仕事のパフォーマンスが上がる超睡眠法

仕事のパフォーマンスが上がる超睡眠法

仕事の効率化や、より良い成果を上げるために、自分の睡眠を改善することを考えたことはありますか?
現代では、睡眠に問題を抱えている人も多く、また睡眠が仕事に影響を与えることが見直されるようになっています。
ゆっくりぐっすり眠るための方法はいろいろありますが、ここでも2つの方法を紹介します。

意外と密接!仕事と睡眠の関係

毎日続いていく仕事には、当たり前に取っている睡眠の質が影響してくると言われています。
一日の疲れを回復するのに十分な睡眠が取れていないと、仕事の質下がり、仕事でのコミュニケーションやモチベーションも下がる、いいことなしが続きます。
必要な睡眠時間は人によって異なるようですが、一番大切なのはその眠りの質(深さ)のようです。

脳を休憩させる

疲れて眠くなったら睡眠を取りたいと思うものですし、前夜に十分に眠れなかったときには、グッスリ眠ったときとは違うどんよりした感覚があるでしょう。
普段の生活で夜の睡眠がどのくらい重要かを意識したことはありますか?

睡眠は、生きていくために欠かせない活動のひとつですよね。
睡眠時、私たちの身体は、一日の疲労を回復したり、傷ついた部分の修復を行います。
それだけでなく、起きている間、常に働き続けている脳を休ませる時間でもあるのです。

脳が休んでいる状態も疲弊した状態も、確認することは難しいでしょう。
しかし、身体と同時に脳も休憩が必要なのです。
睡眠中は五感も思考も停止しますが、眠りが浅いときというのは脳は活動してしまっているのです。

集中力、記憶力、注意力

睡眠は、私たちの集中力や記憶力、注意力など多くの能力を保つために必要なことです。
睡眠で脳をリセットすることによって、再起動が可能になるのです。
リセットすることがどのくらいの影響力を持つのか、その重要性も、十分な睡眠ができているときには感じにくいもの。
しかし、睡眠不足が続く、寝つきが悪い、眠りが浅い、何度も夜中に起きる、翌朝に疲れを感じるなどといった何らかの睡眠障害を抱える期間が長くなると、集中力や記憶力、注意力が下がっている現象が起きるようになります。
このような自覚症状が出る頃は、健康状態にも影響が出ることが多いと言われています。
このことが職場でのメンタルに影響して、イライラしやすくなったり、不安感を抱いたりと平常心を保ちにくくなります。
コミュニケーションにも支障が出るということです。

ストレスの軽減

毎日健康的な睡眠ができていると、それだけでもストレスを緩和することになります。
上記の項目にもあるように脳の疲労が回復しリセット状態になることも理由のひとつです。
嫌なことがあっても一晩寝たらケロリという経験はありませんか?

睡眠には、心も良好になるように調整する働きがあるのです。
逆によく眠れていないと、眠れないこと自体がストレスになったり、注意力が散漫になってミスや失敗が増えたりということでさらにストレスが重なる機会が増えます。
ストレスが高くなればなるほど身体は緊張し、深い睡眠は得にくくなります。

このように睡眠はストレスとの関わりも深く、良質の睡眠が取れないことが続くと負のスパイラルを招きやすくなります。
心身や脳の疲れが取れないままで仕事に取り組んでも、スムーズに進まない、成果が出ないということに繋がっていくのです。

仕事にも好影響!良質睡眠の逆算ルール

仕事のパフォーマンスを上げるために役立つかもしれない10-3-2-1-0ルールを紹介します。
このルールは仕事と睡眠の関係性を如実に表しています。
アメリカのフィットネスコーチによって提唱されているルールです。

10-3-2-1-0ルールで生産性を上げる

一日24時間の中でいろんなことに時間を使いたい!もうちょっとパワーが欲しい!時間が足りない!と思っている人におすすめの法則があります。
毎朝すっきりと目覚めて、仕事も遊びもエネルギッシュにこなすために10-3-2-1-0ルール実践してみてはいかがでしょうか?

10-3-2-1-0ルール

いつもの寝る時間から逆算してみましょう。
寝る10時間前になったらカフェインを摂らない
寝る3時間前になったら食事やアルコールを摂らない
寝る2時間前になったら仕事をしない
寝る1時間前になったらスクリーン(スマホ、PC、TV)を見ない
朝の起床時にスヌーズボタンを使わない

睡眠を妨げるものの意識付け

10-3-2-1-0ルールで、自分の生活習慣を振り返ってみてください。
もし、ルールに沿っていない項目があったら、このルールの設定時間を基に「しない」ことを試してみると、朝の目覚め感が変わってくるかもしれません。
つまり、より質の良い熟睡の期待ができるということです。

ストレスを完全に避けては通れない現代、さらには睡眠時間を削るほど夜遅くまで仕事をしたり、寝る直前までスクリーンから発せられる強い光を浴びたりと、現代特有の生活スタイルが多くの人の睡眠の質を下げていることが懸念されています。

良質の睡眠は必ず、仕事の動き、感情、パフォーマンス、成果に影響を与えます。
いい仕事をしたい人、もっと頑張りたいと思う人こそ睡眠を重要視してみてください。

仕事中に取り入れる睡眠充電法

お昼寝を生活習慣に取り入れてみませんか?
海外にはヨーロッパの「シエスタ」を始め、アジアのインドや中国などでも一日の中間地点で休憩を入れる習慣があると言われます。
今、ビジネスシーンの中でのお昼寝が見直されているようですよ。
ランチタイムの15分、お昼寝に使ってみませんか?

大企業も導入するパワーナップ

一日の仕事の中間地点で仮眠を取る人が増えています。
いわゆる「お昼寝」ですね。仕事の最中に寝る暇なんてない!そもそも非常識!そのまま寝続けてしまいそうで心配!など賛否両論あるかもしれません。

世界では、NASAや軍を始めとして、先進企業のGoogleやNIKEなどが、組織をあげて取り入れています。
社員のパフォーマンス向上、ストレスマネジメント対策として有効だという認識が広がっています。
その実績の流れを受けて、日本の企業でも、専用ルームや仮眠用グッズが用意されるようになった会社もあるようです。

休まないより休むほうがプラス

研究によると午後に15~20分程度の仮眠を取ると、仮眠を取らないまま仕事を続けるよりも、パフォーマンスも成果も創造力も向上するそうです。
ということは「昼寝は怠け者の習慣」というレッテルは覆されることになりますよね。

このほんの15~20分程度の仮眠の効果は、午後の仕事に好影響を与えるだけではありません。
仮眠を取ったほうが、その日の夜の睡眠の質を上げるということも明らかになっています。
マイナスな点が見つからないほどの良い習慣なのです。
仮眠は深く眠らなくても「まどろむ」くらいでも効果が得られるそうです。

仕事のできる人は睡眠上手

睡眠の良し悪しが仕事に影響するということは、良い睡眠ができることもビジネスパーソンとしての大切なスキルと言えるかもしれません。
頑張りすぎる人ほど、睡眠の重要性を認識することが大切。
睡眠不足は、血が出るわけでも、痛みが出るわけでもありませんが、長期になるほど確実に負の影響を運んできます。
睡眠の効果を知って、ポジティブに睡眠のこと、健康のことを考えていきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています