派遣会社を選ぶなら注意することはあるの?

派遣会社を選ぶなら注意することはあるの?

結婚や出産などで離職したがまた働きたい人、アルバイトではなく社員として働きたいと思っている人など、まずは派遣会社に登録して転職のチャンスを待つという方法があります。
契約社員より派遣からのほうが正社員になりやすいとも言われています。
そこで、派遣会社を選ぶ際のポイントについてご紹介します。

何を重視する?派遣会社の選び方

派遣会社には、全国に支店がある大手派遣会社や地方の企業に特化した中小の派遣会社、特殊な業種を専門に扱う専門業務の派遣会社などがあります。
大手の中には、様々な業種を扱う独立系の派遣会社と、子会社として設立された資本系の派遣会社があります。
このような多くの派遣会社の中から何を重視して選べばいいのか迷ってしまいますが、まずは次の点にポイントを置いて選んでみると良いでしょう。

希望に合った職種の仕事を持っている

事務職で仕事を探しているのに、営業職の案件しかないとか、専門職ばかりのところに登録したところでいつまで経っても就職にはつけません。
大手の派遣会社であれば幅広い職種の案件を紹介してもらえる可能性が高いです。
同じ事務職でも様々な業界の事務職を紹介してもらえます。
自分の就きたい業界が決まっている場合は、大手の資本系がおススメ。
例えば金融系で働きたいのであれば、銀行系の派遣会社へ登録するほうが近道と言えます。
地元密着の派遣会社であれば、登録者の数も多くはないので早めに紹介してもらえる可能性があります。
医療などの専門の資格を持っているのであれば、その分野専門の派遣会社へ登録しましょう。

たくさん仕事を紹介してくれる

登録はしたけれど全然紹介されないというケースもあります。
多くの案件、職種をもった派遣会社であればあなたの希望する仕事をどんどん紹介してくれるでしょう。
紹介された数件の中からあなたに合ったところに派遣されるのが理想的です。
地方の中小の派遣会社だと一件の紹介で決めてほしいというところも多いです。
できれば数件の仕事を紹介してくれる派遣会社に登録しておきたいもの。
派遣会社のホームページで求人を検索してみると希望の案件がどれくらいあるかある程度わかるかと思います。あまり案件が公開されていないようなら要注意です。

親身に相談に乗ってくれる担当者がいる

派遣会社に登録すると、コーディネーターもしくは営業担当の方と希望する職種などについての話し合いがあると思います。
コーディネーターや営業の人が少ない中小の派遣会社では、なかなか登録スタッフ一人一人に時間をとってもらえない可能性も。
派遣会社の担当者とのやり取りが十分にできないと、あなたの希望する仕事をなかなか紹介してもらえません。
あなたから積極的にコンタクトをとることも必要ですが、話してみて親身になってくれないようなら違う派遣会社に登録した方がいいでしょう。
派遣会社の担当者とうまくコミュニケーションが取れれば優先的に仕事を紹介してもらえることにもなります。

福利厚生が充実している

福利厚生は正社員のみと思いがちですが、派遣であっても登録する派遣会社によっては、厚生年金・健康保険・労働保険などに加入できるようになっています。
また健康診断を受けさせてもらえる派遣会社もあります。
大手派遣会社であれば、独立系、資本系共に福利厚生が整っている会社が多いです。
一方地方の小さな派遣会社の場合、福利厚生を期待できないところも多いので、登録時にチェックする必要があります。

キャリアアップにつながる研修を実施している

大手の派遣会社の場合、登録すると様々な研修を受講することができます。
エクセルやワードなどのパソコンのスキルアップ、TOEICなどの語学学習がe-ラーニングで学べるコースがある派遣会社も。
ビジネスマナーや専門職のメニューをインターネットで学べるシステムがある会社もあります。
派遣される前だけでなく就業中でも受講できるようになっており、次へのステップアップにつながるでしょう。
研修制度を大いに利用しスキルアップするのもひとつの方法なので、そのような制度gふぁあるか登録前に確認してみましょう。

経営がしっかりしている

大手派遣会社であれば必ず派遣事業許可を受けていますが、地方の小さな派遣会社の場合、許可を受けずに営業している会社も近年多くなっているので注意が必要です。
登録して仕事に就いたものの、給料が払われないうちに派遣会社自体がなくなってしまったというケースもあります。
必ず登録前に派遣事業の許可を受けているか確認しましょう。

こんなことに注意しよう

福利厚生や研修の有無や担当者の良し悪しの他にも、次のことにも注意しておく必要があります。
時給や交通費の有無、労働時間や残業の有無などの労働条件も確認しておきましょう。

交通費の有無

アルバイトで働く場合交通費支給のところもありますが、多くの派遣会社では交通費の支給がされないところが多いようです。
その分パートやアルバイトよりも時給が高く設定されているわけですが、勤務先が自宅から遠い場合交通費が高くついてしまう可能性も。
登録時に交通費の有無の確認も必要ですが、派遣先の会社を決めるときに交通費がどれくらいかかるかを考えておく必要もあります。

労働条件が希望に合っているか

派遣の場合、時間はきっちりと決められていて残業はないというイメージがあります。
残業はしたくないという理由で派遣を選ぶ人もいるでしょう。
ただし、派遣された会社によっては残業ありの場合もでてきますので、登録時に労働時間や残業の有無、残業した場合の時給などの労働条件をしっかり確認しておきましょう。

希望に合った派遣会社を見つけたら

まずはネットで派遣会社を検索して、自分の希望にあう派遣会社を探しましょう。
希望の仕事を紹介してくれそうな派遣会社を見つけたら、まずは口コミなどの評判を確認し、その後登録することをおススメします。

口コミや評判をリサーチする

サイトには派遣会社に関する口コミ比較などの各派遣会社の評判が点数で評価されているものがありますので、それらをみて自分が希望する派遣会社はどうなのかリサーチしておきましょう。

ひとつではなく複数の会社に登録する

リクルートワークス研究所の調べによると、一人当たり派遣会社への登録数は3.9社だそうです。
なるべく早くしかも希望に合った仕事に就くためにも、登録は複数の派遣会社に登録することをおススメします。
大手の方が紹介案件は多いでしょうが、中小でも安定した会社は多くあります。
独立系・資本系、地元密着系といろんな形態の派遣会社への登録をしておけば仕事が見つかる可能性も高くなるでしょう。

まずは登録、連絡を待ってみよう

派遣会社の登録は会社に出向いて登録するところと、WEBで登録ができるとことがあります。まずは、いくつかの会社に登録してみましょう。
WEB登録であればその後連絡があるはずですし、会社で登録した場合はその時にいろいろ話を聞いて確認しましょう。
今までの職歴やスキルなど、詳しい情報を登録しておいた方が連絡が早く来ますので、自己分析も登録前に行っておきましょう。自分に合った派遣会社も自然とわかってきますよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています