートの介護職でオススメの施設

週3で介護のパートで働くときのオススメの施設を紹介します。
介護のパートで働く人のなかにも、なるべく効率的に稼ぎたい人や自分に合った仕事がしたい人など目的が違います。
それぞれの目的合わせたオススメの施設を解説します。

週3の夜勤のある職場でしっかり稼ぐ

週3日程度早朝や深夜しか働く時間がとれない人は夜勤を伴う特養老人ホームや有料老人ホームの仕事が向いています。
比較的時給が高い介護のパートでは深夜や早朝の仕事は割増賃金が発生して、週3で働いたとしても効率的に稼げるでしょう。
施設のなかで一番忙しくなる夕食や朝食の支度の準備や深夜の見回りなどが主な仕事ですが、特別な資格が必要とされない求人もあり初心者でもできる仕事があります。

週3日昼間働きたいならデイサービス

夜勤に抵抗がある人はデイサービスがよいでしょう。
デイサービスは朝や夕方の短時間のみの仕事もあり、隙間時間を有効活用したい人には向いている仕事です。
在宅介護や介護施設の送迎などの仕事が中心で、家族の介護経験をしたことがある主婦などはその経験を活かせるのではないでしょうか。

スタッフが多い職場を選ぼう

働く人の生活スタイルに合わせやすい介護のパートですが、より良い職場を選ぶためのコツがあります。
それは、スタッフの人数が多い施設を選ぶこと。
融通が聞きやすい介護のパートでも、人手不足が問題となっている介護業界では必要最低限のスタッフで運営している施設が多くあります。
ギリギリの人数の職場ではそれだけパートの負担も大きくなり、急な出勤をお願いされるケースがあるかもしれません。
求人の情報を見て、施設の規模のわりに人数が少ない職場は避けるようにしましょう。

週3のパートの介護職は職場選びが大切

いかがでしたか?週3で働く介護のパートの働き方を紹介しましたが、大切なことは求人の情報をしっかり見極めて、自分の目的に合った施設を選ぶことです。
様々な条件がある介護業界で働くときに、こんなはずではなかったと思わないように、週3の介護のパートでどのようなことを求めて働くのかはっきりさせておきましょう。
社会的に注目を集めている介護業界で効率的に働いてみませんか?

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

介護派遣の単発の仕事ってどうなの?疑問を徹底解決

介護の仕事には色々な働き方がありますが、単発派遣もそのひとつです。 介護派遣、しかも「常勤」ではなく「単発」と […]

続きを読む

年俸制の場合の残業代について

給与制度の中でも、近年多くの企業が取り入れるようになってきているのが年俸制です。 読んで字のごとく1年間で支払 […]

続きを読む

求人を検索するためにも知っておきたい職種と業種の違い!

普段の暮らしでは、職種や業種についてはあまり意識しませんよね。 そのため、職種と業種の違いについて「わからない […]

続きを読む

京都府京都市でオススメの派遣登録会社とは?

今回は、京都府京都市でオススメの派遣登録会社について紹介します。 働くなら、愛着のある街がいいですよね。 そん […]

続きを読む

雇用形態欄に書かれている業務委託とは

企業の人件費削減や働き方の多様性の広がりなどの影響もあってか、業務委託という契約形態を取る仕事の求人が増えてき […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

5

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

6

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

7

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。特にテンプレートに「特 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

10

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

ピックアップ特集

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

5

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

6

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

7

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。特にテンプレートに「特 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

10

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む