計画的な転職を!転職活動スケジュールの立て方と効率よく進めるポイント

計画的な転職を!転職活動スケジュールの立て方と効率よく進めるポイント

平均3~6ヶ月と言われる転職活動期間。
その一方でなかなか転職先が見つからず、1年以上かけて転職する方もいます。
転職活動を効率よく進めるためにも知っておきたい、転職計画の立て方を紹介します。

転職活動は計画性が大事!計画的な転職のメリット

衝動的に会社を辞めるよりも、当然ながら、計画的に進めた方がよさそうというのは誰にでも分かること。
ですが、転職活動そのものの計画を立てておくことにも、大きなメリットがあるんです。

転職の全体的な流れがイメージできる

転職活動のスケジュールを立ててから臨むことで、全体的な流れをイメージしながら転職活動ができるというのがひとつめのメリットです。
転職サイトを閲覧し、なんとなく企業に応募し……というように、ただ転職活動を進めるよりも、内定までの流れを具体的にイメージできるため、今やるべきことも把握しやすくなります。

また、まだ在職中という場合は、転職活動と並行して退職の申告・手続きも必要です。
無職期間をなくし、スムーズに退職するためにも、転職活動全体を見越して計画的に動くことは欠かせません。

いい求人を見逃すことがない

中途採用では、欠員募集の求人が主です。
そのため、いい人がいればすぐに採用活動を終了するのはもちろんのこと、採用人数も数名程度というのが中途採用では一般的なのです。

そんな中、転職活動全体の計画を立てて動いている場合には、良い求人があった時にすぐに行動に移せるのが大きなメリットです。
何をすればよいのかすでに分かっているので、フットワークも軽くなります。
このように、希望に合う求人が見つけやすいだけでなく、「逃しにくい」というのが計画的に進める2つ目のメリットです。

転職計画はどう立てる?スケジュールを立てる際のポイント

では、転職活動の計画はどのように立てればよいのでしょうか。
具体的なポイントを紹介します。

短期決戦でのシミュレーションがおすすめ

計画を立てる際は、「ゴールをいつにするか」という全体の期間を定めておく必要がありますよね。
転職活動に関していうと、短期決戦でのスケジューリングがおすすめです。
一般に転職活動期間の平均が3〜6ヶ月と言われています。
もちろん、具体的な退職時期など目標がある場合はそれに準じる形でよいのですが、特にないという場合には、まずは「3ヶ月」設定でのスタートがおすすめ。

なお、計画した「3ヶ月」という期間は絶対的なものではありません。
あくまでも最初の目安としてとらえてみてくださいね。

3段階で計画するのがポイント

全体の期間を定めたら、次は3段階にわけて計画を立てましょう。
転職活動の流れに沿って、3ステップで、それぞれ「何をすべきか」明確な目標を決めておくのがポイントです。

まずは自己分析、情報収集から

転職を決めたら、まずは自分を見つめ直すことから始めましょう。
いわゆる「自己分析」ですね。
どういった仕事・働き方がしたいのかはもちろん、給与や福利厚生など細かい就業条件も明確にしておきましょう。
また、これまでの経験で得たスキルや知識などについても、転職活動のスタート時期に洗い出しておくのがおすすめです。

自己分析をし、求める条件が見えてきたら、次は「情報収集」です。
具体的な求人情報はもちろん、業界の全体像や企業研究、給与相場などもあらかじめ調べておくと自己アピールや交渉に有力です。

まずは、こうした応募までの準備に2週間~1ヶ月程度見ておきましょう。
「最初が肝心」という言葉通り、のちの選考にも活かせますので自己分析・情報収集は念入りに行っておくのがおすすめです。

応募企業を絞り込み、いざ選考へ!

情報を集め、希望に合う求人が見つかったら、いよいよ選考に応募しましょう。
履歴書と職務経歴書を必要とする書類選考から始まるのが一般的ですので、応募企業に合わせて応募書類を作成します。
自己分析がしっかりできていれば、「なぜこの企業を志望するのか」や「会社にどう貢献できるのか」といった自己PRの作成もスムーズに進みますよ。

書類選考に通ると、筆記試験や面接の予定が入ってきます。
転職活動は複数の企業に同時に応募し、並行して選考を受けるのが一般的です。
転職活動で最も忙しい時期になりますので、この時期はスケジュール調整に追われるかもしれません。
やるべきことの優先順位を明確にして乗り切りましょう。
なお、書類選考に2週間程、面接だけで長ければ1ヶ月ほどかかることもあります。

選考と並行し、退職の準備を

面接も2次面接、役員面接と進み、いよいよ内定が視野に入ってくる時期を迎えます。
最後まで気が抜けないところですが、在職中という方は、選考と並行して退職の準備を進めなければなりません。

「退職します」と言ってから実際に退職するまでの期間は企業によってルールが異なります。
早めに就業規則等で確認をしておくようにしてください。
あわせて、業務の引継などの事情で退職までの期間が延びてしまう事もあります。
内定先企業に入社を急かされると、板挟みで辛い思いをすることもありますので、退職の準備もスケジューリングをうまくやっておきましょう。

一般には、内定から入社まで1ヶ月が理想です。
退職したい日から逆算して、早めに動くようにしておきましょう。

計画は無駄にしない!転職活動を計画的に進めるためのコツ

せっかく計画を立てたはいいものの、なかなかうまくいかないこともありますよね。
転職活動をなるべく想定通りに進めるためのコツは、できるだけ細分化して管理することです。

スケジュールは細分化して確認する

転職活動の計画は大きく3つに分けるのがおすすめと先述しましたが、日々やることはもっと細かく砕いておくのがベター。
たとえば「水曜日までに自己分析」「週末に応募書類作成完了」というように、細かい目標設定を行っておくと、動きやすくなります。
やるべきことも分かりやすくなりますよね。

また、面接の予定が入ってきたら、日時だけでなく、企業ごとに選考の進捗具合が確認できるようにしておくと、全体像が把握しやすくなるのでおすすめです。
忙しい時こそスケジュールの確認に時間を割くようにするのも失敗しないポイントです。

適宜見直す姿勢も必要

計画通りに進めることも大切ですが、とらわれすぎるのも良くありません。
「計画通りに進んでいない」ということをストレスにせず、修正していくことが大切です。
たとえば、「書類選考に落ちてばかりで前に進めない」という場合は、自己分析や応募書類の作成から見直した方がいいこともあります。
一度立ち止まって、前のプロセスに戻ってみるのも決して無駄ではないのです。

その一方で、自己分析にかかる期間を除いて、転職活動はすべて企業ありきです。
条件に合致する企業がタイミングよく求人を出しているとも限りませんし、面接日程も企業側に左右されることもあります。
上手くいかない理由を探すことで効率よく進めるきっかけにもなります。
納得した上で進められるように、適宜転職活動計画を見直してみてくださいね。

計画的な転職のカギは、細分化と修正!

転職活動の計画を立てる際は、3つの段階に分けて考えるのがおすすめです。
さらに、それぞれのプロセスで今やるべきことを細かく管理していくことで、ロスタイムを減らし、効率よく進めることができます。
一方で、計画はあくまでも計画。
上手くいかない場合には適宜見直し、修正が必要です。
立ち止まってみることが案外「近道」ということもありますので、柔軟に考えることも大切です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています