会社の辞め方を知って円満退社をする方法まとめ

会社の辞め方を知って円満退社をする方法まとめ

転職を考えているとき、会社の辞め方も考える必要があります。
辞める理由は人によって異なっていたとしても社会人として適切なステップを踏むことはとても大切なことです。
ここでは、新人やパートなど働き方の種類や理由によって異なる会社の辞め方、会社や上司への退職意思の伝え方、会社に伝えるためにどのような準備をすればいいのか、そして会社の辞め方の注意点について紹介していきます。
円満退社できるかどうかはのちのキャリアにも大きく影響してくるものです。
滞りなく、気持ちの良い会社の辞め方で次のステップに進みましょう!

会社の辞め方は状況によって変わる

会社の辞め方は、辞めようとする人の働き方やそれぞれの理由によって異なってきます。
会社に入社して間もない新人、パートやアルバイト、結婚や病気が理由のケースでの会社の辞め方を説明します。

新人の場合の辞め方

会社に入社したばかりの新人の場合、こんなに早く?と躊躇することも多いかもしれませんが、もし会社を辞めることを決めたのであれば前に進みましょう。
いつ辞めるのかを決めてしまうのが会社の辞め方としてのファーストステップとなります。
会社の規定を満たした段階ですぐに辞めるのか、半年ほどを目途にするのかをはっきりさせると、その後の辞め方の計画も転職のための行動もしやすくなります。
会社を辞めようと思う理由をよく分析して、同じ失敗をしない転職活動を開始しましょう。
会社の退職の申告期間(どのくらい前までに申告しなければならないか)を確かめ、退職の意向もできる限り早いうちに会社に伝えるのが適切な会社の辞め方です。

パートやアルバイトの場合の辞め方

パートやアルバイトにも会社の退職の申告期間が決められています。
法律では2週間前となっていて、企業によって異なる場合もあるので確認が必要です。
パートやアルバイトも辞める意向が固まったら、できるだけ早いうちに会社に伝えるようにしましょう。
正社員ではないからといって、急に退職してしまうような無責任な辞め方は避けましょう。

結婚する場合の辞め方

結婚を機に退職する場合にも辞め方を考慮しておいたほうがいいです。
結婚の場合は、会社への報告も、通常よりも早めに行うのがスムーズな辞め方を可能にします。
結婚の前後には結婚式や披露宴の準備、結納などいろいろなイベントが絡んでくるので、プライベートも忙しくなるでしょう。
できるだけ早めにどの期日に退職するのかを決め、仕事の引継ぎと結婚の準備に無理のないように計画を立てましょう。
会社の直属の上司に正式に報告する時間を作って知らせることもポイントです。
せっかくの晴れの門出ですから、迷惑にならないよう、滞りなく計画的な辞め方にしたいですね。

病気になってしまった場合の辞め方

病気になってしまって辞めることになっても、必ずしも会社に理由を伝える必要はありません。
しかし、会社側に知らせることで、無理な引き留めを避けることは可能になるでしょう。
専門の病院の医師に診断書を発行してもらって提出するというのも一策かもしれません。
会社によっては、休職扱い、違う働き方や回復後の復職を提案してもらえることもあるでしょう。

会社の辞め方講座。電話やメールでの言い方

会社の辞め方としては、退職の意向を報告するときは直接というのが原則です。
どうしても電話やメールで済ませなければならないような状況の場合の注意点について説明します。

直属の上司に直接言うのがベター

会社の辞め方として大切になるのが、誰に伝えるかということです。
一番に伝えるべきなのは、直属の上司です。
同僚や先輩が知ってから、人づてに上司の耳に入るのは、良くないプロセスということを覚えておきましょう。
その後の人員の手配や準備にも支障がでる可能性もでてきてしまうでしょう。

電話での言い方には注意が必要

電話での退職は社会人のマナーとして避けるべき辞め方です。
入院していたり、ケガなどで動ける状態でなかったり、病気中の家族に常時付き添っていなければならないなどで会社に行けないという場合もあるかもしれません。
電話で退職意思を伝えなければならなくなった際に注意することを確認しましょう。
まずは、直属の上司、もしくは人事担当者にはっきりとした言い方で退職の意向を伝えます。
職場との関係性が良好な場合には、理由を伝えても問題はないと思いますが、必要性を感じない場合は、理由は一身上の都合としても構わないでしょう。
電話で伝えることになった謝罪も加えるようにしましょう。

「急な連絡となりまして誠に申し訳ございませんが、一身上の都合により、本日で退職させていただきたく存じます。お電話でお伝えすることになってしまい大変心苦しく思っております。申し訳ございません。早急に退職届をお送りいたしますので、ご受理の程、何卒よろしくお願い申し上げます」

出勤すらできないならメールでもあり?

出社するでもなく、電話でも伝えたくないとなればメールでという辞め方が浮かぶかもしれません。
しかし、メールでの退職は、大変失礼にあたるということを覚えておいてください。
できる限り、直接の連絡を取る方法を考え、適切な辞め方に繋げていきましょう。
改めて直接のコンタクトをとる打診のメール以外は避けるようにしましょう。

会社の辞め方は計画が大事

会社の辞め方は、計画を立てておくことが大切です。
退職の意向を伝えて「そうですか、わかりました」とすぐに受領されるところは少ないものです。
引き止められて気持ちが揺れ動くことは誰にでも起こり得ることなのです。
よくよく考えての転職の決意であれば、自分の意思を尊重することをおすすめします。
その意思を尊重することを支えてくれるのが、しっかりとした計画なのです。

引き止められない退職理由を決めよう

上司や会社に納得してもらえるような退職理由を考えましょう。
引き止められない理由とはどんなものかというと、完全に自分側の理由とするのがポイントです。
その会社での仕事のことや、休暇や給料などの待遇、人事体制のことを理由にすると、改善が図れるなら残ってくれるかという話に繋がっていくことも多くなるでしょう。

退職の予定日を決めよう

伝える理由を考えたら、退職予定日を決定します。
自分の仕事の引継ぎの準備、引き継ぎの期間に不足のない時間を取り、転職先に入社するタイミングなども考慮して決めましょう。
ここまでがはっきりすると、適切な会社の辞め方に繋がりやすいでしょう。

転職サイトや転職エージェントに登録しよう

転職活動の準備として、自分の希望の職種や地域にフィットする転職サイトや転職エージェントを見つけましょう。
転職サイトや転職エージェントを複数選択して、登録までを済ませてしまいましょう。

転職先の会社を吟味しよう

ここから転職先の求人案内の閲覧を開始します。
転職サイトや転職エージェントに登録しておくことで、より自分に合った案件に絞って吟味していくことが可能になります。
スカウトのメールの求人内容を参考にしたり、キャリアアドバイザーのアドバイスを受けながら検討していきましょう。
会社の辞め方についてのより具体的な相談をすることも可能です。

上司に退職の旨を伝えよう

早いうちに、直属の上司に退職の意向を伝えます。
転職活動をしていることは誰にも伝える必要はないでしょう。
この段階で、上司や企業は、人員の補充などの検討を開始することになります。
引き継ぎなどについても上司の指示を仰いで、滞りのない辞め方となるよう努めましょう。

引き継ぎや退職の挨拶をしよう

退職が決定した状況になったら、上司の指示通りに仕事の引継ぎを始めましょう。
職場の人たちへのご挨拶は退職日に一気にというのは難しくなることが多いので、徐々に職場の人たちへのご挨拶などを行っていきましょう。

会社の辞め方の疑問や注意点

退職の際には、有給のこと、退職届のことなどの疑問がいろいろ出てくるものですよね。
会社の辞め方を考えるときによく出てくる疑問や注意点について説明していきます。
そして、会社の辞め方として適切なステップを踏み、円満退社することの大切さを紹介します。

有給ってどうなるの?

退職する段階で、有給休暇が残ってしまっているという人も多いかもしれません。
出勤最終日の翌日から有給消化のための日数が当てられ、有給が完全に消化しきった日を正式な退職日とされる企業もあります。
消化することを認めない企業もあるので、そのような場合は在職中に使い切ってしまいましょう。
転職活動に充てればいいのです。
ただし、現段階での仕事や引継ぎに支障のないように計画的に休むことが原則です。

会社を辞める計画をするときに、有給の残りについても確認しておくことが必要です。
退職してから転職先への入社までの日数によっては消化できない可能性も出てきます。
正式な退職日がいつになるかで、税や保険の手続きのタイミングや必要な支払額が異なってくることに注意しておきましょう。

退職届の書き方

退職が確定すると、退職届を提出することも会社の辞め方に必要なステップになります。
企業の規定に従って対処しましょう。
退職届の中に書くべき必須の項目は、退職理由、退職日、提出日、署名、宛名となります。
自己都合の場合は「一身上の都合」と書き、それ以外の場合は、自己都合ときちんと区別して記載することが重要です。
理由が何になるかによって、その後の税や保険の取り扱いが変わってくるので注意しましょう。

退職願と退職届の違い

「退職願」「退職届」の違いを知っておきましょう。
退職願は、直属の上司や人事に退職の意向を伝えることに使うもので、書類を作成しなくても口頭で済ませることも可能です。
退職届は、必ず必要になるもので、会社に既定の書面が用意されていることも多いです。
退職の確定後に自分から企業に対して提出することになります。
人事部で処理されることも多いので手続きに関しては、上司や人事に確認を取りましょう。

転職しても解決しないことも

転職に踏み切るときの覚悟として、転職したからといって自分の問題や悩みが完全に解決できるとは限らないことを心に留めておきましょう。
何が問題だったのか、何が失敗だったのかをよく分析し、それを回避するべく転職活動を続けて行きましょう。

必ず円満退社するべき理由

適切な会社の辞め方の計画とステップを踏んで、退職することを強く意識しましょう。
円満退社は、退職する会社のためでも、次の転職先となる会社のためでもありません。
お世話になった方々への礼儀やマナーなのです。
退職したら、転職先の人たちとは関わらないかもしれません。
どういう辞め方をしても、誰も知らない世界で仕事をやっていけるかもしれません。
しかし、自分だけは、適切な会社の辞め方ではなかったことを一生覚えているでしょう。
これは、続いていくキャリアの中で、ことあるごとに自分にマイナスの影響をもたらすでしょう。
思っているよりその影響は大きいと思います。
どんな理由であったとしても円満退社ができていると、自信を保って進み続けることができるのです。

円満退社の辞め方は転職成功には必須!

円満退社の辞め方ができると、転職活動での自分の心境も前向きにすることができます。
履歴書や職務経歴書の表現も、面接での受け答えにもその心理はきっと反映されるものでしょう。
転職を考えるときは、次の仕事のことに意識が向いてしまいがちですが、適切な辞め方のステップを決して軽視しないようにしてください。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

退職理由はどう伝える?辞職〜転職面接を通過するための完全ガイド

転職活動での面接で必ずと言っていいほど確認されるのがこれまでの経歴の中での転職理由です。 退職理由にはさまざま […]

続きを読む

どう送る?社外への退職の挨拶メール、基本を解説

退職する際は、これまでお付き合いのあった取引先の方にも挨拶が必要です。 退職の挨拶をメールで送る場合には、どう […]

続きを読む

企業年金とは?基本的な仕組みから企業年金給付までをわかりやすく解説

「企業年金」という言葉、ニュースで耳にすることもありますよね。 企業年金とは、一体どのようなものなのでしょうか […]

続きを読む

退職前の引き継ぎは計画的に!円満退職のために知っておきたい引き継ぎのコツ

転職先が決まって、新しい生活への期待と不安で胸がいっぱいという人も多いでしょう。 次の職場のことばかりを考えて […]

続きを読む

立つ鳥跡を濁さず!挨拶で気持ち良い退職をしよう

お世話になってきた会社を人それぞれの理由で退職することになった時、必要になるのが退職に伴う挨拶です。 会社に入 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

3

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

6

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

続きを読む

8

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

続きを読む

9

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

3

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

6

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

8

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

9

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

もっと読む

ピックアップ特集