転職したいと思うけど年齢的にどうなの?40代の有利な転職活動って?

転職したいと思うけど年齢的にどうなの?40代の有利な転職活動って?

転職するなら35歳までとよく言われますが、40代で転職を考えた場合厳しいことばかりでしょうか?
全く未経験の分野への転職は40歳を過ぎると難しいでしょうが、それまでに身につけたスキルや実績を活かせる転職もあります。
40代で転職を成功させるポイントについて考えてみましょう。

転職活動で気になる自分の年齢

転職しようと考えたとき、30代と40代では大きく条件が変わってくるのは事実です。
雇用対策法10条により年齢によって応募資格を制限したり、採否を決定することは禁止されているので、募集要項には年齢不問とされていますが、実際は35歳以下を希望する企業が多いものです。
しかし、40代で転職が全く無理ではありません。

年齢を意識した上での転職活動とは

40代が20代30代と同じような職種に就こうと思ってもほとんど採用はしてもらえないと考えるべきです。
企業は40代の人にはそれなりのスキルを求めるものです。
あなたがどんなことでもやると思っていたとしても、未経験の仕事を40代から覚えるのは大変ですし、40代であれば家庭もあるでしょうから今より収入が大幅に減ってしまうので、転職はリスクでもあります。
40代で初めての転職となるとなかなか自分の市場価値をわかっていなかったり、面接や採用試験の対策もできてなかったりします。
40代で転職活動する上で最も大切なことは、自分の市場価値を理解しその市場にあった企業に応募することです。

求人情報をしっかり読み取る

若い年代を求めている企業だけではありません。
最近は40代以降の転職を支援するサイトも増えています。
まずはそのような求人サイトをいろいろ検索し、40代を採用してくれる企業はどんなところがあるのか、どのような職種が多いのか、それらは自分のスキルとマッチするのかよく見極める必要があります。

自分の年代で求められる仕事が何なのか把握する

企業が40代に求めることは即戦力になる人材であり、すぐに会社に貢献する実績を上げてくれることです。
技術や知識を若い社員に教育指導できることや、組織のマネージメント能力や管理能力も求められます。また、それまでの営業力や人脈を期待されることも。
つまり、業界や仕事内容に精通した蓄積された経験と知識が求められるのです。
しかしだからと言って、過去の実績や経験ばかりにとらわれて新しい発想のできない人や、転職先の企業のやり方になじめない人は敬遠されるでしょう。

40代の転職活動のポイント

40代の転職活動のポイントとして短期間で転職を成功させることが上げられます。
そのためにはなるべく多くの転職に関する情報を集めましょう。
ネットでの検索はもちろん、ハローワークの活用、知人からの紹介など使えるものはどんどん使いましょう。
漠然と情報を集め、転職できたらいいなという考えではいつまでたっても転職は叶いません。
2か月後には転職するなどゴールを決めて、それに合わせて就職フェアや説明会への参加などのスケジュールを組み、履歴書・職務経歴書の作成や面接・採用試験の準備をしましょう。

専用転職サイトをおおいにに活用

まだ前職の仕事をしながらの転職活動では時間的制約もありますし、なかなか思うようには進められないでしょうから、転職サイトを利用するといいでしょう。
自分の経験や実績、スキルをできるだけ詳しく転職サイトに登録しておくことによって、コーディネーターからの連絡も多くなってきます。
コーディネーターからのアドバイスももらえます。
多くのコーディネーターから紹介されればより希望に沿った企業に転職できる可能性が増えます。

豊富な経験やスキルをプッシュ

転職サイトへの登録項目で自分の経歴やスキルを詳しく入力することも大切ですし、採用試験や面接に備えて実績や経歴をアピールした履歴書や職務経歴書を作成しておきましょう。
面接まで漕ぎ尽きた場合は臆することなく、自分の豊富な経験、実績、これからその企業に貢献できることをアピールして、自分を採用しないと損ですよと思わせるようプッシュしましょう。

条件や待遇に強くこだわらない

40代の転職を考える理由としては、さらなる年収のアップを期待してということもあるかと思いますが、待遇や条件ばかりに拘っていると自分にマッチした転職先も逃しかねません。
最低限の希望を伝えることは大切ですが、ヘッドハンティングでもない限り、今よりも多少収入が減ってしまう覚悟も必要です。
最初は下がっても、転職した先で実力を発揮できればそこからの収入アップも期待できるでしょう。

人手不足の業種をチェック

なるべくいい企業、名の知れた企業に転職したいという気持ちがあるかと思いますが、40代の転職では理想を追い求めていたのでは失敗します。
小さな会社でも優良な企業は多くありますし、若い人には不人気な業種であっても40代にニーズがある企業もあります。
業界的に人手不足の企業に目を向けてみるのも一つです。

何歳であっても、やる気が成功の鍵

40代で転職を考えるにはさらに自分をスキルアップさせたいという理由ばかりでなく、今いる会社が倒産しそうであったり、不況でリストラにあったりという場合もあるかと思います。
どんな理由であっても40代の転職は厳しいという覚悟は必要ですが「40代だからダメなんだ」というマイナス思考でいるとさらに転職は難しくなります。
転職をすると決めたからには、自己分析をしっかりし、自分にあった市場を見つけそこで何としても成功するという強い思いを持ちましょう。
若くても中高年でもやる気のない人は採用されません。
40代だかと言ってあきらめずやる気を見せて転職活動に励んでください。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

職務経歴書がフリーターにとっても大切な理由とは?フリーターの職務経歴書の書き方について

フリーターからの正社員を諦めている方はいませんか。フリーターでも、熱意を持って職務経歴書を書けば、立派なアピー […]

続きを読む

東京都渋谷区での女性の正社員事務への転職をおすすめしてみる

東京都渋谷区で働きたい女性が、正社員事務に転職するために使うべき転職サイト・エージェントをおすすめします。 こ […]

続きを読む

退職までの期間について就業規則を厳守すべきか

転職活動で、次の会社が決まったとき、前の会社の退職日をいつにしたらいいのか?と考えることがあるため、会社の就業 […]

続きを読む

意外に間違って使ってない?職種と業種の違いとは

求人票に掲載されている「職種」と「業種」の違いは分かりますか? 面接時にも、質問されることも多い「業種」と「職 […]

続きを読む

派遣の3年ルールとは?派遣社員「3年の壁」概要と例外を解説

派遣社員には「3年の壁」と呼ばれるルールがあります。 不安定と言われる派遣社員だからこそ、3年経つと何が変わる […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト