「実務経験」とは雇用形態が関係するのかどうか

「実務経験」とは雇用形態が関係するのかどうか

転職しようと就職情報をみていると、条件はいいなと思っても、「実務経験のある方」が応募条件になっていたりしたことはありませんでしたか?
この「実務経験のある方」ってどんな意味を指しているのでしょう?
う~ん、正社員の経験がないとダメなのかなあ?
と思って諦めたりしていませんか?
今日は、この「実務経験」とは雇用形態が関係するのかどうか?について説明いたします。

そもそも「実務経験」の意味とは?

就職情報誌に記載されている「実務経験」って、どういうことなのか簡単に知っておきましょう。
「実務経験」とはその字のごとく、実際に、応募したい職種や業種の関係である「その仕事をした経験」の事です。
通常、書類選考などで、応募が殺到した時など、3年ほどの経験がある方のみとか、今回は実務経験のみ応募可能になりますと言われることもあります。

「実務経験」とは雇用形態が関係するのかどうか

しかしながら、この「実務経験」とは、正社員としての経験に限っているわけではないのです。
実際の仕事の経験値のことですので、雇用形態は関係ありません。
つまり、派遣社員やアルバイトなど、雇用形態に関わらず、実務に携わった経験があれば問題がない場合が多いのです。

どうしても不安という方は、応募の際に該当するのかどうか?を確認してみるのもいいとは思いますが、気になる企業には、積極的に応募してみてから考えてもいいのでは?と思います。

面接時に、その働く形態がなんであれ、どのように仕事に関わって働いてきたのか?などの姿勢や意欲を同時に伝えることができるからです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています