ブラック企業に転職するのが怖い人は転職エージェントを利用しよう!

ブラック企業に転職するのが怖い人は転職エージェントを利用しよう!

転職を考えている人の多くは、今より良い条件のもとで働きたいと思っています。
できることならブラック企業は避けたいというのが本音ですよね。
ただ、ブラック企業で働くのはイヤと思っても、自分自身で情報収集すると、いいと思って入社した企業がブラックだった、なんてことも。
そんな事態を避けるため、転職エージェントを利用して転職活動をしませんか。
転職エージェントならコンサルトのサポートも受けられるので、企業の情報収集もしやすく、本当にいい企業を紹介してもらえますよ。

ブラック企業とは?

ブラック企業とは、過酷なノルマを強いたり、賃金未払いといった労働法令に違反することが当たり前のように行われている企業のことをいいます。
「電通過労自殺問題」では、長時間に及ぶ残業や人格否定を含めたパワハラも問題になりましたよね。
ブラック企業は、2013年には新語・流行語大賞のベスト10にノミネートされ、社会問題にもなっています。

働くならホワイト企業がいい

ホワイト企業とは、入社後の退職率がゼロだったり、男女問わず管理職に登用されたりと労働者が働きやすい会社のことをいいます。
長く仕事を続けたいと思い転職を考えている人は、働く人のことを大切にするホワイト企業で働きたいですよね。

ブラック企業対策に転職エージェントがおすすめな理由

転職エージェントに登録するとコンサルタントが転職活動をサポートしてくれます。
求人の見方や労働条件、待遇についても教えてもらえるので、企業情報の収集も円滑に行うことができ、ブラック企業対策もしやすいでしょう。

転職エージェントでしか扱わない求人が多い

転職サイトで求人を検索していて、同じ企業が幾つも求人を出していたり、長期間に渡って同じ求人が出ているのを見たことはありませんか。
労働環境は大丈夫なの?人がすぐ辞めるような会社なんじゃないか?と不安になりますよね。
転職エージェントは公開求人よりも非公開求人のほうが多く、エージェントごとに独自の求人を持っていることもあります。
優良企業で仕事がしたいと思っているのなら転職エージェントを通して求人を紹介してもらうほうが安心ですよ。

担当者が企業の状況を取材した上で求人を紹介

広告の求人内容が実は違ったということが問題になっています。
転職エージェントの中には、待遇や労働条件で不備がないように、担当者が直接企業に出向き、取材をした上で求人を紹介している所も。
このような転職エージェントなら、ブラック企業の紹介は少なく、できるだけ希望に近い条件で転職できるでしょう。

入社後もサポートしてもらうことが可能!

転職エージェントでは専任のコンサルタントがサポートをします。転職活動期間はもちろんですが、入社後もコンサルタントにサポートをしてもらうことができます。
入社後トラブルに巻き込まれたり、心配なことがあればコンサルタントに相談に乗ってもらえます。

転職エージェントにもデメリットはある

転職エージェントでの転職活動は、ある程度コンサルタント任せにできるところがよいのですが、任せっ放しにしていると全く連絡自体が来なくなる可能性もあります。
受け身になるのではなく、自分でもメールや電話で確認をし、コンサルタントと連絡を取るように心がけてくださいね。

コンサルタントにノルマがあると求人への応募をごり押しされることも

転職エージェントによってはコンサルタントにノルマがあり、希望条件とあわない求人への応募をごり押ししてくることもあります。
いくつか応募するうちのひとつならよいのですが、強制的に求人への応募を迫られたり、ミスマッチが多い場合には、担当者を変えてもらうことも検討した方がよいでしょう。

ブラック企業に転職しないためには

転職の際は企業の情報を収集することがとても大切です。
応募企業や業界を研究しておけばブラック企業への転職は避けられます。
求人でわからないことや気になることは、どんどんコンサルタントに質問して確認しましょう。

希望条件に合わない求人には応募しない

転職活動の状況によっては、希望条件の見直しを迫られることもあるかもしれませんが、外せない条件に合わない求人には応募しないようにしましょう。
条件に合わない会社は、自身にとってブラック企業になる可能性があります。
待遇、労働条件で自分にあった条件の求人を選んで応募することが大切ですよ。

応募企業の入社後の定着率を調べる

中途採用の定着率はわからなくても、新入社員の定着率を調べることはできます。
入社してから3年以内の定着率の割合が高ければ、ホワイト企業の可能性が高く、働きやすい会社だといえます。
自分で調べるのが難しい場合は、コンサルタントに確認してもよいでしょう。

企業の良いところだけでなくデメリット面もしっかり見よう!

ブラック企業で働くのがイヤという人は、企業の良いところだけでなくデメリット面もチェックして求人への応募をしましょう。
クチコミやうわさだけでなく、面接時の雰囲気でもブラック企業か判断することはできるので、応募企業に対して違和感を感じたら、転職エージェントのコンサルタントに確認してみても良いかもしれません。
ブラック企業で働かないためには、企業と自身の間でミスマッチが少ないということが大切ですよ。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています