月曜日の憂鬱を解消するみんなの仕事術

月曜日の憂鬱を解消するみんなの仕事術

日曜日の夕方から憂鬱になるという人は多いようですね。
解放された休みが終わってしまうのは残念ですが、できれば次の日の月曜日は快適な気分で仕事に着手したいもの。
一週間のスタートの気持ちを整えるためのビジネスパーソンの考え方や対策を紹介します。

みんなも?! 月曜日の憂鬱を感じる社会人

「あー休みが終わってしまった、また明日から仕事か~、辛いな~」気になるのは最後の一言。
日曜日の夕方に放送されるテレビ「サザエさん」の名をとってサザエさん症候群という言葉もありました。
人によって程度の差があるようですが、現在でも月曜日が近づくことに憂鬱感を感じる人は少なくありません。
月曜症候群、ブルーマンデー症候群と呼ばれるようにもなっているようです。

誰もが経験している月曜憂鬱症候群

休日というのは、仕事での張り詰めた心境や環境から解放されますよね。

そんな休みのあと、月曜日が待ち遠しくてたまらない!月曜日が大好き!という声はあまり聞かれません。
とてもリラックスした時間を過ごしたり、気心の知れた友人たちと存分に楽しい時間を過ごせた人ほど、仕事というもうひとつの現実とのギャップを感じることでしょう。
日頃の仕事の状況が影響している人もいて、その憂鬱感の程度や身体への症状はさまざまのようですが、誰でも感じた経験があるものです。

月曜日の憂鬱は、あとを引きがち

ただ、月曜日の憂鬱感をうまくコントロールしないと、続く週の残りの日にも影響が及んでしまいがち。

月曜日のブルーな心境に負けずに、ビジネスパーソンとして適切に対処していくことが大切です。
ストレスを増やすスパイラルに陥ってしまうことを防ぎましょう。

月曜日の憂鬱の事前対策や解消術

憂鬱な月曜日を乗り切るための対策は、休みに入る前、休み中にも行うことができます。
やるかやらないかで大きな差が出てくるかもしれません。
社会人の皆さんがどのようにして憂鬱になりがちな月曜日を乗り切っているのか、その対策を見ていきましょう。

休み前にできる月曜対策

月曜日の朝に行う簡単な単純な軽作業を決めて用意しておきましょう。
いつもの仕事のペースを取り戻すためのウォーミングアップとして有効です。
集中力やエネルギーのブースターとなるでしょう。
やっているうちに、いつもの働くペースを取り戻している人はたくさんいるようですよ。

日曜の朝もいつもの時間に起きる

月曜日が憂鬱になる原因は、単に精神的なストレスだけではありません。
日曜日にお昼すぎまで寝ていると体内時計が狂ってしまうようです。
日曜の夜から、月曜の朝にかけての睡眠に影響し、よく眠れなかったことからの疲労感。
これも、月曜の朝に気持ちを沈ませる原因のひとつです。
会社に行っても、だるくてやる気が出なかったり、昼間に猛烈な眠気に襲われてしまうことも。

体内サイクルの維持には、休みの日も、平日と変わらない時間に起きて活動を開始するのがおすすめです。
身体が疲れていても、朝は一度起きて活動し、リラックスする時間を取ったり、お昼寝で充電することが得策。
身体のコンディションを保つことは、月曜日を乗り越えるキーとなる条件かもしれません。

日曜の夜は夜更かしをしない

日曜日の夜もしっかり睡眠をとって、翌朝のベストコンディションを目指しましょう。
そのためには、日曜日に適度な運動になる活動を行うこと。
お散歩や掃除や洗濯などで体を動かす程度でもいいでしょう。

睡眠不足は、思っているより仕事に大きく影響してくるものです。
仕事の進み具合が遅れたり、注意力が散漫になってミスを重ねてしまう可能性は高まりますよね。
それがストレスになって、火曜日、水曜日と続く後日の負担を大きくしないようにしましょう。

大きな仕事を休み明け設定にしない

月曜の憂鬱を防ぐため、重要な仕事や会議を入れないようにしている人も多いようです。
大事が控えていると、月曜日の存在がさらに重くなってしまいますよね。
そもそも心身共にブルーな可能性のある月曜の朝。
不調なときに頑張ろうとしても良い成果は生み出せないものです。

月曜日の憂鬱を乗り切る当日対策や週対策

週の始まり、月曜日。
何とか自分に喝を入れつつ、仕事の生活に戻ります。
月曜日にブルーになりがちな人は、その当日は、どのように過ごすのが得策でしょうか。

休み明けはダッシュしない

頑張らなければ!と意気込んで突っ走ってしまうと自分で負荷を上げることになります。
そうでなくても、やるべきことは、減りも無くなりもしません。
淡々とこなしていると、頑張らなければ!がなくても近いうちに調子も上がってくることもあります。
心身はしっかり覚えているもので、無理して意気込むと、来週にもブルーを感じる可能性が高いようです。

月曜日の楽しみを見つけるOR作る

ブルーな気分を払拭するために、月曜日に楽しみを設定する人も意外に多い様子。

例えば、
お気に入りのコーディネートをするオシャレ心で気分を上げる。
新しいランチのお店を検索してお昼休みに行くことを楽しみにする。
仕事帰りに同僚を誘って、見たかった映画を見に行く。
話題のスイーツのお店に行くことにする。
月曜日ではなく、週の中頃にお楽しみを入れる人もいるようです。

気が乗らなくても基本の生活習慣を重視

ブルーだから、だるいからと規則正しい習慣をないがしろにすると、ますます調子が出なくなるもの。
朝食を毎日摂っている人なら、食欲を感じなくてもしっかり食べることでエネルギーがチャージされます。
朝食はいつも摂らないなら、余裕を持って出勤して自分ペースで仕事を開始してみてもいいでしょう。
月曜の朝、敢えて早起きをしてジョギングやウォーキングを習慣にしている人もいるようです。
そんなことブルーな朝に無理!と思うかもしれませんが、毎日のスタイルを習慣で整えることが、月曜日の不調に対する耐性づくりにも役立つんですよ。

明るい話題に触れる

月曜憂鬱症候群、ブルーマンデー症候群などは、軽度のうつ症状とも言われています。
いずれにしても、気持ちが下がるときですよね。
休みの日に動きたくないと、テレビのニュースなども目に入る確率も高まるでしょう。
調子が悪いと、インターネットでもその調子の悪さについての話題を検索しがちでは?
何とかしたい!気持ちは分かりますが、そんな状態のとき、ネガティブな話題に触れるとうつな気分を助長してしまうようです。

できるだけ、感動するいい話、声を出して笑えるような話題、モチベーションを上げてくれるような話に触れるように心がけてみてください。
きっと、その間は仕事のことが頭からすっぽり抜けていたことを実感できるはずです。
せっかくのお休みの日には、明るく過ごして、次の週の英気を養いましょう!

月曜日が憂鬱なら無理せず淡々とこなす

月曜日に感じる憂鬱への対策は、ストレス対策でもあります。
放っておくと、心も身体も疲弊するばかり。
切り替える!と気負わずに、仕事上のストレスを増強させないことを第一歩として考えることが最善策かもしれません。
ひとつでも、試してみて効果のある対策に出会ってもらえたら幸いです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています