履歴書などに書く最終学歴とは

履歴書などに書く最終学歴とは

企業に提出する履歴書に必ず書かなければならないのが学歴、職歴です。
中でも学歴で最も重要視される最終学歴についてご説明します。
なんとなくで理解している人が多いこの最終学歴ですが、実はとても基本的なところから勘違いしている人も多いのです。

最終学歴の「最終」とは

「最終学歴」というくらいだから、それはもちろん最後に通っていた学校の名前を書けば良いのだろうなんて思っていませんか。
それが実は違うのです。最終学歴の「最終」とは、「最後」や「最近」という意味ではなく「最高」という意味が最もよく当てはまります。

つまり、直近に卒業した学校ではなく、今までに卒業した最も高いレベルの教育機関ということです。
例えば、大学院を出た後に他の大学に入り直して卒業した場合、最終学歴は一番最近に卒業した大学のほうではなく、その前にいた大学院ということになるわけです。

同水準の場合は直近でOK

大学を出てから別の大学に入って卒業した場合には、単純に直近に卒業した大学を最終学歴として問題ありません。
また、高専から専門学校、短大などに入って卒業した場合も直近で良いでしょう。
ただし、大学の後に専門学校に入って卒業した場合には、最終学歴は大学卒業ということになります。

「卒業」、「修了」が条件

最終学歴とするためには、卒業は必須です。大学院の場合には「修了」という表記になりますが、いずれにしても中退した場合には、それは最終学歴にはなりません。
高校を卒業して大学に入学しても、中退してしまった場合には、最終学歴は「高校卒業」になります。

履歴書には全部書きましょう

最終学歴が単純に一番最近出た学校ではないことはお分かりいただけたかと思いますが、だからと言って履歴書の学歴や職歴欄に最終学歴まで書けば良いというものではありません。
最終学歴の後に通った学校がある場合や、中退した場合にも、きちんと履歴書に書きましょう。
そうしないと履歴書に不自然な空白が生まれてしまいます。

履歴書には高校卒業からの学歴はすべて書いたほうが無難です。
ただし、最終学歴を問われた時のために上記の基本だけはおさえておきましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています