転職活動を成功に導く!知っておくべき準備の仕方

転職活動を成功に導く!知っておくべき準備の仕方

「さぁ転職活動を始めよう!」という方はもちろんのこと、「そろそろ3年経つし、考えてみようかな。」という方にとっても、転職活動を成功に導く準備の仕方を知っておいて損はないはず。
ここでは、人事がどんな観点で転職者を評価しているか、どんな準備をすべきなのかを紹介します。

人事が重視するのは「即戦力」

人事としては、あくまでも「中途」採用扱いで転職者を採用するので、企業側の人事としては、出来る限り育成コストが少なく、なるべく早く活躍できそうな人を好んで採用する傾向にあります。
したがって、他社でもやっていた業務の経験や学びが自社でも活きそうだと感じたら、採用確率は高くなります。
この観点を重視しながら、具体的にどのような点に気を付ければよいのか紹介します。

転職活動を突破するための3つのコツ

転職活動において、書類・面接を突破して合格するポイントは、以下の3つに分類されます。
(1)論理性(筋が通っているか?)
(2)再現性(他社でやっていたことが転職先でも使えるか?)
(3)印象(他者との差別化に繋がる強みや具体的なエピソードか?)
では、それぞれどんな準備をすればよいか見ていきましょう。

転職活動成功のコツ(1)論理性

理論性というのは、面談やレジュメを見て、「なぜ」を繰り返しても、理由や実績のつじつまや筋道が通っているということです。
「主張→理由→例示」、「実績→要因→気づき」という因果関係をすっきり説明できれば、異業種でも人事には分かりやすいと印象付けることが出来るでしょう。

転職活動成功のコツ(2)再現性

再現性は即戦力に繋がってくる項目です。
他社でやってきたことが転職先でも活かせることが上手く説明できれば、採用される確率が大きくなるからです。
仕事に対する姿勢や実務経験における気づきなどがこれらに該当します。

転職活動成功のコツ(3)印象

人事に与える印象も重要です。
現場サイドに面談を引き継ぐ際に、良い印象(是非とも推薦したくなるような)を抱かせることに成功していれば、印象がプラスの状態から面談をスタートさせることが出来るからです。
見た目はもちろんのこと、所作やエピソードの意外性で記憶に残ることが肝要です。

転職活動の具体的な準備

人事が重視するポイントを紹介したところで、次は具体的な準備に移ります。
一口に準備といっても何から手を付けてよいか分からない方が多いのではないでしょうか。
具体的には、職務経歴書と転職先企業への志望理由書を準備することとなります。

この2つを作成するためには何を突き詰めれば、どの企業でも応用可能な準備が出来るかの観点で紹介していきましょう。

転職活動の具体的な準備:必要なのは転職理由・活動の軸・実績

転職活動の準備で必要なのは以下の3つ。
(1)転職理由(なぜ転職したいのか?)
(2)転職活動の軸(どんな観点で転職先を探しているのか?)
(3)得意分野と実績の整理(何が得意でどんな結果を残してきたのか?)

人事が即戦力で転職者に活躍してほしいと期待を抱いていることを踏まえると、この3つを上手く人事に表現できるかどうかで内定をもらえる確度が大きく変わってきますね。

具体的な準備(1)転職理由の突き詰め方

まずは転職理由の突き詰め方です。
以下を、仕事をしていて感じた体験と突き合わせ「なぜ」を繰り返して理由を突き詰めてみてください。

・仕事をしていて感じた問題意識
・なぜ現職では感じた問題意識が解決されないのか?(現職に留まる必要がないのはなぜか?)
これら2つを突き詰めることで、現職で感じた問題意識を解決するために転職を志す、という前向きな転職活動の軸が生まれます。
この作業をしないで「給料が低いから。」「職場環境がブラックだから。」という環境のせいにした理由で転職活動を行っても、「この人は環境のせいにばかりしているからまたすぐ辞めてしまうだろう。」と思われて、落ちるでしょう。

具体的な準備(2)転職活動の軸確定

転職理由を突き詰めて考え、問題意識の解決に向けた軸を作成してください。
転職の軸は漠然とではなく、具体的な事実や出来事を整理して、相手に納得いただけるよう注意し、具体的に整理する必要があります。
「○○できるスキルがほしい。というのも~」「○○という夢を実現したくて○○出来る環境を求めています。」などの前向きな表現を用いることで、転職が現実逃避ではなく前向きな行動だと感じてもらわなければ受からないでしょう。

重要なのは必然性で、なぜ今所属している会社では課題が解決されず、転職という一大決心に至ったのかをロジカルに表現する必要があります。

具体的な準備(3)得意分野や実績の整理

経歴の中で転職希望先にフィットする経験やスキルを得意分野として抽出してください。
基本は箇条書きを活用してください。
それぞれの項目の下にその内容を補足する具体的エピソードなどを盛り込むと説得力があってよいでしょう。
この点を突き詰めていくことによって、前職で出来ていたことがどれだけ転職先でも応用できるかを説明ください。

理想通りの転職活動を実現するために

転職活動の肝は、再現性となぜ転職したいかを突き詰め、自分がいかに即戦力で活躍できるかをアピールすることです。
面接官に対して、自分自身の経験が転職先で活きるのかを上手く伝えることが出来れば、相手もどうやって一緒に働くことが出来るかイメージしやすくなるでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーをフォローしよう!

こんな記事も読まれています