採用試験の一つであるSPI試験とは

採用試験の一つであるSPI試験とは

新卒採用だけでなく中途採用試験でも採用されていることが多いSPI試験。
なんとなくの印象で怯える前に、そもそもSPI試験とはなんなのか、具体的な対策などはあるのかなど、基本的な情報をおさえておきましょう。

SPI試験とは

そもそもSPI試験とは、リクルートが開発した適性検査の商品名です。
SPIとは、「Synthetic Personality Inventory」の略で、その名の通り受検者の人柄や適正を総合的に測ることを目的としています。
受検結果の報告書には74,000通りからその人の特徴を表現するコメントが表示される他、面接での確認すべき事項なども記載されるため、企業側にとっては採用の可否を決める目安として非常に利便性が高く、2015年度には年間11,100社が利用し、実に181万人が受検しました。

実施方法

実施方法はリクルートが運営する会場に行ってパソコン受検する、志望する会社に行ってパソコン受検と面接を1日で終わらせる、自宅などでパソコン受検、会場でのマークシート方式などの方法があります。
これは企業側の都合に合わせて選択するものなので、受検者は企業から指定された方法で受検することになります。

どんな問題が出るのか

SPIは適性テストと能力テストから構成され、能力テストは大きくは言語分野と非言語分野の2つに分かれます。
言語分野は文字通り言葉に関する問題、非言語分野は計算によって答えを導き出すような問題です。
大雑把に言えば国語と算数といった感じでしょうか。

中途採用向けのSPI3-G

SPI試験の現行最新版となるのがSPI3です。
これがさらに大卒採用向け、中途採用向け、高卒採用向け、グローバル採用向けの4種類に分かれており、中途採用向けのものは「SPI3-G」という名称で展開されています。
結果の報告書には性格特徴、能力、面接のチェックポイント、職務適応性などが表示されます。

リクルートは対策の効果を否定

書店などではSPI対策の本なども多く売られています。
不安であればこうしたものを参考にするのもいいでしょう。
ただし、リクルートは対策本で準備をしたグループとしなかったグループによる受検結果の比較調査を行っていて、結果的に両グループの間には有意な差が認められなかったと発表しています。
これを信じるなら、対策はあまり意味が無いのかもしれません。

しかし、まったく未知のものに挑むよりは多少見慣れたもののほうが緊張せずに臨める人もいるかもしれませんし、自信をつける効果くらいはあるかもしれません。
いずれにせよ、なんとも断言し難いのが現状です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています