派遣薬剤師として産休を取得する!

派遣薬剤師として産休を取得する!

薬剤師として働く女性は多いですが、妊娠した場合に産休は取れるものなのでしょうか?
一般の薬剤師はその職場によって、いろいろな勤務条件で働いています。
しかし、派遣薬剤師の場合は産休が取れると言う条件があります
では、その産休について検証していきましょう。

最近話題の新しい働き方!派遣薬剤師は産休が取れる!

働く女性にとって、産休取得ができるかどうかは大きな問題です。
若い夫婦が安心して働くためには、この産休取得制度はとても大切なことと言えるでしょう。
昨今話題となっている派遣薬剤師は、産休が取れるとされていますが、その内容について、ぜひ知っておきましょう。

派遣薬剤師の特徴

派遣薬剤師は、一般の薬剤師とは異なり、派遣会社と契約を結ぶことになります。
そのため、職場の状況や精度に関係なく、派遣会社の契約内容での勤務になるのです。

派遣薬剤師はあらかじめ土日休みや残業不可などの勤務条件を派遣会社と取り決めをするので、自分の希望条件を提示しておきましょう。
また、時給や府売り攻勢に関しても、しっかりと確認をしておくことが大切です。

派遣薬剤師は勤務時間が決められる

派遣薬剤師は子育て中の場合や、介護が必要な家族がいるなどの理由で、勤務時間に制限がある人もいます。
そんな場合、平日の午前中のみの勤務など、勤務時間の設定を希望することができます。
派遣薬剤師のメリットとして、その勤務条件を決めることができるのです。

派遣薬剤師は産休と育休が取れる

派遣薬剤師は産休と育休を取得できるとされています。
一般の薬剤師として働く場合には、この産休と育休が取れない場合もあるので、派遣薬剤師として働くことのメリットともなりますね。

本来、産休に関しては、労働基準法によって、母体を保護するためには休暇を与えなければならないと定められているので、会社の規模に関係なく取得することが可能とされています。
しかしながら、実際には産休を取りにくく、そのまま退職をする人も多い職場があるのです。

薬剤師が働く現場は忙しい職場が多く、妊娠が判明しても言い出しにくかったり、実際に妊娠を伝えた時にマタニティハラスメントを受けたと言う人もいます。
残念ながら、働く女性の妊娠が職場からは好まれないと言う環境が多いこともまた現実なのです。

そんな中、派遣薬剤師として働いていれば、そんなことは気にせず、法律に沿った産休と育休を取ることができるのです。
若い世代にとって、これはとても大切なポイントかもしれません。

派遣薬剤師の産休の取得条件

派遣薬剤師が産休を取得するにあたっては、どのような条件があるのでしょうか?
また、そのための手続きはどのようにしたら良いのでしょうか?
知っているようで知らない人が多い中、申請せずに損をしている場合もたくさんあります。
では、派遣薬剤師の産休について説明しましょう。

派遣薬剤師の産休期間

派遣薬剤師の産前休暇は出産予定日の6週間(42日)前から取得することができます。
申請は自分で行わなければなりません。
また、産後休暇は出産翌日から8週間(52日間)となっています。
その間の給与に関しては、派遣会社によって異なりますので、登録している派遣会社に確認してみましょう。

健康保険に加入している場合は、出産手当金もあり、出産前に働いていた給料の3分の2ほど支給されることもあります。

若い夫婦にとってはこの制度はとてもありがたく、安心して派遣会社で働くことができますね。
通常でしたら、妊娠が発覚した途端に仕事を辞めざるを得ない場合もあり、産休を取れる派遣薬剤師は、若い世代にとってお勧めの働き方と言えるでしょう。

派遣薬剤師の産休の手続き

派遣薬剤師が産休を取ることは法律的にもちろん正しいとされています。
しかし、産休を取るためにはそれなりの手続きをしておかなければなりません。
この手続きを確実に行うことで、その後の状況が変わってきます。

まずは妊娠がわかった時点、あるいは安定期に入った時点で職場の上司に報告をしましょう。
同時にもちろん派遣会社にも伝えておかなければなりません。
そして、産休の手続きに関しては、派遣会社によっても異なるので、まずは派遣会社に申し出て、手続きを進めましょう

その後、役所に書類を揃えて提出するなど、様々な手続きが生じてきます。
しかし、ここでしっかりと手続きをしておかなければ、出産手当などのお金に関する大切なことが進めないので、確実に手続きを終わらせましょう。

派遣薬剤師が産休を取れる理由

派遣薬剤師は派遣会社と契約をしていることから、法律に守られて仕事をしていることになります。
個人で経営しているドラッグストアなどでは、なかなか産休などを認めてもらうことは難しく、妊娠と同時に辞めてしまう人がほとんどです。

派遣薬剤師は法律に守られている

派遣薬剤師は法律に準じている派遣会社に登録をして働いているので、産休が取れるとされています。
派遣会社は社会的な立場あり、また派遣先などの信頼も重視するので、法律に反したことはできません。
産休は法律で定められている重要な事項なので、派遣薬剤師は法律にのっとって産休を取得することができるのです。

派遣薬剤師は産休を取る権利がある

派遣薬剤師が妊娠した場合、産休を取る権利があります。
それは、法律で定められた産前の6週間、産後の8週間ですが、実は妊娠が判明した時点から、働き方を見直すこともできます。
たとえば、時間外の労働の制限や深夜業の制限、あるいは軽易業務への転換などを希望することもできるのです。

まずは健康な母体を確保すると言うことが前提となっているので、妊娠中は絶対に無理な業務は避けるようにしましょう。

産休は派遣薬剤師にとって大切な権利

働く女性にとって、子供の生むことは大きな問題となっています。
そんな中、派遣薬剤師として働くことに、産休が取得できることは大きな安心となるでしょう。
薬剤師として、子供を産んだ後も活躍するために産休取得はとても大切な制度と言えるでしょう。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

熟読必須の求人内容!条件で見える企業の実情

求人内容にある条件を表面的な部分だけで判断していませんか? 企業の募集背景や実情まで考えてみると、適格者として […]

続きを読む

在職中の企業に問合せを行なうことはあるのか

転職活動をしていることを、今働いている会社には知られたくないことが通常、多いかと思われます。 ですが、内定後や […]

続きを読む

派遣と正社員とは?素朴なギモンや違いを解説!

この記事では、派遣と正社員についてまとめました。 ・派遣と正社員の違いとは? ・派遣と正社員の給料の違いとは? […]

続きを読む

派遣の副業とは?おすすめの仕事や素朴な疑問を解説!

派遣社員で副業と本業を掛け持ちしようか考えている方もいますよね。 この記事では、派遣の副業についてまとめてみま […]

続きを読む

定年の延長や試用期間の回避は可能か

50歳以上の転職活動の場合、募集の要項をみていると、定年などの制限によっては、就職してもすぐに退職ということに […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職金は転職先で年末調整できない?退職金は確定申告の可能性を考えるべき

退職金をもらったら転職先で年末調整してもらうのか、自分で確定申告をするのか分からないという人もいるでしょう。 […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職金は転職先で年末調整できない?退職金は確定申告の可能性を考えるべき

退職金をもらったら転職先で年末調整してもらうのか、自分で確定申告をするのか分からないという人もいるでしょう。 […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト