第二新卒の定義とは

第二新卒の定義とは

転職を考える上で重要な「第二新卒」という言葉があります。その定義を知り、第二新卒という立場のメリットを理解しましょう。

第二新卒とは?

第二新卒とは、学校を卒業して企業に就職をした後、数年後に離職して転職活動をしている人を指すのが一般的です。
狭義には、大卒で就職し、3年前後で転職を志して新しい就職先を探す人を言うこともあります。
年齢で言うと25歳前後でしょうか。

また、広義には、留学などで就職活動を始めるのが遅れた人、また契約社員や派遣社員から正規の転職先を探す人を指して言う場合もあるようです。

既卒との違い

第二新卒と同じく最近よく耳にする言葉に「既卒」というものがあります。
ではこの2つはどう違うのでしょうか。簡単に言えば、既卒とは「既に卒業してるけど就職していない人」を指すのが一般的です。
つまり、高校や大学、大学院、専門学校などを卒業した後、まだどこにも就職した経験がない人ということです。就活がうまくいかないまま卒業してしまった人や、そもそも就活をしなかった人などがこれにあたります。

既卒は、新卒や第二新卒などに比べると、就職活動においては不利に働くことが多い傾向にあると思われます。
ただし、卒業から3年以内の既卒者を採用・定着させた事業主に対しては国から奨励金が支給される制度もあるので、一概には言えません。

企業側にとっての第二新卒のメリットとは?

第二新卒を積極的に採用する企業が増加傾向にあると言われています。
では企業側にとって、第二新卒者を採用することにはどのようなメリットがあるのでしょうか?

まず、第二新卒者は、新卒に比べればもちろん経験値が高いと言えます。
数年間の社会人経験の中で、初歩的なビジネススキルが身についている第二新卒を雇うことは、新卒に比べて教育コストの軽減につながるということが言えます。

では、より社会人経験を多く積んだ転職希望者に比べるとどうでしょうか。
さすがにビジネススキルでは分が悪いでしょう。

しかし、比較的経験が浅いということは、企業側にとっては実は魅力的な条件となることもあるのです。多くの経験を積んだ社会人は、裏を返せば自分の仕事のやり方を確立しているだけに融通が利かないというデメリットもはらんでいるからです。

つまり第二新卒とは、新卒よりも経験値が高く教育の手間が省け、ベテランよりも転職先への順応の可能性を多く持った、企業側にとってちょうどいい人材であると考えられるのです。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています