ITに強い転職エージェント厳選6社と転職エージェント比較のポイントを解説

ITに強い転職エージェント厳選6社と転職エージェント比較のポイントを解説

IT業界の転職市場は盛り上がりを見せており、転職は今がいい時期と言えるでしょう。

一方で、いまだにハードワークが指摘され、ブラックと呼ばれる企業がちらほら隠れていることもまた事実。

プロである転職エージェントを利用して後悔のない転職をしたいですね。

転職エージェント活用には比較検討が必須。

ここでは、ITに強い転職エージェント比較と、比較のコツを解説します。

 

ITに強い転職エージェント厳選6社の徹底比較

IT業界への転職成功の鍵は転職エージェントが握っています。

転職エージェントの特徴を把握し、比較検討しながら最適な転職エージェントを選びましょう。

まずは、ITに強い転職エージェントを6社、厳選して比較します。

関東圏で探すならレバテックキャリア

IT業界のエンジニア、クリエイターの転職支援に特化した転職エージェントがレバテックキャリアです。

特化型としての知名度や実績は高いものがあり、求人の質にも評価が集まっています。

IT転職を目指す人が必ず利用を検討すべき転職エージェントと言っていいでしょう。

他社と比較しても開発方針や社風に詳しいため、具体的に働く姿をイメージしながら企業を見極めることが可能です。

関東圏が中心ですが、近年は関西圏の求人も徐々に増えてきています。

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数517件非公開求人5,000件以上
    エリア東京,神奈川,千葉,埼玉,愛知,福岡,大阪,兵庫,京都,その他近畿圏対象年代20代〜40代
    得意業種ITエンジニア、デザイナー、クリエイター特徴WEB・IT業界特化
  • 詳しく見る

IT業界特化型なら業界トップクラスの求人件数&サポート体制

求人登録数は4000件以上で、大手総合型の転職エージェントに比べれば劣るものの、特化型として業界トップクラス。IT・Web業界に集中することで企業との強固なパイプを持ち、そこから得た詳細な情報を元にキャリアカウンセラーはアドバイスと転職サポートを提供します。レバテックキャリアでは年間3000回もの企業訪問を実施しているため、現場のプロジェクトマネージャーやメンバーと頻繁に面談をして仕事内容や転職者に求めるスキルなどを徹底的に調査しています。企業HPや求人情報では確認できない現場の雰囲気やチームワーク、残業や教育体制なども確認してくれますので、入社前と入社後のギャップも少なく心地よい転職経験を得られるでしょう。

レバテックキャリアの無料登録・詳細はこちら

マイナビエージェントのIT特化部門も

大手マイナビが展開する転職エージェントにはIT特化部門があります。

IT業界専任のアドバイザーが在籍しているため、IT業界事情に詳しいのが特徴。

マイナビは新卒就職No.1のため企業からの知名度が高く、大手など優良求人が多いのも魅力です。

20代、30代の若手に強いため、30代前半までの若手IT人材におすすめです。

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数2,041件非公開求人6,674件以上
    エリア全国+海外対象年代20代〜40代
    得意業種IT業界全般、エンジニア特徴年収UP率高い
  • 詳しく見る

診断ツールとキャリアコンサルタントのサポートが充実!

IT業界出身のキャリアコンサルタントがブレーンとなり、全国の大手上場企業から人気ベンチャー企業、隠れた優良企業まで多くのIT・Web業界企業の人事採用担当者との間に太いパイプを持っています。20代、30代に強いため、若手エンジニアにも非常におすすめできる転職エージェントと言えるでしょう。また、平日はどうしても遅くなりがちなIT業界の状況も踏まえて土曜日に個別相談会も開催しております。平日なかなか足を運べない人でも周囲を気にせずに転職活動に取り組めるのは嬉しいポイントです。マイナビエージェント×ITがプロデュースするITエンジニアのためのスキルや知識、イベント情報などを紹介する「Geekroid」もチェックしながら転職活動に活かしてください。

マイナビエージェントITの無料登録・詳細はこちら

丁寧な対応が魅力のtype転職エージェント

type転職エージェントも、実はIT業界の転職に強い転職エージェントです。

大手の転職エージェントと比較すると求人件数こそ劣りますが、その分1人1人に手厚いサポートをおこない、転職後の年収アップ率が高いため、利用者の満足度が高いのが特徴です。

他社ではサポートが受けられなかった人や、じっくり話を聞いてもらいながら転職活動を進めていきたいIT人材におすすめです。

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数9,010件非公開求人7,346件
    エリア東京・神奈川・千葉・埼玉対象年代20代〜30代
    得意業種IT全業種特徴転職@typeの太いパイプ活用
  • 詳しく見る

転職者の71%が年収アップに成功したIT・Web業界に強いtype転職エージェント

type転職エージェントは東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県の1都3県で転職活動を行う若手向けに寄り添った転職エージェントです。公開求人数、非公開求人数で多いのは営業、管理・ジム・企画、IT・WEB・通信系エンジニアの職種がほとんどなので、これまでの職歴や自信をキャリアアップに繋げるのに適した転職エージェントと言えるでしょう。転職者の71%が年収アップしているという実績もあるようなので、キャリアアドバイザーに相談しながら年収アップ、キャリアアップを目指しましょう。

type転職エージェントITの無料登録・詳細はこちら

IT希望ならまずは登録したいワークポート

IT専門の転職エージェントとしての実績が豊富なワークポートは、IT業界への転職希望ならまず登録検討すべきです。

元エンジニアや元プログラマーなどIT業界出身のコンシェルジュが転職をサポートしてくれ、他の転職エージェントと比較しても専門的な話が通じるのが魅力。

IT業界の公開求人だけでも2万件以上と豊富で、多種多様な職種を扱っているため、希望の仕事が見つかりやすいでしょう。

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数19,553件非公開求人65,176件
    エリア全国対象年代20代〜30代
    得意業種IT業界、ITエンジニア特徴IT業界の太いパイプ
  • 詳しく見る

もともとIT業界やゲーム業界に特化した転職エージェントだからIT人材やITエンジニア転職に強い

ワークポートはもともとIT業界やゲーム業界に特化した転職エージェントサービスを提供していた影響もあり、今も太いパイプを持ち強みにしています。そのため担当に付く転職コンシェルジュもIT業界やゲーム業界に精通しているスペシャリストなので希望にマッチした求人が紹介されやすいという高い評判を得ています。また転職活動の管理ツールとして便利なオリジナル多機能ツール『e コンシェル』も提供されており、それによって求人情報から応募状況、面談予約なども全て一元管理できるのは、勤務時間の長いIT業界やゲーム業界で転職活動をする人にとっては非常にありがたい存在です。非常に理解のある転職エージェントだと思いますので、IT業界やゲーム業界でキャリアアップ、職場環境を替えたい人におすすめです。

ワークポートの無料登録・詳細はこちら

海外展開のIT企業ならJACリクルートメント

JACリクルートメントが他社と比較して優れているのは、外資系やグローバル企業に圧倒的な強みを持つ点です。

IT業界でも海外との取引が進み、グローバル人材が求められているため、海外と仕事をしたい方に向いています。

英文レジュメの作成方法など、外資系やグローバル企業への転職ノウハウに詳しいのが魅力です。

語学力と実績がないと難しいですが、経歴に自信があるIT人材は高年収も夢ではありません。

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数6,000件非公開求人9,000,件
    エリア全国+海外対象年代30代-40代
    得意業種日系・外資企業年収UP率高い
  • 詳しく見る

人材紹介業国内3位!日系・外資企業への転職ならJAC

JACリクルートメントは人材紹介業では国内3位、東証一部にも上場!専門性に特化したキャリアコンサルタントが多数在籍し、同じ業界でキャリアアップを望むならここがおすすめ! 最大の特徴は、グローバル企業への転職に特化していること!世界9カ国以上とつながりがあり、シンガポール、マレーシア、香港、インドネシア、タイ、韓国、中国、ベトナム、インド、イギリスなど、様々な国で転職サービスを提供しています。外資系企業への転職を考えている方は特にJACリクルートメントを利用すると良いでしょう。

JACリクルートメントの無料登録・詳細はこちら

総合力重視ならリクルートエージェント

転職エージェントとしての総合力を重視するならリクルートエージェント。

IT特化型ではないものの、業界最大規模を誇る転職エージェントですので、IT求人も豊富に扱っています。

リクルートグループならではの大手や優良企業とのパイプを活かした、好条件の案件が集まるのもメリット。

キャリアコンサルタントの提案力が高く、全国支店があるため、どのタイプのIT人材にもマッチしやすいのが特徴です。

  • 口コミスタッフ
    求人の質サポート
  • 公開求人数37,553件非公開求人166,267件
    エリア全国+海外対象年代全年代
    得意業種全業種年収UP率高い
  • 詳しく見る

転職エージェントといえばリクルートエージェント

転職エージェントの代名詞とも言える業界最大手のリクルートが運営しているのがリクルートエージェントです。知名度No1!! 求人数No1!! 転職成功実績No1!!と転職を考えるならまず登録すべき転職エージェントの1つです。転職を成功させる確率をあげるにはリクナビNEXTとの併用は欠かせません。というのもリクナビNEXTだけに掲載している企業も多く(転職エージェントより安い広告費用で済む場合があるため)、そういう求人にはホワイト企業率も高いからです。2015年度までの数字ですが累計40万人の人がこれまで登録し、毎年3万人の転職を成功に導いています。さらに転職者の61%の人が年収アップに成功しているのもリクルートエージェントの強さを感じます。

リクルートエージェントの無料登録・詳細はこちら

 

ITの転職エージェント比較、簡単3STEP

ITに強い転職エージェントを比較するには、数ある転職エージェントをやみくもに見ていくのでは非効率。

下記の手順に従って転職エージェントを絞り込む作業をおこないましょう。

1.IT転職に実績のあるエージェントをピックアップ

IT転職に実績があるエージェントを知るところから始めましょう。

今回紹介した転職エージェントは他の転職エージェントと比較してIT転職に強いと評判なので、こうしたIT転職に強いエージェントを選ぶのがポイントです。

2.希望勤務地の求人を扱っているかを確認

各転職エージェントでは、取り扱う求人のエリアが異なります。

関東圏のみ展開しているエージェントや全国に支店がある転職エージェントまでさまざま。

自身の希望勤務地の求人を扱っているかどうかは必ず確認しましょう。

各転職エージェントのHPにある拠点一覧などを見れば、どのエリアで求人を扱っているかが判断しやすいですよ。

そのほか、拠点がなくても電話紹介をしてくれるケースもあるため、問い合わせてみてもいいでしょう。

3.複数の転職エージェントに登録して話を聞く

IT転職に実績があり、かつ希望勤務地の求人を扱っている転職エージェントを把握したら、いよいよ転職エージェントを選ぶ段階です。

転職エージェントは各社特徴があるため、どの転職エージェントが自分に適しているかは実際に話を聞いてみないと分からないもの。

どのくらいの求人紹介が受けられるか、自身との相性はどうかなど、転職エージェントとの話の中から見極めていきます。

できる限り複数の転職エージェントと会い話を聞くことで、各社の雰囲気がつかめるでしょう。

ITに強い転職エージェントを実際に比較するコツは?

IT業界は完全な売り手市場であることから、各転職エージェントでは「ITに強い」を売りにしています。

しかし実際には、IT知識がなくて話がスムーズでない、希望と異なる職種を紹介されたなど、本当にITに強いのか疑問が残る転職エージェントも。

ITに強い転職エージェントを実際に比較するにはどうすればいいのでしょうか。

ここでは、ITに強い転職エージェントを見極めて比較検討するコツを紹介します。

IT業界に精通している転職エージェントかどうか

現在のIT業界に精通している転職エージェントでなければ、希望が伝わりにくく、業務内容などの詳細を転職前に確認することができないでしょう。

IT業界ではさまざまな職種があり、比較的若い業界であることから各社の雰囲気や傾向が大きく異なります。

IT業界出身者やIT知識が豊富な転職エージェントであれば、IT人材の視点に立って事前に気になる条件や環境面を調べてくれます。

転職エージェントと実際に会ってみて、IT業界に精通しているかどうかを必ず比較しましょう。

IT転職後のキャリアを考慮した提案があるか

IT業界は「35歳定年」と指摘されるように、キャリアを積み長く働き続けることが難しいと言われています。

そのため、転職して終わりではなく、転職後にどんなキャリアパスが描けるのかを具体的に話してくれる転職エージェントを選ぶべき。

自社利益だけでなく、求職者の本当の意味での転職成功を考えた転職エージェントかを比較するのです。

担当者が信頼できる人物像かも大切

転職エージェントの担当にはさまざまなタイプの人がいます。

ときには、メールの返信が遅い、希望に沿わない求人ばかり紹介してくるといった、社会常識が欠けていたり、求職者のことを考えない転職エージェントに出会ってしまうことも。

転職エージェントを利用する際は信頼関係が大切になるため、担当者が信頼できる人物かどうかもしっかり比較しましょう。

場合によっては担当変更も考えて

転職エージェントの担当者が合わない場合、転職エージェント自体を変えるほか、同じ転職エージェントで担当変更を依頼する方法もあります。

転職エージェントの保有求人や活動エリアが自分に合っているのに転職エージェントを変えてしまうのは勿体ないことも。

必ずではありませんが、多くの転職エージェントでは担当変更をしてもらえます。

転職エージェント同士を比較するだけでなく、相性のいい担当者を比較検討するという視点も持っておきましょう。

最終的には転職エージェントを絞り込む

複数の転職エージェントの中で比較をおこなったら、最終的には2~3社の転職エージェントに絞り込むようにしましょう。

何社も利用することで連絡が煩雑になったり、どの転職エージェントから応募しているか分からなくなってしまったりと、転職活動が非効率になってしまうからです。

絞り込む前の段階でしっかり比較検討していますから、あとは転職エージェントを信じて転職活動をおこなうだけ。

転職成功に向けて突き進みましょう。

 

ITに強い転職エージェントを比較して相性を見極め!

IT業界への転職を成功させるには、ITに強い転職エージェントの利用が必須です。

どの転職エージェントを利用すべきかしっかり比較し、相性のいい転職エージェントを厳選することで転職活動がスムーズにいくでしょう。

希望の転職につなげるための転職エージェント比較ポイント、ぜひ参考にしてください。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

20代後半の転職はチャンスが大きいがリスクもある!最高の状態で転職を迎えるには?

転職を考えるなら、20代後半はチャンスが大きい時期ですが、転職にはリスクがつきもの。 20代後半ならではの失敗 […]

続きを読む

よーく知っておこう!転職活動での自己分析の必要性

転職活動では、自己分析を一番に行うことをおすすめします。 面倒に感じる人もいるかもしれませんが、転職活動にとて […]

続きを読む

以外と知らない労働基準法の基本

あなたは労働基準法をどのくらい知っていますか? 就業規則や会社の慣習は良く知っているが、労働基準法は名前だけ知 […]

続きを読む

志望動機などエネルギー業界で転職するために知っておくこと!

わたしたちの生活は、エネルギーの供給なしには成立しません。日常的に使っている電気、ガスをはじめとしたエネルギー […]

続きを読む

マーケティングの市場規模とは?マーケティングの市場規模の種類とその動向

マーケティングの市場規模はどれくらいの大きさなのでしょうか?またよく聞くwebマーケティングの市場規模はどうな […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

職務経歴書をハローワークで添削してもらう方法とは?ハローワークを活用する意味

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか?ハローワークでは、職務経歴書の書き方 […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト