フリーターの就職とは?フリーター就職の意味とその方法を解説

フリーターの就職とは?フリーター就職の意味とその方法を解説

フリーターの就職とは?フリーターが就職する意味やその難しさとは?

フリーターが就職する方法とは?ここでは、フリーターの就職に興味がある方に向けて、就職するために知っておきたいこと、方法や注意点をまとめました。参考にしてください。

フリーターとは?

厚生労働省が調査のために設けたフリーターの定義によると、フリーターとは、

中学校卒業後の年齢15歳から34歳(以下若年者)で、在学していない者のうち、以下の条件を満たす者

現在就業している者については、勤め先における呼称が「アルバイト・パート」である雇用者
現在無業の者については、家事も通学もしておらず「アルバイト・パート」の仕事を希望する者

を指します。ただし、定職を得ておらず派遣や日雇いを続ける40代以上でも、フリーターと呼ばれることもあるなど、世間的にフリーターという言葉の定義は確立された正解はないようです。

フリーターの就職とは?

フリーターはの就職とは、定職についていないフリーターが正社員などの正規雇用者として雇用されることを指す場合が多いです。「フリーターの就職を応援」などと謳っている就職サイトやエージェントは、フリーターが定職に就くことの支援をする目的でそのように宣伝しています。

フリーターの就職支援とは?

フリーターは就職支援サービスを利用することをおすすめします。ハローワークよりもマッチングがかないやすい職場を見つけることが可能です。

就職支援サービスの利用メリットとしては、プロのアドバイザーの支援を受けることができる点にあります。

ハローワークの場合は自分での活動が主ですが、就職支援ではアドバイザーがついて支援を受けられるためです。

企業研究の手伝いや、職場の雰囲気、上司の人柄など企業の細かい情報まで情報提供をしてもらうこともでき、自分で探すことが求められるハローワークよりもおすすめです。

フリーターは就職できない?就職できないフリーターの特徴

  • 書類から面接までの一貫性がない
  • 行動力が足りない
  • 理想を高く持ちすぎている
  • 数社落ちて、就活を諦めてしまう人
  • 就職活動への準備不足

就職できないフリーターによくある特徴が、書類選考から就職面接までの一貫性がないことです。書類選考に通過すると面接に呼ばれる可能性が高いのに、面接では書類に書かれていることと矛盾した内容を話すことで、一貫性がないとみなされ落とされるパターンです。

条件を厳しくしていたり、数社落ちただけであきらめている場合、純粋にリサーチが不足しており業界や企業についての情報を知らない、自己分析や志望動機があいまいで面接での説明がたどたどしくなるなどの準備不足も見られます。

フリーターの就職サイト・就職支援サイトでおすすめとは?

  • DYM就職
  • ハタラクティブ
  • ジェイック
  • リクナビNEXT

などがおすすめです。

DYM就職では、相談からの就職率96%と高めなのが魅力的。求人2,000社以上や、書類選考なしで面接可能な場合もあるのがうれしいところです。

ハタラクティブは、若年層に特化した就職支援サポートとして有名です。
非公開求人が多い他、未経験からでも安心して応募できるのが強みです。

ジェイックは就職成功率80.3%と高い成功率が魅力です。正社員就職支援実績もたくさんあるほか、未経験OKの優良企業の案件数も豊富です。無料就職講座を実施しているのもうれしいところです。

フリーターの就職率とは?

非典型雇用から離職した者の正社員移行率をもとに、フリーターの就職率を考えます。

正社員以外の就業形態の方をフリーターと考えると、正社員以外の非典型雇用から正社員への移行率は、以下の通りとなっています。

20代フリーターの就職率…男性で28.8%、女性で15.2%

30代フリーターの就職率…男性で23.8%、女性で8.3%
40代フリーターの就職率…男性で20.6%、女性で7.8%

やはり年を重ねるごとに就職率は下がります。

フリーターの就職エージェントとは?

・ JAIC
・ ウズキャリ既卒
・ 第二新卒AGENTneo

の3つがおすすめです。迷ったらすべて登録しておきましょう。

JAICは、講座形式でビジネスマナーや就活ノウハウを学びたい方や優良企業だけを紹介してもらいたい方向けのおすすめ転職エージェントです。

第二新卒AGENTneo は、以下のような方におすすめで、就職前にビジネスマナーを学びたい方と思っている・優良企業だけを紹介してほしいという方向けです。

ウズキャリ転職も既卒が入社しやすい優良企業だけを紹介してもいたい方におすすめ。面接が苦手だという方にもおすすめできます。

フリーターが就職する方法とは?

フリーターは、以下の手順で就職活動の準備を行うと良いでしょう。

  • 職種や業界の研究をする
  • 自己分析や自分の希望条件を出す
  • 求人に応募する
  • 履歴書を書く
  • 面接を受ける
  • 何度も履歴書作成、面接を繰り返す

自分が活かせる強みや経験、企業へ貢献できる部分はどこでしょうか?いきなり案件から見て企業や求人を絞るのも良いですが、まずは自分が楽しいと思う仕事、向いていると思う仕事を選びたいものです。

そうすればおのずと志望動機もスムーズに書けるでしょう。求人によって、履歴書の志望動機に書く理由や細かいエピソードなどは変えるべきです。企業の採用担当者が面接したい、会ってみたい、役に立ってくれそうだと思ってくれるように、自身の魅力をアピールする応募書類を作成することが求められます。

就職サービスなども活用し、第三者やプロのチェックも受けながら、就職活動を成功させたいものです。

フリーターの就職先の職種とは?

以下のような職種が人気のようです。

  • 医療・介護・福祉
  • 運輸・配送・倉庫
  • 建設業
  • 公務員
  • 事務職(女性に人気)
  • 生産工程職
  • 販売職・サービス職
  • 警備・清掃
  • 専門・技術職

専門職は資格やスキルが求められる職種ですが、入社後に身に着ければよいとされる企業もあります。意外にフリーターからの採用があるようです。

運輸・配送・倉庫は体力に自身のある方にはおすすめの仕事です。運転免許(マニュアル車)か中型自動車免許(4t車)を持っていることが条件ですが、それさえクリアするとほとんどの求人に応募することが可能です。

建設業も、年齢が若く健康であれば未経験者でも採用は厳しくありません。経験を次第に積んでいけばよいでしょう。

公務員は、試験に合格すればなることが20代なら大抵はなることができます。公務員といってもさまざまです。地味で裁量の少ないものからクリエイティブでエリート向けの採用枠まであります。対策に試験勉強が必要で、相応に時間がかかりますが、新卒かどうかなどは一定の年齢までは区別されません。

事務職は女性に人気です。競争が激しいので、資格があるか、PCスキルをアピールできると良いでしょう。

フリーターの就職説明会とは?

フリーターも新卒に交じり、企業の合同説明会に出席することが可能です。年齢的に新卒と近ければ、新卒として扱ってくれる余地があります。

また合同説明会の中には、既卒向けのものもあるので、そちらの情報もつかんでおきたいところです。
ハローワークや就職サービス経由で情報をえることもできるので、活用しましょう。

フリーターの就職は難しいとは?

年齢的に若いならフリーターでも就職活動はしやすいかもしれません。しかし、年齢を重ねるごとに、フリーターとしての就職は難しくなります。

理由は、日本が新卒採用主義を取り入れることにあります。新卒で採用し、しだいに教育し育成していく。そのスタイルからすると、どうしても未経験のフリーターは敬遠されるのです。

定職についていない、スキルや経験のあるフリーターや何かそれに準ずる強みがあるフリーターなら良いのですが、社会人経験を積み、キャリアを形成してきた方を中途採用するのと、未経験のフリーターを採用するのとでは企業の見方も大きく変わってきます。

フリーターの就職での志望動機の重要性とは?

フリーターの就職での志望動機では、絶対にうそをついてはいけません。「魅力を感じたから・・・」「興味があるから・・・」「好きだから・・・」というあいまいな理由も不可です。なぜならば、嘘をついても面接官は応募者の態度や、質問への返答からうそを自然に見抜くからです。

うそを言う人、あいまいな理由でごまかそうとしている人は、どうしてもその言動が面接官との対応にでます。

うそやあいまいな志望理由は信用性がないと判断され、採用は難しいでしょう。

「魅力を感じたから・・・」

「興味があるから・・・」というあいまいな理由は、必ず具体的な質問を想定して志望理由を言えるようにしましょう。いえるようにする、というのは、自分が本当に思っていることをです。

志望理由は立派でなくても良いのです。サイトで見つけたことがきっかけで…、どんな趣味や経験があり…、などの自分にひきつけての理由があればよいです。

フリーターの就職は福岡ではどう?

福岡で利用できる就職サイトには、以下の3つがあります。

DYM就職
ジェイック(JAIC)
ワークポート(WORKPORT)

一般職業紹介状況(平成30年7月分)

福岡県内の有効求人倍率は、1.6程度となっています。人手不足、売り手市場となっており、求人は存在します。

フリーターの就職は女だとどう?

バイトの収入が月10万円以上あり、親と同居している女性の場合、正社員への転職意思がない方もいます。

出産、結婚を見据え退職を考える方にしてみれば、正社員をやめてどのみちパートやアルバイトになるくらいなら…、と考える方も多いです。

ですが、やはり正社員として早めに職は得ておく方が良いでしょう。2015年に国が調査した結果では、女性がはじめて結婚する平均年齢は29.4歳、一人目の子供ができる平均年齢は30.7歳と高齢出産の結果が出ています。

大卒からは約8年間あります。給与も違えば、仕事上での経験も異なってきます。

短いと感じる方もいるかもしれませんが、正社員経験がある人には、結婚や出産後に再度正社員になる道もあります。

ですがフリーター・アルバイト経験のみの方が出産後に30代から初めて正社員、というのは難しいです。選択の幅は狭くしないことが賢明です。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!
スポンサードリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連記事

おすすめ記事

アルバイト歴を転職回数に含むか否か

職探しをする上でコンプレックスになりがちなのが転職回数です。 今まで職を転々としてきた方は、そのことがネックに […]

続きを読む

面接後7日以内とは土日祝日を含むのか

転職活動で、企業と面接の場面があるかと思います。 その面接で、面接の最後に、面接を担当された方から、1週間以内 […]

続きを読む

内勤と外勤の違い

転職活動をしていると、募集広告の中で、「内勤」「外勤」というものがあります。 例えば、営業や販売でもであっても […]

続きを読む

本当におすすめの転職エージェントは口コミをチェックして選ぼう!

転職で大事なのは情報収集ですが、転職エージェントを選ぶ際にも情報収集が欠かせません。 転職エージェントのサイト […]

続きを読む

転職面接での自己紹介、何をどう伝えたらいいの?

転職面接でもっとも重要な自己紹介。 あなたのこれまでの経歴や経験をアピールするチャンスになります。 でも具体的 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

続きを読む

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

続きを読む

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

続きを読む

8

退職金は転職先で年末調整できない?退職金は確定申告の可能性を考えるべき

退職金をもらったら転職先で年末調整してもらうのか、自分で確定申告をするのか分からないという人もいるでしょう。 […]

続きを読む

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

続きを読む

10

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

スポンサードリンク

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

書類選考結果、不合格の場合は何日で来る?知っておきたい不採用事例

書類選考の結果連絡、待ち遠しいですよね。 「ダメなら次の企業へ進みたい!」という場合は、どれくらい待てばよいの […]

4

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

5

明日から仕事のモチベーションが絶対にあがるおすすめ映画15選

毎日、同じことの繰り返しで、仕事へのモチベーションが下がってしまうときってありませんか? そんなときに見てほし […]

6

職務経歴書の特記事項の意味とは?特記事項なしでも大丈夫?

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

7

職務経歴書の職務要約の書き方とは?職務要約の意味と書くべき内容!

職務経歴書における職務要約とは?その重要性とは?どんな点に注意して書けば良い?この記事では、これから職務履歴書 […]

8

退職金は転職先で年末調整できない?退職金は確定申告の可能性を考えるべき

退職金をもらったら転職先で年末調整してもらうのか、自分で確定申告をするのか分からないという人もいるでしょう。 […]

9

「簿記」の資格はどう書くべき?履歴書の資格欄の書き方を解説します

選考において、持っている資格はぜひアピールしたいところ。 そこでおさえておきたいのが、履歴書の資格欄の記入方法 […]

10

退職の挨拶と一緒にプレゼントを渡すなら?おすすめの種類や金額、心との関係

会社を辞めるとき、職場の人への退職の挨拶とあわせてプレゼントを渡したいと考えることがあります。何を贈ればいいの […]

もっと読む

ピックアップ特集

おすすめの転職サイト