30代の転職活動期間は平均3ヶ月!目標を明確にして転職を実現しよう

30代の転職活動期間は平均3ヶ月!目標を明確にして転職を実現しよう

転職はしたいけど長引くのはイヤと思っている30代。
30代の転職は即戦力と期待される分、20代の転職よりも厳しいのではと思いがちです。
転職って、転職理由や志望動機が明確であれば思っているよりも短期間で実現できるかもしれませんよ。
30代の転職活動期間は平均3ヶ月ともいわれています。
もし3ヶ月で転職先が決まるなら、転職活動を頑張れるという人もいますよね。
今回は短期間で転職を決めるために必要なことを紹介しますね。

30代の6割が3ヶ月以内に転職を決めている

3ヶ月というとかなり短期間のようにも思えますが、転職というのはスピードが重視されるので、時間をかけて活動するよりは短期間で行動したほうが実現しやすいのかもしれません。
転職は仕事の状況や経済的な理由で、できるだけ短期間で決めたいという人もいるでしょう。
活動を始めてから3ヶ月以内での転職は、転職希望者にとっては理想的なのかもしれませんね。

転職活動を始めてから1ヶ月以内に決めている人もいる

転職を実現した人のなかには、1ヶ月以内に転職先を決めている人もいるのです。
転職は6ヶ月位かかると思っている人もいるかもしれませんが、活動を始めてから短期間で転職先決める人もいることは知っておいたほうがよいでしょう。

30代の後半になると転職活動期間が6ヶ月以上かかる人も増えてくる

30代の場合、前半だと短期間で転職を実現している人も多いのですが、35歳以上だと条件によっては苦戦する人も出てきます。
年齢が高くなると転職は難しくなるといわれますが、自身のキャリアや経験に合う企業に出会えないと転職活動期間は長引くかもしれませんね。

短期間で転職を実現するには?

応募は一社ずつではなく複数の企業に同時に応募するというように、効率性を優先させましょう。
短期間で転職が実現できる人というのは、準備期間に企業研究や業界研究といった勉強をしている人なので、希望している業界や職種についての勉強は怠らないというのも大事ですよね。

活動時間を確保する

転職活動が長期化する理由のひとつが、準備や応募といった活動時間が取れないことです。
ある程度短期間で転職を実現させるためには、転職をすると決めた時点で活動時間を確保しましょう。
入社を希望する時期に合わせて、自己分析や企業研究をする準備期間や求人への応募時期を決めておくと効率的に転職活動ができるはずです。

自己分析とキャリアの棚卸をしっかりする

転職をするなら真っ先にしてほしいのが、自己分析とキャリアの棚卸です。
どちらも転職における「強み」を見つけることが目的ですが、自己分析は、自分の長所や短所、価値観を知るためのもので、キャリアの棚卸は、いままでのキャリアや実績、評価から転職先で活かせることを見つけます。
自己分析やキャリアの棚卸は「転職理由」や「志望動機」を知るためにも必要なので、準備期間のなかで必ず時間を確保して行ってくださいね。

情報収集をしっかりする

転職では、企業研究や業界研究といった情報収集がかかせません。
情報収集とは、企業の将来性やワークライフバランス、転職先の企業で働く同世代の年収などをチェックします。
企業研究や業界研究は転職を実現するためのものですが、自分が企業の一員として働くための準備と考えるとイメージしやすいですよね。

優先順位を明確にする

これは「勤務地」や「年収」といった転職の条件や「キャリアアップ」や「キャリアチェンジ」といった転職の目的のことをいいます。
転職は、条件や希望、目的といった優先順位を明確にしていないと成功しません。
自分が転職をしたら何をしたいのか、転職後のことを考えて優先順位をつけましょう。

円満退職のためにも引継ぎはきちんとする

転職活動は内定したら終わりというわけではありません。
在職中の人は、退職に関する手続きもしなければなりませんよね。
退職届けを提出するだけではなく、後任の人への仕事の引継ぎや取引先への挨拶も忘れずに行いましょう。
働いていた会社とはいい関係を築いていたほうが、転職先でも働きやすいはずです。
転職を希望する人は、できるだけ円満退職を目指してくださいね。

転職サイトや転職エージェントを利用する

短期間で転職を決めるというのは、求人への応募が条件になるので多くの求人をチェックするためにも転職サイトや転職エージェントの利用は必要です。
転職サイトのスカウトサービスや転職エージェントのアドバイザーからの求人紹介は、自分で検索するのでは見つけられない企業もあります。
求人を自分で探すのは時間がかかりますが、転職サイトや転職エージェントのサービスを活用することで効率的に転職活動が行えますよ。

30代の転職におすすめの転職サイトと転職エージェント

ここでは、30代の転職希望者におすすめの転職サイトと転職エージェントを紹介します。
30代の転職希望者の場合、求人は検索だけじゃなく、キャリアや実績を評価してもらうためにもスカウトサービスがあるサイトを選んでください。
また、年収アップを目指して転職をするなら「年収査定ツール」があるサイトというように目的に合わせて選ぶとよいでしょう。
転職エージェントに関しても、アドバイザーによる転職サポートが受けられるエージェントとヘッドハンターからスカウトが受けられるエージェントがあるので、1社よりは複数登録した方が希望や条件に合う企業を見つけやすいはずです。

リクナビNEXT

これまでの登録者数670万人、国内最大級の転職サイトですが、スカウト登録をすれば職務経歴を見た企業や転職エージェントからオファーが受けられるサービスがあります。
「プライベートオファー」「興味通知オファー」「オープンオファー」の3つのオファーがあり、転職活動の進捗状況にあわせて設定を変えることもできます。
転職コラムや自己分析に活用できる「グッドポイント診断」もあり、サイトコンテンツも充実しています。

DODA

DODAは「年収査定」や「キャリアタイプ診断」「合格診断」といったツールがあるので、ツールを活用してから、エージェントサービスやスカウトサービスを利用すると効率的に転職活動が行えるかもしれません。
転職フェアや合同転職面談会、セミナーも開催されており、実際に企業の担当者から話を聞ける機会もあります。
転職に迷いがある人は、転職活動やキャリアプランについてアドバイスしてもらえる「個別相談会」を利用してから登録をしてもよいでしょう。

リクルートエージェント

40年の歴史がある転職エージェントということもあり、経験豊富なキャリアアドバイザーが転職をサポートします。
キャリアや条件に合わせて提案してもらえるので、自分に合う転職先を見つけることができます。
転職に関するアドバイスだけでなく、エージェントが独自で保有する非公開求人の紹介もあるかもしれませんよ。

ビズリーチ

年収1,000万円以上のハイクラスを対象にした転職エージェントで、キャリアに自信がある人におすすめです。
公募や特集求人への応募する以外に、企業やヘッドハンターからスカウトが届くので、ヘッドハンターから紹介された求人に応募することもできます。
無料会員と有料会員があるので、活動状況に合わせて登録内容を変更してもよいでしょう。

短期間で転職を決めたい人は転職サイトやエージェントのサービスを活用しよう!

転職サイトやエージェントを利用する場合は、サイト内のコンテンツやエージェントの会員向けのサービスもしっかり活用しましょう。
転職サイトのコンテンツから情報収集したり、エージェントのアドバイザーにサポートしてもらうことも短期間での転職実現には必要ですよ。

  • 0Tweet!
  • 0Share!
  • 0Bookmark!
  • 0Share!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で仕事を旅するキャリアジャーニーを
フォローしよう!

関連キーワード

関連記事

名古屋で転職!名古屋中心の転職エージェントは存在するの?転職エージェントを確認

転職エージェントは数多くありますが、大手や有名なエージェントは首都圏に集中していて、地方での転職活動には向かな […]

続きを読む

退職後の住民税の支払い方法について

サラリーマン時代は、住民税を含む税金の支払は、会社が全て手続きを行ってくれていましたが、退職後はそうはいきませ […]

続きを読む

資本金と会社規模の関係とは

求人情報や求人サイトで、どんな会社なのか気になる時は、会社情報を必ず見られると思います。 その中で、「資本金」 […]

続きを読む

頑張れ男性保育士!待機児童解消の切り札になる男性保育士の強みと転職必勝法

人手不足の保育業界では、女性保育士が転職先に困ることはありません。 出産や育児を経て一時的に現場から離れていて […]

続きを読む

転職サイトと転職エージェントの違いとは?

転職求人サイトは、大きく分けて転職サイトと転職エージェントの2つに分けることができます。 どちらも求人募集企業 […]

続きを読む

記事ランキング

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

続きを読む

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

続きを読む

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

続きを読む

4

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

続きを読む

5

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

続きを読む

6

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

続きを読む

7

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

続きを読む

8

転職初日の菓子折りは必要?マナーを心得ておこう

転職初日の準備をしていて、これからお世話になる職場に菓子折りを持って行くべきかな?と考える人もいると思います。 […]

続きを読む

9

質問されないってどういうこと!?面接で質問が少ない場合に考えられる理由とは

あらゆる回答を用意して挑む面接。 それなのに、あまり質問されなかったりすると不安になりますよね。 面接において […]

続きを読む

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

続きを読む

SNSをフォローして最新情報をゲット

おすすめの転職サイト

人気記事TOP10

1

退職金はいつ振り込まれるの?知っておきたい退職金の基本と振込時期

退職金が振り込まれず不安になっていませんか? 長年勤めた会社を辞めた後であれば、なおさら入金が待ち遠しいことで […]

2

書類選考通過メールはどう返すべき?パターン別、返信例文を紹介!

書類選考を受けた場合、選考通過に関してメールで連絡がくることがあります。 そのメール、どう返信すればよいのでし […]

3

「体調不良」はどう伝える?退職理由の正しい伝え方、ポイントを解説

激務などが理由で体を壊し、いよいよ会社を辞めたいという時、会社側にはどのように伝えればよいのでしょうか。 体調 […]

4

職務要約で「読みたくなる職務経歴書」に!魅力的な職務要約の書き方

職務要約は、職務経歴書全体の印象を決めてしまうほど重要な項目で、小説でいうところのプロローグにあたります。 小 […]

5

空欄だとマズい?職務経歴書の「特記事項」には何を書くべきか

転職活動の際の初めての職務経歴書で、何を書いていいのか分からないという人も多いでしょう。 特にテンプレートに「 […]

6

プリンターがなくても安心!コンビニで職務履歴書を簡単プリントする方法!

プリント代に困ったり、プリンターが急に使えなくなったり……と、肝心なときに限ってなぜかトラブルに見舞われるもの […]

7

職務経歴書の作成にはハローワークを活用すると便利!アドバイスから添削まで無料だった!

「職務経歴書」をつくる際、ハローワークを活用できることをご存知でしょうか? ハローワークでは、職務経歴書の書き […]

8

転職初日の菓子折りは必要?マナーを心得ておこう

転職初日の準備をしていて、これからお世話になる職場に菓子折りを持って行くべきかな?と考える人もいると思います。 […]

9

質問されないってどういうこと!?面接で質問が少ない場合に考えられる理由とは

あらゆる回答を用意して挑む面接。 それなのに、あまり質問されなかったりすると不安になりますよね。 面接において […]

10

書類選考の連絡方法は電話?それともメール?正しい対応もあわせて解説します

書類選考の結果を待っている間って、長く感じますよね。 そもそも、書類選考の結果はどのような形で知らされることが […]

もっと読む

ピックアップ特集