転職したいと思うけど年齢的にどうなの?40代の有利な転職活動って?

転職したいと思うけど年齢的にどうなの?40代の有利な転職活動って?

転職するなら35歳までとよく言われますが、40代で転職を考えた場合厳しいことばかりでしょうか?
全く未経験の分野への転職は40歳を過ぎると難しいでしょうが、それまでに身につけたスキルや実績を活かせる転職もあります。
40代で転職を成功させるポイントについて考えてみましょう。

転職活動で気になる自分の年齢

転職しようと考えたとき、30代と40代では大きく条件が変わってくるのは事実です。
雇用対策法10条により年齢によって応募資格を制限したり、採否を決定することは禁止されているので、募集要項には年齢不問とされていますが、実際は35歳以下を希望する企業が多いものです。
しかし、40代で転職が全く無理ではありません。

年齢を意識した上での転職活動とは

40代が20代30代と同じような職種に就こうと思ってもほとんど採用はしてもらえないと考えるべきです。
企業は40代の人にはそれなりのスキルを求めるものです。
あなたがどんなことでもやると思っていたとしても、未経験の仕事を40代から覚えるのは大変ですし、40代であれば家庭もあるでしょうから今より収入が大幅に減ってしまうので、転職はリスクでもあります。
40代で初めての転職となるとなかなか自分の市場価値をわかっていなかったり、面接や採用試験の対策もできてなかったりします。
40代で転職活動する上で最も大切なことは、自分の市場価値を理解しその市場にあった企業に応募することです。

求人情報をしっかり読み取る

若い年代を求めている企業だけではありません。
最近は40代以降の転職を支援するサイトも増えています。
まずはそのような求人サイトをいろいろ検索し、40代を採用してくれる企業はどんなところがあるのか、どのような職種が多いのか、それらは自分のスキルとマッチするのかよく見極める必要があります。

自分の年代で求められる仕事が何なのか把握する

企業が40代に求めることは即戦力になる人材であり、すぐに会社に貢献する実績を上げてくれることです。
技術や知識を若い社員に教育指導できることや、組織のマネージメント能力や管理能力も求められます。また、それまでの営業力や人脈を期待されることも。
つまり、業界や仕事内容に精通した蓄積された経験と知識が求められるのです。
しかしだからと言って、過去の実績や経験ばかりにとらわれて新しい発想のできない人や、転職先の企業のやり方になじめない人は敬遠されるでしょう。

40代の転職活動のポイント

40代の転職活動のポイントとして短期間で転職を成功させることが上げられます。
そのためにはなるべく多くの転職に関する情報を集めましょう。
ネットでの検索はもちろん、ハローワークの活用、知人からの紹介など使えるものはどんどん使いましょう。
漠然と情報を集め、転職できたらいいなという考えではいつまでたっても転職は叶いません。
2か月後には転職するなどゴールを決めて、それに合わせて就職フェアや説明会への参加などのスケジュールを組み、履歴書・職務経歴書の作成や面接・採用試験の準備をしましょう。

専用転職サイトをおおいにに活用

まだ前職の仕事をしながらの転職活動では時間的制約もありますし、なかなか思うようには進められないでしょうから、転職サイトを利用するといいでしょう。
自分の経験や実績、スキルをできるだけ詳しく転職サイトに登録しておくことによって、コーディネーターからの連絡も多くなってきます。
コーディネーターからのアドバイスももらえます。
多くのコーディネーターから紹介されればより希望に沿った企業に転職できる可能性が増えます。

豊富な経験やスキルをプッシュ

転職サイトへの登録項目で自分の経歴やスキルを詳しく入力することも大切ですし、採用試験や面接に備えて実績や経歴をアピールした履歴書や職務経歴書を作成しておきましょう。
面接まで漕ぎ尽きた場合は臆することなく、自分の豊富な経験、実績、これからその企業に貢献できることをアピールして、自分を採用しないと損ですよと思わせるようプッシュしましょう。

条件や待遇に強くこだわらない

40代の転職を考える理由としては、さらなる年収のアップを期待してということもあるかと思いますが、待遇や条件ばかりに拘っていると自分にマッチした転職先も逃しかねません。
最低限の希望を伝えることは大切ですが、ヘッドハンティングでもない限り、今よりも多少収入が減ってしまう覚悟も必要です。
最初は下がっても、転職した先で実力を発揮できればそこからの収入アップも期待できるでしょう。

人手不足の業種をチェック

なるべくいい企業、名の知れた企業に転職したいという気持ちがあるかと思いますが、40代の転職では理想を追い求めていたのでは失敗します。
小さな会社でも優良な企業は多くありますし、若い人には不人気な業種であっても40代にニーズがある企業もあります。
業界的に人手不足の企業に目を向けてみるのも一つです。

何歳であっても、やる気が成功の鍵

40代で転職を考えるにはさらに自分をスキルアップさせたいという理由ばかりでなく、今いる会社が倒産しそうであったり、不況でリストラにあったりという場合もあるかと思います。
どんな理由であっても40代の転職は厳しいという覚悟は必要ですが「40代だからダメなんだ」というマイナス思考でいるとさらに転職は難しくなります。
転職をすると決めたからには、自己分析をしっかりし、自分にあった市場を見つけそこで何としても成功するという強い思いを持ちましょう。
若くても中高年でもやる気のない人は採用されません。
40代だかと言ってあきらめずやる気を見せて転職活動に励んでください。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています